舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: スポーツ

ピンクの厚底靴と言えば、もうすっかりおなじみになったナイキのヴェイパーフライのことです。
img_739ce84d074eb862ff07e624e70b9ba2931040
長距離ランナーの間で「魔法の靴」などと言われ、多くの大会において好記録を連発して話題になっています。厚底の中にカーボンプレートが仕込まれており、これが反発してくだり坂を走っているような感覚になるということです。
BBZ0cmW.img

今年のお正月の箱根駅伝でも出場した80%以上の選手がこの靴を使用していたそうで、区間新記録ラッシュとなったことは記憶に新しいかと思います。
20200103-OHT1I50011-L

となると当然、東京オリンピックでもこの靴が大流行すると予想されていたのですが、世界陸連の新規則で禁止になるとイギリスのメディアが報じました。このタイミングでの発表には驚かされますね。
昨年10月にはIOCがマラソンコースを突如札幌に変更すると発表があり、関係者を混乱させました。そして今度はシューズ問題が勃発、マラソンのみならず長距離選手はたまったもんじゃありません。

ウェアの禁止と言えば、2008年に水泳界で一斉風靡した「レーザー・レーサー」という水着を思い出します。一時はほとんどの選手がこの水着を使用しました。
_nanj_short_imgs_1_5_1593dbd0

b457-image029

この水着を着用した選手らが記録を連発したことから懸念の声が上がったのでしょう。その後、国際水連から規制がかかり、2010年からこの水着の着用が禁止となり、大きな話題となりました。

「またか」というのが、正直なところです。ウェアや用具などのメーカーはしのぎを削って新商品の開発をしています。その結果が好記録につながっているのは間違いないところです。しかし、多くのトップ選手らはメーカーと契約関係にあり、例えば、ナイキのシューズがいいからといって他メーカーと契約している選手は簡単に変更することが難しいため、公平性が損なわれるという事らしいです。だから禁止というのも何か拙速すぎる感じがしますね。
ある元アスリートの方によると、メーカーがどんどん新商品を開発するのに、取り仕切る連盟などがそのスピードに追い付いていないのが現状みたいです。なので常に後追いになっているそうです。

前出の水泳界では「レーザー・レーサー」が禁止された後記録が低迷したかというと、そうではなく、その後も多くの世界記録が誕生しているそうです。規制がかかったとしても、それを上回る新しいテクノロジーが開発されていくもののようです。

また、いくら靴が高機能になったと言っても走るのは人であり、鍛えられたアスリートのパフォーマンスがなければ好記録も生まれません。要は、靴が変わっただけで好記録が出るものではないということです。今回このシューズがやり玉に挙げられていますが、過去これまでもシューズは常に開発されてきているはずです。ウェアだって、サプリメントだって競技に関わるものはいろんな企業が関わりサポートし、しのぎを削っているわけです。ナイキ以外のメーカーも負けじと開発に余念がないと推測します。であれば、選手が自由に選択できるのが最もいいと思います。契約については、他メーカーを使ってもいいという契約を結んだら不公平もなくなるのではないでしょうか。もっともそれが可能かどうかはわかりませんが。

東京オリンピックまでもうあと半年です。いずれにせよ早く決定してもらわないことには、選手たちは不安で仕方ないと思います。突然のコース変更もそうですが、選手の心情がまったく考慮されず、この件もまたアスリートファーストには程遠い気がします。


バドミントンの桃田選手がマレーシアで車で移動中に事故にあい怪我をしたというニュースがありました。桃田選手と言えば、現在圧倒的な強さでバドミントンの世界ランキング1位を独走中です。あと半年後に開催される東京オリンピックの代表に間違いなく選ばれるはずです。このタイミングでケガというのは、アスリートにとって影響はどうなるのでしょうか。
桃田賢斗、交通事故で全治何ヶ月?けがの容態は?

