舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: スポーツ

体操の女子選手が、日本体操協会の重鎮らを相手に暴露会見を開き、また大きな問題が沸き上がりました。
今回は、会見の冒頭で勇気をもって真実を述べたいと断り、いろんなことが露呈しました。ただこの段階では、選手からの一方的な見解であり、言葉の断片だけで考えるとやや偏見の可能性もあったと思います。
しかし、そのあとの協会側の対応のまずさがひどかったです。弁護士の方が横からささやきながらの会見はみっともないですね。
そして、パワハラを指摘された協会副会長は選手の会見をすべて聞いたと断ったうえで「すべてウソだ」と言い切ってしまいました。
また、その妻である強化本部長は「もう黙ってないわよ」「金を使ってでも勝ちに行く」ともう完全に敵視されています。
本来選手を守り、育てていく立場の方が公にこのような発言をされるとは驚きです。
ほかの選手たちはどんな気持ちでこの発言を聞いたことでしょう。

その反対に、副会長である具志堅幸司氏のメディアへの対応がとてもよかったと高評価を得ています。
どちらに加担するわけではなく公正な立場で冷静に言葉を選びながら対応していたということです。

普通に常識的に考えて、18歳の一選手が公にあのような大々的な会見を開いてウソを述べるでしょうか。私には到底考えられません。嘘と言うよりも取り方の違いだとか、勘違いだとかそういう事はあっても不思議ではないので、そんな言い方でまずは冷静に対応されるべきではなかったかと思います。

次々に日本アマチュアスポーツの協会幹部の闇が暴かれます。もしかすると、まだまだあるのかもしれません。悲しいことです。旧態依然としてやっていては、明るい未来はやってこないでしょう。世界から取り残されるだけのように思います。

体操界のOBらもそのような噂はちらほらと耳に入っていたが、権力が大きすぎてなかなか声にする者がいなかった、と言っています。この構図はボクシング協会と同じです。
女子体操の先輩らが宮川さんを応援したいと声を上げていることが、「何をかいわんや」ということです。
皆何かしらで体験したり、知っていることがこれまで闇の中に葬られてきた可能性が強いです。

強化本部長がマスコミにこう言い放ったそうです、「正義は勝つ」と。
まったくその通りだと思います。そして真実は一つしかないはずです。

2年後には東京オリンピックが開催されます。
今のうちに膿を出し尽くしましょう。まだ間に合うと思います。
とにかく選手が気持ちよくトレーニングできる環境を作ることが、協会の方々の仕事だということを再認識していただきたいと思います。精神的に追い込むなど真逆の行為です。
それができない方は、その立場にいる必要はないと思います。
特にオリンピックは国を挙げての大イベントです。選手に気持ちよくベストパフォーマンスを出してもらうように関係の方々にはどうか最大限努力していただきたいです。


今年の夏の高校野球選手権大会は、数えて100回目を迎えます。

その記念行事として、歴史ある大会のレジェンドたちが始球式を行うというイベントが催されています。
Dj09fomU8AAUtdm

8月5日のトップを務めたのは、星稜高校出身の松井秀喜さんです。
201808040000580-w500_0

定岡正二さん(鹿児島実業)
28b5fcb90f7eb6a06534d71c253459ae_1533610832_2

平松政次さん(岡山東)
53f9bf8700e70892db7b7982d9794bab_1533833263_2

牛島和彦さん(浪商)
a0b2f4ab7f9ee6d74080f2251d5fe91e_1533767511_2

谷繫元信さん(江の川)
2258108d5bdd68986c7e8f41ba1dc8e9_1533942212_2

水野雄仁さん(池田)、
spn_spnbiglb-20180811-0064-006-p-0_thum630

本間篤史さん(駒大苫小牧)サービス精神旺盛な始球式で沸かせました。
38097525_199708467568194_4626514470326239232_n

早実高校の斉藤投手張りの低い姿勢から投球し、投げ終えた後はハンカチで汗をぬぐっていました。
このパフォーマンスには甲子園も大盛り上がり、何でも事前に斉藤投手に許可をいただいていたとのことです。なかなか用意周到です。
AS20180814000342_commL
さらに苫駒お得意の天に向かって人差し指を高くつき上げる決めポーズも披露、もう100点満点ではないでしょうか。


