舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: つぶやき

千葉県で台風15号による大規模な停電が3日経っても続いています。
1568213540432
(9月11日23時現在の停電状況)
今の日本国内で停電が3日も続くなどちょっと信じられないニュースです。この被害にあわれている方々には大変なご苦労をされ、心中お察しします。

当初2日目でほとんど復旧の見込みという情報が流れていました。結果的には、予想していたより被害状況がひどく、変圧器の交換のつもりが電柱そのものが倒壊していたり、途中の道路が倒木などで通行できず現場に行きつくことが困難だったりし、「想定が甘かった」と東京電力が反省の弁を発表しています。そして、いまだ復旧のめどが立っていないことを発表しました。

よく災害時において、救出の時に「72時間の壁」という言葉を耳にします。つまり発災後から3日以内に救出しなければ、生命の危険リスクが一気に高まるそうです。今回は地震などとは違う災害ですが、3日間電気がなく水も出ない生活では、夜も眠れず相当体も心も疲弊していることと察します。時期的にも熱中症のリスクもありますし、情報がわからないという精神的な不安要素もそれに輪を掛けます。

このような災害が起こった時に、必ずと言っていいほど「想定外」という言葉が出てきます。もうそろそろ「想定外」なことが実際に起こるという想定をしなくてはいけないのではないかと思います。過去に例を見ないことが起こるのです。そんなことをどう想定するのか難しいことかもしれませんが、人の頭で予想できないのなら今どきAIを活用するのもどうかと思います。できる限り最新の情報を入れてやれば、斬新な対策が生まれてくるのではないかと期待します。旧来の考え方では何も変わりません。同じことを繰り返すばかりです、地球の環境はどんどん変わっているのです。
先ほど倒木で道路がふさがれて現場に行くことができなかったという話がありましたが、考えてみれば、電柱やあの大きな送電線の鉄塔が倒されるほどの強風だったのです、その辺の木々が倒れていることくらい少し考えればわかりそうなものではないかと思います。

現状、架空線で送電されているところがほとんどですが、今後地中線化を進めることを考えてはどうでしょうか。コストはかかりますが、安全生は高まると思います。

ひとたび停電が起こると、現代の生活はほとんど成り立たないことが嫌というほど身に沁みます。
近頃はオール電化にされているご家庭も多いと思います。普段は便利かもしれませんが、災害時にはこのようなリスクが生じるということを知っておくことも大切です。
車のエアコンを使って涼をとられている光景も見かけますが、そのうち燃料が必要になります。ところが、ガソリンスタンドなども営業停止しており、車の燃料補給もままなりません。

素人ですので、電気がどのようなルートで送電されているのか把握していませんが、このような災害の時にルートの変更が速やかに可能なシステムが構築されると、ひとまず応急的にも送電できたりするのではないかと空想します。口で言うほど簡単なことではないと思います、しかし簡単でないから私たち日本人にはうってつけの課題だと考えます。

とにかく、従来の考え方とは違う新しいアイデアを絞り出さないと、進歩がありません。
もしも素晴らしいインフラ案が出せれば、国内のみならず、世界の人の役に立てるかもしれません。
コロンブスの卵的な発想力が求められるのではないでしょうか。

大体毎朝40分から60分ほどウォーキングをするのが日課となっています。

するとご褒美なのでしょうか。たまに美しい朝景を見ることができます。

9月3日の朝に出会った景色です。
8EF5C7CC-B998-460F-A8EC-1D66D345FBF3

706E4127-5A51-4D70-B461-20F7373793E1
薄いピンク色に染まっていました。

朝焼けは太陽の赤い光線と雲が織りなす自然の恵みです、そしてキャンバスは青い空。
雲の凸凹した形状が光の陰影を作りそのコントラストがなんともいえない景色を私たちに見せてくれます。

