舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ニュース

紙幣刷新のニュースが突如報じられました。なんか急なことで驚きましたね。
もう皆さんもご存知だと思いますが、こんなデザインで進んでいるそうです。
MM0001-PN1-2
数字が入っているところが新鮮というか、海外(東南アジア)の紙幣のような感じがします。

でもなぜ紙幣デザインを変える必要があるのか、疑問がわきますよね。

どうやらその理由は偽造防止、いわゆる偽札作りをたくらむ犯罪者に対する防御策なんですね。
およそ20年周期で行われていて、前回の改正は2004年、その前は1984年に行われているそうです。

偽造に対するセキュリティの高さは世界でもトップクラスを誇ると言います。透かしやホログラムといった簡単にはまねできない高い技術が施されています。

しかし、ここへきて急速にキャッシュレスの波が押し寄せています。政府もキャッシュレス化に向けて動いています。新紙幣に変わるとそれにかかる費用が500億円を超えるという試算も出ていました。税金の無駄使いじゃないのか、という声も聞こえてきます。そこは疑問が残るところです。

お隣の中国の話ですが、有名な「アリペイ」など日本に比べてはるかに早くキャッシュレス化が浸透しています。前にテレビのニュースで見ましたが、普通の街の八百屋さんでも使えるくらい広がっています。なぜ、中国でキャッシュレス化が進んだのかというと、偽造紙幣が横行しているからだそうです。
現金を使う人も、お店側も常に本物かどうかを見極める必要が背景にあったと言います。
日本は紙幣の偽造を防ぐためにしっかりとお金をかけているから、偽札が出回りにくいです。ですから国民は安心して現金を使うことができます。それが、キャッシュレス化を遅らせているのだと思います。皮肉な結果ですね。

日本の政府は、キャッシュレス化を進めたいのであれば、そこに税金を使った方がいいように思います。紙幣の偽造をより防ぐためという目的も、もう今の世の中では、時代に逆行している感じがします。現在の紙幣でも世界的に見れば十分高いセキュリティを維持しています。
少し見方を変えてみますと、紙幣が変わるとATM機やジュースの自販機などを変更することになります。一瞬かもしれませんが、その業界には特需が起こることになり、その狙いがあるのかもしれません。
今、世界はものすごい勢いでキャッシュレス化に移行しています。
コンビニなども無人化など真剣に検討されていると言います。
その波に遅れないように考えていただきたいと思いますが。

紙幣が変わるのは、5年後の2024年の予定らしいですが、その頃には、キャッシュレスがどの程度浸透しているんでしょうね。アメリカの紙幣なんて昔からデザイン変わってないような気がしますが・・。


ショーケンこと萩原健一さんが3月26日に亡くなられていたことが、報道されました。実にショッキングなニュースです。
72545_201001180418180001263812317c

昨年の8月にグループサウンズ時代の「エメラルドの伝説」をこのブログで紹介しました。

テンプターズ解散後、沢田研二さんや井上堯之さんらとPYG(ピッグ)というロックバンドに参加されました。
20190328s00041000423000p_thum

ソロとしてリリースした「大阪で生まれた女」もオリジナルのBOROを圧倒するくらいのパワーを感じました。

そして、その後人気ドラマ「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役で出演すると大当たり。特に最後の殉職シーンは衝撃的で、「殺さないで」という声が多く上がり、大きな話題を呼びました。この時の常識破りの体当たり演技が評価され、こののちの活躍につながったように思います。
35001051_1521418447962480_8348184601033703424_n

その後も、「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」と俳優としても人気を不動のものにしました。
この2つのドラマは、普段ドラマをあまり見てなかった僕でも見ていました。特に「傷だらけの天使」での役は、ちょっとアウトローで荒っぽいんですが、権力の前には弱い男を演じ、共演の水谷豊さんとも息がぴったり合っていました。このドラマは好きでしたね。
D2v5Bq4UYAMmWhq

ショーケンはジュリーと並んで僕ら世代の大スターであり、ヒーローです。子供のころからのいろんな思い出が頭に浮かびます。
ent1903280005-p7

たびたび事件を起こし、世間を騒がせたりもしてきました。しかし、アーティストとしては類まれなる才能の持ち主だったと思います。

昨年の5月には西城秀樹さんが召されています。(そのブログ

少し前に内田裕也さんが旅立たれたばかりです。日本のロックの黎明期を支えた人たちの死は残念に思います。
20190328s00041000416000p_thum

享年68歳と年齢を聞いて驚きました。まだお若いのにということと、自分と7歳しか離れていないことにです。
また、NHKの大河ドラマ「いだてん」に出演されていることがわかりました。政治家の高橋是清役として第25回から登場する予定で、もう収録は済んでいるそうです。どうやらこの作品が遺作となりそうです。
300x300s_FFFFFFFF
いくら「いだてん」とはいえ、そんなに急がなくてもいいのに、って思います。

約8年間の闘病生活を余儀なくされていたようです。
本人の要望で病気のことは公表せずに最後まで貫きました。
さぞ、辛かっただろうと思います。
どうぞ安らかにお眠りください。



