舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: ゴルフ

新しくゴルフのキャディバッグを買いました。
0955CE57-C341-4B4E-855B-A9D440CEC5B7

今回の購入ポイントは、とにかく軽量なバッグにしたかったということに加え、例の消費税が上がることです。どうせ買うなら、増税前の方がいいですからね。
そして、今のバッグは4,5年使っておりだいぶ汚れてきたりしているのと、重いのが欠点です。これを買う時はエナメルのタイプに少し憧れみたいなものがあり、あまり人が持っていないタイプを探して気に入って買ったのですが、重いです。

汚れもあります。
41EDE05E-99A0-4C68-BD94-805F0D617B3C
71CF4B84-6188-4F4B-97B5-422ECD4A5B60
3AEAF270-AB09-4CE3-8168-573E03FB5207
 

購入するにあたりいろいろと調べましたが、バッグの重量2.3㎏とかなり軽い方の部類でなおかつ、リーズナブルなバッグを見つけました。中には2㎏を切っているモデルもありますが、価格とのバランスも考慮しました。

大体この手の軽量タイプはスタンド型と言って、2本のスタンドがついており傾けて自立するタイプがほとんどです。
65E182C3-70C5-4856-92AD-DE3A50678B44

それに比べカート型と言われる一般的なタイプは、頑丈に作られており少々手荒に扱っても中のクラブは守られる設計になっています。ほかには、ポケットが多くつけられているため、雨具やゴルフボールなど収納スペースが多くあるのも特徴と言えます。
2925BCD9-8546-4117-88FF-58002C7524AF

軽量タイプは、素材にも軽量化が考慮されています。収納スペースは限られますが、最低限必要なスペースは確保されているので、問題ないと思います。

ゴルフ場に着いてしまえば、スタッフの方が運んでくださいますし、カートに乗せてプレイしますので、バッグの重量はあまり関係ありません。
問題なのは自宅で車から部屋に持ち運ぶ間が、重いとなかなか大変です。通常キャディバッグ以外に靴や着替えなどの荷物もありますから、雨の時などさらに苦労します。

わずかなことだと思われるかもしれませんが、これに階段を上らなくてはいけなかったりしますと結構苦労します。

新しいバッグに変わるとやはりテンションが上がりますね。スコアにはたぶん影響ないと思いますが。
FA1504A6-7A23-4AF0-BD1F-7CA0C9F4D25A


合間の1日で、仙台でゴルフをしました。

昔からの仕事仲間である仙台在住のMさんと2人でのラウンドです。
思えば2バッグプレイというのも初めての経験です。

コースは仙台ヒルズゴルフ倶楽部で、泉コースを2回プレイしました。
仙台駅辺りから車で約30分ととても良い立地にあります。

東北は宮城県ということで、名古屋に比べて涼しいだろうなと思ってきましたが、思ったよりも涼しくて驚きました。少し蒸し蒸ししますが名古屋に置き換えたら10月頃の感じです。

平日なのにかなり駐車場は満杯で、この日はお客さんが多いようでした。

コースの芝は素晴らしかったです。すっかり写真撮ることを忘れていたので、お見せできないのが残念です。

Mさんとはゴルフの腕前がどっこいどっこいなので、非常にスムースにプレイができていいですね。全くストレスを感じません。
また、天気も前日雨でしたがこの日は曇りでちょうど良かったです。どうやら明日はまた雨らしいのでラッキーです。

ハーフでショートホールが3つあるので、パー35ですが、前半43、後半45と上々の結果でした。 
今回はMさんに道具をお借りしてプレイしましたが、腕前は道具じゃない ということが改めてわかります。

平安セレモニーさん主催のへいあんチャリティーコンペに参加しました。
今年で創業50周年を記念してのゴルフコンペということです。
20190516135854_00001

開催される場所は、新潟県上越市にあります松ケ峯カントリー倶楽部です。
2211962F-8E6E-47FB-A3F9-25B0363F355C

総勢22組88名が、アウト、イン2組に分かれて同時にスタートいたします。

この日は天気もよく、上々のゴルフ日和となりました。
9708FEB0-44EF-424E-9E31-11C301C26F1C

本日、ご一緒させていただくメンバーで記念写真です。
EB1B6171-C9C5-4726-82B2-5479237460BD

私たちは、妙高コースからスタートし、後半は黒姫コースとなります。

この日は非常に風が強くプレーヤーにとっては、厄介なコンディションでした。
お天気は最高で、コースコンディションはとても良かったので、そこだけは少し残念です。
19638904-3D08-4F16-847A-CA8B545E63A4

ワンオンチャレンジというイベントも行われていました。
平安セレモニーのスタッフの方がスタンバっておられました。ご苦労様です。
E949D827-BD43-452E-BCE3-F42F693E4FF2

そして所々で、カメラマンが待機し、撮影していました。
C77D3741-2021-40A1-A21C-762D8BB44F36

妙高山でしょうか、まだ雪がしっかり残っています。
000D078F-67CE-4560-A135-A614162F0D2C

プレイが終わり、場所をデュオ・セレッソに移し、夕方からは表彰パーティーが開催されます。

まずは東山会長のご挨拶です。大勢の方に参加していただいたことに感謝を述べられました。
3C047570-2E39-479F-B92F-711389F88EA9

食事をいただきながら、各賞の表彰が進んでいきますが、残念ながらとび賞にも入らずさみしい結果となりました。
B32294E9-9AD0-48EA-96B1-978A2093AE9D

