舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ニュース

6月6日午前10時頃のことです。

事務所のデスクでPCに向かって仕事をしていた時のことです。

部屋の照明が消え、エアコンも止まり、パソコンもダウンしました。

「???」「なんだ??」

ほかの部屋も電源が落ちています。ブレーカが落ちたのかとチェックに行きますが、そうではありませんでした。

事務所の窓から、外の様子を見てみると、なんと信号機の電源も落ちているではありませんか。
信号機の電源が落ちるという光景はなかなか見ることがありません。 
13AB54F4-40DF-4A3C-963C-8F0C0F589EF4

「これは大変なことになっているぞ」この周辺の電源が全て落ちているのか、と思いました。

しかし、その先の信号機は通常通り点灯しています。どうやらこの狭いエリアだけのようでした。
A7685F25-8902-47A4-9886-477142A97D27

信号機が消えた交差点では車のドライバーたちが何事かと、戸惑いながら運転しています。突然こんな場面に会うと、おそらくほとんどの人が動揺するでしょう。それでも、皆さん冷静に運転され混乱もなく車や人が行き交っている光景を見ると、やはり日本人の意識の高さが伺えます。
A4285410-AA32-4A87-BEEA-31EC91B4A468

事務所の中では、パソコンが止まって、ほとんどの人が仕事になりません。今この時代、電気が止まると大変なことになります。コピー、ファクス、電話も止まりました。携帯電話があるので連絡はできますが、かなり不自由になります。

いつ復旧するかわからないので、とりあえず窓を開けました。空調が止まっているからです。

これは困ったことになったと、思っていた矢先、電源が復旧しました。

まあ、やれやれです。
時間にして10分足らずでしょうか。わずかな時間なんですが、電気が止まると何もできなくなることがわかりました。

このように、災害は突然やってくるのでしょうね。この程度で済んでよかったですが、改めて災害の恐ろしさを少しだけ感じました。

中部電力のホームページに停電の記録が記されていました。
C6D23605-884F-4175-B748-BDD111BE8664



先週の土日は、強烈な猛暑が日本列島を襲いました。
本来なら、今頃は梅雨に入る前の過ごしやすい季節のはずなんですが、もうすでにうだるような暑さがやってきました。ビールが美味しくなる暑さなんでしょうが、さすがにビヤガーデンもまだオープンしていないでしょうね。季節の方が早すぎて間に合いませんね。

5月26日は北海道の佐呂間町で39.5度を記録して大変なニュースになりました。
large1

観測史上初めてのことで、従来の5月の北海道の最高気温は1996年北見で33.9度だったそうですから、大幅な記録更新となりました。

そして、5月26日は日本の最高気温上位10か所がすべて北海道ということで、これもまた今までにないことではないかと思います。
4FCAA608-9204-4F90-A405-384B707DB2E5

前日の予想で全国的に猛暑で、特に北海道が高く逆に沖縄が低いという逆転現象が起こるということでした。今までの常識が崩されていくようです。
large

北海道、網走の過去7、8年くらいの5月26日の最高気温です。見てわかる通り30度どころか20度を越えたのも2016年だけです。2017年などはわずか7.5度です。今年の35度というのがいかに異常かということがよくわかります。
D226942D-8E29-47E1-9F73-A9CC8ED12481



ちなみに同様に過去7、8年の名古屋の5月26日の最高気温です。
AFCF0EEA-4C98-4E15-9A43-9DDA28A9FEA0

2015年に30度を超えています。その前となると1991年まで20年以上30度を超えた記録はありませんでした。

また、この日の沖縄、那覇の最高気温は28.3度でした。名古屋と比べてもずいぶんと涼しいですね、ここは平年とほぼ変わりません。那覇よりもさらに南の石垣島でも最高気温は29.7度と、逆に沖縄が避暑地になっています。

フェーン現象が原因らしいですが、過去の例から考察した場合、ちょっと考えられない記録でしょう。
ただ、ここ近年は、世界各地で豪雨、洪水、大規模な台風などが目立ちます。これまで何十年に一度というような表現がよくありましたが、もうそのペースがどんどん早くなって異常なことではなくなりつつあります。
専門家の方によると、海面温度の上昇が起因しているという説がありました。つまりいわゆる地球温暖化が原因となっているそうです。

