舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 旅行

ゴルフ仲間の同級生で以前から還暦旅行の計画がありました。

やれベトナムだ、やれタイだといろいろ意見がありましたが、結局のところやはり「ゴルフやって温泉に入りたいね」というオヤジ的なところに収まり、長崎に絞られました。
index

参加は10名とまあまあの大所帯です。

中身の行程については、言い出しっぺの一人に尽力していただき、3日間のうちゴルフを2日、初日を市内観光ということになりました。

ここ1週間くらい前から、何となくソワソワウキウキする感じがじわじわ沸いてきています。
小学生の時遠足に行く前の日の感じに似ています。
還暦を迎えてもこういう気分になるんですね。

先日ゴルフ場にキャディバッグを宅配便で送りました。
しかし、うっかり靴を入れるのを忘れてしまいました。
最近は忘れることが増加しています。

仲間である程度お金を集めて、みんなの財布を作ったらどうかという提案がありました。
いちいち割り勘したりする手間がなく、基本的には賛成なのですが、その金を誰が持つかというのが気になります。誰が持ったとしても責任重大です。もし紛失してしまったらと思うと、非常にリスクを感じます。
先ほどの話のように、「うっかり」が増えているため、大丈夫かなあと心配してしまいます。

幸い天気はいいという予報ですので、雨の心配はなさそうです。
旅の半分は天気で決まると言いますから、大事な部分です。

後はケガとか事故の無いようにしたいですね。当たり前ですけど。

本当に気の置けないいい連中ばかりですので、すごく楽しみです。

とにかくリラックスして楽しみ、無事に帰ってくることを目標とします。

旅行の模様はできる限りブログに書き記すつもりでいます。
こんな夜景が見れたらいいな。
php

さて、2日目です。


まず最初に訪れたのは、「靖国神社」です。

多くの戦没者が祀られています。

本物の部品を集めて復元した零戦が展示されていました。


次に「明治神宮」です。
ここは僕も初めて来ました。

中は相当広いです。熱田神宮の倍以上あると思います。

お参りを済ませ御朱印をいただきました。

その後お台場に行きました。



水上バスでレインボーブリッジの下を初めて通過しました。

東京は見所がたくさんありますね。

 

東京旅行1日目はディズニー・シーです。

ここに訪れるのは7,8年ぶりでしょうか。

今年は15周年だそうです。

来てみて最初の印象は人が多いことです。

冬休み前の時期がいいだろうとこのタイミングにしたのですが、みなさん考えることは同じなのでしょうか。とにかく人の多さに驚きます。

アトラクションに乗るにしろ、飲んだり食べたりするにしろ何をするにもとにかく最低30分以上は並ばないといけません。 なかなかしんどいです。

そういうことに慣れていない我々年配者にはちょっと大変です。 
「ビッグバンドビート」は本物のエンターティメントを味わうことができてとても良かったです。


まあ、夢の国は体力勝負ということでしょうか。 (笑) 

ディナーはマゼランズで、ホッとする時間でした。


妻のかねてからの夢だったホテルミラコスタに泊まることができて良かったです。


部屋の中にある絵画風のもの、実は織物です。


お風呂の扉もミッキーマウスが描かれています。 

今回は娘からプレゼントされた旅行です、感謝の言葉しかありません。

さて、明日は東京都内を巡ります。
それではまた。 



石川県の加賀温泉に行って来ました。

加賀温泉駅で人と待ち合わせをしました。
すると…ん? 何やら、どこかで見たことがある風景が…

わかりますでしょうか。

そうです、大きな観音像です。 

昨年11月に久留米で見たものとよく似た像がこの加賀にもあったんですね。
久留米はBIGだ!
ネットで調べてみると、何とここは仏教テーマパークだとのこと。

バブル期に建設されその後いろいろと変遷があり、今は「大観音 加賀寺」という名で営業(?)されているとか。

加賀山代温泉で懇親会があり、一夜明けてゴルフコンペです。

小松にあるGCツインフィールズというゴルフ場です。

バブル期に作られたと思われるとても立派なクラブハウスです。

この写真、コースではないです、玄関の前に水盤がありました。

クラブハウスからの眺めです。とにかく池が多くとても美しい景色です。


 東山会長から一言ご挨拶です。


アウト4番のセカンドショットは必ず池越え になります。

いいところにつけましたが、まんまと策略にハマり池に入れてしまいました。 
それでもこのホール、ボギーで上がれました。上出来です。

今朝は雨がかなり降っていましたが、到着した頃には晴れて暑いくらいの日になりました。

美しいゴルフ場ですが、フェアウェイが狭いホールが多いのと左右バンカーという設定が多く、ティーショットが暴れる人には厳しいコースです。 

アウト45イン48ならまずまずだと思います。

一緒にラウンドさせていただいた静岡の小林さん、仙台の村上さんありがとうございました。


最後に平安セレモニーのスタッフの皆様にはお世話になり、ありがとうございました。 



 

現在は日本国沖縄県ですが、14世紀から18世紀にかけて約500年の間、琉球王国として栄えていました。
その間、中国や日本、東南アジアの国々と交易を重ねる中で、琉球独特の文化が花開いたとされています。
そしてその中心にあったのがこの「首里城」というわけで、沖縄旅行では欠かせないポイントです。

まずは、「守礼門」が出迎えてくれます。
そして「歓会門」「瑞泉門」と門が続きます。

石垣の白い部分と黒い部分がありますが、これは元は白いのですが雨などで黒ずむのだそうです。
この石は、サンゴが固まってできた石灰岩から切り出して作られているとのことです。

この首里城は戦争でほとんどが消失し、わずか2,3パーセントしか残っていなかったのを戦後復元したものです。ですから今現在も工事が続いていました。
 
「奉神門」をくぐると「首里城正殿」がでんと構えています。
金色と朱色が鮮やかで、龍の絵などやはり中国の影響を感じます。

正殿の中には、王様の立派な椅子が備わっています。

当時の様子を再現した模型が展示されていました。
これを見て何か連想しませんか?僕は映画「ラストエンペラー」の一場面を思い出しました。そうあの「紫禁城」のシーンです。
解説によると、かぶっている帽子の色で位を示しているそうです。
前列の方が位が高く後ろになるにつれ低い位になっています。

そうそうトイレで手を洗おうとしたら蛇口がなんとシーサーです。凝ってます。

首里城にお別れして、王様の墓地「玉陵」(たまうどぅん)を見学し、沖縄の旅もいよいよ終わりに近づいてきました。

ランチをA&W(沖縄で有名なファストフード店です)で済ませます。

A&Wの名物の「ルートビア」を初めて飲みましたが、ビールというよりも「薬っぽい味の炭酸ジュース」というのが感想です。結構甘くて予想を見事に裏切られました。
 
空港に向かう途中で、車窓から巨人軍の春季キャンプ地の球場を眺めることができました。
写真は撮れませんでしたが、モノレールに巨人の ペインティングをされた車両も見かけました。
あと数時間もすれば、セントレアに到着する予定です。
今日沖縄は非常に暖かい、というか暑いくらいです。

名古屋はきっと寒いんでしょうね。(この時まだ那覇空港です)

……そしてセントレアに無事到着、やはり寒いです。//ブルブル//

このページのトップヘ