舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: スポーツ

決勝トーナメントの初戦、ベルギーとの試合は惜しくも2対3で敗れた。これで日本のW杯は終わってしまった。

日本は後半の早い時間に原口選手と乾選手のゴールで2点をリードした。この展開にはベルギーチームも少し危機感を募らせたのではないかと思う。

 しかしここからが世界ランキング3位の底力か、2点返され同点に追いつかれる。
このまま延長戦に入るかと思われたアディショナルタイムに、日本の攻撃からカウンターで大きな1点を失う。この時ベルギーチームはすごいスピードだった、 最後はこのスピードについていくことができなかった。

夢のベスト8に進むことはできなかったが、この大会で大きなものを得ることができたように思う。ベルギーをもう少しのところまで追い詰めたことはまぎれもない事実として歴史に刻まれる。

原口選手と乾選手のシュートはこれまでの日本人選手のものとは格段に違う距離のあるところからのシュートで十分に世界レベルの 価値があるものだった。

試合前の記者会見の場でベルギーの監督が記者からの質問に苦言を呈したという。
それは、ベルギーが日本に勝ち準々決勝に進むことを前提にブラジル戦について質問された時のことだ。
「今回、強豪チームが敗退している。勝ち残ったチームも苦戦を強いられている」 
「今自分たちは目の前の日本との試合以外考える事はできない。それに集中するだけだ。」 

甘く見たら足をすくわれてしまうと警戒感を出していたのだ。そしてランキング下位とは言えども、決勝に進んだチームという事で、しっかりと日本の力を認めていたように思う。

それにしてもロシアに代表されるように、今回ランキング下位 チームが本当によく頑張っている。それだけ力の差が拮抗しているという事なのだろう。

西野ジャパンは本当によく戦ったと思うし、ベスト16まで 進み夢を見させてくれてありがとうと言いたい。

まさか3回目が書けるとは考えていませんでした。
s-worldcup-title

サムライジャパンのみなさん、決勝トーナメント進出おめでとうございます。

ポーランドとの試合について、賛否両論いろいろとマスコミで取り沙汰されています。

ヨーロッパの方では、最悪の試合だとかかなり酷評されているようです。

私の考えは「ノープロブレム」 です。
敗戦をあえて選択するというのは、勝ちにこだわってきた西野監督の信条からすれば苦渋の決断です。
仮に、西野監督が勝ちにこだわり攻めて、逆にポーランドに2点目を献上したり、イエローカードをもらってしまい、僅差で決勝に進めなかったとしたら、国内で猛烈なバッシングに合うと思います。

もしかすると、ヨーロッパの国々は「勇敢だったが残念だった 」と褒め称えるかもしれませんが、他の国のことですから極めて冷静に評論するだけのことで終わります。しかし、当事者である日本人の気持ちとすれば、グループリーグで終えるのと、ベスト16に入るのとでは雲泥の差があります。

再三言われている通り、やはり結果が全てだと思います。 
まだ最低もうひと試合W杯を楽しむことができます。

いい悪いは別として、試合後の東京渋谷のスクランブル交差点の人々の興奮度はそれこそ半端ないですね。W杯以外のことでこのような状況があるでしょうか?改めて影響力の大きさに驚かされます。ナショナリズムというか、自国を応援する気持ちは皆同じです。

ベスト16に入った事実は永遠に残ります。選手にとってもスタッフにとってももちろんサポーターにとっても記憶に残る大会となります。
同じグループでもポーランドは最悪の結果になりました。記憶から消したい気持ちだと思います。
 
ポーランドとの試合はスタメンを6名変えて臨みました。このこともいろいろと言われています。そのおかげで試合から外れた主力組は暑い場所での試合で体力を消耗せずに済みました。
西野監督は決勝に進むことを信じ、ベスト16からの試合を睨んでの戦略をとったのではないかと思います。 このことによってもしかすると面白い戦いができるかもしれません。

次戦のベルギーは世界ランキング3位と実力では遥か上のチームです。今回も3戦全勝で勝ち上がっています。しかし、一発勝負は何が起こるかわかりません。優勝候補の一角だったドイツも決勝に進めませんでした。ブラジルやアルゼンチンも薄氷を踏む思いで何とか勝ち進みました。

