舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 冠婚葬祭業界

今回はセレス会に出席のため、山梨県甲府市に来ております。
E1234197-87B9-4889-A17F-2D059E4D406B

第1部は中国事情に精通している経済評論家の石平氏の講演会でした。
一つ目は中国の高度成長の終焉と今後の経済破綻の危険性について語られました。そして二つ目は今の習近平独裁体制についてでした。習近平主席より以前は共産党の幹部らで話し合いが行われて物事を決定するシステムだったのが、就任してからは一人でなんでも決めてしまうようになってしまい、それについて憂慮しているということでした。そして国家主席の任期も2期10年までというそれまでのルールも変更してしまったため、命のある限り交代することはないということになっているそうです。
また、米中の貿易摩擦について、日中関係の今後についてなど大変興味深いお話ばかりで、あっという間の90分でした。その90分の間、石平氏は何かメモ書きを見るわけでもなく、客席の方を向いて、話をされていました。話すことが全て頭の中にあるんですね。大変頭のいい方だと思います。そして日本語も完璧です。たまにジョークも交え有意義な時間でした。

第2部は懇親会です。
いつものように、大石社長のご挨拶です。
冠婚葬祭の業界は今、逆風の中にあり、大変リスクを心配する声が多いのですが、今の講演会を聞き、中国のリスクはそれとは比べものもないくらい大きいことがわかりました。我々のリスクなど小さいものなんだと思いました、と述べられました。
1541767E-A100-47AB-A060-63E3637F183B

高らかに乾杯の御発声で、宴の開始です。
3EF8DD48-FBB0-49F7-9433-CF3FEC44CBF4

仙台から出席されたM社長さんと記念写真です。
C790070F-244E-4CBF-A357-0B1C38D5B678

締めのお言葉も大変面白い内容で感心しました。もし戻れるとしたら、人生のな中でどの時代に戻りたいか?という質問からのお話です。

色々と為になる今回のセレス会でした。

 

さて今回は香川県高松市にやってきました。

互助会の皆さんは研修会を終え、我々取引業者は懇親会からの合流となります。

年長者ということで、田代相談役のご挨拶です。
70475663-3073-41AD-A659-FE9936B4C27A

そして乾杯のご発声。

宴会のスタートです。
57BA9785-3E8E-4B02-AFF3-656074067D35

会場のアナザースタイルは1年ほど前に建て替えられた新しい披露宴会場です。
最新のデザインを施されたまさに新しいスタイルの素敵な会場です。

調理の状況を見せるスタイルも新しい発想です。
68969CF3-6EBF-43A1-AB0C-55F261954AEB

宴も進み、次回当番のオークスの牧常務 の一本締めでお開きとなりました。
C0C318CA-123D-4258-8226-251EF3842F26

この後場所を移動して、二次会が行われました。


さて、一夜明け、ゴルフコンペです。場所は鮎滝カントリークラブ、香川県の名門コースです。
7C336C73-3B65-41AE-A804-E4410B408234

A75EFC35-7BB7-4028-A224-4A7840B0A483

たしかに。クラブハウスもコースの芝も素晴らしいゴルフ場です。
8D90B73F-9025-410F-BDD4-C030CA48115F

0679F747-FD9F-4280-B4D8-5B9B7C78574F

6B3374F9-2EC0-472A-8FD8-BCCB8DE80D48

本日一緒にラウンドしていただくメンバーで記念撮影です。
7CF9D233-0A91-4969-8528-09E4BAC3EF6C

今にも降りそうな雲行きの中、プレイが始まりました。
しかし、なんとか最後の方まで持ちこたえてくれました。
最後の2ホールまで来たところで、雨が降ってきました。あーもう少しだったのに、残念。 

