舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: つぶやき

先日、松山から名古屋に帰る時、「IBEX」の飛行機に乗りました。

普段あまり飛行機に乗る機会が少ないため、この航空会社はほとんどなじみがありません。

乗った席が一番後列の通路側、20Bという席でした。
この席はすぐ横にキャビンアテンダントの方が腰かけられ、すごく近い距離になります。お隣の席の方よりも近いくらいです。

実は、予約していた便の一つ前の便に振り替えたのですが、残り1席でしたので、この席を最後まであけてあるようです。

離陸して少し落ち着いた後、CAの方に話しかけました。「この席が最後の席なんですね」「そうなんです。すごく近いので落ち着かないかもしれません。またリクライニングができないため少し窮屈になるかもしれません」と言われました。
IMG_2055
まず気になっていた「IBEX」という会社のことを尋ねました。
「JDL」という会社が親会社のようです。「JDL」は会計ソフトの企業でその会社が航空会社を運営すとはなかなか珍しいように思います。2002年から就航しているそうですが、全く知りませんでした。
「IBEX」は主に地方都市を結んで飛んでいる会社のようです。
それから、LCCなど航空運賃の話とか、仕事の話などいろいろ話をしました。
IMG_2056
セントレアに近づいて、トイレの使用ができなくなったタイミングである乗客から「子供がトイレに行きたいと言っているのですが」とCAさんに声掛けがありました。操縦室に確認を取り「OKが出ましたのでどうぞ」と子供をトイレに案内し、一緒に入りお世話をしていました。その子は5歳くらいだったでしょうか。
「CAの仕事って大変ですね」というと「ええまあそうですが」「でもそれだけにやりがいがありますよね」と言うと力強く「そうなんです」ときっぱり答えてくれました。
ああ、この人は自分の仕事にとても誇りを持っているんだなと感じました。

あっという間にセントレアに到着しました。
席を立つと「ありがとうございました」と声をかけてくれました。
「こちらこそ、ありがとう。仕事の邪魔をして申し訳なかったです。また機会があればIBEXに乗りますよ」と言って降りました。
とても気さくでチャーミングな女性でした。

最後の窮屈な席がもたらした、小さなハッピーでした。
「残り物には福がある」なんて言いますよね。

学生の記者会見の翌日、今度は監督と名前が挙がったコーチの2名で記者会見が行われた。
http _027130733

問題の悪質な反則プレイの指示については両者ともきっぱりと否定された。
学生の主張とは食い違う内容であった。

この場合、どう考えても学生の方が真実味がある。片や非常に具体性があり、片やつい昨日のことも記憶があいまいだというようにとても浮ついた印象を受けるからだ。
それに学生がこのことについて嘘をつく必要があるかという点もある、何も得るものはないように思う。

監督はルールに基づいてプレイすることをいつも教えてきたという。
では、反則を犯して退場になりベンチに戻ってきた選手に対してどんな態度をとったのか。通常なら「なんというプレイをするのだ」と叱らなければならないところだが、むしろ労うように迎えている。
そして不思議なことに、反則プレイは見ていなかったらしい、見たのは試合から3日後だったという、もしそうならば、試合後のミーティングで、「俺の指示でやったと言え」「責任は監督の俺がとる」この言葉は見てもいないプレイに対して言っていることになる。大学のトップレベルのチームでそんなおかしなことがあるとは到底思えない。

この会見は大学の広報部の方が司会を担当しておられたが、記者からの質問がまだ続く中で、なぜか一方的に打ち切ろうとした。そこで記者陣と押し問答になる、ある記者から「日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」と言われ「落ちません、余計なこと言わずに」と答えた。

日大の教育者である立場の監督・コーチの謝罪会見であるにもかかわらず、その司会者がいら立ってどうするのか、真に謝罪する気持ちがあるのか疑わしくなる。学生を守らずに自分らの立場を守ろうとしているのがありありだ。
一体この大学では、どんな教育がなされているのだろうと不安になるようなやりとりだった。

この一連の騒動を見て、この大学に入りたいと思う学生がどれくらいいるのだろうか。
来年の4月が見ものである。
このニュースは、日本国内のみならず、世界の国々でもニュースとして扱われているという。
世界中に恥をさらしている格好となっているのだ。

