舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: スポーツ

今期限りで現役を引退したイチロー氏がユニホーム姿でグランドに登場した。
images1

それがなんと草野球の試合という場面であることに驚いた。

イチロー氏が作った草野球チーム「KOBE CHIBEN」と智弁和歌山の教職員チームとの試合がほっともっとフィールド神戸で1日行われた。と報道された。
images3

イチロー氏は9番投手で先発マウンドに上がると、先頭打者をいきなり三球三振に打ち取り、その後も本気モードで9回を投げ切り完封で勝利を収めた。被安打6、16奪三振という快投だったようである。

打っても三安打と現役さながらの大活躍で、あのイチロー氏独特のバットを立てて袖を引く「ルーティーン」も披露され、スタンドが沸いたという。
images

とにかく打って走って、まさに「野球小僧」が水を得た魚のようにグランドを駆け抜けたようだ。
海の向こうのメジャーリーグで数々の記録を打ち立ててきた彼も、このグランドではただの野球好きな46歳の男として草野球を楽しんだようだ。それができるのもイチロー氏の凄いところである。
7a966b802648730797af0d1a39ba7ecb_1575188452_2

images

イチロー氏はやっぱり野球のユニフォーム姿が一番お似合いだなあって改めて思う。
images5

引退後の去就が注目され、おそらく多くのやファンや野球関係者は日本のプロ野球発展のために貢献してほしいと思っているだろう。
しかし彼が選んだのは、「草野球」だった。人にコーチすることより自身のプレイヤーを優先するあたりは心底野球が好きなんだなあ。
images4

イチロー氏は試合後に「めちゃめちゃ楽しかった。肩肘は問題ない。来年もやりたい」と笑顔で話していたそうだ。
実はこの試合前には4度の全体練習を行い、臨んだそうだ。個人的に投げ込みも行いしっかり準備してきたという。彼曰く「遊びでやってるんじゃないんで」・・イチロー氏の野球の対する美学のようなものが垣間見える言葉である。
引退後、中学時代まで親しんだ軟式野球の面白さ,難しさに改めて気づかされたという。
「飛ばないし、転がりも違う、軟球は難しいんです。だから野球のレベルアップにいい。体への負担も少ないし。だから中学生まで軟式でやっているのは理にかなっていると思うんですよ」と持論を述べたそうである。高校野球で球数制限が決まり、環境が変わりつつある今、ジュニアの育成に何かいいアイデアを持って見えるのではないかと思ってしまうのは僕だけだろうか。

とにかく「野球は楽しい」というメッセージが込められた草野球である。野球の原点がここにあるような気がした。

ここ最近少し運動不足を感じておりまして、何かないかなと考えていた時に友人から「ラジオ体操」を薦められました。
000068-001

ラジオ体操で運動不足が解消されるのかと少し甘く考えていましたが、その人から「完璧なラジオ体操」をするといいと言われました。それはだらだらやるのではなく、お手本の先生の動画を見ながらきっちり行うのです。手を伸ばすところは伸ばし、止めるところではしっかり止める。足も深く屈伸して負荷を掛けます。そうすると、やり終えたあと割と運動した感じになります。少し息も上がります。

今時は、スマホで簡単にラジオ体操の画像を見ることができ、自分の好きなタイミングで行えます。
ラジオ体操第一と第二を行って約7分ほどで終わりです。朝、出勤前のちょっとした時間で行うことができますので思いのほか具合がいいです。
体がほぐれて、すっきりします。
本当は夜も行うといいのですが、夜はついつい忘れてしまいます。

puqor8000009auvw

ラジオ体操の歴史は古く、第一は1928年に始まり第二は1932年から始まっています。そしてどちらも今我々が知っているのは三代目のバージョンです。それぞれ1951年と1952年に制定されています。
そもそもきっかけは、アメリカの生命保険会社が行っていたラジオ放送による健康体操を逓信省簡易保険局が日本に持ち帰り伝えたことからだそうです。保険会社が健康増進に努めるよう奨励するのは、なんとなく面白い図式ですね。
photo_04

また、先日「令和天皇の即位の礼」という儀式が執り行われ大きな話題となっていましたが、実はこのラジオ体操は昭和天皇の即位の礼を祝う事業から提案され、1928年に東京放送局から放送が始まったんですって、歴史を感じますね。
f36083ea980eb7d1ca61de46bf1c6002

このラジオ体操は本当によく考えられており、「一番簡単にできて体によく効く」とも言われています。
001-5

この頃運動不足だとお嘆きの方、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

先日、ラグビーワールドカップ2019において、準々決勝の4試合目、日本対南アフリカの試合が行われ、3-26という大差を付けられて日本は敗退した。
20191020_jpn_rsa_full_rr

