舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 新しいもの

窓にこんな素振りしているシルエットが映っていたら、どう思いますか?
hoiko_180329leop01

どう見ても男性のシルエットです。

これ一人住まいの女性の防犯に役立てようと、レオパレスが開発した商品なんだそうです。
商品名は「Man of the Curtain」といいます。
hoiko_180329leop02

実はスマートホンとプロジェクターを使って、動く男性のシルエットを窓に投影し、あたかも部屋で男性が生活しているかのように見せるのだそうです。

シルエットは全部で12種類用意されており、シャドーボクシング、空手、ヨガ、ダンベルで筋トレ、エクササイズ、バットを素振りしている様子など強い男性を演出するシルエットや、掃除機をかける、新聞を読む、会社から帰宅して着替える、エレキギター演奏、洗濯物をたたむ、考え事をしながら部屋をうろつくなどの日常のシルエットが用意されています。
hoiko_180329leop03

この商品が開発された背景には、女性を狙った住居侵入犯罪が後を絶たないという現実があるようです。
なんでもこの開発にあたり、CGがいいのか、実写がいいのか、光量はどれくらいが適当かなど研究に研究を重ねて作られているそうです。

犯罪心理学者によると、「犯罪者は検挙されることをもっとも恐れる。カーテンに男性が映っているだけでも非常に強い犯罪抑止力を発揮する」と言います。


これからゴールデンウィークに入ります。長期間自宅を留守にする場合などにも有効利用できそうですね。
犯罪者はリスクを嫌うため少しでも何か抑止効果があることをするだけで効果的だそうです。
例えば、自宅ガレージに、自転車をきれいに停めずに無造作に置いておくだけでも、日常の雰囲気が出て効果があるそうです。
また、夜タイマーなどで部屋の照明を点灯させるというのもいいそうです。
最近では玄関先に人感センサーで点灯するライトもよく見かけますね。

ゴールデンウィークは空き巣の狙い時という話もあります。
くれぐれも用心したいものですね。



先日ニュースですごいロボットの映像がありました。

ニュースで取り上げられていたので、多くの方もご覧になったことと思います。

もうこれはどうのこうの言うより動画を見ていただくのが手っ取り早いのでどうぞ。
 

細かな動きなど人間そっくりです、思わず中に誰か入ってるの?って言いたくなるような感じです。

手で微妙にバランスをとっていたり、宙返りした後、反動で前につんのめって失敗するところなんかご愛敬でしょうか。機械と言うより人間らしい一面も作りこまれています。

災害の時など相当活躍が期待できます。
少々の悪路などなんのそのでしょう。
例えば原発の事故現場のような人が立ち入れないところなど活躍の場がありそうです。
平和利用は大歓迎なのですが・・・

このロボットがAIの脳を持ったら、と考えるとぞっとします。

くれぐれも戦争に使うようなことはやめてもらいたいです。

インテックス大阪にて教育関連の展示会が行われています。
15EB7139-26E8-494B-B5FA-84F49F9981D9

取引先の出展もあり、情報収集に行ってきました。

若干専門的な内容になってしまいますが、お許しを。

EPSONブースで面白いプロジェクターを発見、超短焦点タイプですが、レンズが特長的です。
従来ないアイデアで用途が広がります。
6014545C-B435-4092-BD7A-D4D084A14BBF

KIC SCREENブースでは照明が明るいところでも白飛びせずに美しい映像が観れるスクリーンの展示がありました。
47C28D03-86D6-4E9E-BAAD-748A7E451E1C

ハイコントラストなモデルで一目瞭然で左右の違いがわかります。
21725BE1-8669-4F72-AB0E-ACDA123F7BC9

コストは通常より上がりますが、色の再現性、見易さなどメリットも多いです。
88E1BE5C-FFB6-4674-B7D6-085A2E9F5881
海外製の生地で、光の反射角など細かな研究がなされています。
スクリーンに関しては海外の方が日本より進んでいるようです。

他にも短焦点プロジェクターとの組み合わせで張り込みタイプのスクリーンの展示もありました。
164BE709-AE09-44EA-8F37-90E795F2DAFF

リア投影の展示です。
最大250インチサイズまで作れるそうです。
39A0EB34-9DB7-4DBE-9FCB-64B43C911873
ここでも先ほどのEPSON社のプロジェクターが使われていました。
やはり今注目の機種ですね。

少し変わったところでは、ロボット教室を日本全国で展開されている展示です。
決まったパーツを使ってロボットを作成することを教えています。
47都道府県、全国で1100教室もあるんですって、知りませんでした。
954C8939-558A-4C17-AB22-B3257F623C82

