舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: スポーツ

星野仙一さん訃報のニュースが流れました。
4C44E45F-BFDF-4590-B325-3A4CF99DA6A5

突然の事に大変驚きました。というのもたまたま年末CBCラジオに生出演されていた放送を聞いたばかりだったからです。

久野誠さんがパーソナリティーを務めている番組でしたが、星野さんが生出演されるということは大変珍しいことだったのでまだ記憶に新しいことです。
A2DABA2A-F970-4DFF-9FFF-E91892511233

番組の中では中日に入団した時のことや、その後打倒巨人を目標に投げ続けついに昭和49年リーグ優勝した時のことなど懐かしい話を星野さんの言葉で聞けたことは興味深かったです。
04E77A84-D772-406A-B484-83F06355F272

星野さんは岡山県の出身で高校は倉敷商業高校でした。
5C22E93B-F988-4F1A-81F9-41520E0ABB4B

その後高校の監督の勧めで明治大学に入学し、同期で法政の田淵幸一選手や山本浩二選手らと切磋琢磨して4年間を過ごされました。 
43046695-E039-41F0-AE3D-95E37341B8B1

また、明治の島岡監督との出会いがその後の野球人生に大きな影響を与えたというのは有名な話です。
CD7512A8-FDFA-4FA7-ADB2-B1E4082319A8

5C4CD7F8-0D0A-4525-B67C-58FAAA7ACCAB

プロ野球のドラフト会議では巨人から指名されると聞いていましたが、結局指名されず中日に入団する事になります。この時のエピソードで巨人が「島野」 を指名したため、それを聞いた時「シマ」と「ホシ」を間違えたんじゃないか、と思ったと笑っていました。

中日の選手時代に巨人戦でショートの宇野選手がフライの打球をヘディングするという有名な珍プレーが起こりました。このプレイで巨人に得点が入り、星野さんは怒ってグラブをグランドに叩きつけました。
というのも巨人は前シーズンから連続試合得点記録が続いており自分がそれを阻止するんだと息巻いていたと言います。
0911AA5C-FDBD-4553-9591-D3380CDAF8AC

「闘将」とか「燃える男」といった強く豪快な印象が強いですが、中日の監督時代に選手の奥さんの誕生日に花をプレゼントするといった繊細な面も持っておられたと聞いたことがあります。

0FF5F777-9DFC-4570-9A10-E72C4CA25D2C
DD0650FB-6504-4474-89DE-2715A07069F7

とにかく選手としても監督しても日本プロ野球界を盛り上げてこられた方だと思います。
長嶋さん王さんに続く三大ヒーロー と言っても過言ではないでしょう。
CB4EF69C-C7B3-4754-AE49-551C20F1F7D9

野球ファンを大いに楽しませてくれました。おそらくプロとしてファンの楽しませ方を十分に理解されていたのでしょう。
中日、阪神の監督として3度リーグ優勝を果たしましたが、日本シリーズでは勝てませんでした。
そして2013年、楽天の監督としてあの田中マー君を擁し、初めて日本一の栄冠に輝いたのです。
そしてその時の相手チームは宿敵巨人だったのも因縁を感じます。
生涯の目標がここに達成されたのです。胸中はきっと感無量だったのではないでしょうか。
AF1E66EA-D40F-4A33-A828-3D39CA5F470A

C9AA03B9-59BD-4A3A-99DC-750938324FE9
明るく厳しく過ごされた野球人生ですが、もうその勇姿を見ることはできなくなってしまいました。

グランドの上では鬼監督でしたが、一度ユニホームを脱ぐと優しいほとけ様のようだったといいます。
育てた選手たちからは今でも恩師と慕われています。
元阪神の桧山選手が「きっと天国からカミナリを落とすんじゃないか」と偲んでいました。
選手からもファンからも愛される貴重な人です。野球の神様が宿っていたのかもしれません。

名投手また名監督としていつまでもプロ野球ファンの記憶に残る星野仙一さん、ご冥福をお祈りします。
FAE288C7-1995-4FCB-874D-403B735A714B
(昨年中日 荒木選手が2000本安打達成の時、我が子に接するような仕草が印象的です) 




 

