舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: つぶやき

新しい年が明けて早2週間経ちました。
もうお正月気分もどこへやらです。
時が経つスピードが年々早く感じられます。

年明け早々、「星野仙一さん死去」のニュースが飛び込んできました。
70歳という若さでプロ野球ファンのみならず、多くの人が驚き、そして名残惜しいという声が多く聞かれました。

そして、8日成人の日には例の「はれのひ」問題が勃発しました。
これはまだ未解決のことばかりで、これから警察の捜査が始まります。

たまたま会社名が同じ「ハレノヒ」だったために風評被害を受けた佐賀市の写真館の社長さんも、ネット上で見ず知らずの人たちが、「はれのひ」とは無関係で違うということを呼び掛けてくれ、大変ありがたかったとSNSで記されていました。
またそのブログで多くの方々から「心を打たれました」と善意のリレーがつながっています。

「門出を祝う場を台無しにされた子がたくさんいる。裏切られたままにはできない」とはれのひの無責任な対応に同業者として怒りが募り、八王子市の呉服店関係者が出席できなかった人を対象に2月12日に再び成人式を行う準備を進めているというニュースがありました。市も後援するということです。

またお笑い芸人のキングコング西野さんが「リベンジ成人式」を行うことをブログで発表して話題になっています。被害にあわれた方を無料でクルージングディナーにご招待するという内容で、晴れ着も協賛していただける業者さんが現れ善意の輪が広がっています。(2月4日開催です)
201602_04

このように素晴らしい人たちの心温まるいい話も聞こえてきます。
あー、つくづく日本人は素敵だなあと思います。
悪い人が事件を起こす一方で「善意」の心を持つ人たちがそれを包み込んでくれるのです。

今、日本海側の地域は大雪に見舞われ大変なことになっています。
先日のセンター試験の日、会場に向かっていた受験生が雪のため、電車に閉じ込められるということが起こりました。
万事休すかと思われた時、警察官が機転を利かせパトカーで試験会場まで送ったそうです。
パトカーで送るというのは初めてのことだそうで、ファインプレイと言えるのではないでしょうか。

「困っている人がいれば手助けをする」というのが日本人のモラルだと信じています。
私たちの体には「美徳」という言葉が、DNAとして受け継がれているのでしょう。

1月8日は成人の日でした。
全国で約123万人の方々が成人の日を迎えられたそうです。
お天気はあいにくの雨模様でちょっと残念でしたがもっと残念なことが起こりました。
com

成人式は人生で1度しかない貴重な儀式です。
過去には「荒れる成人式」というのが横行した時代もありましたが、最近では沈静化しているようです。

しかし、今回は別な意味で「荒れて」しまいました。

連日報道されていますように着物の販売・レンタルを手掛ける「はれのひ」が突如店を閉じ予約していた新成人客が晴れ着を着ることができない事態が発生したのです。
こんなことは前代未聞の事です。絶対にあってはならない事件です。

着付けができるところを急きょ探して間に合わせた人がいれば、間に合わず出席を断念した方もいるようで、横浜や東京八王子、福岡などで被害者は約600名ほどに上るとのことです。

先ほど書きましたように一生で一度のこと、特に女性にとっては振袖を着る数少ないチャンスで母娘で何年も前から予約し、この日が来るのを心待ちにしていたことと思います。

さらに悪いことに、直前になって早く振り込めば割引をすると、お金の回収を促していたということです。成人の日の当日に閉めるというのは計画的であまりにも卑劣な手段です。
こんな暴挙は許されるはずがありません。

しかも、今年だけにはとどまらず、来年、再来年の予約分もあり、すでに振り込みを済ましている人もいるそうで、これからまだ被害が広がる見られています。

そんな、腹立たしい事件の中、ボランティアで着付けをしていただいた方や一部の呉服店では、着物や着付けの応援をしていただいたそうです。

心がすさむような話ばかりでなくて、少しほっとしますね。

着付けをお手伝いされたある着物業界の方がおっしゃっていました。
「こんなことは業界の恥です。そのため何とかしようと一生懸命お手伝いしました」

また、着物の業界紙を発行する会社が中心となって、早くも「被害者の会」が発足された模様です。
34A7B225-0DB3-4650-BD5E-F5A88D06BA7A

いずれ代表者は世間の前に姿を現すことになると思いますが、どんな言葉を発するんでしょうか。
そしてどんな償いをするんでしょうか。多くの若人を傷付けた代償は計り知れません。
こうなる前にもっとすることがあったと思います。

こういう人に「はれのひ」は一生来ないことでしょう。

弊社では年の初めに今年の目標あるいはテーマをそれぞれ決めて発表することが通例になっています。
A6D6CA3F-76BF-4D52-B240-E13C82358C3C