そしてバンビこと東邦高校出身の坂本佳一さん、高校1年生ピッチャーで決勝まで進み、時の人となりました。
b808d425585c7cbe806becb5c1e2f760_1534216766_2

高知商出身で漫画のモデルになったと言われる中西清起さん
082fbb1b8be567d9e628a25324d0fcce_1534277121_2

沖縄出身の安仁屋宗八さん
0ea502704da5f0020f7b4843f69ad442_1534290081_2

徳島商出身で奪三振記録はいまだに破られていない板東英二さん、彼が野球選手だと知らない若い世代も多いと思います。
31c60903bc36f1a341f728065f6a2874_content

この後も、あのPL学園の黄金期の桑田真澄さんや佐々木主浩さんが登場し、最後の日は三沢商の太田幸司さんと決勝再試合を共に投げあった松山商の井上明さんが登場する予定です。
spo1807090022-p1

高校卒業後プロで活躍された選手、またプロ野球に進まなかった選手いろんな方々が選出されているところが大変興味深いです。
おそらくご本人たちも、高校生の時、プロ野球選手の時、また今回レジェンドとしてマウンドに立つ気分はそれぞれ違っていると思います。懐かしくもあり、もしかすると当時の記憶がスーッと甦ってくるのかもしれません。感慨深いものがあるのではないかと想像します。

見ているこちらも、何かほほえましく、これから試合を行う選手たちには申し訳ないのですが、ほんわかと和らいだ気分になります。
この始球式見たさに甲子園に足を運ばれているファンの方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな素晴らしい企画、毎回あってもいいのかな、などと思ってしまいます。
個人的には当時怪物くんと言われた作新学院の江川卓さんなども見たかったです。


今年はスポーツの世界で不正やルール違反といったことが、次々に明るみに出て社会問題になっている。

相撲、レスリング、アメリカンフットボール、そして今度はボクシングだ。
どれも信じられないことが、実際に起きてしまっている。
成熟したと思われている21世紀のこの日本で起こっているということが実に嘆かわしい。

一連の騒動は指導者や連盟の人間らの腐敗がはなはだしい。一部の人間が利を得るだけで多くの人がその被害にあっているというのは、決してあってはならないことだ。

しかも学生やアマチュアのこれからまだまだ先がある選手たちが、理不尽な目に合わされていては、社会とはこういうものなのかと、下手をすると悪の循環ができてしまう恐れもある。

中でも今回のボクシングの会長や取り巻きの場合は一番深刻である。
「辞任する」と声明は出したものの、会長職なのか、理事なのかもはっきりしていないし、用具の問題、判定操作の問題、パワハラ問題など何一つ触れられることなくこの立場から逃げ去ろうとしているように映る。声明文も非常に稚拙さが見受けられ、自分を応援してくれた人にだけ感謝し謝罪しているように聞こえる。本来であれば、まず選手とその家族、そしてその関係者全員に謝罪することが先決ではないか。そして疑義を掛けられていることに真摯に答えることである。

審判員に圧力をかけ判定を操作したとの疑いを持たれていることが何より大きなことだと思う。審判は常に公正でなければならない。その前提で試合が行われているからだ。もし、それが崩れてしまったらそれはもうボクシングではなくただの殴り合いになってしまう。
どちらが勝っても、見ているファンは接戦に沸き、手に汗握って応援するのだ。試合の前に勝者が決まっているとしたら、誰も見る気にならないし、試合する意味もなくなる。
また、不正な判定により、選手生命を失ったボクサーもいた可能性がある。