振り返れば、桃田選手は4年前に違法賭博問題が発覚しました。この年はリオオリンピックを控えていましたが、謹慎処分となり、代表には選出されずに終わりました。もし、出場していたら金メダルの有力な候補だったと思います。

そして、1年後に復帰し、それからの活躍は目覚ましいものがあり、改めて実力を大いに発揮してくれています。堂々たるトップランキングのプレイヤーと言えます。
IMG_3810-700x477

この事故で、ドライバーの方が亡くなられています。そのことで事故の大きさがある程度予想できます。その車に同乗していたわけですから、全身打撲で鼻を骨折しているという情報ですが、かなりダメージがあると想像できます。
オリンピックに出場できるのだろうか?と心配されます。出場すれば、今回こそ金メダルの可能性が最も期待できます。
もしもこの怪我で、出場できないとしたら、悔やんでも悔やみきれないでしょう。4年前の悪夢が襲ってきます。4年前は自身の問題でやむを得ないところがありますが、今回は車に乗り合わせての事故ですから、悔しさは計り知れません。
raw

また、ある記事によれば、遠征先での安全管理と危機管理意識の不足はなかったのか?と疑問を投げかける声がありました。それは、事故を起こした車が安価なワゴン車だったためです。例えばアルファードのような安全性の高い車でなかったことで、危機管理意識の不足を指摘しています。
これがもしテニスのトッププレイヤーなら、安全性の高い高級車で移動するのが当然だと言います。

あの賭博問題から、ぜいたくはせずあえてなるべく質素にしているのであれば、悲劇です。
ある意味国の宝ともいえる選手の保護や管理を、JOCや日本のスポーツ庁、スポーツ協会などは考える必要があるように思います。今回のことはその機会を与えられたのかもしれません。


今期限りで現役を引退したイチロー氏がユニホーム姿でグランドに登場した。
images1

それがなんと草野球の試合という場面であることに驚いた。

イチロー氏が作った草野球チーム「KOBE CHIBEN」と智弁和歌山の教職員チームとの試合がほっともっとフィールド神戸で1日行われた。と報道された。
images3

イチロー氏は9番投手で先発マウンドに上がると、先頭打者をいきなり三球三振に打ち取り、その後も本気モードで9回を投げ切り完封で勝利を収めた。被安打6、16奪三振という快投だったようである。

打っても三安打と現役さながらの大活躍で、あのイチロー氏独特のバットを立てて袖を引く「ルーティーン」も披露され、スタンドが沸いたという。
images

とにかく打って走って、まさに「野球小僧」が水を得た魚のようにグランドを駆け抜けたようだ。
海の向こうのメジャーリーグで数々の記録を打ち立ててきた彼も、このグランドではただの野球好きな46歳の男として草野球を楽しんだようだ。それができるのもイチロー氏の凄いところである。
7a966b802648730797af0d1a39ba7ecb_1575188452_2

images

イチロー氏はやっぱり野球のユニフォーム姿が一番お似合いだなあって改めて思う。
images5

引退後の去就が注目され、おそらく多くのやファンや野球関係者は日本のプロ野球発展のために貢献してほしいと思っているだろう。
しかし彼が選んだのは、「草野球」だった。人にコーチすることより自身のプレイヤーを優先するあたりは心底野球が好きなんだなあ。
images4

イチロー氏は試合後に「めちゃめちゃ楽しかった。肩肘は問題ない。来年もやりたい」と笑顔で話していたそうだ。
実はこの試合前には4度の全体練習を行い、臨んだそうだ。個人的に投げ込みも行いしっかり準備してきたという。彼曰く「遊びでやってるんじゃないんで」・・イチロー氏の野球の対する美学のようなものが垣間見える言葉である。
引退後、中学時代まで親しんだ軟式野球の面白さ,難しさに改めて気づかされたという。
「飛ばないし、転がりも違う、軟球は難しいんです。だから野球のレベルアップにいい。体への負担も少ないし。だから中学生まで軟式でやっているのは理にかなっていると思うんですよ」と持論を述べたそうである。高校野球で球数制限が決まり、環境が変わりつつある今、ジュニアの育成に何かいいアイデアを持って見えるのではないかと思ってしまうのは僕だけだろうか。

とにかく「野球は楽しい」というメッセージが込められた草野球である。野球の原点がここにあるような気がした。

ここ最近少し運動不足を感じておりまして、何かないかなと考えていた時に友人から「ラジオ体操」を薦められました。
000068-001

ラジオ体操で運動不足が解消されるのかと少し甘く考えていましたが、その人から「完璧なラジオ体操」をするといいと言われました。それはだらだらやるのではなく、お手本の先生の動画を見ながらきっちり行うのです。手を伸ばすところは伸ばし、止めるところではしっかり止める。足も深く屈伸して負荷を掛けます。そうすると、やり終えたあと割と運動した感じになります。少し息も上がります。