2018年は「明るい未来を築く」にしました。これは「希望」という言葉につながります。

昨年はいろいろあり、社内のムードがやや暗くなりがちでした。

その反省から今年はなるべく明るくしたいと思いました。
そのために明るくなる材料を探していくように努めます。

また「明るい未来」としたのは、何度も書いているように2月の誕生日で満60歳になります。
僕の仕事寿命がだんだんと減っていきます。

しかし、会社は今後も存続してもらわなくてはいけません。
そのためにできるだけいい形でバトンタッチできるようにしていくことを強く考えるようになりました。

駅伝に例えるなら、次のランナーにタスキをつなぐのに、1秒でも早く渡すように努力する、というようなことでしょうか。

また、青山学院の原監督の「大作戦」のように、やっぱり明るいムードが個々のモチベーションを上げることにつながるように思います。

「ワクワク 」「ハッピー」「サンキュー」「ハーモニー」…まさにこれこそがうってつけの「大作戦」です。(笑)…明るく厳しくというところでしょうか。

1年を通せば、泣いたり笑ったりいろんなことがあると思いますが、年の終わりにはいい1年だったと思える年にできれば幸せなことです。

それでは「希望」に向かってテイクオフ。

2015年12月28日にこの「舘祐司の気ままなブログ」の第1回目が「プレゼント?」のタイトルで始まりました。
69BFA787-4231-4DE1-BA89-2E527758011D

あれから2年が経ちますが、カテゴリーも少しずつ増えて現在では29種類になっております。

いつもご覧いただいている皆様にはこんなつたない内容で本当に恐縮致します。

これまでを振り返ると時事ネタ、音楽ネタ、スポーツネタ、が多いようですね。

仕事に関係する業界ネタもはさんでいきますが、昨今の個人情報保護という観点から以前よりも縮小気味にしています。

新しいものにはとても興味があるので、そのあたりも面白そうなものが見つかった時には紹介していきたいと思います。

また、逆に古い昔のことも折を見てネタにしていくつもりです。
昔懐かしいことや自分の過去のことを思い出しながら書くと楽しくなってきます。
以前「ノスタルジー普遍の法則」のことをブログで紹介しましたが、古いものには普遍的な魅力があります。それはもしかするとよく知っているからなのかもしれません。
新しいものってよくわからないから手を出しにくく、ちょっと腰が引けてしまうことがあるのかなと思います。

2017年で人気のタイトルは「豪雨のため新幹線が止まった~車中泊の思い出」です。
新幹線が止まり、いつ動くかわからないような不安な状況の中、そのようなワードで検索するとヒットするんでしょう。
新幹線の中で一夜を過ごす体験は稀有なことなので、貴重と言えば貴重です。
それだけ何度も新幹線が止まったという裏返しでもあります。

他には「元CBCキャスター日比英一さん逝く」にもたくさんのアクセスがありました。
このブログを書きながら昔のことに思いをはせ、シカゴの名古屋公演のエピソードが出てきました。
その昔、松下ビルで同じ時を共有した方からもコメントをいただいたりもしました。

わたくし2018年戌年は還暦の年になります。年男です。
年男は年神様からご加護を多く受けられ縁起がいいとされています。

そんなこんなで、2018年も「気ままなブログ」を続けていこうと思いますのでまたよろしくお願いいたします。



2週間前に今年の漢字が「北」と発表されました。
そもそもこの漢字は誰がどうやって決めているのでしょうか?

日本漢字検定協会が全国からはがきやインターネットで公募して得票によって選ばれるそうです。
11月から1ヶ月間かけて公募するためどうしても年の後半の出来事が選ばれやすくなってしまうのは仕方ないところでしょうか。

以前書きましたように、今年の漢字はできれば選ばれてほしくなかったです。
そこで「気まま」が選んだ漢字を発表いたします。

ジャン!「退」です。

今年は大物の引退がとても印象に残りました。

まずは4月に女子フィギアスケートの浅田真央ちゃん。まだ27歳という若さです。
joseijishin_d28552_0

オリンピックでの金メダルにはとうとう手が届きませんでしたが、あの大舞台でトリプルアクセルを飛び、世界のスケートファンをうならせました。

そして5月には女子ゴルフの宮里藍選手。32歳でゴルフ選手としては異例の若さです。
2010年には10週にわたって世界ランキング1位の座に君臨し、日本のファンや若きゴルファーに大きな希望を与えてくれました。
cyclestyle_55691_0

「モチベーションの維持が難しくなった」と引退理由を述べていましたが、世界のトップで戦うことしか頭にないレベルの高い選手らしい一言でしょうか。日本でならまだまだ十分プレイできるし、見たいファンも数多くいると思いますが、本当に惜しまれながらの引退でした。

女子テニスの伊達公子選手は満身創痍になるまで戦い引退しました。
article-0-16FCF9A2000005DC-849_634x477

伊達選手は1996年25歳の時、絶頂期に突如引退していますので2度目の引退ということになります。
以前は世界ランキングトップ10にも入り輝かしい成績を残しています。これはアジア出身の女子選手では初めての快挙でした。
そして、2008年37歳で現役復帰を果たすとウィンブルドンなど数々の最年長記録を塗り替えました。

三人に共通することは、ティーンエイジャーの頃から第1線に立ち、世界の舞台で戦ってきたことです。

また芸能界では、やはりこの人、アムロちゃんこと安室奈美恵さんです。
original

40歳ということで芸能界では引退する年齢ではないのですが、ダンスパフォーマンスのレベルを維持することに自分なりの納得がいかなくなってきたのかもしれません。
現在でもスタジアムを軽く満員にするスーパースターの引退は、多くのファンが悲しんだことでしょう。

他にも多くの方が引退されたことと思いますが、僕の中ではひふみんこと将棋の加藤一二三さんが印象に残っています。彼の場合、藤井聡太四段の活躍もあり、引退されてからの方がテレビなどで露出が増えたように思います。

いつの世も退く人があれば、新しい芽も必ず出てきます。
そんな若い芽に期待しながら新しい年を迎えたいと思います。



このページのトップヘ