舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ニュース

新型肺炎はいまだ衰えることなく、感染を拡大しています。そのせいで、マスクが不足しドラッグストアなどでは売り切れが続出、入荷しても数分で売り切れになるという異常事態になっているようです。
00050096HDK

また、ネットのフリマアプリでは通常の50倍もの高値で転売されるケースも出ています。困っているときに人の足元を見るようなこのような行為は実に嘆かわしいですね。
00050096HDK11

実は日本のマスクのメーカーではおよそ8割が中国での生産で、国内生産は2割程度だということです。そのため、中国からなかなか日本には入ってこない状況も品薄に拍車をかけています。
マスクを販売しているお店は半ばパニック状態で、販売業者の間でも争奪戦が激しくなっていることでしょう。そんな中、自作マスクも登場し話題になっていますが、その効果はしないよりはいいというレベルだということです。
00050096HDK

しかし、単純に疑問として、一般的なマスクでこのウィルスを防ぐことができるのでしょうか?
世界保健機構(WHO)は緊急事態宣言を出しながらも「マスクは感染症拡大を抑止する助けになるが、せきなど呼吸器症状がない一般の人に必要ではない」と明言しています。また、WHOは、マスク着用を推奨するのは、呼吸器症状がある人やその看病をする人、医療従事者とした上で「必要ない状況でマスクを着用すると、誤った安心感を与え、手洗いなど必須の予防手段を怠る可能性がある」と警鐘を鳴らしています。神戸市保健所予防衛生課も「マスクは原則症状のある人がするもの」という考えです。「予防的使用では、医療従事者のように一瞬手が触れただけでも廃棄するような正しい使い方であれば一定効果はある。しかし通常の使い方の場合、雑菌の付いた手で不用意に触るなど、むしろ感染のリスクを高める場合さえある」と話しています。
神戸市保健所は「うつさないためのマスク、うつらないための手洗い」と手洗いの重要性を強調しています。(神戸新聞より)
d_13090281

つまり、健常者であればマスクは必要ないというのが結論です。マスクよりもむしろ正しい手洗いが重要だということです。
d_13090283

外出から帰宅したら、せっけんを使って手首まで30秒以上洗い、15秒以上水を流し続けてすすぐことが望ましいといいます。「新型コロナウイルスによる肺炎は空気感染ではなく、せきやくしゃみのしぶきでうつる飛沫(ひまつ)感染。過剰に心配せず、通常のインフルエンザと同様の対策を心掛けてほしい」ということです。

また、今回の新型肺炎の致死率は約2%ということでSARSの約10%に比べ低いと言われています。この数字は通常のインフルエンザと同じ程度らしいです。そして、あまり報道されていませんが感染した人のほとんどが完治しているということですので、感染したからと言って悲観することはありません。

メディアの報道に過剰な反応は禁物です、冷静な対応を望みたいところです。

タイトルにありますようにJR東海が新幹線の新型車両N700Sを7月から運航開始するとのことです。

N700系は2007年に登場しました、2013年には改良版のN700Aが投入され7年ぶりの刷新となります。
それと同時に1999年から営業運転してきた700系は2020年3月についに引退となる予定だそうです。

さて、新型車両の外観ですが、従来のN700系のフォルムを踏襲しており、パッと見ではほとんどわかりません。
001_l

大きく変わることがないというのはそれだけ完成度が高いという表れなのかもしれません。

逆にすぐわかるのは、車両サイドに描かれているロゴです。「Supreme」は「最高の」という意味だそうです。
003_l

室内は明るくて清潔感があります。間接照明で落ち着いた雰囲気になっています。
004_l

スマホやPCなど電源コンセントはいまや必須の設備と言えます。従来窓側の席のみでしたが、ひじ掛けの下に設け、全席で使用が可能になっています。これは利用者にとって大変助かりますね。
005_l

wifiは現在車内で使用できますが、もう一つ使い勝手が悪くその辺りも改良してもらえるとさらに便利になると思います。

グリーン車のシートは落ち着いたブラウン色です。
007_l

足元ヒーターも付いているそうです。
012_s 013_s

電子案内板もさらに見やすく高精細な文字になりました。
014_l

そして、セキュリティカメラも1両に4台設置し、安全面にも力を入れていることがうかがえます。これは2018年の車内での殺傷事件などを踏まえてのことだと思われます。
016_s

