舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 新しいもの

先日テレビで「分身ロボットカフェ」のことが紹介されていた。
dawn-00

このカフェでは基本的にロボットだけが配膳をするのだが、ちょっと普通のロボットとは違っていた。
それは、そのロボットを人が遠隔から操作しているのだ。そしてその操作する人の声でお客さんと会話もできるという。
dawn-01

これまでの概念だと人工知能でロボットと人をつなごうという取り組みをしてきた。要するにコンピュータの力で生身の人との会話を成立させようとしてきたのである。かなり制度が高まってきているとは思うが、やはりまだ不完全さが残っているだろう。
しかし、今回の場合は人が話しているのだから、当然スムーズに会話が成立するわけだ。

しかも素晴らしいのは、重度のケガや病気により寝たきりの生活を送っている人がオペレーターとなっていることだ。もう自分で歩くことができないいわゆる弱者にスポットを当て、この方々が社会で活躍するにはどうすればいいかを考えての結果なのだそうだ。
769571F1-B43B-4747-B63F-9A79E9F085AC
 
このプロジェクトを立ち上げたのは「株式会社オリィ研究所」の所長、吉藤健太朗、通称オリィ氏である。吉藤氏は小中学生の頃、不登校を経験している。工業高校時代、電動車いすの新機構の発明により国内最大の科学コンテストJSECにて文部科学大臣賞、ならびに世界最大の科学コンテストISEFにて賞に輝いている。早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした分身ロボットの開発に取り組み、2012年に「株式会社オリィ研究所」を設立し、代表取締役を務めている。
dawn-23

オリィ氏は言う。

人の孤独を解消するために必要なのは、人工知能ではなく「人と人とのつながり」

~人工知能も悪くないと思うのですが、ただ、人工知能によって、ひきこもりだった自分が社会復帰できたかと考えてみると、やはり違うんですね。学校の友達も先生も好きではありませんでしたが、家にあきらめず訪問してくれたことだったり、生まれ故郷の奈良で行うおりがみ会など、それ以外のコミュニティで出会った人たちに癒された経験があるからこそ、私はひきこもり生活を脱することができた。結局のところ、人は直接人に会わなければならないと感じたのです。

 人工知能を教える先生が「ロボットが人を癒す」と言ったとき、どうしても違和感をぬぐうことができませんでした。「癒し」というものを考えたとき、人工知能より人のほうが明らかにポテンシャルがあると私は考えていました。~

263D5C73-152C-463B-896F-E6DC4C6D639A

ロボット開発者たちは、ロボットが大好きであるために、人工知能を妄信しロボットを作ることが目的になってしまうんです。自分も夢中で研究したが、やればやるほど「ロボットが人を癒す」という論に疑いを持ったという。


~私は、ロボットを作りたくてロボットを作っているのではなくて、人と人をつなげる手段として、ロボットを作っています。~

BDAA70C4-12EE-49F8-B9C6-8ED055134859

この言葉の意味するところは非常に大切なことだと思う。

古い話で恐縮だが、漫画家の手塚治虫氏の代表作でもある「鉄腕アトム」の中でこんな光景があったのを覚えている。愛息子のトビオを事故で亡くした天馬博士は、その代わりをロボットにさせようと完成したのがアトムだった。しかし、ロボットはあくまでも機械、博士の理想とする「トビオ」にはなるはずがなかった。~機械で人に似せることはできても、そのものになることはどこまで行っても不可能なことだと思う。それこそIPS細胞などの研究が進み、人間を複製できるとなれば話は別だが、「人の心」を機械で作ることは簡単なことではない。

646BEC6A-77D6-4411-A5BF-98348BCF90F1

番組の中で、分身ロボット同士が手の空いた時に会話しているシーンがあった。それは人間らしいワンシーンだった。人のまさに身代わりをするロボット。このビジネスモデルは、間違いなく近い将来世界に広がると思う。

