舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 葬儀

5月11日までに日本で新型コロナウィルスが原因でお亡くなりになられた方が650人を超えています。
志村けんさんや岡江久美子さんらの報道にもありましたように、遺族は故人とお別れの対面をすることができません。皆さん、お顔を見ることなくお別れするしかありませんでした。
写真 2020-05-13 8 21 27

しかし、ある技術を使うことで対面することが可能になったということです。
その技術とは「エンバーミング」です。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが葬儀業界ではかなり以前からある技術です。「エンバーミング」とはご遺体を消毒や保存処理、修復を行うことで長期保存を可能する技法のことです。人の肉体は死後、腐敗が進みます。そのような腐敗を遅延させ、損傷部位を修復することで葬送まで外観や衛生を保つのがエンバーミングの役割だとされています。
1960年代アメリカで急速に広まったといわれており、アメリカやカナダでは一般的な遺体の処理方法とされています。キリスト教では19世紀ごろまで火葬を禁止してきた歴史があり、それが関係しているのかもしれません。しかし、20世紀に入り「火葬は教義に反しない」と判断されるようになり、近年では火葬が拡大しているようです。
写真 2020-05-13 8 21 40


このサービスを提供しているのは東京都の燈台舎さんです。
エンバーミングの技術を応用することで、火葬前に遺族が故人との対面が可能になったということです。
写真 2020-05-13 8 21 45


具体的には防護服を着用したスタッフが薬品の濃度を濃くして施術し、全国で対応可能だということです。
写真 2020-05-13 8 20 57

写真 2020-05-13 8 20 53

このウィルスの特長として、容体が急変し少し前まで元気だったのに突如お別れしなくてはならなくなるケースがあると聞きます。遺族はあまりのスピードに呆然とするしかなく、挙句に最後のお別れもままならないというつらい宣告を受け入れるしかないという状況だと聞きます。命が戻ることはありませんが、最後に対面できるというのは、遺族にとってはせめてもの救いになるのではないかと思います。
pixta_24542203_XL





15日にこの件でブログを書いたところ、多くの皆さまからアクセスをいただき、皆さまの関心が高いことがわかりました。
この件でまず訂正したいことがあります、それは「グレーゾーン遺体」という言葉についてです。この言葉はどうやら報道したNHKによって作られたものだということがわかりました。この放送は業界の中からもいろんなご意見が出ており、以後使わないようにいたします。

放送をよく見るとわかるのですが、葬儀社の方も「グレーゾーンの肺炎でお亡くなりでいらっしゃる故人様の対応をどうするのか」という言い方をされており、「グレーゾーン」は肺炎に対して使われておりご遺体のことをさしてはいませんでした。そして故人の尊厳やご遺族の心情などを考えた時に、業者の対応が非常に難しいということをおっしゃっていました。

簡単に言えば、ご遺族の立場に立って考えた時、家族の遺体に対して「グレーゾーン〇〇」と言われたら、どう思いますか?ということです。NHKはわかりやすくそのような言葉で報道したのかもしれませんが、もう少し慎重に言葉を選んだ方がいいように思います。

業界の方で、この放送に対していろんな思いを述べておられる方がみえました。その方によると、コロナウィルスが疑わしいご遺体をそのまま葬儀社にゆだねるのは、病院側の問題であるとのことでした。そんな無責任なことはなく、どちらかはっきりして渡すべきだということです。そしてご遺体に対し、「グレー」とか「ブラック」とか言うこと自体が失礼だとの見解でした。

ご遺体が感染症だった場合には扱いがまったく変わることになります。対応する者は防護服に身を包み、火葬場に直接向かうことになります。一方、陽性のご遺体を認識の無いまま扱った場合は、業者だけでなくご遺族の方々にも感染が広がる可能性があります。
やはり疑わしい場合は、検査をし結果が出るまで搬送しないというような取り決めが必要になってくると思います。そうでないと外出自粛をしていても、別なところから感染が止められなくなります。

また、恐ろしいのは、死因が肺炎であればまだ検査しようということになりますが、そのほかの死因だった場合です。今朝のニュースで別の病気で病院に入った患者さんの6%がコロナの陽性だったというデータが示されたとのことでした。感染経路が不明の陽性患者が増える中、やはり検査の重要性がクローズアップされるように思います。

