舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: つぶやき

14日政府から東京、大阪、北海道など8都道府県を除いた39の県は非常事態宣言が解除されました。少し明るいニュースですが、もちろん何も解決したわけではなく、まだまだ安心できる段階ではありません。

宣言を解除する基準も示され、「感染数」「医療提供体制」「監視体制」の3点から総合的に判断し、「直近1週間で10万人あたりの累積感染者が0.5人以下」が目安とされ、東京都の人口約1,400万人に当てはめると、1週間で70人以下(1日10人以下)というレベルになります。

数値が示されたのは、「直近1週間で10万人あたりの累積感染者が0.5人以下」だけでそのほかはアバウトな感じがして、もうひとつすっきりしませんね。

大阪の吉村知事は、安倍首相が緊急事態宣言の延長を発表した5月4日に独自の出口戦略「大阪モデル」を発表して大きな注目を集めました。
その大阪モデルをおさらいしましょう。
(1)リンク不明の新規患者数の7日平均が10人未満
(2)PCR検査の陽性率の7日平均が7%未満
(3)ICUの病床使用率60%未満
これら3つの基準全てが7日間連続でクリアされれば、段階的に自粛要請を解き、社会経済活動を動かしていくということでした。数値目標が設定され実に明快です。

そして14日、この基準が達成されたとして16日から休業要請解除を発表しました。
出口を示さずに、ただ外出自粛や休業を要請してきた国とは違い、数値目標を掲げて出口を示した大阪府知事の手腕は見事で、府民だけにとどまらず多くの国民から称賛の声が上がっています。また、通天閣を照明の色でその状況を示すというアイデアも誰でもわかりやすくていいですね。

吉村知事の言葉は非常にわかりやすく、原稿を読み上げるのではなく自分の言葉でしっかり話しているところに魅力を感じます。
また、記者会見で想定問答集を使っていないということです。これは橋下元知事がそれまで用意されてきた慣習をやめたそうです。ですから自分の言葉で話す癖がついているのですね。
昨日もそうでしたが、安倍首相は記者からの質疑に入ったところで、準備していたと思われる文書に目を通しながらでした。印象はかなり違います。あのトランプ大統領も記者会見はガチで行っているそうです、なのでたまに記者とバトルになることもありますね。自分の言葉でなく、誰かが作った言葉で話すのは私たちの心に響いてこないです。
それと、もう一つ、質疑に対してきちんと答えていないのが気になります。政治家の方は往々にしてそういった質疑をはぐらかすことがお得意のようですが、このような非常事態宣言の中、もう少し端的に質疑に対して真摯にこたえていただきたいのですが、とても残念です。


京セラの会長の稲森和夫さんの名言があります。
 バカな奴は、単純なことを複雑に考える。

 普通の奴は、複雑なことを複雑に考える。

 賢い奴は、複雑なことを単純に考える。


言いえて妙と言いますか、とても共感できます。

頭のいい人は難題を簡単に考えることができるのです。逆にそうでない人は、簡単なことなのに難しく考え、迷路に入り込み、自ら難しくしてしまうのです。

国会のやり取りを見ていて、ほとんど人がいらいらするのではないでしょうか。もっと簡単に質疑にこたえることができないのか。なぜ延々と関係のない話をするのか。質疑されていないことに論点が脱線してみたり。日本の最高会議なんですから、もっと子供たちの手本になるような論議にしていただきたいと思います。


このコロナウィルスの問題は、世界のどんな政治家にとっても非常に難しい問題です。多くの人の命がかかっています。命を守ろうとすればするほど、経済は落ち込んでいきます。その両方のかじ取りをバランスよくこなさなければなりません。


非常事態になると、人の本質が垣間見えてきます。

理想のリーダー像は、現状をよく把握し、少し先を見すえながら、明かりを照らし、勇気付けてくれるような人がふさわしいですね。


東京都の新たな感染者数が6日連続で50人を下回り、かなり収まってきた感があります。
愛知県でも5月7日から3日間0人の後、10日が3人、11日が1人とかなり収束してきたように感じます。

