舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ニュース

兵庫県のヤマダストアーさんというスーパーがチラシで「もうやめにしよう」と恵方巻を必要以上に販売しないことをチラシで宣言されました。
AS20180205001628_commL

そのことが23日の中日新聞で紹介されていました。
写真 2018-02-23 7 11 50

僕もつい先日、節分の日にこの問題についてブログで少し触れました。

この広告大きく「もうやめにしよう」とうたわれ、その横に小さく「売り上げ至上主義、成長しなきゃ企業じゃない。そうかもしれないけど、何か最近違和感を感じます」と書いてあります。
kikka_180205setu2

やはり同じことを感じている方がいるんだということがわかり親近感を感じました。
しかも販売する側の企業からこのようなことに踏み切るとは、勇気が必要だったことと思います。

こういった草の根運動から、多くの皆さんが賛同して日本中に広がってくれることを期待したいです。

新聞の記事によると日本国内で発生する食品ロスは年間621万トン、世界の食糧援助量の2倍にあたるそうです。日本人一人当たりに換算すると「お茶碗約1杯分の食べ物」が毎日捨てられている計算になるそうです。
一生懸命作ったものが廃棄されていく現実を作っている人たちはどんな気持ちで見ているのでしょう。


「早めに買わないと売り切れますよ」という姿勢でいいと思います。
消費者側も「売り切れたら仕方ない」と思えばいいことです。

日本の「MOTTAINAI」(もったいない)という精神が世界で賞賛されているそうです。
ノーベル平和賞に輝いたケニア人女性のワンガリ・マータイさんがこの美しい日本語を、地球環境を守る世界共通語として広めることを提唱しました。

それとは真逆の今の「恵方巻」問題です。我々はもう一度この素晴らしい言葉を見直すべきだと思います。

このヤマダストアーさんですが、自虐的に「ちょっと変なスーパー」と書いています。
しかし、僕にはここが「変」なのではなく、その他大勢のコンビニやスーパーの方がよっぽどおかしく思えます。


福井で大雪による交通渋滞が発生し、ピーク時は約1500台の車が立ち往生したと報道されていました。
000120391_640

8日の朝時点でもまだ700台ほどが動けないままの状態だと言います。

積雪は1m30㎝を越え1981年の「五六豪雪」以来だと言われています。
AS20180206003141_commL

まだ車の中に閉じ込められたままのドライバーの安否が心配されます。

食料も満足にとれていないでしょうし、車の燃料もそろそろ尽きてくるのじゃないでしょうか。
排気マフラーが雪でふさがれ、一酸化炭素中毒になると死に至ってしまう恐れもあります。
ですのでおちおち寝ているわけにもいかないのです。

そんな中、ちょっとほっこりする話題もありました。
国道8号線沿いにある「餃子の王将」さんが店長の機転で餃子を500人分無償で配られたそうです。
店長曰く「一度にこんなにたくさんの餃子を作るのは初めてのこと」だそうです。
この店長さん実は阪神大震災の被害者で、その時食料が配られたことがとてもありがたかったことを思い出したそうです。
またこの渋滞に山崎製パンの配送トラック18台が含まれており、本来の納入先には届けられないと判断し、積んでいたパンを困っている人々に配ったそうです。あるドライバーは、「好きなだけ持っていてくれ」と言われ何個かもらったが「もしあのパンがなければ、食料が底をついていたので本当に助かった」と漏らしていたそうです。

ところで日本列島も大変な積雪被害となっていますが、フランスのパリでも大雪で大混乱しているようです。
paris-snow-03
エッフェル塔は閉鎖となり、6日夕刻には700キロにも及ぶ記録的な渋滞になったそうです。
積雪は15㎝ほどでこちらは23年ぶりの大雪に見舞われました。
e0103211_017559
雪景色は見た目にはきれいですが、降りすぎると大変な厄介者になりますね。

新潟県上越市に未来提案型斎場「MIRAIE」がオープンします。
20F8AB68-5196-4D3A-BA06-76959ECD70CE

場所は北陸新幹線の上越妙高駅東口から徒歩3分とアクセス抜群の立地です。
FBCA674E-7A8B-4017-B2D7-2A2CD5947E89

またこの地域では車が欠かせませんが、駐車場も広々と80台分もスペースが確保されているとか。

ホールの顔ともいえる正面玄関は木のぬくもりを感じるウッディなデザインが施されています。

そして気になるホールの内部ですが、ちょっぴりご紹介したいと思います。

葬儀告別式を行うメモリアルスペースは白基調で清楚なイメージがします。
68EF1D23-6FD3-4DE5-B03E-A6B3C584DE00


そして天井部分に目を移すとまるで天使が空を飛んでいるかのような設えです。
今まで数多くの斎場を見てきていますが、このようなデザインは初めて見ました。
19A6DF4B-4A85-4273-853B-3B79ED2828CF

この祭壇はデザインだけでなく、もう一つすごい仕掛けが用意されています。

それは、祭壇の前に故人の写真などとともに映像を映し出すシステムが導入されていることです。
5520AF3C-0DDD-477F-BEB3-B215094998A4

ほんのわずかなひと時ですが、思い出の写真とともに亡くなられた方を皆で偲び、そしてお見送りするという他に類を見ない新しい試みです。
弊社で映像関連の仕事をお手伝いさせていただきました。