変死体が実は陽性だったという事例が全国で11件あったという報道もありました。
今は、感染者数に焦点が当たり何とか拡散を防ごうという話題が多いですが、今後は死亡された方を取り巻く諸問題に注目が集まるかもしれません。

関連記事
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20200422/5010007674.html




新型コロナウィルスは相変わらず拡散が続いています。我々はとにかく人との接触を避け、手洗いを心掛け三密にならぬよう注意することです。

さて、今葬儀業界で「グレーゾーン遺体」の問題が深刻になっているそうです。
「グレーゾーン遺体」とはPCR検査を受ける前に肺炎で亡くなった人の遺体のことを言います。
写真 2020-04-14 18 32 56

連絡を受けた業者は病院にご遺体を引き取りに行くわけですが、その際に病院側からコロナ感染の可能性を告げられた場合どのように対処すればいいのか。疑いがあるだけでPCR検査を受けていないため、陰性の可能性もある訳です。
写真 2020-04-14 18 22 15

写真 2020-04-14 18 16 07

感染者が亡くなった場合は、特殊な方法をとらなければならないそうです。
写真 2020-04-14 18 16 27

故人が陽性の方は納体袋に遺体を収め、葬儀などは執り行わずに直接火葬場に運びます。
写真 2020-04-14 18 16 36
遺体を搬送する葬儀業者のスタッフは防護服を着るなど感染対策を徹底し業務にあたることになります。先日の志村けんさんの時もご遺族はご遺体を見ることなく火葬されたということでした。

ある式場ではアルコール消毒やウィルス除去の噴霧器を使用するなど感染防止に努めています。
写真 2020-04-14 18 17 11

また、参列者の席の間隔をあけ、参列の時間を分けるなどしているそうです。
写真 2020-04-14 18 17 21

しかし、ここまで対策をしても無防備な状態で「グレーゾーン遺体」を受け入れてしまえば、対策の意味がなくなってしまうと言います。
写真 2020-04-14 18 18 23
対策を検討した結果、病院や保健所に相談しPCR検査を行ったうえで遺体を搬送をするよう要請したということです。
写真 2020-04-14 18 18 55
ご遺体の尊厳やご遺族の心情に配慮して、精一杯のお見送りをしたい気持ちがある一方で絶対に感染してはいけないという気持ちもあり、ものすごい葛藤で悩まされているということでした。

新型コロナウィルスに感染しているのか否か、「グレーゾーン遺体」を受け入れる葬儀業者の方は非常に難しい対処が要求されるデリケートな問題です。
感染源にならぬよう細心の注意が必要となり、そのストレスも医療スタッフと同様にかなり高いものだと思われます。
さらに葬儀会館に出入りする関係者も、同様に細心の注意が必要だと思います。私たちはそのような理解をすることが大切です。

マスクや手袋を着用する、人との距離をとる、うがい手洗いする、換気するなど徹底して感染リスクを抑えないといけません。今しばらくが正念場です。現場への訪問など人の動きもできうる限り最小限にとどめることを皆で共有し理解しあうことが大切だと思います。

※月刊フューネラルビジネスのFacebookより引用しました。


北名古屋市師勝エリアに新しく平安会館が誕生します。
84C0A97B-0DFC-4933-AD2D-50A39DEF2253

オープン前にこの会館を訪問しました。
99AAB380-0C94-4B21-9B59-E09723F0D3B6

場所は、バロー師勝店から南に100mほどのところです。

オープン前ですが、少しだけ式場をご紹介します。
2ECFD121-7AFB-4CDB-BAE5-9EAF94EBCAAA

最近のお葬儀は家族葬といって、ご親族だけで執り行われることが多くなりました。そのニーズに合わせ式場もコンパクトな造りになっています。
2F34DEAA-CBE0-49A6-A0F3-7C83A233C817

一式場だけですので、貸し切りで使うことができるのもいいですね。
EC72BE3D-E887-4BD5-85F8-A167BE7976F0

10月4~6日の3日間オープン見学会が開催される予定です。ゆっくりと中を見学できる機会です。
師勝エリアの方には近くに平安会館ができて一層便利になったことと思います。
詳しくはこちらをご参照ください。