やはり、南アフリカは強かった。8強からの相手はどこが来ても皆強豪ぞろいだ。日本チームも善戦したが、前回大会でまさかの辛酸をなめさせられている日本をしっかり研究し対策されていたようだ。自チームの強みであるモールを中心に攻撃し、ハイパントを多用しプレッシャーを与え続けた。日本チームに対するタックルがとても早く、とにかくパスをつながれないように警戒していた。
その結果、日本チームをノートライ、ペナルティキックによる3点だけに抑え込むことができたのだ。
hqdefault

今回この大会で日本は残念ながら4強に進むことはできなかったが、日本ラグビー界にとっては大きな前進になったに違いない。まず「にわかファン」という言葉が表すように、つい最近ラグビーのファンになったという人が一気に増えたことだ。かく言う私もその中の一人である。

土曜日の夜、ラグビーのニュージーランドとアイルランドの試合が行われていた。自然に体が熱くなってくる、世界トップクラスの強豪チーム同士の試合だからなんだろうか。直接関係のない国同士の試合なのにこのようになるのは、どうしてなんだろうと不思議な気持ちになる。
例えば、サッカーのW杯8強の試合で、ブラジル対スペインの試合を見ると想像した場合、トップレベルの技術に感嘆し拍手を送るだろう。しかし、このラグビーの試合のように体が熱くなるということはないと思う。
直接体と体をぶつけあいボールをつないでいく姿など、ほかのスポーツにはない燃えさせる要因がここにある。そして華麗にパスがつながった時の胸のすくような爽快感は魔法のように人々を魅了する力がある。

ラグビーの試合のあと、日本シリーズの第1戦を途中から見た。野球ファンには大変申し訳ないが、なんと味気の無いことか。心に伝わってくるものがほとんど感じられないのだ。W杯のベスト8の試合と比較するのは酷な話かもしれないが、その昔はプロ野球が日本のプロスポーツ界をリードしてきただけに何とも寂しい限りである。
news_20191020111116-thumb-autox380-166851

念のため、20日のそれぞれの視聴率を調べてみると日本シリーズ第2戦は平均7.3%(関東地区)ラグビー日本対南アフリカ戦は平均41.6%(関東地区)と大きな差が出ていた。そして瞬間最高視聴率はなんと49.1%と驚異的な数字をたたき出したそうだ。
この結果を見るとやはり僕だけではなかったようだ。間違いなく日曜の夜は日本中がラグビーの試合に熱狂したと言える。そして記憶に残る試合となるだろう。
resize

この大会でラグビー選手の英雄がたくさん誕生した。そしてそれは将来の日本ラグビー界に明るい未来を示唆するものだ。たくさんの未来のラガーマンたちが、この英雄たちの感動的なプレイの目の当たりにすることができたことこそ、一番の収穫だったと言える。
rugbyworldcup2019_bettingodds

そして、ラグビーというスポーツを広く告知することにも大きく寄与した大会となった。
これをきっかけに日本でのスポーツ人口のバランスが大きく変わる予感がする。

おそらく僕はこの男たちのことを忘れないと思う。  

昨夜横浜にてラグビーワールドカップ、日本対スコットランドの試合が行われた。
この試合には、両チームともベスト8がかかっており、日本のみならずスコットランドでも大きな注目を集めていた。
7B30A9D5-132D-4BA0-8621-7A149DA5EAAA

世界ランキングでは日本が8位、スコットランドが9位と日本が上位ではあるが、過去の対戦成績では日本の1勝9敗と圧倒的に分が悪い。前回の大会で唯一敗れた相手ということもあり因縁の対決で、この大舞台でリベンジを果たしたいと、組み合わせが決まった時からこのスコットランド戦に照準を合わせてきたという。
2B14803C-48EE-4BE7-8435-B53373E58B8A

試合開始前、選手を含め会場全員で、台風19号の被災者に向け黙祷が行われた。 実は大型台風の影響を受けこの試合の開催が危ぶまれていたのだが、大会スタッフや関係者の努力によってなんとか開催にこぎつけたのだ。試合が行われないままベスト8が決着してもお互いモヤモヤが残るだろうから、この素晴らしい裏方さんたちにまずは敬意を表したい。

試合開始のホイッスルが鳴ってまもなく、前半6分スコットランドのうまい試合運びにあっという間に最初のトライを許してしまう。日本チームも緊張感からかまだ動きが少し固い状況だ。
07DBA8D7-625D-4534-B91D-71368B0FC88B

しかし、徐々にエンジンがかかり、ここからはトライのラッシュとなる。スコットランドチームもこの日本の怒涛の攻撃には度肝を抜かれたに違いない。日本の鮮やかなパスワークになすすべがない感じだった。
F0F9F8D0-50E9-4E8D-8F7A-EC4C49781D86