9月6日の朝はまた格別な朝景をプレゼントされました。
C1746921-35FE-47DB-B0EF-11FC079DEA6A

1ECE7D91-84F7-4345-8C8F-CDC9DF8E5E6D

A8E3EB0E-BC3E-4B46-969C-9B98F5F32C14

C0B18C34-51BE-4124-AEDE-B5A2EA6A3F4A

CF83C538-3C95-42B1-84C0-E31274FFD8C9

ED7DCB97-887D-4403-81B0-06DF6C98DF54
最後の写真などは、夕景?と思ってしまうほどオレンジ色に雲が染まっていました。
午前5時を少し回ったあたりの時刻で、日の出直前のタイミングでした。

とても美しかったので、思わずシャッターを切りました。
建物のシルエットがまたいい感じになっていますね。
太陽が昇るにつれ、刻一刻と景色が変化していきます。

昔から「早起きは三文の徳」=「早く起きるといいことがある」という意味ですが、このような景色を見ることができるのもそのことわざ通りなのでしょうか。

歩いていると、新聞配達員の方や、同じように朝の散歩をされている方から「おはようございます」と声を掛けられることがあります。昼間や夜に知り合いでない方から声を掛けられることはめったにないですよね。どうして早朝だと挨拶を交わすのでしょう?不思議なものです。
こちらも自然に「おはようございます」と返します。何となくそれが、早朝のルールみたいになっています。
公園などでは、御年配の方々が集まって、ラジオ体操をされていたりします。
なぜか朝の空気は澄んでいるように感じます。歩いていても気持ちいいのです。きっと体操も気持ちよくされているんだろうと思います。
誰しも健康な体で生活できることがいい訳ですから、朝のウォーキングや体操こそ「三文の徳」につながるのかもしれません。


丸山議員が島根県・竹島について「戦争で取り返すしかない」とつぶやいたことで、世間をざわつかせています。この議員は北方領土の返還についても同様の発言をして国会においても問題にされました。
今年の5月にこのことをきっかけに日本維新の会から除名処分を受けました。
その後、NHKから国民を守る党いわゆるN国党の立花党首からオファーがあり、入党しています。
この立花党首もタレントのマツコ・デラックスの発言に対して、放送中のテレビ局に抗議に訪れるという前代未聞の行動をして物議をかもしました。

このような方々が日本の国会において政治を行っていくことに違和感を持つのは私だけでしょうか。
マツコさんが言った「ただの気持ち悪い人たち」という発言もまんざら外れてはいないような気がします。

この戦争発言についてですが、日本国憲法第9条で戦争に関しては永久に放棄すると明文化されています。つまり戦争を促すあるいは助長するような発言は憲法に反する、極端に言えば憲法違反になる発言とも受け取れます。そんな憲法に反することを公に発信する人物が国会議員という立場でいることにとても違和感を覚えます。

衆議院本会議において6月丸山議員の「糾弾決議」を全会一致で可決しました。事実上議員辞職を求める内容ですが法的拘束力はなく、ご本人は任期を全うすると辞職する考えはないということです。
議員に対する懲罰の中で最も重いのが「除名」です。動議を受けて懲罰委員会で審査され、本会議にて議決されます。出席議員の3分の2以上の賛成があれば除名が可決し、その議員は職を失うことになります。
現行憲法下において除名の事例は過去2例あるそうですが、1950年と1951年ということでかなり昔になります。この時の根拠になったのは「院内の秩序をみだした議員」ということだったそうで、今回丸山議員の発信がそれに該当するか否かは意見が分かれることになりそうです。

私は常々、何があっても絶対に戦争すべきではないと戦争反対の立場です。このブログでもたびたび書いています。それはひとたび戦争になれば、多くの国民が苦しみ、弱い立場の人が命を落とすことになるからです。病気や事故ではなく戦争によって命を落とすなんてそんな理不尽なことはありません。
昭和の時代幾度かの戦争を経て日本がどうなったか、過去を振り返れば、絶対繰り返してはいけないという教訓があるはずです。多くの若い命が戦争によって散っていきました。
この時代にそんな行動を起こすなんて馬鹿げています。そんなに戦争がしたければ、紛争中の国にでも行って好きなだけ参戦してくればいいです。おそらくそんな勇気はないと思いますが。
戦争の本当の恐ろしさを理解されてないのでしょうね。かわいそうな方かもしれません。しかし、戦争を知らない世代がどんどん増えていけば、もしかすると誤った方向に行く可能性も0ではないかもしれません。
そのために憲法9条があるといっても過言ではありません。終戦後、日本が二度と戦争を起こさないためにGHQが提案したこの憲法ですが、未来永劫我々日本人がもっとも大切に守っていくべき憲法だと思います。