28日からは、雨天予想で、気温もグッと下がると予想されています。その先は平年並みの気温に落ち着くと言われています。
また、7月8月は冷夏でそれほど気温が上がらないと予想され、35度まで上がらないとの予測です。
まあ、涼しいのは歓迎ですが、経済面ではよくないです。ビールや冷たい飲み物が売れない、野菜が高騰する、行楽地に人が来ない為、売り上げが上がらない、などなど。

猛暑は、かないませんが、やはり夏はそこそこ暑くなくてはいけないですね。
体調を維持するのが、大変な時代になってきているのかもしれません。
 

最近、高齢者ドライバーの運転ミスが原因と思われる痛ましい事故のニュースが後を絶ちません。
201703-koureisha-2

2016年11月に高齢者ドライバーの問題について、僕もブログで書いています。

「まだまだ大丈夫だ」という過信が悲しい結果を作っています。若い方が犠牲になられていることが多く本当に耐えられない気持ちです。
車は便利な乗り物です。公共交通機関がない地域の方にとっては、大切な足となっていることでしょう。しかし、その便利で大切なものが、人の命を奪ってしまうかもしれないと考えるとどうでしょう?
2016y05m12d_235254707

もちろん自分ではそんなつもりはない訳ですが、ある日突然犯罪者になってしまうかもしれないのです。
そんな危険性をもっと周知していくことが大切なのでしょうね。今のところ、ご本人が返納することを決断するしか方法がありません。ご家族や周りのコミュニティなどが積極的にそのような勧めを続けていくしかないです。

そんな折、名古屋市が免許証返納者に名古屋市の交通機関である地下鉄、市バスで利用できるICカード、「マナカ」に5000円分のチャージ券を交付するという発表がありました。
対象になるのは昭和25年4月以前に生まれた方ということで、大体69歳以上の方となります。
知りませんでしたが、昨年も同様の事業が行われていた模様です。
また、名古屋市では65歳を越えると、地下鉄や市バスを無料で利用できる「敬老パス」があります。5000円というのはその負担額の上限に相当します。
ICPASSMIHONsaishu

返納をしようか迷っている方の、背中を押すことになればいいですね。
また、ほかの自治体がどのような取り組みをされているかわかりませんが、このように自治体が積極的に、免許返納に関わっていけば、返納する事が常識に変わっていく流れが作れるかも知れません。

また、思い切って車を持たないという選択肢も注目されています。ある試算によると経済的にも負担が軽くなるという結果も出ていました。
m_moneypost-536474

事故を起こしてしまってからでは、取り返しがつきません。
身内からそんな不幸なことを起こさせないように、したいものですね。
1177324-284x300

まず300円ショップの存在をご存知でしょうか?
100円ではなく300円均一のお店です。

僕は少し前まで知りませんでした。ここ最近大人気だそうで、それに伴いショップの数もぐんぐん右肩上がりの状況ということです。

「3COINS」(スリーコインズ)「CouCou」(クゥクゥ)「ミカヅキモモコ」といったところが全国展開し、300円ショップの業界をけん引しています。
140ohsu-1024x813
(名古屋、大須店)


イオンなどショッピングモールでよく見かけるようになりました。


ではなぜ、100円ではなく300円なのでしょうか?

その成長を支えているのは、女性です。女子高生から20代30代の若い年齢層がメインターゲットとなり、爆発的に売れているようです。女性は「かわいい」とか「すてき」なものが大好きですよね。
3coinsitemmain

そういった嗜好に合わせて、100円ショップにはない、少し品質のいいものやデザイン性の高い品物で高い支持を得ているそうです。

3coinsitem16
レンジガードですが、イラストが描かれていてホームセンターにはたぶんないですね。

3coinsitem31
まくら干しネットです。これもイラスト入りでかわいらしく。

26870793_183649462242277_5157807942090620928_n-1-600x600
ニット素材の服を干すのに便利です。野菜の乾燥などにも使えます。

