舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ニュース

新しい年が明けて早2週間経ちました。
もうお正月気分もどこへやらです。
時が経つスピードが年々早く感じられます。

年明け早々、「星野仙一さん死去」のニュースが飛び込んできました。
70歳という若さでプロ野球ファンのみならず、多くの人が驚き、そして名残惜しいという声が多く聞かれました。

そして、8日成人の日には例の「はれのひ」問題が勃発しました。
これはまだ未解決のことばかりで、これから警察の捜査が始まります。

たまたま会社名が同じ「ハレノヒ」だったために風評被害を受けた佐賀市の写真館の社長さんも、ネット上で見ず知らずの人たちが、「はれのひ」とは無関係で違うということを呼び掛けてくれ、大変ありがたかったとSNSで記されていました。
またそのブログで多くの方々から「心を打たれました」と善意のリレーがつながっています。

「門出を祝う場を台無しにされた子がたくさんいる。裏切られたままにはできない」とはれのひの無責任な対応に同業者として怒りが募り、八王子市の呉服店関係者が出席できなかった人を対象に2月12日に再び成人式を行う準備を進めているというニュースがありました。市も後援するということです。

またお笑い芸人のキングコング西野さんが「リベンジ成人式」を行うことをブログで発表して話題になっています。被害にあわれた方を無料でクルージングディナーにご招待するという内容で、晴れ着も協賛していただける業者さんが現れ善意の輪が広がっています。(2月4日開催です)
201602_04

このように素晴らしい人たちの心温まるいい話も聞こえてきます。
あー、つくづく日本人は素敵だなあと思います。
悪い人が事件を起こす一方で「善意」の心を持つ人たちがそれを包み込んでくれるのです。

今、日本海側の地域は大雪に見舞われ大変なことになっています。
先日のセンター試験の日、会場に向かっていた受験生が雪のため、電車に閉じ込められるということが起こりました。
万事休すかと思われた時、警察官が機転を利かせパトカーで試験会場まで送ったそうです。
パトカーで送るというのは初めてのことだそうで、ファインプレイと言えるのではないでしょうか。

「困っている人がいれば手助けをする」というのが日本人のモラルだと信じています。
私たちの体には「美徳」という言葉が、DNAとして受け継がれているのでしょう。

1月8日は成人の日でした。
全国で約123万人の方々が成人の日を迎えられたそうです。
お天気はあいにくの雨模様でちょっと残念でしたがもっと残念なことが起こりました。
com

成人式は人生で1度しかない貴重な儀式です。
過去には「荒れる成人式」というのが横行した時代もありましたが、最近では沈静化しているようです。

しかし、今回は別な意味で「荒れて」しまいました。

連日報道されていますように着物の販売・レンタルを手掛ける「はれのひ」が突如店を閉じ予約していた新成人客が晴れ着を着ることができない事態が発生したのです。
こんなことは前代未聞の事です。絶対にあってはならない事件です。

着付けができるところを急きょ探して間に合わせた人がいれば、間に合わず出席を断念した方もいるようで、横浜や東京八王子、福岡などで被害者は約600名ほどに上るとのことです。

先ほど書きましたように一生で一度のこと、特に女性にとっては振袖を着る数少ないチャンスで母娘で何年も前から予約し、この日が来るのを心待ちにしていたことと思います。

さらに悪いことに、直前になって早く振り込めば割引をすると、お金の回収を促していたということです。成人の日の当日に閉めるというのは計画的であまりにも卑劣な手段です。
こんな暴挙は許されるはずがありません。

しかも、今年だけにはとどまらず、来年、再来年の予約分もあり、すでに振り込みを済ましている人もいるそうで、これからまだ被害が広がる見られています。

そんな、腹立たしい事件の中、ボランティアで着付けをしていただいた方や一部の呉服店では、着物や着付けの応援をしていただいたそうです。

心がすさむような話ばかりでなくて、少しほっとしますね。

着付けをお手伝いされたある着物業界の方がおっしゃっていました。
「こんなことは業界の恥です。そのため何とかしようと一生懸命お手伝いしました」

また、着物の業界紙を発行する会社が中心となって、早くも「被害者の会」が発足された模様です。
34A7B225-0DB3-4650-BD5E-F5A88D06BA7A

いずれ代表者は世間の前に姿を現すことになると思いますが、どんな言葉を発するんでしょうか。
そしてどんな償いをするんでしょうか。多くの若人を傷付けた代償は計り知れません。
こうなる前にもっとすることがあったと思います。

こういう人に「はれのひ」は一生来ないことでしょう。

また今年もこの時期になりました。今年は「北」が選ばれました。
正直なところ個人的にはあまり選んで欲しくない字です。
6CDBE294-A938-4D14-B617-2F1E6D6DAAD0

選ばれた理由は理解できますが、納得はできかねます。
このニュースを聞いた「ロケットマン」はきっとほくそ笑んでいるでしょう。
「今までしてきたことは効果があるな 」ということになります。

僕は過度に反応しないほうがいいと思っています。 

 ちなみに2位は「政」、3位は「不」、4位は「核」でした。
個人的に言えばは2番目の「政」を選んで欲しかったです。 
安倍首相のお友達問題、衆議院議員選挙、小池都知事の新党立ち上げ、民進党の解体など政治の世界に目まぐるしく動きのあった年だったと思います。