来月1日より消費税率が10%に変わります。
as_112601945_cut

2014年に8%に変わって以来5年ぶりの変更となります。
2012年民主党、野田首相の時に5%から8%の案が出され可決し、2014年安倍首相の時に8%に変わりました。その頃は翌2015年に10%になる予定でしたが、世論の強い反発から延期に延期を重ねこの2019年まで引っ張ってきたという感じです。
個人的には5%から一気に10%にしてもよかったのではないかと思っていました。
なぜなら、税率が変わるたびにレジスターを変えなくてはいけません。当初の予定通りならたった1年で変えることになる予定だったのです。レジメーカーなど関連業者はいいかもしれませんが、スーパーマーケットの経営サイドはたまったもんじゃないでしょう。お客さんに転嫁もできませんから。

では10%で落ち着くのかというと、おそらくいずれまた変更になる可能性が高いと思われます。
今回、軽減税率といって、食品については8%のまま据え置かれます。また、クレジットカード支払い利用でポイント還元などがあり、2%分がそのまま増える訳ではありません。

税金は何に使われているのかと言えば、社会保障費です。
日本は少子高齢化時代と言われて久しくなります。現役世代が減少し、税金や社会保険料など国の収入が減少していく世の中です。高齢化に伴い、医療費は増大していく一方です。
そんな国のふところ状況から、消費税率を上げて財源を確保しようということです。
法人税や所得税は景気によって左右されますが、消費税はそれらに比較的影響を受けない為安定した税収を見込めるということも大きな要因です。
結局、政府としても取りやすいところから取るという考え方もあるのでしょう。

「10%は高いな」と思いますが、世界の国の消費税率から見ると、低い方の部類なんですね。
ヨーロッパの国々では20%以上が常識となっています。
syouhizei_hyouzyun_zeiritu
25%ともなると1000円に対し250円税金がかかりますから、すごく負担感が大きく感じますね。

消費税率が上がる直前には駆け込み需要で消費がぐんと上がります。しかし、その反動で増税後には消費が冷え込むことになります。車や家電品など金額の大きな商品については特にその兆候が表れます。

10月1日まで後1ヶ月を切りました。
皆さんは消費税増税に対し何か対策を考えられていますでしょうか。


お盆の14日、気の置けない仲間5人で久しぶりに飲み会をしました。
お昼過ぎから居酒屋で始まり、カラオケから友人宅と飲み続け、締めにラーメンを食べて家にかえったのは午後9時でしたから6時間ほど酒浸りでした。
もちろん楽しい酒でした。

しかし、翌日の朝になると、胃はむかつき二日酔いです。頭もぼーっとしてドーンと重たいような状態です。この感じだと午前中はだめだな、と思っていましたが午後になっても完全に戻るまで時間がかかりました。それはとても辛く苦しい時間を過ごしました。

過去を振り返るとこんなことを何度も繰り返してきました。いい年して学習能力ないなぁと我ながら情けなくなります。

飲み会に行く前までは、1軒で帰ろうとか、飲みすぎないようにしようとか、思って臨むのですが、いざ飲みだすとどこへやらです。

そんなふがいない自分を諌めるため、年齢的なことも考慮して、これからも健康で暮らせるように一大決心をしました。
5865056

「お酒をやめます」

僕にとって、30歳の時にたばこをやめて以来の大きな決断です。

このことをブログに書くかどうか迷いましたが、友人らにも知っておいてもらった方がいいと思い公表します。
お酒を飲むのが大好きで、これまで長い間、毎日の晩酌も楽しみにしてきましたが、きっぱり決別いたします。

飲み会には出席しますが、アルコール以外の飲み物でお付き合いいたします。
どうか皆さまご理解の程よろしくお願いいたします。



このページのトップヘ