舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: つぶやき

文部科学省では2020年度の大学入試から、新センター試験の英語で民間試験を利用し、国語と数学で記述式を導入する予定でした。しかし、野党やメディアから批判が起こり、結局、文科省は導入を見送りました。

このことについて東京大学の教授を務める鈴木寛氏が興味深いことを語っておられましたので、今回のテーマにさせていただきます。

まず2021年から実施する共通テストに、記述式問題を導入しようとした理由についてこんな風に述べておられます。
~~(前置きとして)今の子供たちの多くは2100年まで生きるでしょう。AIが人間の知能を超えて社会に大変革がもたらされる「シンギュラリティ」が2040年頃にやって来るとされているので、彼らは人生の3分の2をシンギュラリティ後の時代に生きることになります。~~このことを踏まえて。

今、AIが大学入試を受験するプロジェクトが始まっているそうです。AIは記述式の東大二次試験の合格ラインにはまだ達していないのですが、マークシート試験では満点がとれているそうです。つまり、マークシート試験で測っている能力は、いずれすべてAIに置き換えられ、このやり方では「失業者の養成」にしかならない、と話しています。
~マークシート試験というのは、「人から与えられた選択肢の中から、一つ一つ重箱の隅をつつくように間違いを探して、消去法で正解を選ぶ」という試験です。これまでの工業社会では、マークシートで測れるような能力が必要とされていました。工場の生産ラインでは機械が製造をしても、製品の欠陥を見つけるのは人間の仕事だったのです。今まではそういった仕事が他にもたくさんありましたが、シンギュラリティの時代にはAIに取って代わられるのです。~
~だから、新しい学習指導要領や大学入試改革は、AIを使いこなし、AIにはできない、人間にしかできない能力をいかに身につけさせるかを主眼に置いています。~
しかし、多くの高校の現場では記述や論述に力を入れてこなかったのが現実のようです。

また、採点に関して、マークシート式に比べ記述式になると「ブレ」が生ずることを懸念されているという話がありました。実際そのとおりなのですが、例えばフランスの大学入試は記述式オンリーで4時間書いて書いて書きまくる試験だそうです。採点にブレはないかと尋ねると「人間が書いたものを人間が採点するんだから、バラつきが出るのは当たり前だ」と叱られたと言います。日本人とはこの感覚が決定的に違っているのですね。

そして、~「今回のことで本当によくわかったのは、日本社会というのは、どんな小さなブレでも許容しないということです。」「それは何十年もずっとマークシートで1点を争ってきて、ほんのわずかなブレも許さないということです。」「AI時代に大量の失業者を生み出すことよりも、25万分の1~4程度の採点のブレのほうを問題視する。大局や未来のことよりも、目の前のミスやブレにとことんこだわる民族になってしまいました。これこそまさにマークシートを続けてきた弊害と言えるのではないですか。」~まさに「木を見て森を見ず」ということでしょうか。とにかく、早く方針を定めて進まないことには、これから受験を控える高校生らは振り回されるだけで疲弊してしまいかねません。

AI時代がもう目の前に迫ってきているこの時代に、未来の日本を託す若い世代にどのような教育を施すのが正しいのか、大人たちは冷静に議論し、真剣に考えていかなくては明るい未来は見えてこないでしょう。記述式問題を通じて思考力・判断力・表現力を育成しようという理念があるということなのですが、試験の内容、方法を変えたら解決するという問題ではないように思います。確かに大学入試はマークシート式ですが、そのほかの多くの試験は昔から記述式に慣れ親しんでいます。
また、教育現場の疲弊を懸念され、日常の教育に必要な人件費や教育費にもっと予算を掛けるべきではないかという意見もあります。
大学入試の改革は入り口であって本当に大事なのは、入学後の学生らの取り組む姿勢だと思います。現在のように入学するのに壁が高く、卒業するときは壁が低くなるシステムでは意味がなく、むしろ逆なのではないかと思っています。

そういったことも踏まえ、日本の教育のシステムを見直すことが重要な課題だと思います。
「失業者の養成」ばかりしていては、AIに人間が使われるような映画の世界が現実になる日が来るかもしれません。

※NEWSポストセブンの記事から抜粋しました。

先日コンビニ店のオーナーらが会見を開き、全国のコンビニ店に元日の休業を呼びかけるというニュースがありました。
yvpubthum2217974-59238ab663c76eb5546e71d9e49fd15c