この怪獣のようなのがベースになるモデルだそうです。
このモデルからパーツからどのような動きを作れるかなど学習していきます。
81699950-2026-45DE-A31D-4DD0E8732ED8

小中学生が創作したロボットが数多く展示されていました。
当たり前ですがどれもちゃんと動きます。
D280CC55-57BE-44E1-A971-C23F68701A69

ユニークな作品がありました。
A936A153-221A-42B8-8C5C-36F3B2643625
鉄棒のさかあがりロボットです。動画でお伝えできないのが残念ですが、じわじわと上がって行くところはなかなかリアルに出来上がっています。
ネーミングも可愛いですね。擬人化しているところも何か愛着がわきます。

子供らが工夫して作ったロボットはどれも夢があって見ていて楽しくなります。
A908799F-080A-432F-B4A3-D5284B4D62D3

ロボットの第一人者、あの高橋智隆さんが監修されているということで、ロボット界では最高のお墨付きをもらっています。
FBF2F9EB-9668-4FE3-AD5C-B19636F4B6C9

将来、第二第三の高橋さんが生まれてくることを期待したいですね。

 

10月4日より新宿高島屋にロボットの常設売り場が開設したというニュースが流れた。
2017092517464659c8c2768f7cf

おそらく誰もが「とうとうこういう時代が来たのか」という思いが強いだろう。

ヒト型ロボットと言えば、日本人の多くの人は「鉄腕アトム」を連想するに違いない。
img_1280094_63756951_2

アトムが誕生したのは1951年というから、今から66年も前のことだ。

漫画雑誌に連載されて人気が出たことで、いよいよテレビ放送となった。
1963年のことだ。
以来世界中で放送され、ヒト型ロボットの代名詞となっている。


アトムに見せられた男たちは多くいる。
高橋 智隆氏もその一人で、ロボットクリエーターとして数多くのロボットを世に送り出している。
Unknown

彼が生み出すロボットたちのデザインの源はアトムにある。
膝を伸ばして直立し、そこから膝を曲げて移動するなど人間の動作にかなり近づいたものが特徴的である。

我々が今見るロボットの多くは高橋氏が手掛けたロボットたちが多い。
愛くるしい顔のデザインが親しみを持つ。
sub-1

0916pickup-nao

高島屋の「ロボティクススタジオ」では約20種類のロボットたちを取り扱っているということだ。

ロボットには一人暮らしのお年寄りの話し相手や幼児との会話コミュニケーションなど従来の隙間を埋める活躍に期待がかかる。


これからの我々の生活が変わってくるのかもしれない。


今回はちょっと変わったものを紹介する。

まずは「TKG」とは何かということからだが、「卵(T)掛け(K)ご飯(G)」の略である。

そう誰もが日常的に食べている「卵掛けご飯」だ。

「究極のTKG」を誰でも簡単に作ることができるマシンをタカラトミーが発表したというニュースだ。
15

どんな内容か、興味の沸くところである。

簡単に説明すると、まず卵をセットすると機械が割ってくれ、黄身と白身に分離する。

その白身をかくはんしホイップ状にしたものをご飯にのせ、最後に黄身を乗せて出来上がりというわけだ。

ただそれだけなのである。しかしこの一連の動作の中にすごい秘密が隠されていたのだ。

ラジオで紹介していたのだが、その人によるとまだ発売前なので、この機械を使わずに、ホイップ状にした白身を作り実際に食べてみたところ素晴らしく美味しかったとのこと。

「究極のTKG」の秘密は「白身のかくはん」にあるようだ。

ホイップ状の白身を口の中に入れるとシュワッと溶けるような感触を楽しめるとのことであった。

この「卵掛けご飯」を発見した人がすごいし、それを作る機械を売ろうとしている企業もまたすごいと思う。

3500円(税別)で10月から発売される予定だそうだ。
詳しくはこちらをどうぞ。

余談だがタカラトミーさんは楽しそうなおもちゃというか、機械というか変わったものをたくさん世に出している。
プルポップアイス
ペロッとアイスキャンディ
天空パーティー寿司観覧車
おかしなかき氷 井村屋あずきバー
ビッグストリーム そうめんスライダー

商品の名前からも楽しそうな雰囲気が伝わってくる。子供でなくてもちょっとそそられてしまうのではないか。

これらのどの商品も、遊びながら食を楽しむシリーズだ。
いわゆる体験する楽しさを目指しているように思う。

TKGに戻るが、TKGファンの方は一度お試しあれ。

このページのトップヘ