このことで少し、関心が移ってきてしまっているが、日大の問題もまだ片付いてはいない。
ようやく新しい監督が就任しアメフト部は練習を再開できるが、対外試合や大会の出場はまだ認められていない。それは日大の理事長がまだ公式の場でこの問題に対して何も発言していないからに他ならない。
アメフト部の監督やコーチが違反の指示を行い、自分は直接関係ないと思っているらしいが、世間はそんな風には見ていない。ましてやあれだけ大騒動になって、何も語らないというのは大学のトップとして大問題だ。普通の企業であれば責任を取って辞任という形になると思う。

とにかくスポーツの世界はフェアでなくてはいけない。そして全力で戦う姿こそが美しい。
そういう素晴らしいプレイをファンは望んでいる。
それに不釣り合いな方には、さっさと退場を願うばかりだ。

あの村田諒太選手もフェイスブックに投稿している。(成松選手のことを心配して)
「そして、そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません
新しい世代に交代して、これ以上、自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」

もうこれ以上スポーツファンを落胆させるようなことはやめてもらいたい、と切に願うばかりだ。






酷暑シリーズ第二弾、「甲子園の高校野球大会に物申す」です。
この酷暑の中では選手のみならずスタンドで応援する人たちももはや危険な状態にあると考えていいんじゃないでしょうか。
多くのファンがいるため、今後も存続させるためには改革が必要ではないかと思います。
例えばドーム球場に場所を変えるとか。試合日程をもう少し間隔をあけるとか。球場を分散して各地区からの代表8チームくらいが甲子園で試合するとか。あ、もちろん甲子園でなくても構いません。どうしても甲子園にこだわるのであれば、秋に時期を変えるというのはどうでしょうか。

暑さとは関係ありませんが、よく甲子園の優勝投手はプロで活躍できないなどと言われています。
これは連戦連投で肩を酷使するあまり、結局肩をダメにしてしまうということだそうです。優勝が懸かってくると、本人も周りも無理をさせてしまうというのが原因なんでしょう。
そんなことからも、楽しく高校野球を見たいならばそんな不幸なことが起こらないように、改革を考えてもいいかと思います。

将来有望な選手が、高校生で断念しなければならなくなるというのも、忍びないですし、日本のプロ野球のレベル向上のためにも、そういう若い芽をつぶすようなことは避けた方がいいように思います。
今季から日本プロ野球では、投げずに敬遠できる「申告敬遠」というルールが採用されました。社会人や大学でも採用されているようですが、なぜか高校野球連盟は適用していないそうです。
時間短縮になりますし、投手の投球を減らす意味でもいいと思いますが。野球がつまらなくなるという声もありますが、敬遠の投球を見るのもあまり面白いものではないです。

この春から導入されたタイブレーク制というのは一つ改革になりました。球史に残る名勝負として過去の長い延長戦が語られますが、そこで野球人生が終わってしまっては本末転倒ではないでしょうか。適当なところで終わらせてあげないと一生を棒に振ってしまうかもしれません。

酷暑のことから少し離れてしまいましたが、プロ野球に関心がなくても高校野球は見るよ、という人がたくさんみえます。日本の文化と言っても過言ではないでしょう。そんな愛されている高校野球のためにもぜひ改革が必要かと思いますがいかがでしょうか。

ロシア大会もフランスの優勝で幕を閉じた。
 3D9D56F4-B91B-410A-8404-C35A9400D5AA

4年に一度の大会なので、僕なりの総括をしてみたい。

選手とサポーターの歓喜に溢れる表情は少しうらやましくもある。

もちろん日本だってという気持ちはみんな持っていると思うが、そう一足飛びに行けるステージではないことはわかっていると思う。

この大会はランキング下位のチームの下克上が目立った、優勝候補の筆頭だったドイツがグループリーグで敗退し、ランキング70位と最下位のロシアがベスト8まで勝ち上がるという誰も予想もしないことが起こった。決勝トーナメントに入ってもアルゼンチンやポルトガルなどが次々に姿を消していった。ロシアは準々決勝のクロアチア戦でもPK戦で惜しくも破れるという大健闘だった。 
08905225-56FE-4A83-8CAC-0DDBDCE2C5ED