C48CF852-3738-421E-A439-83C2329FC2AF

※リクナビNEXTジャーナル、ロボスタより引用

通信カラオケ大手のエクシングが、パイロットや客室乗務員による業務放送を体験できる「飛行機カラオケ」専用ルームを東京品川にある直営店にオープンしたと報道されていた。
2A94DEFA-8826-4ABD-A21E-1A3F2CFD4AA0

記事によるとカラオケ業界も1990年代後半をピークに利用人口が減少の一途をたどっているという。
それにより店舗数も減り、売り上げなど経常利益を圧迫しているそうだ。その大きな原因は少子化による若年層の人口減少にあるとされている。

この飛行機カラオケは、車掌アナウンスを体験する鉄道カラオケに続く「歌わないカラオケ」シリーズの第2弾なんだそうだ。
2016年から営業している鉄道カラオケは、本物志向で話題を呼び人気だそうである。

専用ルームでは、臨場感ある状況で楽しんでもらおうと、壁面いっぱいに大空の映像を映し出し、操縦レバーのレプリカを置くなどして実際にコクピットにいるような雰囲気を作り出しているとのこと。

エクシング広報によると、カラオケの最大の強みは歌であることは変わらないとしながら、「歌う楽しさに気付いてもらうには、店に来てもらう事が一番。今後も店に足が向く仕掛けを続けたい」とのことだそうだ。

カラオケとは歌のない音楽のことを指す。そもそも歌を歌うためにあるものだ。それがまさか「歌わないカラオケ」などというものが登場するとは驚いた。
発想の転換というか、真逆の発想でこれに気付かれたことも凄いが、この企画を実行するあたりも素晴らしい。
絞ればアイデアは出てくるものなんだと感心させられた。
 

お盆が近づいています。
お墓参りに行かれる方も多いと思います。

少し前にテレビで最近のお墓事情を伝えていました。

「樹木葬」と言ってお墓に遺骨を納めるのではなく自然の土に返そうという発想の葬り方があります。
ただそこには、木があるだけで実感がないという声に対して最近ではこんなサービスが登場したそうです。
住職の方がある場所にスマホをかざすと・・・
5AA15D6E-B3F2-48CA-9702-AEA08B270442

スマホの画面に墓石が現れました。
099385E8-CB33-4890-B44F-28BC81EF0221

専用アプリでヴァーチャルに墓石を出現させているそうです。

名付けて「スマ墓」(スマボ)だそうです。
6B966028-961A-4A92-BAFD-C44E8D58B9F4

そして、事前に登録すれば、故人が現れて肉声も聴くことができるのです。
ちょっと怖いような、でもいつでもそこにいるということで大変面白い企画です。
06AEF556-F6A3-4B56-9D42-7EFEFCCB0C22

また、LEDが輝く霊園です。
99D80272-B2BE-4424-B2E7-5FF751F77FFA
 
たくさんの仏様が祀られており、その特定の仏様だけ違う色で光るようになっています。
1004B54A-9B4A-4D75-B5A7-0C81C817ABCF


遺骨をロケットに載せて宇宙に散骨するという企画、壮大です。
AC12A6FA-A33C-4B49-82AF-6CF0255D3548

1年前にロボット導師の紹介をしましたが、さらに発展して故人の表情やしぐさなどを表現するロボットというのが発表されているようです。テクノロジーはどんどん進化していきます。
53D23172-B290-42B0-B14C-4F9144885BC2

お墓というものの概念が、ずいぶんと変わってきているように思います。
例えば家庭内でヴァーチャルなお墓に向かい手を合わせるということで、「供養する」ということになればその方向に進んでいくのかもしれません。




最新の映像機器を使った空間演出の内覧会にきています。

昨今LEDパネルの技術革新は目覚しいものがあります。
湾曲に対応したパネルです。
25F3BBF3-162A-460A-869A-070F4C7F1F45

もう少し小型で、さらに直径15cmほどでアール面が作れます。
B8C45071-07C6-4467-843D-54D9D0D1EB36

最近脚光を浴びつつある、有機ELパネルです。
非常に薄いのが特長ですが、展示は透けています。ちょっとわかりにくいかもしれません。
09CDBEF4-F154-497A-AB62-BB93BF117919