政府も、特定警戒都道府県に指定されている13の地域以外の県については、状況を鑑みながら5月14日時点で緊急事態を解除する方向で検討すると少しずつ経済活動も含めて平常時に戻そうとしています。
しかし、一足先に自粛を緩和していた韓国では集団クラスターが発生し一気に80名以上の感染者が発生しました。中国でも上海ディズニーランドの営業が3か月半ぶりに開業され多くの人が楽しむ映像がニュースになっていますが、何となく恐怖がとなり合わせのような気がします。

このウィルスは人が気を許したすきをしっかりついてくる厄介な存在です。私たちは、国民皆で我慢してここまで積み上げてきたものを崩すことのないように注意を継続していくことです。
そのためには、自粛警察とか言って日本人同士でいがみ合っている場合ではないと思います。とにかく協力していくこと、私たちにできることは医療の現場で必死に我々を守ってくださっている医師や看護師の皆さんの負担を少しでも軽減することです。そのためにどういう行動をすればいいのか、言わずもがなですね。

これは国内だけの問題ではなく、国際社会においても同様のことがいえると思います。中国とアメリカが互いに批判合戦を広げていますが、そんなことに注力をしている時でないことは誰の目からも明らかです。どうやらトランプ大統領が自身の失政を中国に責任転嫁しているとの見方が強いですが、アメリカ国民は、国民のことよりも個人の保身を考えるリーダーをこの先も選ぶのでしょうか。
来週開かれる世界保健機構(WHO)の総会について、ニュージーランドが台湾のオブザーバー参加を支持したことに中国が非難したと報道にありました。台湾は中国の反対でWHOに加盟できていないのですが、オブザーバー参加を認めるよう強く働きかけをしているそうです。
台湾とニュージーランドは世界的にコロナ対策において、もっとも成功した優等生であると認められています。こんな非常事態に政治を持ち込むなと言いたいですね。この総会では、台湾がどのように感染を防いだのかという実績を世界の国に広めるチャンスでもあるわけです。これから感染爆発が起こるであろうとされる途上国などからも大きな期待が寄せられていたのではないかと思います。
ここはニュージーランドだけでなく多くの国が声を大にして参加を認めるように働きかけるべきではないかと思います。

日本では、専門家の方の見方によれば、夏に向けて収束の方向に向かうが、秋から冬にかけてまた感染が広がる可能性が大きいということです。そのために少し落ち着いてきた今から、その時のために準備をしていく必要があるといいます。
まず急務なのは、検査の拡充ですね、これは今誰もが望んでいることです。検査方法も広がり、愛知県でも15日からドライブスルー方式の検査を行うこととなりました。そして検査によって、陽性者と陰性者を分離し、医療現場の負担を軽減することです。
市中に陽性者が減れば、限定的ではあるものの少しずつ経済も動かすことができるようになるのではないかと思います。

ニューヨークのクオモ市長はこう言っています。「100年前のスペイン風邪の時は収まるのに2年かかった、しかし今回はまだ4か月ほどだ」

ウィルスとの本当の闘いは、実はこれからなのかもしれません。決して侮ることなく、安心しないようにしましょう。少しでも隙を見せたら、すぐに襲ってきます。


「手をこまめに洗いましょう」ということで、手を洗う頻度が従来の3倍から5倍くらいに増えているのではないかと思います。

ふと思ったのですが、これだけ手洗いを励行しているわけですから、当然水道の使用量も増加しているはずですね。あまり報道では気にされていないことですが、今は水がめにたっぷりと水があるのでしょう。今後、水不足になったらどうなるのでしょう?
img20200312144019811

これは台湾のデータですが、今年の1月から2月にかけて水道使用量が平均で1日1人当たり約3リットル前年に比べて増えていたそうです。この数値は爆発的な増加量なんだそうです。明らかに新型コロナウィルスの影響だと報じられていました。日本では自治体により水道基本料金を免除したり、水道料金を全額免除したり行われていますが、水そのものの心配はあまりされていないように見受けられます。