「元日くらい休ませろ」とコンビニオーナーらで作る労働組合が訴えています。
コンビニのオーナーは本部の許可なしに勝手に店を閉めることができないそうです。自らの判断で休むことはできますが、人手不足などでそれは実際問題としてほぼ不可能な状況のようです。
初詣スポット付近に立地していなければ、元日の午前中などは1時間に1人くらいしか客がないと話しています。
それでいて、アルバイトも休みたいため時給を高くしてでも集めなくてはいけないみたいです。
つまりオーナーにとっては、赤字覚悟で仕方なく営業しているという状況なんですね。

1年のうちでも元日が一番休みやすい日なんだとか。元日に休めなかったらいつ休むことができるのか、という意見も出ています。

今の世の中は例の「働き方改革」で「残業するな」とか「休みをとれ」などと企業側から労働時間を管理調整される時代です。その日本でコンビニオーナーだけは超ブラックな労働を強いられているということです。サービス業なども含めて日本全体で「働き方改革」が実行されなければ片手落ちです。
個人的には、コンビニ元旦休業、大いに結構だと思います。元旦1日くらい営業してなくてもほとんど問題ないと思います。そういう事が周知徹底されれば、皆そのように準備するはずです。
40年前などほとんどのお店は正月お休みでした。それが当たり前だったんです。おせち料理もそのために存在していました。しかし、いつの頃からか、コンビニや外食産業が元旦から営業を始めたため、知らぬ間にそれが当たり前になりました。おせち料理もお飾りのような存在になってしまっています。

僕も若い頃には年末からお正月にかけて仕事をしていたこともあります。ほとんどの人がお休みの時に働くのはそりゃ嫌でしたよ。でも、そういう仕事だから仕方ありません。開き直って元旦だけは結構気楽に楽しくやってましたけど、正直半ばやけくそな感じです。

皆さんはこの問題どんなふうにとらえてみえるのでしょうか?消費者側から言えば、365日24時間営業しているコンビニは大変便利で都合がいいに決まっています。しかし、その裏で疲弊しているオーナーさんたちの現状を聞けば、それは放置していてはいけないように思います。

元旦1日くらい営業してなくたっていいじゃないですか。休みだとわかっていれば、事前に食糧を確保しておけばいいだけのことです。何か飲みたければ、自販機は世の中にあふれるほど存在しています。とにかくコンビニの便利さに我々が慣れすぎてしまってる節があります。海外からの旅行者が日本に来て、まず驚くのが自販機の数の多さらしいですね。人口に対する自販機の設置数は世界一かもしれません。しかし、それだって私たちにとっては普通のことになっています。
その辺り、海外ではどうなっているんでしょうか。
正月営業については不明ですが、アジアやアメリカではコンビニは24時間営業が多いようです。しかしヨーロッパではほとんど見かけられないということでした。ヨーロッパでは「お休みの日は休む」という習慣があり、日曜、祭日はほとんどの店が休むそうです。ただし利用者が困らないようにすべての店をお休みにするのではなく、1店舗だけ順番に営業するスタイルになっているそうです。
日本もその考え方を採用したらいいように思いますけどね。すべての店が同じ日に閉じたら困りますが、系列によって休みをずらしてもらえば不便はないような気がします。ただそのエリアで1軒しかないような地域はまた別の手を考える必要があるかもしれません。

セブンイレブンとローソンが都内で元日に一部お店を休業して、実証実験を行うと発表しています。コンビニの24時間営業の見直しの本格的な実施に向けた検討が始まるようです。
北海道を中心に展開しているコンビニのセイコーマートは2年前から元日休業しています。
また、ガストやジョナサン、幸楽苑などの外食産業にも元日休業の流れが広がっているようです。

その昔、日本がバブルの頃に「♬24時間働けますかー、ビジネスマーン」っていう健康飲料のCMがありましたね。日本人は基本的に働きことが好きな民族なのでしょうか。
何か隔世の感があります。


高齢者ドライバーによる事故が後を絶ちません。残念なことですが死亡事故のニュースが日常茶飯事になっています。3年前にもこの問題について書いています。そのブログ
20160215154929-01794

なぜなくならないのでしょうか?
それは高齢者がハンドルを握るからです。身体能力や判断能力などいろんな機能が低下している高齢者が車の運転をすれば、それは凶器になるということをもっと認識しなくてはいけません。
20170127-172340-2-0001

先日、昔から知り合いの80歳のMさんと高齢者ドライバーの問題について話をする機会がありました。
僕はかねてから、免許更新の時に講習だけではなく実際に運転をしてその能力があるのかチェックする必要があるのではないかと考えています。そのことを尋ねると、それは行われているとのことでした。知らなかったので、それならば、不適格なドライバーはそこで選別されていいことだと思ったのですが、真実を聞いて愕然としました。そのMさんによれば、はたから見ていていかにも危なっかしいドライバーがいても不合格を出さないそうです。結局、チェックはしているが形だけでまったく機能していないということです。それでは、高齢者ドライバーの事故は無くなりませんよ。火事場で水をかけているそばから、油をまいているようなものじゃないですか。これがもし真実なら重大な問題としてすぐに改善してもらわなければいけません。人の命が奪われるか助かるかの瀬戸際の問題です。