3DEB29D2-2A23-4B65-A876-A22447E52189

36136FB6-3537-4AA7-A18B-E5FF04664FDE

今大会日本の観衆を沸かせているのは、オフロードパスの成功場面が多い。オフロードパスとは相手にタックルされ倒れながらも片手でパスを行うものだ。従来、日本チームはパスは両手で行うとされてきたのだが、今大会に向けてこのパスの練習を積んできたという。それが、本番で見事に花を咲かせている。
9768857B-9684-49DC-A380-BA124B8901CE

前半は21ー7と日本リードで折り返す。日本はスコットランドに敗れても点差次第では8強に駒を進めることできる。大きな貯金をし、後半に入ると日本は福岡選手のインターセプトからトライ、28ー7と大きくリードする。これで安全圏かと思われた直後、スコットランドもメンバーを入れ替え反撃に出る。
するとあっという間に28ー21まで追いつかれる。当然のことだがラグビーの歴史を誇るスコットランドとしては、簡単に日本に負けるわけにはいかないのだ。本国のファンたちは8強に入ることを当然のように待ち望んでいるからだ。 
403CAF22-C43C-4322-9FEB-2204287F5353

スコットランドの猛攻をなんとかしのぎ、トライを許すことなく守りきる。日本の勝利だ。 
もう1歩のところまで攻め込まれ、最後は本当に汗が出てきた。ノーサイドのホイッスルが吹かれた瞬間、思わず拍手してしまった。おそらく日本中の人たちが同じ気持ちになったに違いない。
ラグビーってなんて素晴らしいのか、改めてそう思った。パスが繋がり、トライする瞬間は歓喜に震え、スクラムでの押し合いは思わず体に力が入る。 タックルの凄まじさに目を見張り、キックの正確さに拍手する。「ワンチーム」チームが一丸になってプレイしているところが美しく日本人の大好物だ。
DFFEE6B6-42C2-46E1-B9B0-FF256EC0FCF5

4D1F882F-F5D6-4891-BBCD-BBD6D5D7DCFA

C97EF7B3-444F-441C-B3D0-D8C987D2851F

ジェイミージャパンは2019年地元開催のワールドカップで初の8強進出を決め歴史は作られた。
しかし、これがゴールではない。ここからが本当の戦いなのだ。

まずは、ベスト8に食い込むことができた。これから世界のトップチームに日本のラグビーがどこまで通用するのか、本当に楽しみである。
 895E3D56-CE79-4B7C-A048-0A5A326FBB77

テコンドー協会の問題が明るみに出たのは、9月17日から行われる予定だったオリンピックに向けた強化合宿への選手のボイコットからでした。
この時、選手側からは「コートの指導方法に不満があった」「合宿のたびに自己負担金を科せられるのが辛い」などの理由がありました。
10月1日に選手側に東京五輪に向けた強化方針などを説明する協議会が開かれましたが、ほとんどの選手が途中退席する事態になりますます溝は深まったようです。

競技を行うのは選手であり、その選手らが試合において最高のパフォーマンスを出せる環境を作るのが協会やコーチなど周りのスタッフの務めのはずです。その選手の多くから不満の声が出るというのは、何かが間違っていると判断するのが常套でしょう。

振り返ると、ちょうど1年前日本ボクシング連盟の会長の不正疑惑が明るみに出て、大きな問題となり当時の会長以下連盟役員がすべて辞任するということになりました。

組織のトップである会長は権力者です。その会長の資質というのは非常に重要になります。周りの意見に耳を傾ける方であれば、問題は起こらないと思いますが、そうでない場合はこのような問題に発展する可能性があります。
哀しいことですが、そういう人間が選ばれてしまうと悲劇が起こります。しかし、これを機会にこのようなことにならないためにシステムを見直すべきでしょう。一人に権力を集中させないルールが必要です。選出の仕方や任期など明確にルールを決めればかなり改善されるのではないでしょうか。

一部の人の私利私欲や名声のために、選手が犠牲になるなどということがあっては絶対にいけません。
1年前には体操の女子選手が勇気をもって、訴えたこともありました。もっとも、この件はうやむやになってしまいましたから、体操界はおそらく何も変わっていないと思います。

このような問題が発生する場合は、だいたい選手と協会の間に大きな溝があり、風通しが悪い状況があると思います。その点、今のマラソンの協会は非常に風通しがいいように映ります。マラソンのオリンピック選考の方法も、不公平の無い新しいやり方を考えて先日もその大会で日本中が大盛り上がりでした。ここまでは大成功と言えます。あとは、1年後本番でどのような結果が出るか非常に楽しみになりました。

1年後、いやもう1年ありません。いよいよ東京オリンピックが開催されます。ホスト国として世界の選手たちを誇らしく堂々とお迎えしたいですね。そして日本選手らがのびのびと最高のパフォーマンスをしているところを見たいものです。



このページのトップヘ