LEDパネルは縦横のサイズを割と自由に作ることができることも特長です。
5A6D7910-F513-439B-A5C0-1758315E2A7D

柱状のタイプやキュービック状のタイプ。
2A8373F0-90EF-4B84-9F74-91A4A1A746D1

FFF8E0B1-1411-4CBF-A264-4A1951EB3A06

組み合わせによってはアーチ型も可能です。
796BA33E-2FB7-4D1B-8522-B55B40603E68

一見するとわかりにくいですが、プロペラが回っているところに映像が出ています。
B60C728A-B108-43EE-B488-05C235E1ECAA

この角度だと少しわかりますかね。不思議です。
8B902840-FC6B-4DC6-946E-0A57A3876E2D

サムネイル的な画像が横に流れています。その画像をタッチするとそれに関する説明がポップアップする仕掛けです。
39D4C563-2522-4F5E-9D85-E71B0B3FB7BE

たった1台のプロジェクターとミラー、パソコンのセットで部屋の全方位に映像を出すシステムです。
73769249-B082-430B-B7D3-03651B764EF7

何かの絵画ですか?と思いたくなる画像ですが、実は自分が映っています。特殊なカメラで撮影し、その画像をAIが画像処理をして、絵画風に置き換えて表示しています。しかもほぼリアルタイムです。
D644BE34-BF98-4752-92B3-490EA51E991E

面白いですね。
E4C9FC7A-AA55-409B-980A-B35ACFD6D38F

いろんな絵画タッチの画像が展示されていました。
C655BBD0-6487-4F0D-9748-1A803D4949FE

503586AC-CD8D-4272-A3B9-59FC9698D3F9

屋外用のLEDパネルです。サッカーのグランドなどですでに使用されていますね。
1E1C620D-093E-44BE-AACC-950CF77A8FA9

ワクワクさせられるような展示があってとても興味をそそられました。

あとはこれらをどう生かすかですね。

 

窓にこんな素振りしているシルエットが映っていたら、どう思いますか?
hoiko_180329leop01

どう見ても男性のシルエットです。

これ一人住まいの女性の防犯に役立てようと、レオパレスが開発した商品なんだそうです。
商品名は「Man of the Curtain」といいます。
hoiko_180329leop02

実はスマートホンとプロジェクターを使って、動く男性のシルエットを窓に投影し、あたかも部屋で男性が生活しているかのように見せるのだそうです。

シルエットは全部で12種類用意されており、シャドーボクシング、空手、ヨガ、ダンベルで筋トレ、エクササイズ、バットを素振りしている様子など強い男性を演出するシルエットや、掃除機をかける、新聞を読む、会社から帰宅して着替える、エレキギター演奏、洗濯物をたたむ、考え事をしながら部屋をうろつくなどの日常のシルエットが用意されています。
hoiko_180329leop03

この商品が開発された背景には、女性を狙った住居侵入犯罪が後を絶たないという現実があるようです。
なんでもこの開発にあたり、CGがいいのか、実写がいいのか、光量はどれくらいが適当かなど研究に研究を重ねて作られているそうです。

犯罪心理学者によると、「犯罪者は検挙されることをもっとも恐れる。カーテンに男性が映っているだけでも非常に強い犯罪抑止力を発揮する」と言います。


これからゴールデンウィークに入ります。長期間自宅を留守にする場合などにも有効利用できそうですね。
犯罪者はリスクを嫌うため少しでも何か抑止効果があることをするだけで効果的だそうです。
例えば、自宅ガレージに、自転車をきれいに停めずに無造作に置いておくだけでも、日常の雰囲気が出て効果があるそうです。
また、夜タイマーなどで部屋の照明を点灯させるというのもいいそうです。
最近では玄関先に人感センサーで点灯するライトもよく見かけますね。

ゴールデンウィークは空き巣の狙い時という話もあります。
くれぐれも用心したいものですね。



このページのトップヘ