青山学院大学が復路で逆転し、見事4連覇を達成しました。
EC32DEC2-35BF-413B-A493-E3DB30DB5F52

しかも、大会新記録という素晴らしい走りです。

この結果を見る限り、今の段階では他校を頭一つ抜いているように感じました。

「ワクワク 」「ハッピー」「サンキュー」「ハーモニー」と言えばもうお分かりだと思いますが、原晋監督がこの4年間に箱根駅伝大会につけた作戦の名称です。この後に「大作戦」がつきます。

走ったのは選手でもちろん褒め称えるべきだと思いますが、4連覇という偉業は原監督の力無くしてはありえなかったと思います。

選手は大学生ですから、毎年少しずつメンバーが変わっていきます、にもかかわらず連覇を続けるということは監督さんやサポートスタッフの力によるところが大きいと思います。


この4年間の作戦の名称を聞いてどんなイメージをしますか?
おそらく誰もが感じることは「明るい」ということじゃないでしょうか。

適当につけているわけではなく、それぞれちゃんと意味があるそうです。
すべて書くと長くなるので、省略しますが例えば今年の「ハーモニー」を例に取ります。

箱根の前に「出雲駅伝」「全日本大学駅伝」という大会があります。
その2大会で優勝を逃し、チーム内に不協和音が流れたと言います。
その結果を踏まえ、1人でも「音程」を外したら負けるとして「ハーモニー大作戦」と命名したそうです。

この「大作戦」シリーズ、実は箱根に限った事ではなかったんですね。

 2012年の「マジンガーZ大作戦」から始まったそうです。どんな作戦なのか興味が湧きますね。(笑)
いきなり「マジンガーZ」ですか?と言いたいくらい面白いですね。

多分一般的にあまり知られていないと思うのですが。(僕は知りませんでした)

そして2016年の出雲駅伝では「神ってるぞ 青山大作戦」で勝ち、次の全日本は「エビフライ大作戦」で2冠を達成したと言います。

ちなみに昨年の「サンキュー大作戦」は箱根3連覇と大学駅伝3冠の「3」→「サン」監督自身の箱根出場回数の「9」→「キュー」とこれまで支えてもらった周囲の人々への感謝の意も込めて命名したと言われています。

この作戦名も結果が出なかったら、ふざけてるとおそらく批判の的になります。
しかし、4連覇して誰もが認めるものになったのではないでしょうか。


今年の箱根は青学の4連覇で幕を降ろしました。
もう明日から来年に向かって戦いが始まっていることでしょう。

今から来年の事を言うのは時期尚早と承知していますが、あえて言うならば、来年の戦いは今回2位に甘んじた東洋大学がかなり青学を苦しめる展開になるような予感がします。

その理由は今回のメンバーの内訳にあります。
東洋大学は10区のうち、4年生が1人、3年生が2人、2年生が3人、そして1年生が4人という構成でした。
対する青学のメンバーは4年生が3人、3年生が5人、2年生が2人、そして1年生は1人もいません。

選手層の厚い青学ですから一概に言えないかもしれませんが、この事実は東洋の酒井監督が将来を見据えて戦っているからです。実際に、力量がほぼ同じ選手がいた場合、学年が下の選手を抜擢するそうです。

そんな事を考えると、来年の箱根も楽しみになり、今から「ワクワク大作戦」です。
毎年フレッシュな選手が活躍する姿を見せてくれる箱根駅伝には「サンキュー」と言いたいです。

また強い選手に注目が集まる一方で、タスキをつなげられない繰り上げスタートのシーンはいつ見ても目頭が熱くなります。そんな筋書きのないドラマにファンは魅了され「ハッピー」な気持ちになります。
 
来年も若者たちが繰り広げる素敵なドラマにまた感動したいと思います。

 

2週間前に今年の漢字が「北」と発表されました。
そもそもこの漢字は誰がどうやって決めているのでしょうか?

日本漢字検定協会が全国からはがきやインターネットで公募して得票によって選ばれるそうです。
11月から1ヶ月間かけて公募するためどうしても年の後半の出来事が選ばれやすくなってしまうのは仕方ないところでしょうか。

以前書きましたように、今年の漢字はできれば選ばれてほしくなかったです。
そこで「気まま」が選んだ漢字を発表いたします。

ジャン!「退」です。

今年は大物の引退がとても印象に残りました。

まずは4月に女子フィギアスケートの浅田真央ちゃん。まだ27歳という若さです。
joseijishin_d28552_0

オリンピックでの金メダルにはとうとう手が届きませんでしたが、あの大舞台でトリプルアクセルを飛び、世界のスケートファンをうならせました。

そして5月には女子ゴルフの宮里藍選手。32歳でゴルフ選手としては異例の若さです。
2010年には10週にわたって世界ランキング1位の座に君臨し、日本のファンや若きゴルファーに大きな希望を与えてくれました。
cyclestyle_55691_0