天気のいい時にもう一度プレイしてみたいコースだと思いました。

ベルモニーのスタッフの皆さん、お世話になりありがとうございました。 
E268BC4A-35B1-41A3-A201-86EFB7DA9C9A

新潟県上越市に来ています。
平安セレモニー様の新年総会に出席するためです。

途中の新井パーキングエリアでの風景です。
02BA1064-E748-4F34-8469-DA1A428200A8

山は真っ白この時期このエリアは雪雪雪なのは当たり前です。
3C3CD1DD-F1EB-4336-BFA0-9320AEEC9AC6

駐車場脇の積雪はこんな感じで集められていました。およそ人の背丈くらいあります。
F1F73234-C98C-4D0D-B42A-8454681386A4

車と山、特に意味はありませんが。(笑)
DF0A07CD-4320-4980-9DAE-CE2326B3CA83

雪上車がしっかり仕事していますね。
04EEDFFE-687C-4797-9636-160E3681C340

さて、いよいよ総会の始まりです。
9A661ACB-AEDB-436D-B9B8-C0E049A24A60

東山社長から会員に向けて日頃の感謝の言葉がありました。
11F37A74-41C4-4432-9FCF-F88349C19D20

スムーズに総会は進行し、次は親睦交流会です。懇親会ですね。

すぐ隣の部屋ですから、移動はいたって簡単です。
D76BD5A2-0DFC-4BB1-8DB3-0D22CDB22DB3

 高らかに乾杯のご発声があり、宴のスタートです。
56447342-2B52-4542-87D3-345ABA4655BA

美味しい料理に舌鼓を打ちながら、進みます。

こちらの料理はいつ食べても美味しいです。素材など吟味され調理人さんたちもしっかりといい仕事をされていることがよく伝わってきます。 

デザートまで進みましたので、締め〜御開きとなります 。
5402AA43-0DF6-4D3A-AC7C-A27D7F47E958

最後は三本締めで明るく賑やかに終了しました。 
5183E387-B913-40A1-8BFD-0B744245E4C7
 

最近「平成最後の」という言葉を頻繁に耳にします。

今回もまさに平成最後の全中協の新年懇親会に出席しました。
場所はいつもの東京にありますアンフェリシオンさんです。
3E31460B-4F1F-4ACA-82F1-24D15B8AF50C

0459B78C-16AB-4644-BFBF-80BBF6B40149

まず冒頭大石理事長からご挨拶です。
先輩方が築いた全中協を今後発展させていきたいと力強いお言葉でした。
506C81E9-7CF6-4394-97F8-903CEC262771


続いて購買委員長の宮嶋社長様のご挨拶です。
2B9FAD98-6735-4AB9-ABD3-D58F17A4DD13

そして賛助会員を代表して小柳津様から一言。 
352F106D-14C5-457F-8654-C93E62567E7D

小泉社長の乾杯のご発声により懇親会がスタートします。
7D50029B-1DAA-445D-AE18-334D168F2390

この会は、全互連という互助会の団体の中で、協同購買に参加している企業が集まっています。関東エリアを中心に東北エリアまで広範囲から成っています。

スタートから30分は席を立たずに料理を楽しみましょう、と一応のルール説明がありました。それがないとせっかくの料理が全く進まなくなるからです。皆ビジネスマンたちは取引先様との挨拶や会話の時間を優先するため、食事は二の次になってしまうのです。

そして宴も進み、中締めとなりました。
板橋社長の三本締めで締めていただきました。

FD84FF3E-33EE-41F7-A34C-E323ADFE77B0

1年に1回のこの新年会ですが、普段なかなかお目にかかれない取引先様との貴重な時間を過ごすことができて 有意義に終わりました。

 

1月23日全互協の新年賀詞交換会が、東京のアンフェリシオンにて開催されました。
D3C2DF09-EF80-4735-B003-3E345FA10D47

山下新会長のご挨拶から始まりました。
18D2E833-A9EC-416B-BB05-C9951F3EB9F7

続いて来賓の国会議員の方々の紹介と一言ずつご挨拶がありました。
9FA9F921-2CD3-47D3-8C4F-EEDC6FF9462E

続いてこれも恒例ですが、新年という事で鏡開きです。
威勢のいい「ヨイショ」 の掛け声とともに、一斉に木槌で樽の蓋を割ります。
8244BFCD-DEB5-47AC-8846-C2D1C4605E13

そして乾杯のご発声は 、株式会社ラックの柴山社長さんです。
3A9C1CAD-400C-4345-AD36-8EA251D56A19

いつもお世話になっています、株式会社サンレーの佐久間社長と記念の2ショットです。
E2E1ABB7-2622-4710-9ADE-7878CEBCA540

年頭ということで、多くの取引先様とご挨拶ができました。

今年もまた1年よろしくお願いいたします。

最後にJR錦糸町駅のホームから見えた、スカイツリーです。
なんとも神秘的な姿が夜空に浮かび上がっていました。 
 86B536C3-51DE-45EB-A56E-9236E2D59DF3

このページのトップヘ