運転免許試験場は県警の交通部の管轄にあります。
警察が交通事故死撲滅をかかげ、いろんな取り組みをしておられます。年に1回の安全運転管理者講習会などもその一環です。飲酒運転や速度違反の取り締まりなどもすべては事故を防ぐためだと思います。その県警が管轄している試験場でいい加減な判定が行われているとすれば、どのように理解すればいいのでしょう。

先ほどハンドルを握ることが問題の根本にあると言いました。運転免許証の返納という方法もあります。免許証を返納すればもうハンドルを握ることはありません。従って事故を起こすことはなくなります。ただし、住まわれている地域に交通機関がなかったりすると、単純に返納してくださいというのも酷な話になる場合もあります。合わせてその問題も考える必要があります。

加山雄三さんが2019年4月に免許証を返納されているそうです。現在82歳だそうですが、同年齢の人と比べてもかなりお若い印象があります。今でもコンサート活動などされ元気な姿をみせているからでしょう。
しかしその加山さんでも返納を決断されていると聞いて少し驚きました。返納された理由がユニークでした。彼はインベーダーゲームの頃からゲーマーなんだそうです。それ以来とにかくゲームが好きで、今でも暇さえあればゲームに熱中しているんだそうです。で、その加山さんがゲームのプレイ中に反射神経の衰えを実感し「運転が怖くなった」そうです。
ゲームをやりだしたきっかけは、老化防止になると友人から薦められたからなんだそうです。
老化防止がきっかけで始めたゲームプレイで自分の反射神経の衰えに気づいて免許返納するなんて面白い話です。でもとても潔くていい話だと思います。全国の警察や交通関係の皆さんはこの加山さんの例をもっと利用していいんじゃないでしょうか。いや、するべきだと思います。

今後改善してもらいたいことを提言します。
・70歳以上の免許更新の期間を1年とし、その都度運転能力実施試験を行う。不合格者は、何時間か運転講習を受講し再度試験に臨む。再試験の回数を定め、その回数内に合格ラインに到達されない方は免許更新できないこととする。
・70歳以上の方が乗る車は、自動ブレーキ装着車を義務付ける。(これはもう全車に標準装備してもらい機能ですね。)


アクセルとブレーキの踏み間違えが原因で事故になるケースが多いです。
アクセルを奥まで踏み込むとブレーキがかかるという仕組みのペダルを開発した企業のニュースを聞いたことがあります。こういった機能も高齢者が運転する車には必要かもしれません。
とにかくまずはこのような悲しい事故を無くすことを念頭に置き、ルールの改正などに取り組まなければ、なくなることはないでしょう。
高齢者の数は年を追うごとに増加しています。



DAD(ダッド)スニーカーが若い人の間で流行っているそうです。
DAD(ダッド)スニーカーとは、”DAD(ダッド)=ダサいおじさんが履いてそうな靴”を指し、底が厚くぼってりとしたシルエットのスニーカーのことだそうです。
balenciaga-triple-s-2017-1

”ダサいおじさん”というワードにはちょっと抵抗感がありますが、いかにもおじさんが好んで履いてそうな靴が今若者の間で、カッコいいと思われるってなんか面白い現象です。よく科学の世界で逆転の発想とか言いますが、それに近いイメージなんでしょうか。

昔から何か流行りのファッションが出ると、多くの人がそれに偏るため皆似たようないでたちになってしまいます。それを嫌うファッションに敏感な人は,人とは違うファッションを追い求めます。
というようなことがずーっと繰り返されてきていると思います。
ダメージジーンズなんかもその一例ではないかと思います。最初は誰も穴の開いたジーンズなど履くわけがないというところがしゃれてたんでしょうね。

そういったファッションの流れの中で、このDAD(ダッド)スニーカーに来たのかなって思います。

ただ、おじさんを代表して言わせてもらえば「おじさん=ダサい」というのには少し複雑な思いがあります。おじさんだって気を使って頑張っている人は大勢います。一般的にはそういうイメージが定着しているのかもしれませんが、ちょっと残念な気持ちがします。