コロナウィルス問題がなくても、香川県など夏場になるとよく水不足になります。梅雨時期にしっかり降雨量があれば問題ないのですが、雨が少ないと深刻な問題になる気がします。今のところ、水道は降雨に頼るしかありません。
「手洗いしましょう」と「節水しましょう」は相反することです。下手をすると二重苦になってしまいます。水不足になってから考えていては遅いですから、今からそうなった時のことを考えておくべきなのかなと思います。
「水を使わない手洗い方法」とか「節水しながら手を洗う方法」とか、準備しておくことに越したことはありません。水は簡単には手に入りませんから。

先ほどの台湾ですが、感染予防は重要だが節水も重要ということで、台湾自来水公司(水道会社)が手洗いの仕方を説明しています。それによるとまず水道水で手を濡らし、蛇口を一旦閉めます。そして20秒もみ洗いしてから、再び蛇口をひねり水で手をすすぎます。両手をもみ洗いしている間、水を出しっぱなしにしないことで節水が可能になるとしています。面倒ですが、仕方ありません。
台湾も小さな島国ですから、水がとても大切なのでしょう。

こんな事態にならなければいいのですが、こればかりはまさに「天のみぞ知る」ということですね。
今年ばかりは、雨が続いてもがっかりせず喜んだ方がよさそうです。
幸い今のところ、今年の梅雨は降雨量が平年並み以上だと予想されていますので、杞憂に終わればいいのですが。


昨日の続きです。

あるコメンテーターの方が、こんなことをおっしゃっていました。
今、非日常の毎日が続いています、早く日常に戻りたいと願うばかりですが、もしかするとこれからはこの非日常が日常になり、かつての日常はもう戻らないのではないか。つまりこの状態が日常と考えなくてはいけない時期に来ているのではないかと言っています。悲観的な想像はできればしたくありませんが、非常事態宣言の延長も皆当然のことと考えていますし、外出自粛も相当浸透してきています。いまだにパチンコ店に通う非常識者も一部には見られますが、パチンコ店はいろんな事情があろうともここは休業していただきたいと思います。店が営業していなければ、お客さんもあきらめてくれると思います。

徐々に収束に向かっているところですが、完全に抑え込むまでは何カ月という単位ではなく、年という単位で考えないといけないのかなとも思います。
ある程度落ち着いてきたところで、少しずつ制限の解除が始まり、まずは学校の再開が行われるのだろうと思います。そして飲食店なども何らかの制約付きで営業できる状況になってくるかもしれません。
しかし、いわゆる三密は避けなければいけません。となると、多くの人が集まる集会や音楽ライブといったイベント事は1年経っても、解除されるとは考えにくいです。
そう考えると1年延期した東京オリンピックは開催できるのだろうか?ということになります。これは個人的な想像ですが、結局中止という判断になるのではないかと推測します。50年ぶりの日本開催に多くの方が尽力され、予算をかけて準備もし、盛り上がってきていただけに非常に残念ですが、開催できるイメージがわきません。なぜなら、例えば1年後にアフリカではまだ収まりきっていなかったとすれば、果たしてIOCは開催を決断できるのでしょうか。オリンピックは欧米とアジアの国々だけではありません。

また、医療の世界も改革が進むことと思います。今回のような新型ウィルスが発生した時の備えをしっかりと考えておく必要があるということを思い知らされました。マスクを含め防護衣や消毒薬の備蓄、病院内での感染を防ぐための施策、医療器具やベッド数、スタッフの問題など万が一このような感染症が起こった時のマニュアル作成も含めたくさんの課題があります。
また、政治の方も反省すべき点はいくつかあるように思います。初動体制は正しかったのか。最近の調査で、中国武漢系のウィルスは比較的抑え込みに成功したのですが、その後の欧米系のウィルスが日本に広がり今のような経路不明感染者が多くなっているとのことでした。
世界の中でも、比較的拡散を抑えることができた国があります。台湾やニュージーランドがそうでした。この国はかなり早い段階で国外からの入国を禁止して、感染拡大を最小限にとどめることに成功しています。また、中国と韓国は一旦は拡散しましたが、短期間で抑え込むことに成功しています。こういった国の対応を再検証し、何をすべきだったのかということを学ぶことで、それを今後に生かすことが必須であると考えます。