「モチベーションの維持が難しくなった」と引退理由を述べていましたが、世界のトップで戦うことしか頭にないレベルの高い選手らしい一言でしょうか。日本でならまだまだ十分プレイできるし、見たいファンも数多くいると思いますが、本当に惜しまれながらの引退でした。

女子テニスの伊達公子選手は満身創痍になるまで戦い引退しました。
article-0-16FCF9A2000005DC-849_634x477

伊達選手は1996年25歳の時、絶頂期に突如引退していますので2度目の引退ということになります。
以前は世界ランキングトップ10にも入り輝かしい成績を残しています。これはアジア出身の女子選手では初めての快挙でした。
そして、2008年37歳で現役復帰を果たすとウィンブルドンなど数々の最年長記録を塗り替えました。

三人に共通することは、ティーンエイジャーの頃から第1線に立ち、世界の舞台で戦ってきたことです。

また芸能界では、やはりこの人、アムロちゃんこと安室奈美恵さんです。
original

40歳ということで芸能界では引退する年齢ではないのですが、ダンスパフォーマンスのレベルを維持することに自分なりの納得がいかなくなってきたのかもしれません。
現在でもスタジアムを軽く満員にするスーパースターの引退は、多くのファンが悲しんだことでしょう。

他にも多くの方が引退されたことと思いますが、僕の中ではひふみんこと将棋の加藤一二三さんが印象に残っています。彼の場合、藤井聡太四段の活躍もあり、引退されてからの方がテレビなどで露出が増えたように思います。

いつの世も退く人があれば、新しい芽も必ず出てきます。
そんな若い芽に期待しながら新しい年を迎えたいと思います。



横綱日馬富士関が引退届を相撲協会に提出したと報道されました。
d13eccd5-s

それを受け東国原氏はツィッターで「横綱審議会が横綱の品格を重視するなら『引退勧告』をすべきであると思っていた。仮に『引退勧告』をしないのであれば、横綱昇進の条件から『品格』を外すべきと考えていた」と発信されています。

横綱の昇進は審判部から推薦された力士を理事長が横綱審議委員会に諮り、内規等に照らし品格、力量を審査し横綱推薦を答申します。
その規定の第1項に「横綱に推薦する力士は品格、力量が抜群であること」と書かれているそうです。

まず最初に「品格」という言葉があります。「力量が抜群」なのは頂点に立つ力士として当たり前のことですが、まずは「品格」ありきというところが横綱の条件の興味深いところです。
我々日本人は「礼節」を重んじたり「強きをくじき弱きを助く」といった武士道のような精神を尊ぶ心が昔からあります。

残念なことですが、現役横綱の暴行事件は初めてではありません。
2010年に朝青龍関が一般人に暴力をふるい、この時は相撲協会が引退を勧告し、引退届が出されました。

また2010年の野球賭博問題では多くの力士が解雇や謹慎処分を受け、その後大きな社会問題になり本場所が中止に追い込まれる事態に発展したこともありました。角界を揺るがす大事件でした。
1714_ee366042f3987c90794b3184454ac4e2


今後の横綱審査委員会にはより一層「品格」面が厳しく精査されることが求められると思います。

僕が子供の頃、横綱の大鵬関の立ち合いはいつも堂々と受けて立っていたと記憶しています。
取り組み相手に対し常に礼節がありました。本当に強い横綱で誰もが尊敬に値する力士だったと思います。
最近は、勝負が決まっているのに、土俵際でダメを押す横綱がいます、皆さんはどう思われますか。
ましてや、行事の軍配に不服の態度を見せるなどもってのほかの行為です。品格などどこにもありません。
横綱はただ勝てばいい、強ければいいというわけではないのです。


さらに東国原さんは次のようにも述べておられます。
~「日馬富士関を昇進させた横綱審議会にも当然責任があろう」。「今回の一連の騒動は相撲協会全体のガバナンス力が問われ、当然八角理事長の責任、貴乃花親方の理事としての規約違反、勿論 暴力行為に及んだ日馬富士を含む力士等の意識改革、暴力(かわいがり)体質の蔓延の改善・除去等様々な問題点・課題が浮き彫りになった。開かれた近現代相撲として各関係者は堅忍不抜・不惜身命の精進を求められよう」~