車いすスペースも従来の1台から2台に増やしています。また、車いすを置いた状態でも、車内販売のワゴンが通れるようにスペースが確保されています。
018_l

さらに横揺れを検知するとその揺れの力を利用して、逆方向に車体を動かし揺れを打ち消すという新たなサスペンションシステムが導入され、先頭と最後尾の車両を除いて、あの不快な横揺れはほぼ解消できると言っています。

また、設計者が一番の変化と言っていることが、バッテリー自走システムだそうです。これで停電で電気の供給がなくなった時、バッテリーに蓄えた予備電力で自走することが可能になりました。災害時などに長時間車内に缶詰にされることはなくなるだろうということです。
もう一つ大きな改良点があります。「標準車両」の具現化です。これまでJR東海では16両編成が基本で、この車両を12両や8両にかえることは不可能でした。この「標準車両」によりそれが実現したのです。また、JR他社でも運用することができ、海外への転用にも適応できるように設計されており、使い勝手がぐんと広がったと言えます。

7月と言えば東京オリンピックが開催されるタイミングです。思えば56年前の初代新幹線も初めてのオリンピック開催のタイミングに合わせました。世界に誇る日本の新幹線技術を世界の方々に体験していただける大きなチャンスだととらえていることでしょう。快適性、正確なダイヤに加え安全性もレベルアップしたN700S、もうあと半年でデビューの時がきます。



今、新型のコロナウィルスが世界を恐怖に陥れています。
img_93a3f30c7f508f0d4bf6f073799255de179477

1ヶ月ほど前から症例が確認され、世界15か国に感染者は広がり、4500人を超え、100名以上の方がお亡くなりになっています。(1月28日時点)ただし、この数字はカウントされているだけで、中国では病院に行くこともできない感染者もまだ多く存在するのではないかと推測されています。
ついに日本から日本人救出のためにチャーター機が飛ぶことになりました。200名ほどの日本人が帰国する見込みとなっています。

このままいくと「パンデミック」(感染症が世界的に大流行する現象)が起こるのではないかと恐れられています。
おりしも、この1月は中国では春節の時期で、日本で言うところのゴールデンウィークです。多くの人が海外などに出国するタイミングになってしまい、最悪のパターンとなりました。
いま日本は観光に力を注いでいるため、中国からの旅行客は歓迎ムードだったのですが、それに水を差すこととなりました。

コロナウィルスと言えば、「サーズ」の大流行が思い出されます。サーズは2002年から2003年にかけて世界中で猛威を振るいました。世界37か国で800人近い死者が出たとされています。この時は、2002年11月に中国で最初の症例が出たのを中国政府が2003年2月までWHOに報告しなかったことで、感染症対策が遅れ、後に中国政府は世界から批判を受けることになりました。

1月15日頃には、香港のサーズ専門家の大学教授の管氏が「あと数日、新規患者が出なければ、封じ込めに成功したと言える」と楽観視していたそうです。当時患者は武漢市だけで確認され41人だったそうです。
しかし、その後患者は一気に増加に転じ、管氏が調査のため21日に武漢入りし、見た光景に絶句したと言います。市場は年末の買い物客でごった返し、マスクを着けている人は1割にも満たなかったのです。その後市内を見回り、武漢の新型肺炎がすでに制御不能な状態だと判断し、香港に逃げ帰るしかなかったのです。また22日空港では「武漢から出ないでほしい」という専門家の警告も一切無視され、団体客らがいる光景を見てさらに落胆するしかなかったとか。保安検査場のスタッフは薄いマスクしかつけておらず、空港の床は消毒もされていない状態だったことからまったく危機感が感じられず、悲観しながら帰路に着いたそうです。
その後、世界に飛び火し一気に関心が高まり中国政府も本気で乗り出すことになりますが、時すでに遅しという感じがいたします。
またも中国がやらかしてしまったという結果になりました。