そんな中、グループリーグを突破した日本はベルギーと戦い2-3で敗れはしたものの、その善戦ぶりに世界から賞賛の声が上がった。特にフェアプレーが目立っていたことはとても誇らしい。グループリーグを勝ち上がったのもセネガルと勝ち点などで並びわずかなFPポイントの差がものを言ったのだ。
A00DB8A1-1818-4BC1-BA86-877AAFD2907F

ポーランド戦の最後ボール回しに徹したプレイが批判を浴びたが、勝ちにこだわる姿勢は当たり前のこと、何も問題ないと思う。

日本選手では、大迫選手、乾選手、柴崎選手、原口選手、本田選手、香川選手らが目立っていた。
個人的には長谷部選手が最も素晴らしかったように思う。常に冷静でチームを鼓舞し適切に相手の攻撃を防いでいたように思う。
もっともっと点が取れたような気もするが、それが世界レベルとの差なんだろう。

試合後西野監督は「何が足りないのか」という自分自身の問いに「すべてだと思う。わずかではあるが、この壁というのはまだ厚いのかもしれない」と語った。

ベルギー戦に戻るが、後半のアディショナルタイム、本田のCKをキーパーが直接キャッチする。そしてすぐさま味方に転がしてカウンター攻撃に移る。この時何か嫌な感じがした。ベルギーの選手は5人ほどトップスピードですぐに日本のゴールに向かっていた。そして痛恨の3点目のゴールを決められる。キーパーがボールをリリースしてからわずか10秒ほどの出来事だった。日本チームはもう延長戦に入ると考えていたのだろうか。だがベルギーチームはそうでなかった。この差がベスト8に行けるかどうかの差だったのだろうか。キーパーがボールを持った時、誰かがキーパーの前に行き少しでもパスを遅らせていたら…と思うと…。
日本選手は全て出し切っていたのだろう、もうあまり余力は残っていなかった。しかしベルギーの選手はまだ最後の力を残していたのだ。 〜「わずかではあるが、その壁は厚い」とい言葉が物語っている。
 7A07BBE6-05C6-4EAE-B8C2-2924EC1CB8AE
4年後を語るのはまだ早いかもしれないが、どの国もこの大会が終わった直後から次の大会に向けて始動するはずである。監督やコーチ陣などしっかりと4年後を見据えた人選で行ってもらいたい。今回のように直前での交代劇を繰り返してはならないと思う。
4F469681-F3A0-4D9B-BFFA-19CA9A436613

大迫選手、柴崎選手、原口選手らはまだ20代で4年後も十分に代表選手となりうる年齢だ。2020年には東京オリンピックも開催され、その代表選手らも次のW杯のメンバーとして何名かは選出されることになるだろう。
今回の大会でいろんなことを学んだのではないかと思う。ぜひ4年後までには「何が足りないのか」の答えを見つけていただきたい。

そして最後にもう一つ付け加えておきたいことがある。
日本チームがベルギーとの戦いを終えたロッカールームが話題になった。
B4E3E651-ABDB-4EBE-8237-09A63E0BFBD5

どのロッカーも綺麗に整えられている、サポーターが試合後にゴミを拾って帰ることが世界中から賞賛を浴びているが、選手たちもそれに負けじとこの行動である。なんと美しく誇らしい光景だろう。同じ日本人としても本当に頭が下がる行動だ。

そしてこんなメッセージが残されていたという。
4C2ECDE5-3263-4BC2-85A3-15DBD16FA69C

その行為に各方面から賞賛の声が寄せられたという。
37D6EAF7-1637-4540-93DE-0CBAFFB88BF0
6F249BED-8447-46A8-AD43-A08D831834F2
600E4D20-EEF9-4577-8590-5B4C8B9299C6

最後に「ありがとう」の言葉を残すなんて、本当に洒落た男たちだ。サムライジャパンの選手そして関係者の皆さんには感動させてくれてこちらこそ「ありがとう」と言いたい。

このページのトップヘ