休業要請ではなく、強制的に休業させることができる法改正も必要ではないかと感じます。この期に及んでパチンコ店が営業を継続している問題は、あってはならないことだと思います。企業は、会社の利益とともに社会貢献ということが理念にあるのではないかと思います。そうであれば、営業すべきかどうかすぐに判断できるように思います。

また、現在毎日感染者数が発表されていますが、医療関係の方がかなり以前から口をそろえておっしゃるには、「これは氷山の一角である。検査していない無症状、軽症の方が大勢いると推測される」
要するに、今発表されている数は感染が確認された人数であり、正確な感染者数ではないということです。検査をして陰性が確認されなければ、完全な非感染者ということは言えません。
少し前から「陽性率」というワードに注目が集まっています。現在日本ではこの陽性率が諸外国に比べて異常に高いそうです。これは検査数が少ないからなのかどうなのかは、検査して見ないとわからないのです。だからこそ、検査の必要性があるということを強く訴えています。

4月末に来て、感染者数がやや鈍化し、少しだけ先が見えてきた感じがします。ただもちろん予断は許しません。ここで緩めたら、すぐに元に戻ってしまいますから、注意は必要です。

さて、この新型コロナウィルスは世界に大きな打撃を与えています。この歴史上に残る感染症爆発により今後の社会が変わってくると思います。
まずキャッシュレス化が一段と進むでしょう。昨年から日本で急速に拡大していますが、さらに拍車がかかると思います。これからはなるべく接触しないことが重要とされます。現金のやり取りは敬遠されるようになると思います。スマホ決済などが普及するとコンビニの無人化が増えてくるでしょう。AIの台頭やITの進歩で人に変わり機械が仕事をする世界にどんどん変わってきます。

今、学校はほとんど休校になっています。一部ではオンライン授業が行われているようですが、まだ少ないです。オンラインで患者を診察するオンライン診察も注目されています。接触せずにある程度診察できるのでお互いメリットがあります。テレワークの増大によりオンライン会議はもう珍しいことではなくなってきました。テレビ番組でも、出演者が自宅からオンライン出演している風景が当たり前になっています。オンライン飲み会と言ってそれぞれが自宅にいながら、パソコンの画面を通して飲み会をするという新しいスタイルも出現しました。このオンラインというつながり方、実際に合うことなく、ネット上で繋がりやり取りすることで成立できるとすれば、この形も定着するように思います。当分の間人と接触を避けることが賢明です。

昨日から急浮上してきたことが、学校の9月始業化ということです。休校が続き、先が見えない状況の中、ある高校生が9月始業を提案したことから一気に広がったようです。これについては賛否両論ありますが、世界のスタンダードは9月始業です。今後日本のグローバル化を目指すのであれば、世界標準に合わせていくのが自然の流れであると考えます。実際に東京大学では以前から9月始業が検討されているようです。私もそれには賛成派です。ただ、問題なのは、このドタバタの緊急時にそれを開始するのは、賛成できません。就職時期の問題や、それこそ幼稚園から大学まですべて見直すのかどうかなど多くの問題があると思います。いろんな議論を重ねたうえでシフトしていくというのが、好ましいと考えます。

テレワークも多くの企業で、普及するでしょうね、もちろん業態によってできない業種もありますのですべてという訳にはいきません。ネット環境のインフラはもちろんのこと、IT関連はまだまだ進化していくことでしょう。
飲食業界は営業時間など制約の中、各社持ち帰り弁当などに力を入れています。というかお客さんが来店してくれない現在、そうせざるを得ない状況なのでしょう。そうすると今後も持ち帰りやデリバリーというのがある程度定着する可能性があります。今後数年は、人との接触を避けるのが当たり前になる気がします。




このページのトップヘ