舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ゴルフ

2019年マスターズゴルフを制したのは、なんとタイガー・ウッズ選手でした。
208649
吠えています。これまでのうっぷんが一気に爆発したのでしょう。

208695

最終日首位と2打差の2位からの見事な逆転劇でした。12番でトップのモリナリがダブルボギーで11アンダーで並ぶと13番、15番、16番でバーディーを出し単独トップになります。最後18番も落ち着いてボギーとし、1打差で逃げ切りました。このオーガスタを知り尽くした男が、帰って来た瞬間でした。
208646

これでマスターズは5度目の優勝で、通算優勝数もこれで単独2位となりました。ちなみに1位は6回のジャック・二クラス、3位は4回のアーノルド・パーマーです。

タイガー・ウッズのマスターズ優勝は2005年以来14年ぶりです。メジャー優勝となると2008年の「全米オープン」以来11年ぶりとなります。いずれにせよ、これだけブランクが空きながら、優勝できるというのはやはり並大抵の選手ではないですね。
最後のパットを入れたあと、雄たけびを上げ、ガッツポーズを繰り返しました。

PGOG-189645

タイガー本人もその時のことは覚えておらず、キャディーのジョー・ラカバを探したと言います。
208658

UzRmUq2KfkU_FULLHD-730x410

それにしても不屈の男です。度重なる怪我や、プライベートのトラブルなどで一時は選手生命の危機にさらされました。2016年にはツアー大会の出場に一度も出られず、2017年には4度目の手術も経験し、現役引退もささやかれていました。
しかし、2018年にカムバックし「全英オープン」「全米プロ」で優勝争いに加わりました。そして9月には5年ぶりにツアー優勝に輝いたのです。
o1280085314390800790

マスターズに出場することですら2年前には、想像もできなかったことです。

43歳のタイガー・ウッズ、まだまだこれからオーガスタのパトロンをそして世界のゴルフファンを楽しませてくれることでしょう。

pe-aobgn8um-730x410






さて今年もマスターズゴルフ選手権が始まりました。
600_130

恒例の名誉スターターは、大会6勝のジャック・ニクラウス、同じく3勝のゲーリー・プレーヤーのレジェンド二人が務め始まりました。
208348

今回、日本人選手は6年連続通算8度目の松山英樹選手をはじめ、小平智選手、今平周吾選手にアマチュアの金谷拓実選手の4名が出場権を得ています。
208352
208361

2000年以降で日本人選手の成績で光るのは、2015年の松山英樹選手の5位、2009年片山晋呉選手の4位、2001年の伊澤利光選手の4位というところです。優勝まであともう少しなんですが、そのもう少しが世界の高い壁なんでしょう。

初日はアメリカのデシャンボー選手とケプカ選手が6アンダーとトップに出ました。ミケルソン選手が5アンダーと続いています。また、タイガー・ウッズ選手も2アンダー11位タイと気を吐き、ベテラン勢が頑張っています。
PGOG-189586

松山選手と小平選手が3オーバー63位と大きく出遅れました。
しかし、東北福祉大3年、若干20歳の金谷選手が1オーバー44位タイと日本人選手の中では一番好成績でした。まだあと3日ありますから、このまますんなりはいかないと思いますが。
208356
個人的には、いつ優勝してもおかしくないと言われている松山選手になんとか頑張って頂点に立ってもらいたいと思ってますが、初日のこの成績では、予選通過も厳しい状況です。

2014年から5大会のうち4回3位以内に入り、2015年には優勝を飾り、マスターズには無類の強さを誇るジョーダン・スピース選手ですが、今年の初日は3オーバーと出遅れています。このままでは終わらないと思いますが、優勝争いとなるとかなり厳しくなりました。
9PN1-2

コースの改良などで、飛距離を要求されるようになり、ベテランが上位に入ることが難しくなっている最近のマスターズです。そんな中、ミケルソン(48)の5アンダーとタイガー(43)の2アンダーは光っています。まだ俺たちもいるぞ、とばかりアピールしています。
飛距離と正確なショットを要求され、なおかつデリケートなパッティングも必要となります。
今年はどんなドラマを見せてくれるんでしょう。
また明日からが楽しみです。

今、日本全国のゴルフ場は一部を除いてどこも経営難で苦しんでいるようです。

ちょっと面白い記事があったのでご紹介します。

静岡県の浜名湖カントリークラブのお話です。
2002年から赤字に陥ったそうです。そこで経営を黒字に転換するため、経費などを見直す中で電気料金が2000万円と大きな負担となっていることが、わかったそうです。
たまたま立地的に風力発電の好適地ということ、さらに周りに民家が少なく周辺の理解も得られたことから、風力発電事業を始められました。
20190312-00010005-minnagolf-000-view