3coinsitem10
吸水キッチンマット。洗った食器の置き場所として重宝します。

storagerack-3coinsmain02
市販のカラーボックスに簡単に取り付けて使うことができる収納ラック。何となくおしゃれな感じがします。

また、「3COINS」(スリーコインズ)では品物の入替の速さが特徴的だそうで、年間通して並ぶものはほんの一部で、毎週のように新商品が何百種類単位で店頭に並ぶんだそうです。

商品企画は女性中心のスタッフとか、ちょっとオタク向けの「うちわカバー」なるものは、昨年大ヒットしたそうです。コンサートによく行くスタッフの提案を商品化したそうで、実にマニアックです。
24661_BK

先ほどの3社のホームページを見ると、若い女性がターゲットだと一目瞭然でわかります。
女性の雑貨好きというところに300円というプライスがうまくマッチしたのですね。500円だとなかなか買いにくいそうです。また、100円のチープさとは一線を画す、ちょっと自己満足に浸れるところがいいんでしょうか。
また、若い女性の多くはお気に入りのものを購入するとSNSで拡散してくれます。勝手に宣伝してもらえるわけですから実にありがたいことですね。


最近の動向として、100円ショップは軒並み頭打ちで業績が伸びていないようです。そレも関係してか100円ショップ大手のダイソーも300円業界に参入している模様です。

今後どうなっていくのでしょうか。
300円ショップの勢いはまだまだしばらくの間、衰えることはなさそうです。


大型連休中の5月4日、大きな明るいニュースが流れてきました。
20190504-OYT1I50032-1

ホリエモンこと堀江貴文さんが出資するインターステラテクノロジズ社によって、宇宙ロケット「MOMO」3号機が発射され、民間として日本史上初の宇宙観測に成功したのです。
メイン-2

堀江氏はライブドア時代に、プロ野球球団を買収しようとして大きな話題になりました。
そして今、彼の眼は宇宙ビジネスへと向けられているようです。

今回のロケット打ち上げにかかった費用は約5000万円ほどだということです。日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)が1回の打ち上げにかける費用は5億円と言われていますから、その10分の1という破格の費用で成功したという功績は、今後の宇宙ビジネスに大きな弾みがつくことでしょう。
実は5億円でも安いという世界らしいですから、5000万円という金額がいかにローコストかわかります。
81708d4ad6126a50325382d58c44d16d-1024x683

資金は、クラウドファンディングという手法を使い、広く賛同者から資金を集めています。
(クラウドファンディングとは、アイデアや、プロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼び掛け共感した人から広く資金を集める方法)
まだまだ技術的には、劣るところはあるかと思いますが、今後というところでは、大きな期待と夢が膨らみますね。
41.

ところでロケットの愛称の「MOMO」ですが、この名前の由来が紹介されていました。
このプロジェクトは、ロケットを高度100キロメートルの高さまで到達することを目標にしていることが由来なんだそうです。(?)100という数字にこだわったようで、つまり数字の100を漢字で書くと「百」それを「ひやく」と読まずに「もも」と読み「MOMO」としたそうです。
数値に対するこだわりと少しのひねりがあって面白いですね。

今回3号機で目標を達成したので、次のプロジェクトは名前が変わるのか、どうなるんでしょう?

堀江さんは、いつも大きな夢に向かって人生を生きていらっしゃる人ですね。
彼の著書「ゼロ」に書かれていたことですが、以前逮捕され刑に服していた時、中での単純な軽作業においても、どうしたら短時間に完成できるのか、あるいはどうしたらクオリティを上げることができるのか、などこういう状況下の時でも前向きな考えでいたと言います。それは、自然にそうなってしまうんだそうです。生来の性格なんでしょうね。
いわば、人生の中でもどん底と言っていい頃だったと思いますが、決してへこたれるわけではなく、いろんなことに思いを巡らせ、夢を育んでいたのでしょう。
そのような、夢や情熱といったものが、今回のビッグニュースにつながったのだと思います。

夢を語る人には、自然に人が寄ってくるんですね。堀江さんには行動力や実行力があります。もちろん頭脳も切れます。いい意味で怪物かもしれません。

彼の頭の中には、次の計画があるはずです。また、世間をあっと言わせるようなことをぶち上げるのかもしれません。日本には稀有な存在だと思います。


このページのトップヘ