途中でムービーの上映がありましたが、これが大いに盛り上がりました。いろんな方のいろんなプレイが細切れに編集され楽しい 余興となりました。

そして最後に優勝の発表です、何とスコアが105の方でした。ダブルペリアという方法でハンディキャップを決めて順位を決めるのですが、このスコアが優勝というのは非常に珍しいことです。このコンペは非常にレベルが高く、70台の方が4名もいらっしゃいました。
ですので、発表の瞬間 会場からはどよめきが起こりました。

その優勝者の方が最後の締めをして、中締めとなりました。
D2424367-8787-41F4-99F8-D6B4BF63AF3B

いつも勝負をしている、仙台のM社長とのショットです。
88A50FB4-1607-4479-9C2E-D1D6761B93F7

もう何連敗かわからなくなるほど、負け続けています。 次こそ一矢報いなくては。

2019年マスターズゴルフを制したのは、なんとタイガー・ウッズ選手でした。
208649
吠えています。これまでのうっぷんが一気に爆発したのでしょう。

208695

最終日首位と2打差の2位からの見事な逆転劇でした。12番でトップのモリナリがダブルボギーで11アンダーで並ぶと13番、15番、16番でバーディーを出し単独トップになります。最後18番も落ち着いてボギーとし、1打差で逃げ切りました。このオーガスタを知り尽くした男が、帰って来た瞬間でした。
208646

これでマスターズは5度目の優勝で、通算優勝数もこれで単独2位となりました。ちなみに1位は6回のジャック・二クラス、3位は4回のアーノルド・パーマーです。

タイガー・ウッズのマスターズ優勝は2005年以来14年ぶりです。メジャー優勝となると2008年の「全米オープン」以来11年ぶりとなります。いずれにせよ、これだけブランクが空きながら、優勝できるというのはやはり並大抵の選手ではないですね。
最後のパットを入れたあと、雄たけびを上げ、ガッツポーズを繰り返しました。

PGOG-189645

タイガー本人もその時のことは覚えておらず、キャディーのジョー・ラカバを探したと言います。
208658

UzRmUq2KfkU_FULLHD-730x410

それにしても不屈の男です。度重なる怪我や、プライベートのトラブルなどで一時は選手生命の危機にさらされました。2016年にはツアー大会の出場に一度も出られず、2017年には4度目の手術も経験し、現役引退もささやかれていました。
しかし、2018年にカムバックし「全英オープン」「全米プロ」で優勝争いに加わりました。そして9月には5年ぶりにツアー優勝に輝いたのです。
o1280085314390800790

マスターズに出場することですら2年前には、想像もできなかったことです。

43歳のタイガー・ウッズ、まだまだこれからオーガスタのパトロンをそして世界のゴルフファンを楽しませてくれることでしょう。

pe-aobgn8um-730x410






さて今年もマスターズゴルフ選手権が始まりました。
600_130

恒例の名誉スターターは、大会6勝のジャック・ニクラウス、同じく3勝のゲーリー・プレーヤーのレジェンド二人が務め始まりました。
208348

今回、日本人選手は6年連続通算8度目の松山英樹選手をはじめ、小平智選手、今平周吾選手にアマチュアの金谷拓実選手の4名が出場権を得ています。
208352
208361

2000年以降で日本人選手の成績で光るのは、2015年の松山英樹選手の5位、2009年片山晋呉選手の4位、2001年の伊澤利光選手の4位というところです。優勝まであともう少しなんですが、そのもう少しが世界の高い壁なんでしょう。

初日はアメリカのデシャンボー選手とケプカ選手が6アンダーとトップに出ました。ミケルソン選手が5アンダーと続いています。また、タイガー・ウッズ選手も2アンダー11位タイと気を吐き、ベテラン勢が頑張っています。
PGOG-189586

松山選手と小平選手が3オーバー63位と大きく出遅れました。
しかし、東北福祉大3年、若干20歳の金谷選手が1オーバー44位タイと日本人選手の中では一番好成績でした。まだあと3日ありますから、このまますんなりはいかないと思いますが。
208356
個人的には、いつ優勝してもおかしくないと言われている松山選手になんとか頑張って頂点に立ってもらいたいと思ってますが、初日のこの成績では、予選通過も厳しい状況です。

2014年から5大会のうち4回3位以内に入り、2015年には優勝を飾り、マスターズには無類の強さを誇るジョーダン・スピース選手ですが、今年の初日は3オーバーと出遅れています。このままでは終わらないと思いますが、優勝争いとなるとかなり厳しくなりました。
9PN1-2

コースの改良などで、飛距離を要求されるようになり、ベテランが上位に入ることが難しくなっている最近のマスターズです。そんな中、ミケルソン(48)の5アンダーとタイガー(43)の2アンダーは光っています。まだ俺たちもいるぞ、とばかりアピールしています。
飛距離と正確なショットを要求され、なおかつデリケートなパッティングも必要となります。
今年はどんなドラマを見せてくれるんでしょう。
また明日からが楽しみです。

このページのトップヘ