名鉄瀬戸線は栄町駅と尾張瀬戸駅約20㎞を結ぶ鉄道です。名古屋市の中心から北東部を経由して瀬戸市をつなぐ路線として親しまれています。

その中でも尼ケ坂駅~清水駅間約500mの高架下を利用して、おしゃれな店舗に変えようということが発表されました。この辺りは住んでいるところからも割と近くて親しみのある場所です。
plan-690x360

その名も「SAKUMACHI商店街」。桜並木の続く立地から明るく賑わいのあふれるまちの商店街のような交流拠点でありたいという思いを込めて「花咲く街の商店街」から「SAKUMACHI商店街」と名付けられました。

まずは第1期2019年の3月29日に尼ケ坂寄りの芭蕉にパン屋さん、和カフェ、パフェ、駄菓子、お弁当、保育所、学童保育施設の7店舗が完成します。

小さなお子様を持つ、ママさんたちが集うまちになりそうな雰囲気です。

その後、清水駅寄りの2期工事が約1年後の2020年春ごろ開業予定とのことです。
20190228尼ケ坂_L区画-690x280

今まで、駐車場や空き地になっていて、やや殺風景だった場所が変貌を遂げることになりそうで、少し楽しみな気がします。

今、日本全国のゴルフ場は一部を除いてどこも経営難で苦しんでいるようです。

ちょっと面白い記事があったのでご紹介します。

静岡県の浜名湖カントリークラブのお話です。
2002年から赤字に陥ったそうです。そこで経営を黒字に転換するため、経費などを見直す中で電気料金が2000万円と大きな負担となっていることが、わかったそうです。
たまたま立地的に風力発電の好適地ということ、さらに周りに民家が少なく周辺の理解も得られたことから、風力発電事業を始められました。
20190312-00010005-minnagolf-000-view

太陽光発電設備、風力発電設備を合わせて総工費3億3500万円、うち9100万円を国からの補助金で賄い、2006年から売電事業をスタートしました。

当初は反対意見もあったそうですが、風車がクリーンエネルギーのシンボルとなりコースのイメージアップにつながり、売電事業を始める前より約2割も来場者を増やすことに成功しました。
445105-1s

当初の計画では、売電収入2000万円見込んでいましたが、2017年には2800万円の売り上げになり利益も1100万円と、投資回収のめども立ってきたと言います。
今後はメンテナンス費用などが課題としてあるようです。
solar_detail_17-0

今回の試みは、コース内に巨大な風車塔を設置し、駐車場の屋根に太陽光パネルを設置するというものです。風に対する立地条件もありますが、経営で悩んでおられる多くのゴルフ場には朗報ではないかと思います。
生き残りのための一つの方法が生まれたのではないかと感じました。

3月17日に亀山西JCT~新四日市JCT間(23㎞)の新名神高速道路がいよいよ開通するということです。
東海地区に住む我々には待望の道路が開通するということで注目されています。
7b094c5128f9cf5ae609115b25c16df6_650_271


名古屋から三重県方面に行くときには通常東名阪高速道路を利用します。

また、三重県の津、松坂方面にはゴルフ場も多くあるため、利用者が多い道路です。

しかし現在では亀山ジャンクションから四日市インターにかけて、毎日朝夕には大渋滞が発生して、万年渋滞道路として悪名高い道路となってしましました。

そのため、三重県方面のゴルフ場も敬遠されがちになってしまい、ゴルフ場経営にも支障をきたしているという噂もあるくらいですから、罪な道路ですね。

なぜこうなったのかという理由は、もう皆さん良くご存知の通りですが、2008年に亀山~草津間が高速道路でつながったことからです。

それまで関西方面から名古屋には名神高速道路か名阪国道(高速ではない)のどちらかで、通常は名神高速を使うのが普通でした。しかし、先ほどの新名神の完成により、車の流れが一挙に変わりました。

しかも名古屋よりも東側では、新東名高速がつながり豊田方面から四日市に入りやすくなったのも、拍車をかけたと思います。

前置きが大変長くなりましたが、その10年近く悩みの種だった渋滞がこの道路の完成によりおそらく解消されるのではないかと言われています。いや、たぶん解消されるでしょう。

これまで東名阪の四日市付近を3車線化したり、渋滞緩和に策を講じてきましたが、交通量の多さにはどうにもなりませんでした。

一番気の毒だったのは、地元の四日市、鈴鹿、亀山付近にお住いの方々です。自宅の行き帰りに使わざるを得ないからです。
渋滞を避けようと一般道路に降りても、そちらはそちらで混んでいますから、始末が悪いです。
ただ少し流れがいいだけで、目的地に到着する時間はそれほど変わりません。流れる分、精神的に多少楽なだけです。

高速道路上の交通渋滞は、いらいらするだけでなく、思わぬ事故を起こす可能性があります。急ぐばかりに強引に割り込んだり、前方不注意で後ろから追突したりと、何が起こるかわかりません。
たまに渋滞の列に後ろから大型トラックが突っ込んで大事故になるというニュースもあります。
そういったことが起こらないためには、渋滞が発生しないことが一番です。

車がすべて自動運転化されたら、渋滞は発生しないという話もありますが、現実的にはまだ先の話になると思います。

まずはこの地にお住いの方々には、朗報ということになると思います。



このページのトップヘ