今時は、スマホで簡単にラジオ体操の画像を見ることができ、自分の好きなタイミングで行えます。
ラジオ体操第一と第二を行って約7分ほどで終わりです。朝、出勤前のちょっとした時間で行うことができますので思いのほか具合がいいです。
体がほぐれて、すっきりします。
本当は夜も行うといいのですが、夜はついつい忘れてしまいます。

puqor8000009auvw

ラジオ体操の歴史は古く、第一は1928年に始まり第二は1932年から始まっています。そしてどちらも今我々が知っているのは三代目のバージョンです。それぞれ1951年と1952年に制定されています。
そもそもきっかけは、アメリカの生命保険会社が行っていたラジオ放送による健康体操を逓信省簡易保険局が日本に持ち帰り伝えたことからだそうです。保険会社が健康増進に努めるよう奨励するのは、なんとなく面白い図式ですね。
photo_04

また、先日「令和天皇の即位の礼」という儀式が執り行われ大きな話題となっていましたが、実はこのラジオ体操は昭和天皇の即位の礼を祝う事業から提案され、1928年に東京放送局から放送が始まったんですって、歴史を感じますね。
f36083ea980eb7d1ca61de46bf1c6002

このラジオ体操は本当によく考えられており、「一番簡単にできて体によく効く」とも言われています。
001-5

この頃運動不足だとお嘆きの方、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

先日、ラグビーワールドカップ2019において、準々決勝の4試合目、日本対南アフリカの試合が行われ、3-26という大差を付けられて日本は敗退した。
20191020_jpn_rsa_full_rr

やはり、南アフリカは強かった。8強からの相手はどこが来ても皆強豪ぞろいだ。日本チームも善戦したが、前回大会でまさかの辛酸をなめさせられている日本をしっかり研究し対策されていたようだ。自チームの強みであるモールを中心に攻撃し、ハイパントを多用しプレッシャーを与え続けた。日本チームに対するタックルがとても早く、とにかくパスをつながれないように警戒していた。
その結果、日本チームをノートライ、ペナルティキックによる3点だけに抑え込むことができたのだ。
hqdefault

今回この大会で日本は残念ながら4強に進むことはできなかったが、日本ラグビー界にとっては大きな前進になったに違いない。まず「にわかファン」という言葉が表すように、つい最近ラグビーのファンになったという人が一気に増えたことだ。かく言う私もその中の一人である。

土曜日の夜、ラグビーのニュージーランドとアイルランドの試合が行われていた。自然に体が熱くなってくる、世界トップクラスの強豪チーム同士の試合だからなんだろうか。直接関係のない国同士の試合なのにこのようになるのは、どうしてなんだろうと不思議な気持ちになる。
例えば、サッカーのW杯8強の試合で、ブラジル対スペインの試合を見ると想像した場合、トップレベルの技術に感嘆し拍手を送るだろう。しかし、このラグビーの試合のように体が熱くなるということはないと思う。
直接体と体をぶつけあいボールをつないでいく姿など、ほかのスポーツにはない燃えさせる要因がここにある。そして華麗にパスがつながった時の胸のすくような爽快感は魔法のように人々を魅了する力がある。

ラグビーの試合のあと、日本シリーズの第1戦を途中から見た。野球ファンには大変申し訳ないが、なんと味気の無いことか。心に伝わってくるものがほとんど感じられないのだ。W杯のベスト8の試合と比較するのは酷な話かもしれないが、その昔はプロ野球が日本のプロスポーツ界をリードしてきただけに何とも寂しい限りである。
news_20191020111116-thumb-autox380-166851

念のため、20日のそれぞれの視聴率を調べてみると日本シリーズ第2戦は平均7.3%(関東地区)ラグビー日本対南アフリカ戦は平均41.6%(関東地区)と大きな差が出ていた。そして瞬間最高視聴率はなんと49.1%と驚異的な数字をたたき出したそうだ。
この結果を見るとやはり僕だけではなかったようだ。間違いなく日曜の夜は日本中がラグビーの試合に熱狂したと言える。そして記憶に残る試合となるだろう。
resize

この大会でラグビー選手の英雄がたくさん誕生した。そしてそれは将来の日本ラグビー界に明るい未来を示唆するものだ。たくさんの未来のラガーマンたちが、この英雄たちの感動的なプレイの目の当たりにすることができたことこそ、一番の収穫だったと言える。
rugbyworldcup2019_bettingodds

そして、ラグビーというスポーツを広く告知することにも大きく寄与した大会となった。
これをきっかけに日本でのスポーツ人口のバランスが大きく変わる予感がする。

おそらく僕はこの男たちのことを忘れないと思う。  

このページのトップヘ