腹立たしいし、情けないし、恥ずかしい。

この会見を見て、まるで国会での官僚の受け答えを見ているようだとおっしゃった方がいた。
「相手のQBを潰してこい」と言ったことは事実だと認めながら、「けがをさせろとは言っていない」選手が勝手に勘違いしたと言わんばかりの答弁にあきれるというか、本当に教育者なのか疑いたくなる。解釈が違うとか、監督やコーチの意図と乖離しているとか、チーム内でそんな意思疎通の無いようでよく試合ができるな、というのが印象だ。

どうやら24日朝の情報では、試合直後に監督にインタビューした音声記録があるらしい、これでどちらの言葉が真実なのか明らかになり早く収束してもらいたいと思う。
なぜなら長引けば長引くほど学生たちが疲弊するからだ。

関東学生リーグの日大以外のチームから試合ができない日大の学生に対し、一時移籍など特別な対応を施して助けようという動きも出てきているらしい。

そんな温情が出ている一方で、元監督は緊急入院したそうだ。
何かまるで問題を起こした国会議員が取る常套手段のようで、とても見苦しく思う。


気の毒なのはアメフト部の学生らだ。何の罪もないのに試合ができず、宙ぶらりんな状態だ。
なんとか救済する措置はないものだろうか。毎日悶々と日々を過ごしている事だろう。
 
もう日大のプライドもすでに地に落ちてしまっている。
今のままでは、自らの保身しか感じられないし、風当たりはますます強くなるばかりだ。
理事長のコメントも聞こえてこないが、こうなると知らぬ存ぜぬでは通らないだろう。

早く真実を明らかにし、心底謝罪しなければ一つも前に進まない気がする。


月曜日出張帰りで、志賀本通の駅に着き階段を上がったところで、僕に向かって挨拶をする一人の青年が立っていました。なにか話しかけてくるので何だろうと思っていると、知り合いのS君でした。
「えー!久しぶりだね」「お久しぶりです」約2年ぶりの再会です。
ちょっと以前と雰囲気が違っていたので、すぐにはわかりませんでした。

彼は2年前まで栄ラシックのアパレルショップに勤めており、顔なじみでした。
独立する時に店の外で4時間ほどいろんな話をしたことがあります。
その時以来の再会でとても驚きました。

「どうしてここに?」
尋ねると今年の初めにこの近くに引っ越してきたんだそうです。
住まいの場所を聞くとそれがまた、僕が結婚してすぐに住んだところのすぐ近くです。
なんという偶然でしょう。

そして東京に帰ったT君が住んでいたところにも、近いので単なる偶然だけではない何か「ご縁」を感じました。
彼はラシックの中で勤めていた関係でT君とも面識があるのでT君情報も伝えました。
仕事が今はアパレル関係でないことを知ると少し残念がっていました。
10分ほど話して別れました。

妻もよく知っているS君なので帰宅すると早速その話をしました。
やっぱり驚きました。

しかもその前日、久しぶりにラシックに行ったばかりなのでさらに驚かされます。

驚きの連続です。こんな「ご縁」もあるんですね。
世の中、目には見えない糸でつながっているのかもしれません。





この問題で毎日ニュースが流れています。
2018052100055_1

一昨日、被害者の選手の父親が会見をし被害届を警察に提出しました。いよいよ刑事事件となっていきます。

そして、昨日、加害者の選手が実名と顔を公表して会見に臨み、違反行為についてはっきりと監督、コーチからの指示であったと述べました。

日大側はそれに対しても、未だ否定的な立場を取っています。何を守ろうとしているのかよくわかりません。

大学は、学生を立派な社会人として育成するところではないのですか?
教育者らが嘘や間違った教えをして、その目的が果たされるのでしょうか?