一夜明け、最後のお別れの時が近づいてきました。
BE36BECE-00FB-4C03-87DD-2A6B65B6FD60

まず、故人をしのんでお別れビデオの放映です。
939EB09B-DC9D-4A78-B5C1-9BF8904E5BF1
若かりし日の平松さんです。
FE068673-AF35-4E7A-A9B9-418686A08511

葬儀が始まり、読経を聞きながら、平松さんとの思い出が蘇ってきました。
69AF735E-26A9-4B5F-AB0C-D5C14EE96076

僕がこの会社に入社以来、約27年間平松さんと仕事を共にしてきました。もちろん生涯で一番長く時間を共有してきたことは言うまでもありません。
入社から3年もすると、一人前とはいえないまでも自分で考え、行動できるようになってきます。すると、意見のぶつかり合いも生じます。平松さんは従来のやり方を踏襲したい、どちらかというと保守的な考えの持ち主でした。そして僕は、その反対で新しいものを見つけると試してみたい、使ってみたいという思いが抑えられません。当然意見が対立します。互いに納得がいくまで議論しますが、大抵の場合、最後は僕の意見に落ち着くことが多かったように思います。今思えば平松さんが譲ってくれていたのだと思います。何度も何度もけんけんがくがくやりあったことが懐かしく思います。
C5F8AF0B-79C9-4B9C-9522-8DFD7026F791

平松さんは温厚な人柄で、いつもニコニコしている方ですが、実は頑固な面もあります。そしてマイペースなところもあります。ぶつかり合いはたくさんありましたが、感情でやっているわけではなく、あくまでも仕事の上のことです。僕を信頼してもらい 、僕のことをとても立ててくれていたことは感謝しかありません。
52313119-6583-4014-A0CB-FA6AD213982E

平松さんは一言で言うと「ザ・職人 」でした。どういうことかと言うと、人に指示してやらせるより自分でやってしまうタイプなんですね。なので、事務所にいるのではなく現場に行きたがる習性がありました。仕事量が少ないうちはそれでもよかったのですが、だんだんと仕事量が増えてくるとなかなかそう言うわけにもいきません。部下に任せたり、工事業者さんも地元だけではなく、広範囲に依頼する業者さんを広げていく必要が出てきたのです。その提案をすると快く承諾していただけたので、現在につながりました。

マリエール岡崎という結婚式場が新築オープンした時のことです。会社内の事情を鑑みて社長が、平松さんを制作の現場管理業務にシフトしたことがあります。当の平松さんも大変だったと思いますが、それまで両輪で回してきた僕の方も片輪 失うわけですからそれは大変でした。社長からこの相談を受けた時、一瞬考えましたが、もう社長の腹は決まっているようでしたので、これは何が何でもやるしかないと僕も腹をくくりました。単純に仕事が2倍になるイメージです。ですからとにかく効率を上げることを考えました。経験の少ない社員にも大きな仕事を任せるという大英断をしたことも何度かありました。任される社員も大変ですが、任せる勇気も大変でしたがそんなことは言ってられないほど多くの仕事を抱えていました。
しかし、「案ずるより生むが易し 」小さな問題はあってもほとんど皆うまくこなしてくれました。そのおかげで社員も僕も大変勉強になり、成長できたと思います。

とにかく忙しい時代でした、めまぐるしい 毎日を送っていましたが、泣き言は言いませんでした。よく高い山ほど登った時の満足感が大きいと言いますが、まさにそんな気持ちです。一つ一つ案件をこなしていくことで不安な気持ちが少しずつ自信に変わっていきました。

そのタイミングをきっかけに、リーダー役が変わり、平松さんが戻ってもリーダーとしてやらせていただきました。平松さんには影になり日向になり支えていただけたことは一生忘れません。
B4006BD8-A89C-4616-8770-61039C0C5EEA

4年前に会社を完全退職されてからは、不治の病との戦いの日々だったようで、ご本人も奥様も大変だっと伺っています。68歳と早すぎるお別れですが、神様はもう楽になりなさいとお二人に思われたのかもしれません。
どうぞ安らかに、お眠りください。
230975B4-E933-4C37-9F71-EFDF5CC6F274

今の自分があるのも平松さんのおかけだと感謝しています。27年間、本当にありがとうございました。
 414C5A3E-CA01-43AF-AD4A-FEB5B9ACB845

このページのトップヘ