とにかくワールドカップを楽しんで観れることが、幸せなことだと思い、まずはベルギーとの試合一生懸命応援するだけですね。 
 

ということで、まずは謝罪から入ります。
戦前、勝ち点1とれるかどうかだと書きました。

「日本、セネガルの2-2のドロー」今朝の新聞の一面を見てたまげました。
d40c3750-s

セネガルとも互角に戦い勝ち点を4にしました、堂々のグループ首位です。
2試合終えて1勝1分け、誰がこんな展開を予想することができたでしょう。
グループリーグ突破も見えてきました。この結果には正直驚いています。
いやあ過小評価していました。本当にすみません。
もちろん、日本の決勝トーナメントで戦う姿を見たいのは、言うまでもありません。
しかし、残念ながらそこまでの力はないと思っていました。

乾選手が素晴らしいです。
https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO3217802025062018UU2002-2
1点目のシュートは日本人の中でもなかなか打てる選手はいないのではないかというくらいビューティフルシュートでした。コロンビア戦で外したシュートのやり直しみたいな感じでした。2点目のアシストもゴールラインぎりぎりから切り返しで、本田選手にドンピシャでした。本田選手は自分の前に来たボールをちょこんとゴールにけるだけのこれまた素晴らしいパスでした。
57512e2a-e517-128c-f0f0-04ea1e81f097

こうなると、次戦のポーランドとの試合もがぜん盛り上がり、勝利の期待をかけてしまいます。(現金なものです)
グループリーグ敗退が決まったポーランドのモチベーションはどうなるのか、それともランキング8位の意地を最後の試合に爆発させてくるのか。いずれにしてもこれまでの2試合同様決して気を抜くことは禁物です。
28日の深夜には日本中が盛り上がっていることを期待します。

コロンビア戦で歴史的な勝利を挙げた日本だが、そのことにもまして世界のメディアが大きく報道していることがある。

それは、日本人サポーターの試合後の「ゴミ拾い」である。
mig

この「ゴミ拾い」は4年前のブラジル大会の時も話題になった。
そして今回も「サムライブルーのサポーターがまたやった」と感動と称賛の声が上がっている。

そしてこの行動が素晴らしいと、うれしいことにコロンビアやセネガルのサポーターたちにも飛び火し、「ゴミ拾い」の輪が広がっているという。
0913e326

X1QuRAFxwz

ある国では「この公共心のために日本代表チームに勝ち点3をさらに上乗せするべき」などという意見も出ているとか。

日本人サポーターのマナーは世界一と言っても過言ではないだろう。

しかし、日本人が昔からマナーが良かったわけでは決してない。
今から30年~40年ほど前の1970年代~1980年代、高度成長時代になると急激に日本人の海外旅行者が増加していった。
すると世界のいろんなところで日本人のマナーの悪さが問題になってきたのだ。中には「アジア人立ち入り禁止」というあからさまなお店もあったという。一応アジア人としているが完全に日本人がターゲットだったようだ。
その状況に危機感を持ち、マナーアップのために国を挙げて対応してきたのだ。
そして私たち日本人は世界に通用するマナーを徐々に身に付けてきた、とされている。

そんな時代を知っているだけに、このサポーターたちのマナーの良さは日本人としてうれしいし、とても誇らしい。

コロンビア戦で決勝ゴールを決めた大迫選手を称賛する言葉として「大迫ハンパない(って)」がいま急速に広がりを見せている。
d8f7fe47-s
ちなみにこの顔は大迫選手の顔ではない、似てないなあと思っていたら下記のようなことであった。
この言葉のルーツは2008年度の全国高校サッカー大会にあった。
準々決勝で大迫選手が所属する鹿児島城西対滝川二の試合があり、6-2で滝川二が敗れたのだが、主将の中西君が試合後のロッカールームで号泣しながら「大迫、ハンパないって! あいつハンパないって! 後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん、普通」と叫んだ。c961d771
この映像が動画サイトなどで拡散したことから広がったそうだ。
なるほど、中西君の鳴き顔だったのだ。それなら納得である。

ブームに乗るのが早いとされている熊本県警が早くもこんな電光掲示板を出しているとツイッターで話題になっている。
DgH_hWuU0AAbZZe

この「大迫ハンパない(って)」は早くも年末の流行語大賞の候補だとささやかれているとか。

ものすごい勢いでこの言葉が拡散しているということが面白い。

この勢いで次のセネガル戦でも「ハンパない」活躍を期待してしまうのは僕だけではないだろう。
こうなったら世界中に「大迫ハンパない」を広めてほしいものだ。

このページのトップヘ