中国では歴史上何回も大規模な疫病の流行に見舞われており、それを「大疫」と呼んでいるそうです。このままパンデミックのようなことになると、国際的な信用が失墜し、国内的には習近平体制の弱体化が始まるきっかけになるかもしれないとみる向きもあるようで、大事につながる可能性も出てきました。
webb200124-stock-thumb-720xauto-181806

サーズはその後の研究で、野生動物が原因だということでした。今回もネズミか何かの野生動物ではないかと言われています。このような恐ろしいことに発展するような原因をまずは作らない対策を望みたいですね。中国ではこうもりとかネズミとか野生動物を食する地域があるようです。そのあたりの衛生面の管理をしっかり行い、ルール作りも必要になるのではないかと思います。世界中を恐怖に陥れるようなことは即座にやめてもらいたいと思います。
20200125-00000041-ann-000-thumb

小泉進次郎環境相に第1子が誕生し、育休宣言をしたことで世間がざわついています。なんでも閣僚の育休取得は前例がないそうで、世論もそのことに「賛成」、「反対」と意見が分かれているそうです。
20200117-01170172-nksports-000-4-view

しかし、もしこれが小泉氏でなかったらここまで大騒ぎになるでしょうか。僕はなっていないと思います。小泉進次郎氏にはメディアが常に注目しており、愛人問題などスキャンダラスな話題も取りざたされています。

しかし、申し訳ありませんが、彼の育休についてはどちらでもそれほど関心がありません。メディアもそんなことを議論するのではなく、もっと重要なこと、例えば少子化問題のことなどに焦点を当てるべきではないかと思います。
仮に小泉大臣の育休取得が世の中の男性の育休促進になり、それが出生率の増加につながるのであればそういうことこそが重要です。
平和と言いますか、おめでたいと言いますか、もう少し日本の将来について国全体で考えていかないと、近い将来深刻なことになるような予感がします。

これから子育てを考えている若い世代の夫婦が安心して子供を産み育てることができる環境を構築することも環境省の範疇なのではないかと思います。
環境相として何をすべきか、我々はそういうところを注目していきたいです。


バドミントンの桃田選手がマレーシアで車で移動中に事故にあい怪我をしたというニュースがありました。桃田選手と言えば、現在圧倒的な強さでバドミントンの世界ランキング1位を独走中です。あと半年後に開催される東京オリンピックの代表に間違いなく選ばれるはずです。このタイミングでケガというのは、アスリートにとって影響はどうなるのでしょうか。
桃田賢斗、交通事故で全治何ヶ月?けがの容態は?

振り返れば、桃田選手は4年前に違法賭博問題が発覚しました。この年はリオオリンピックを控えていましたが、謹慎処分となり、代表には選出されずに終わりました。もし、出場していたら金メダルの有力な候補だったと思います。

そして、1年後に復帰し、それからの活躍は目覚ましいものがあり、改めて実力を大いに発揮してくれています。堂々たるトップランキングのプレイヤーと言えます。
IMG_3810-700x477

この事故で、ドライバーの方が亡くなられています。そのことで事故の大きさがある程度予想できます。その車に同乗していたわけですから、全身打撲で鼻を骨折しているという情報ですが、かなりダメージがあると想像できます。
オリンピックに出場できるのだろうか?と心配されます。出場すれば、今回こそ金メダルの可能性が最も期待できます。
もしもこの怪我で、出場できないとしたら、悔やんでも悔やみきれないでしょう。4年前の悪夢が襲ってきます。4年前は自身の問題でやむを得ないところがありますが、今回は車に乗り合わせての事故ですから、悔しさは計り知れません。
raw

また、ある記事によれば、遠征先での安全管理と危機管理意識の不足はなかったのか?と疑問を投げかける声がありました。それは、事故を起こした車が安価なワゴン車だったためです。例えばアルファードのような安全性の高い車でなかったことで、危機管理意識の不足を指摘しています。
これがもしテニスのトッププレイヤーなら、安全性の高い高級車で移動するのが当然だと言います。

あの賭博問題から、ぜいたくはせずあえてなるべく質素にしているのであれば、悲劇です。
ある意味国の宝ともいえる選手の保護や管理を、JOCや日本のスポーツ庁、スポーツ協会などは考える必要があるように思います。今回のことはその機会を与えられたのかもしれません。


このページのトップヘ