太陽光発電設備、風力発電設備を合わせて総工費3億3500万円、うち9100万円を国からの補助金で賄い、2006年から売電事業をスタートしました。

当初は反対意見もあったそうですが、風車がクリーンエネルギーのシンボルとなりコースのイメージアップにつながり、売電事業を始める前より約2割も来場者を増やすことに成功しました。
445105-1s

当初の計画では、売電収入2000万円見込んでいましたが、2017年には2800万円の売り上げになり利益も1100万円と、投資回収のめども立ってきたと言います。
今後はメンテナンス費用などが課題としてあるようです。
solar_detail_17-0

今回の試みは、コース内に巨大な風車塔を設置し、駐車場の屋根に太陽光パネルを設置するというものです。風に対する立地条件もありますが、経営で悩んでおられる多くのゴルフ場には朗報ではないかと思います。
生き残りのための一つの方法が生まれたのではないかと感じました。

先日高松でお客様とゴルフをしました。

その翌日、一緒にラウンドしたお客様から、電話が入りました。
「舘さん、もしかしてパター入れ替わってませんか?」と。

宅配便で送っているため、その時点ではまだ届いていなかったので、その旨をお話しし届くのを待ちました。そして、ようやく戻ってきたクラブを確認してみると、やはり入れ替わっていました。

初めてのことです。近くの方なら容易に取り換えることができるのですが、あいにく名古屋と愛媛ではそれぞれ送りあうしかありません。

ではなぜこのようなことが起こったのでしょう。
通常どこのクラブでも、プレイが終了した時に、クラブ確認を行います。そして間違いなければ、OKのサインをします。ですから、今回のようなことは絶対に起こりません。

では今回の場合です。やはりプレイ後確認作業をしました。ただこの時バッグの中にパターだけ入っていない状態でした。パターは4人分まとめてありました。
雨の中ラウンドし、早く風呂に入りたいという気持ちも手伝って、たぶん大丈夫だろうとパターの確認を怠ってしまいました。結局それがまずかったのですね。

お客様とも電話で、そのことを互いに反省しました。やはりパターも含めて確認すべきでした。なぜなら、それはいつもやっていることだからです。ほんの少しの手間を惜しんだためにこういう結果になります。

思いもよらぬことが起こります。
余談ですが、ゴルフクラブを梱包するのって、意外と面倒です。特殊な形状ですから、ちょうどいい段ボール箱が普通にはありません。
ですから、使えそうな大きめの箱をカットして作りました。

そんな手間が増えるのも、戒めかもしれませんね。



年が明け、寒い日が続いています。
さて、13日今年初めてのゴルフをしました。

場所は岐阜県にあります、明智ゴルフ場です。いつもの定例コンペ です。
基本的に、全部で5ヶ所ある明智ゴルフ倶楽部のゴルフ場を月替りで場所を変えてラウンドしています。

昨年途中からほとんど5組で組めており、16〜20名集まって和気あいあいで楽しんでおります。
ADF1D1E7-853B-452E-AA7F-419BC049DD5F

この日も流石に1月ですね、ゴルフ場近辺の気温は氷点下3度くらいまで下がっていました。
しかしここは気温が低くても、降雪が少ないことが特長です。昨年12月29日に名古屋でもかなり積雪しましたが、この日もクローズすることなく、プレイできていたそうです。ほかのゴルフ場はかなりクローズしていたと聞きます。 

スタートから3ホールくらい進みますと、お天道様のおかげで寒さが和らいで行きました。途中から上着を1枚脱いでプレイできたほどです。

明智ゴルフ場は東、中、西コースと18ホールが3コースもある巨大なゴルフ場です。 ですので、大抵週末はゴルファーで賑わっています。

普段なかなか予約が取れないのですが、今回は東コースでプレイすることができました。東はチャンピオンコースと言われ、もっとも難しいコースです。

中や西コースは割とオーソドックスなコースですが、東はトリッキーなホールが多く、ボールを打っていく先が見えないホールがあったり、谷越えがあったりとプレイヤーにプレッシャーを与えます。

前半を終わり、46で上々の滑り出しでした。 

食事を挟んで、後半は44で回ることができました。途中で池に入れてしまったのが悔やまれます。それがなければ80台を出すことができました。まあ、たらればは禁物ですけどね。

この日は、特にドライバーが安定していました。8割型フェアウェイキープできていたと思います。
そして、前半の残り3ホールからはアプローチとパッティングがさえ、ロングパットも決まるなどいいリズムでプレイできました。

この寒い時期は 、ウェアを着込みますので体も硬くなり、ボールの飛びも悪く、通常いいスコアは出にくくなります。
そういうことから考えると、90は上出来でした。グロスでもネットでも全体の4位でした。

また、次回80台が出せるよう頑張ります。
 

このページのトップヘ