年をとってもできるだけ身なりは清潔をモットーにしておきたいですね。ダサイは仕方ないとしても汚いとは思われないようにしたいものです。

でもできれば、少しでも長くかっこよく生きたいと思ってます。
その辺りは本人の意識次第だと思います。
ri-sho-0073-c0152

先ほどのDAD(ダッド)スニーカーですが、僕は持っていません。
おじさんぽい靴を若い人が履くところがいいので、おじさんが履いたらそのままですからね。

でもどこかで気が変わるかもしれません。(笑)



昨夜横浜にてラグビーワールドカップ、日本対スコットランドの試合が行われた。
この試合には、両チームともベスト8がかかっており、日本のみならずスコットランドでも大きな注目を集めていた。
7B30A9D5-132D-4BA0-8621-7A149DA5EAAA

世界ランキングでは日本が8位、スコットランドが9位と日本が上位ではあるが、過去の対戦成績では日本の1勝9敗と圧倒的に分が悪い。前回の大会で唯一敗れた相手ということもあり因縁の対決で、この大舞台でリベンジを果たしたいと、組み合わせが決まった時からこのスコットランド戦に照準を合わせてきたという。
2B14803C-48EE-4BE7-8435-B53373E58B8A

試合開始前、選手を含め会場全員で、台風19号の被災者に向け黙祷が行われた。 実は大型台風の影響を受けこの試合の開催が危ぶまれていたのだが、大会スタッフや関係者の努力によってなんとか開催にこぎつけたのだ。試合が行われないままベスト8が決着してもお互いモヤモヤが残るだろうから、この素晴らしい裏方さんたちにまずは敬意を表したい。

試合開始のホイッスルが鳴ってまもなく、前半6分スコットランドのうまい試合運びにあっという間に最初のトライを許してしまう。日本チームも緊張感からかまだ動きが少し固い状況だ。
07DBA8D7-625D-4534-B91D-71368B0FC88B

しかし、徐々にエンジンがかかり、ここからはトライのラッシュとなる。スコットランドチームもこの日本の怒涛の攻撃には度肝を抜かれたに違いない。日本の鮮やかなパスワークになすすべがない感じだった。
F0F9F8D0-50E9-4E8D-8F7A-EC4C49781D86

3DEB29D2-2A23-4B65-A876-A22447E52189

36136FB6-3537-4AA7-A18B-E5FF04664FDE

今大会日本の観衆を沸かせているのは、オフロードパスの成功場面が多い。オフロードパスとは相手にタックルされ倒れながらも片手でパスを行うものだ。従来、日本チームはパスは両手で行うとされてきたのだが、今大会に向けてこのパスの練習を積んできたという。それが、本番で見事に花を咲かせている。
9768857B-9684-49DC-A380-BA124B8901CE

前半は21ー7と日本リードで折り返す。日本はスコットランドに敗れても点差次第では8強に駒を進めることできる。大きな貯金をし、後半に入ると日本は福岡選手のインターセプトからトライ、28ー7と大きくリードする。これで安全圏かと思われた直後、スコットランドもメンバーを入れ替え反撃に出る。
するとあっという間に28ー21まで追いつかれる。当然のことだがラグビーの歴史を誇るスコットランドとしては、簡単に日本に負けるわけにはいかないのだ。本国のファンたちは8強に入ることを当然のように待ち望んでいるからだ。 
403CAF22-C43C-4322-9FEB-2204287F5353

スコットランドの猛攻をなんとかしのぎ、トライを許すことなく守りきる。日本の勝利だ。 
もう1歩のところまで攻め込まれ、最後は本当に汗が出てきた。ノーサイドのホイッスルが吹かれた瞬間、思わず拍手してしまった。おそらく日本中の人たちが同じ気持ちになったに違いない。
ラグビーってなんて素晴らしいのか、改めてそう思った。パスが繋がり、トライする瞬間は歓喜に震え、スクラムでの押し合いは思わず体に力が入る。 タックルの凄まじさに目を見張り、キックの正確さに拍手する。「ワンチーム」チームが一丸になってプレイしているところが美しく日本人の大好物だ。
DFFEE6B6-42C2-46E1-B9B0-FF256EC0FCF5

4D1F882F-F5D6-4891-BBCD-BBD6D5D7DCFA

C97EF7B3-444F-441C-B3D0-D8C987D2851F

ジェイミージャパンは2019年地元開催のワールドカップで初の8強進出を決め歴史は作られた。
しかし、これがゴールではない。ここからが本当の戦いなのだ。

まずは、ベスト8に食い込むことができた。これから世界のトップチームに日本のラグビーがどこまで通用するのか、本当に楽しみである。
 895E3D56-CE79-4B7C-A048-0A5A326FBB77

このページのトップヘ