たった1人の学生をいわば人身御供にし、本来なら守らなくてはいけない学校が責任を押し付けているようにしか見えません。

今回の騒動で、多くの人が傷ついています。関学のアメフト部と関係者はもちろんのこと、日大の全て学生やその関係者、日大のOBらも落胆していることでしょう。特にアメフト部のOBは名門のプライドがあるだけに失意なのか怒りなのか、どんな思いでしょうか。

加害者となり、今回勇気を持って会見に臨んだ選手も加害者であり、被害者でもあると思います。

まだ二十歳の若者をここまで追い込んでしまう日大アメフト部とは一体どんなところなんでしょう。
高校生の時大好きだったアメフトが大学に入って 嫌いになったそうです。
そんなふうにしてしまうスポーツ部は何か間違っている気がします。 

アメフトをやっている高校生らは、今後日大を目指そうとは思わないでしょう。

そうなると日大アメフト部は、廃部になる恐れがあります。監督、コーチが辞任し、責任問題から理事長の引責にも及ぶ可能性があります。となれば実質ナンバー2と言われる元監督もそのポストはなくなると思います。そうならなければおそらく世間が許さないと思います。 

勇気を出して真実を公表した選手はとても立派に見えました。行った行為は許されるものではありませんが、やらなければいけない状況の中で辛い思いがよく伝わりました。

それに比べ、その数日前の監督の会見はとても歯切れの悪いものでした。 
「申し訳ありません」とは言ったものの、心は上の空のように見えました。
確信な部分になると、「文書で回答します 」…何のために会見を開いたのか落胆だけが残ります。
SNSなどで誹謗中傷されていることに対し「心外である」 とも述べてました。此の期に及んでもまだご自分の置かれた立場がよく理解されていないのかな、と思います。
全責任は自分にあると言ったのであれば、そういった厳しいご意見が集中することは当たり前のことで、黙って受け止めるしかないと思います。

1人の青年の人生を狂わせてしまう可能性もあります。
それだけ重大なこと、犯した罪は重たいのだという事をこれからわかってもらいたいと思います。

 

これなんだと思いますか?
0E2A8CC7-6EB5-4F46-BE17-102DD9F5150A

僕が子供の頃、今から50年前は名古屋の足と言えば、市バスと市電でした。

60年前に初めて地下鉄が名古屋の街を走ってからは地下鉄が延伸し、市電が廃業していき最終的に市電は全て無くなりました。

その名古屋市電の先頭車両の言わば顔というところです。
D464D794-BE58-421E-825A-70B24DC92AED

ビルの一角に埋め込めれています。
確かめたわけではありませんが、多分本物だと思います。
AB6ACAC2-0E03-44C0-8087-5568D994B17C

面白いでしょ。自宅から10分から15分ほど歩けばこの場所に来れます。


先日ふと気がついたことがあるのですが、この写真は近所の何でもない道路です。
3F81350D-9D11-45C5-8CB1-8C3A04022807

左のほうに車両進入禁止の標識がありますよね。

ごく普通の標識です。結構新しいのか、とても綺麗です。
A3E108AB-D5ED-43DF-90C2-83CB4B3EBBF9

この場所から、先ほどの写真でいうと奥の方に向かって20〜30m行くとまた同じ進入禁止の標識があるのですが、それがこれです。
526FDC00-71D7-4535-8AAA-A5151EAA96CB

かなり年季が入っていますね。

そこからまた20mほど行くとまた同じ標識が立っています。
7A2D66A0-1D90-46BA-989E-BC84829339C2

もう一部塗装が剥がれかかっています。これまたかなり年数が経っているのでしょう。

そしてさらに20m行くとこの標識があります。
63E0FB8A-0C51-41C4-9057-2F3150178CE7

車か何かがぶつかったのでしょうか、右のほうが曲がっています。

さらに20m行くとこの標識があります。
75352290-7C7D-4F25-A90F-8D923B4DB096

これはかなり綺麗です。

これはどういうことなんでしょう。
たまたまかもしれませんが、かなり極端に差があります。

じっくり観察すると、道路上にはものすごい数の標識が立っています。
これらを全て管理するのもなかなか大変だと思います。 

標識の役割は、事故を防止するため、安全を保つためにあります。私たちを守ってくれています。

先ほどの標識はなんだか年老いたおじいさんのようで、ちょっと気の毒な感じがしました。

多分近い将来お役御免になるんだと思いますが、それまでの間もう少し頑張ってください。
 

このページのトップヘ