会食室には壁に大きくグリーンが施され癒しのスペースとなっています。
84E9541D-6E67-4D7A-A921-3BF3B4FB8BC2

葬家のご親族が一夜を共にするお部屋には立派なソファが用意されていました。
89D55127-A5CF-4E59-B393-FB8C30140D6C

すぐ隣には、湯灌などを行うスペースとして畳敷きのお部屋があります。
9D5E526C-D27C-4E04-85AD-70A1EB793A71

葬儀式ではピアノの生演奏が行われるそうです。
5A957213-FC83-493A-9D30-6E4CD7A3D123

来る2月3、4日はオープン記念内覧会が盛大に執り行われるとのことです。
イベント盛りだくさんで、記念品も用意されているそうですので、お時間のあります方は一度のぞかれて見てははいかがでしょうか。
20180131110100_00001

平昌冬季五輪の開催までいよいよあと3週間となり、連日話題になっています。
cec8e1b89db7a05dc4548b4041cd63cf

中でも気になるのは、韓国と北朝鮮で話し合いが行われ、女子アイスホッケーを合同チームで出場することが合意された、ということです。
AS20180117003461_commL


そんなことを2国間で決めて通ることなの?しかもこの直前のタイミングです。
このことはとても疑問に思います。
IOCを含めた4者会談で最終的に結論を出すとされていますが、もしこれが認められれば大変なことになると思います。
韓国との試合が予定されているスイスはこのことに対し「公正ではない」と反対しているそうです。当然のことですね。
また韓国国内でも合同チームに対して72%の人が「反対 」しているそうです。
PYH2017040700870006200_P2_20180112180816509-thumbnail2

仮に認められた場合、もともと韓国の代表だった選手から何人か脱落することになります。
オリンピック予選を戦っていない北朝鮮の選手が本大会に出場することが認められることになります。
このような事例は今後問題になるような気がします。
万が一、このチームが金メダルを取るようなことになったとしたら、世間からどのように受け止められるのでしょうか。

北朝鮮はフィギアスケートのペアで出場枠を自力で確保していたのにもかかわらず、期限までに出場の意思を示さなかったようです。

このことからも純粋にオリンピックに参加しようという姿勢は感じられません。 
自分のペースで世界に揺さぶりをかけ 、誇示したいのでしょうか?

前述のようなことが認められれば、世界的なルールが曲げられてしまいます。
 まさに「無理が通れば道理がひっこむ」ということになります。

世界中の国がこのことに対して抗議すべきではないでしょうか。
出たくても出れない国があるのに、そんな特例を作っていいのでしょうか。何か納得がいきません。

南北の融和とか、南北統一のような言葉が踊っていますが、そんな簡単にことが進むとは到底思えません。歴史を振り返れば、一筋縄で行く国でないことは誰もが分かっているはずです。 

北のリーダーは、オリンピックをスポーツの祭典ではなく「自国を世界にアピールする場」と捉えているのでしょう。
世界中が注目するイベントですから。

その証拠に、2月8日北朝鮮は軍事パレードを予定していると報じられています。
まさにオリンピック開幕日の前日です。南北の融和ムードに水を差すような行動です。
オリンピック参加の意思を発表したタイミングといい、非常に計算された策略を感じます。


世界の国が振り回されているこの状況はとても気持ち悪いです。

多くの国と人々は世界の平和を願っています。
しかし残念ながら一部の国はそれとは違う方向で進んでいます。

平和裏にオリンピックが開催され、純粋にスポーツの祭典を楽しみたいと願うばかりです。

新しい年が明けて早2週間経ちました。
もうお正月気分もどこへやらです。
時が経つスピードが年々早く感じられます。

年明け早々、「星野仙一さん死去」のニュースが飛び込んできました。
70歳という若さでプロ野球ファンのみならず、多くの人が驚き、そして名残惜しいという声が多く聞かれました。

そして、8日成人の日には例の「はれのひ」問題が勃発しました。
これはまだ未解決のことばかりで、これから警察の捜査が始まります。

たまたま会社名が同じ「ハレノヒ」だったために風評被害を受けた佐賀市の写真館の社長さんも、ネット上で見ず知らずの人たちが、「はれのひ」とは無関係で違うということを呼び掛けてくれ、大変ありがたかったとSNSで記されていました。
またそのブログで多くの方々から「心を打たれました」と善意のリレーがつながっています。

「門出を祝う場を台無しにされた子がたくさんいる。裏切られたままにはできない」とはれのひの無責任な対応に同業者として怒りが募り、八王子市の呉服店関係者が出席できなかった人を対象に2月12日に再び成人式を行う準備を進めているというニュースがありました。市も後援するということです。

またお笑い芸人のキングコング西野さんが「リベンジ成人式」を行うことをブログで発表して話題になっています。被害にあわれた方を無料でクルージングディナーにご招待するという内容で、晴れ着も協賛していただける業者さんが現れ善意の輪が広がっています。(2月4日開催です)
201602_04

このように素晴らしい人たちの心温まるいい話も聞こえてきます。
あー、つくづく日本人は素敵だなあと思います。
悪い人が事件を起こす一方で「善意」の心を持つ人たちがそれを包み込んでくれるのです。

今、日本海側の地域は大雪に見舞われ大変なことになっています。
先日のセンター試験の日、会場に向かっていた受験生が雪のため、電車に閉じ込められるということが起こりました。
万事休すかと思われた時、警察官が機転を利かせパトカーで試験会場まで送ったそうです。
パトカーで送るというのは初めてのことだそうで、ファインプレイと言えるのではないでしょうか。

「困っている人がいれば手助けをする」というのが日本人のモラルだと信じています。
私たちの体には「美徳」という言葉が、DNAとして受け継がれているのでしょう。

このページのトップヘ