個人の問題だけでなく協会および関係者全体の問題としてとらえるべきであろうというご指摘です。
先日のブログでそれに近いことを僕も書かせてもらいました。

20100705183441
 (2010年野球賭博問題のとき)

今回の問題も日馬富士の引退で幕引きというわけにはいきません。
刑事事件として今後は司法の手に委ねられます。
そして相撲協会は、このような不祥事を二度と起こさないよう早急に対策を取る必要があります。
まさに土俵際に来ているのではないでしょうか。


九州場所が白鵬の40回目の優勝で幕を閉じた。

この場所中に横綱日馬富士の暴力問題が発覚し、大きな社会問題にまで発展した。
6

当の本人貴ノ岩、そしてその部屋の貴乃花親方が一切何も語らぬまま時が過ぎ、周囲からの情報だけで揺れに揺れている。何が真実かよくわからないままで、ほとんどまだ闇の中だ。
本場所中ということで、警察も控えめにしていたのかもしれないが今後捜査が進みやがて真相が明らかになることと思う。
3c16c_367_d9474bb0cf84ea230e65676540324b19

我々から見てよくわかったのは、貴乃花親方と八角理事長との関係がうまくいっていないということだ。

そもそも、相撲協会は閉鎖的だとか、隠ぺい体質とか以前から問題視されてきた。
2007年に暴行事件があった時も、相撲協会は改革に取り組む姿勢を表明されたように記憶している。

だが、今このような事態を目の当たりにされると、何も変わっていないと言われても仕方ない。


相撲界では「かわいがり」と呼ばれる稽古がある、親方や兄弟子たちによる荒稽古で「愛の鞭」だと言われているが、「かわいがり」の名を借りた暴力とも言われ、とてもブラックな一面だ。死亡事件にまでなったことで問題視された。

現在の相撲界はモンゴル人力士の活躍が目覚ましい、日本人が弱くなったのか、日本人のファンとしてはやや寂しいところだと思う。

力士になることを目指す日本人の若者が減少していることから、世界から見込みのある若者を日本の相撲界に引っ張ってくるようにしていった結果が現在のこの状態ではないかと思う。

ではなぜ日本の若者は相撲に目を向けなくなってしまったのだろうか。
前述の「ブラック体質」なども一因として考えられないだろうか。

そういったことの改革を進めないと今後も日本人が減少する可能性があると思う。
例えば幕内の半分以上が外国出身者になったとしたらどうするのだろう。
日本の相撲ファンはそれでも支持してくれるのだろうか。

僕は衰退するイメージしかわかない。
僕より若い世代から相撲の話題はほとんど聞かれない。

「相撲」の人気回復のためには、やはり強い日本人横綱の存在が不可欠だと思う。
これは誰でもわかっていることだろう。

僕は相撲ファンでもなければ、特別思い入れがある訳でもないが、現状の相撲界に魅力が感じられない。

思えば約20年前、あの絶頂期の「若貴時代」を懐かしむ人が多いことは間違いないと思う。
貴ノ浪、安芸乃島、貴闘力に隆三杉と二子山部屋の全盛期だ。
ライバルには曙、武蔵丸と強い関取がいて大いに盛り上がった。
origin_1

貴乃花対曙戦は本当に手に汗握って取り組みに見入った。
bdadb08f-9e27-4252-bf0d-b32342f63f85

こんな観戦する者を熱くする取り組みが今あるのだろうか。


くしくも白鵬関が優勝インタビューで「うみを出して」という発言があった。
そういうものの存在がなければその言葉は出てくることはない。
ファンに迷惑をかけたことのお詫びまではよかった。
ただそのあとの万歳三唱にはがっかりした人が多いのではないか。
この辺りがファンの求める真の横綱像とは少しずれているような気がする。

協会が今後取り組むべきことは少なくない。
現状維持では何も変わらないどころか衰退の一途をたどることになると予想する。
昔と違って今は娯楽スポーツがたくさん存在している、胡坐をかいていては取り残されるだけだ。

相撲界の開けた変革とさらなる発展を願い、あえて苦言を述べさせてもらった。







このページのトップヘ