選出される組織もいろいろな背景を考慮していただきたいと願います。

思えば、昨年は「金」 でした。

「金」「北」 となったわけです。もちろん偶然だとは思いますが。

考えすぎでしょうか?…あまり気分のいいものではない気がします。
 

先日はしだのりひこさん死去のニュースがありました。
はしだのりひこさんと言えばやはりザ・フォーク・クルセダーズ(以下フォークル)の印象が強いですね。
d06-06

僕は「帰って来たヨッパライ」のレコードを持ってました。
e8e005a152d449a9923950bf00665d3d

詩の内容は酒酔い運転で天国に行った男が、そちらでも酒と女に浮かれてばかりいたため、神様が怒って天国から追い出され生き返るという奇想天外なものでした。

♬「天国よいとこ一度はおいで、酒はうまいし姉ちゃんはきれいだ」というフレーズがあります。
これは「草津よいとこ一度はおいで」のパロディでしょう。
しかしこの曲が流行った1968年は僕はまだ10歳です。ちょっとおませさんだったのでしょうか。
いま改めてレコードジャケットを見るとど真ん中にアルファベットで大きく「ハレンチ」って書かれてますね。(笑)

この曲はいろんな事に挑戦しています。
歌の部分はテープを早回しで録音しているため、やや甲高い声質になり独特な雰囲気があります。
曲の間奏にビートルズの「グッド・デイ・サンシャイン」の間奏がパロディ風に演奏され、最後の読経ではお経に交えてビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」の歌詞の冒頭が読まれます。そして「エリーゼのために」でフェイドアウトして終わります。

彼らも若かったのでしょう。従来の常識にとらわれず自分たちの好きなようにやってますね。
その斬新さがうけ、オリコンチャートで1位になり、年間でも2位を記録しています。

フォークルと言えば、「悲しくてやりきれない」という名曲がありますが、当初第2弾として発売予定だった「イムジン河」が発売直前でレコード会社から中止を伝えられ、急きょメンバーの加藤和彦が作って発売したという話です。そこから加藤の才能が世に広く知れ渡ったということらしいです。
kanasikute
(イムジン河のB面の「蛇に食われて死んでいく男の悲しい悲しい物語」も気になります)
その後、加藤和彦氏は音楽界に多大な影響を与えました。
残念なことに2009年に62歳の若さで他界されています。

はしださんは解散後も精力的に音楽活動され、1969年にシューベルツで「風」をヒットさせ、1971年クライマックスでは「花嫁」が大ヒットしました。♬「はーなーよめはーよぎしゃーにのおってー/とついーでえゆーくーのー」です。この曲も当時すごく売れました。
imga39f785fzikczj
20131101115525a05

フォークルはフォークソングをメジャーにしたグループだったのかもしれません。

そしてその後、1970年頃から岡林信康、吉田拓郎などが出てきてフォークソングがメジャーになっていきます。

それでは「帰って来たヨッパライ」をどうぞ。


そしておまけに「花嫁」です

かっぱえびせんでおなじみのカルビーですが、クレーム対応が素晴らしいとネット上で話題になっています。(東洋経済ONLINEより)
9784534055316


~クレームとは「処理するもの」という考えを持っていませんか? 確かに速やかに終結させようと精いっぱいになってしまいがちですが、その姿勢でいると顧客満足度を上げることまではできないかもしれません。
その点、カルビーのやり方は少し違うようです。「クレーム」と捉えてしまいそうな内容も「指摘」と捉え、「処理する」のではなく、「対応する」という姿勢を取っているといいます。~
んー、「クレーム」ではなく「指摘」、「処理」ではなく「対応」ですね、この感覚の違いだけでも変わってきますね。
~カルビーが大切にしているお客様対応の1つに、「お客様の気持ちに寄り添ったコミュニケーション」があります。お客様が話されたことへの対応だけでなく、「その言葉の真意は何か」を知ることを重要視しているのです。~

かいつまんで紹介しますと以下のようなことが書かれています。
■”何に対して“申し訳ない、なのかを具体化する
>お客様を不安な気持ちにさせてしまい申し訳ない、という言葉。
■「ご指摘」か「ご相談」かを見極める
>カルビーに寄せられるお客様の声のうち、約7割がご意見、ご質問、ご要望といった「ご相談」。
■違いを感じているユーザーには工夫が必要
■クレーム客をファンに変える
>「最近味がしょっぱいのではないか」というご意見から「かっぱえびせん塩分50%カット」という新商品につながった。ということです。
そしてその商品は発売後大きな反響があったとのことです。
そもそもお客様の声から生まれた商品ですから、「ようやくほしかったものが実現した」という喜びが大きいのでしょう。

そして。このような積み重ねが「お客様」から「顧客」へ「顧客」から「ファン」に変わる大きなターニングポイントになるのではないかと指摘しています。

もう少し詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ。

言葉は重要なコミュニケーションツールです。言葉一つで相手を喜ばしたり怒らせたりできます。
僕も取引先に「指摘」させていただくことがあります。けっして「クレーム」ではありません。
「こうした方がもっといいのでは?」というようなことが多いです。

以前、銀行で長い時間待たされたことがあり、その時「なぜこのくらいかかりますと初めに言ってくれないんですか?」と注意したことがありました。こちらはどれだけ時間がかかるのか分かりません。
確かお昼休み時間に昼食をとらずに待っていました。仮に「30分ほどかかります」と言われれば、十分食事に行くことができました。

自分自身も不用意な一言で失敗したこともあります。
常に謙虚で勉強しようという姿勢が大切です。




このページのトップヘ