舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 音楽

久しぶりに名曲シリーズはポップス・ロックジャンルにもどります。
o0500048514127105984

119回目の今回はアイク&ティナ・ターナーの「プライド・メアリー」です。
この曲は、もともと1969年にクリーデンス・クリア・ウォーター(CCR)が発表し全米2位になりました。ジョン・フォガティの作詞作曲です。
o0450044513924221513

528

アイク&ティナ・ターナーはアメリカの夫婦デュオです。16年間夫婦で活躍していましたが、のちに離婚しています。その後はソロシンガーとして活躍し、1984年に「愛の魔力」で全米1位を獲得し最大のヒットとなりました。

セクシーダイナマイトの異名を持つティナはいでたちから他を圧倒する迫力がありますね。
fc2blog_20170712182906881

アイク&ティナ・ターナーの「プラウド・メアリー」は、原曲からかなり編曲されています。原曲はカントリーロック調で淡々と少しのんびりと歌い上げています。一方、ティナ・ターナーのヴァージョンはスローテンポで始まり、中盤からは一気に爆発するようなティナ・ターナーのボーカルが魅力的です。
001

映像を見るとわかりますが、ティナは歌唱力もさることながらとにかくパワフルで見る者を圧倒します。
ダンスの振り付けが昔っぽくて懐かしい感じがいたします。

それではアイク&ティナ・ターナーで「プラウド・メアリー」をお聴きください。


さて今回は、グループサウンズの頂点を極めたザ・タイガースの「モナリザの微笑」です。たくさんのヒット曲がありますが、なかでも僕の一番お気に入りの曲を選びました。

彼らは京都出身で、大阪のジャズ喫茶でビートルズやストーンズなどの曲を演奏し活躍していたところ、東京のプロダクションからオファーを受け、上京したことから人気のグループとなりました。
僕が知ってるタイガースは、とにかく女の子に大人気ですごかったですね。特にボーカルのジュリーこと沢田研二さんは、端正なマスクと甘い歌声で人気ナンバーワンでした。

「モナリザの微笑」は彼らの3枚目のシングルです。
このころにはすでに人気も絶頂となり、次の「君だけに愛を」でゆるぎないものになりました。

タイガースはその後1969年にメンバーの加橋かつみが脱退し、岸部修三の実弟である岸部シローが参加します。ちょうどそのころからGSブームが急速に沈滞化し、1971年に解散となりました。

「モナリザの微笑」はなんか胸がキューンとなる歌です。子どもながら思春期を迎えていたのでしょうか。GSブームは小学生の頃の大きな思い出となっています。

 


 

さて今回お届けするのは、カーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」です。カーナビーツはこの曲でデビューしたんですね。
index1

このシングル盤持ってましたよ。
この曲はなんと言ってもドラムスのアイ高野のボーカルでしょうね。ちょっとセクシーでほかのグループにはない雰囲気がありました。♬お前のすべてーをー♬のサビのところは、スティックを突き出してあの当時みんなよくまねしてました。2006年に55歳の若さでお亡くなりになられていたんですね。
unnamed

アイ高野氏はカーナビーツ解散の後、ゴールデンカップスにドラマーで参加し、その後1980年にはクリエイションに参加し、「ロンリー・ハート」のヒットを出しています。

カーナビーツは洋楽寄りで他のグループに比べてロック色が強いのが特長です。この「好きさ好きさ好きさ」はイギリスのゾンビーズの「I Love You」のカバーです。
20190723085917

また、B面の「口笛天国」も海外のカバー曲で、原曲は深夜のラジオ番組「走れ歌謡曲」のテーマ曲として親しまれました。うーん懐かしい。

それではお聴きください。


続いて本家ゾンビーズ


そして口笛天国の原曲。その昔何度聞いたことか。(笑)

新型コロナウィルスの感染拡大により、世界中の医療に従事されている方々には大変なご苦労を掛けています。英ロックバンド、クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーがアダム・ランバートをボーカルに迎えた「クイーン+アダム・ランバート」が、その医療従事者をたたえるため「ウイ・アー・ザ・チャンピオンズ」の歌詞を一部変えて「ユー・アー・ザ・チャンピオンズ」という曲を発表しました。
geo20050122520032-p1

aaf1ed36-4102-419e-bd1e-81d66e69dd5d

ブライアン・メイが最初にきっかけを作り、ロジャー・テイラーとアダム・ランバートがそれに賛同し実現したようです。動画には、医療従事者らや世界各地の様子を捉えた映像が使われています。
5月1日から配信が始まり、収益金は最前線で戦う医療従事者支援のため「WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付されるということです。
BB13tZJk.img

1985年イギリスのウェンブリースタジアムなどで「アフリカ難民救済」をかかげ「ライブエイド」が行われました。中でもクイーンのパフォーマンスは伝説のライブとされ、映画「ボヘミアンラプソディー」でラストにその時の映像が再現され、多くの感動を呼びました。メイは「猛威を振るウイルスから人類を守るために戦っている全ての人にこの曲をささげたい。医師、看護師、清掃スタッフ、看護助手、運転手、配膳・配茶スタッフ、私たちの家族・親族の命を救うため、日々黙々と自らの命を危険にさらしているあらゆるみなさんがチャンピオン!」とコメントを寄せています。
1306661_650

images

brian-may-live-aid-super-169

このようなアーティストらの募金活動はほかにもあり、3月29日にエルトン・ジョンが医療関係者を支援するチャリティコンサートを行い、多くのアーティストらが自宅から映像を配信しました。マライア・キャリーも出演しています。
index1

そして4月19日には、レディー・ガガが中心となってチャリティライブを行い、ポール・マッカトニーやスティービー・ワンダーなど8時間を超える動画を配信し、医療従事者を称え、支援しています。
hw414_AS20200421001143_comm

ローリング・ストーンズは年を重ねても、相変わらずカッコいいですね。光ってました。
resize_image

個人的にはビリー・アイリッシュの「サニー」が渋くて良かったです。
index2

こういったアーティストの活動は本当に素晴らしいと思います。
ネット環境が進んだ現代だからこそ遠隔での動画配信は普段着の姿を見ることができ、それもまた興味深いです。

とにかく、医療に携わっている方々には感謝しかありません。
我々にできることはとにかく感染を抑えること、病院に行く人数を少しでも減らすことです。三密を守り、ソーシャルディスタンスをとり、手洗いをしっかりとこまめにすることです。


さて今回ご紹介するのはヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」です。
hqdefault

このGSブーム真っ只中の時、人気グループだったのがタイガースやテンプターズのような長髪できらびやかな服装のグループでした。それらとは一線を画すグループがこのヴィレッジ・シンガーズやブルー・コメッツでした。髪型も短髪でピシッと七三分け、ミュージシャンというよりどちらかといえばサラリーマン風でした。しかし、音楽の実力はしっかり備えていて、歌唱力も素晴らしいものがありました。
index

13842

若い女の子にキャーキャー言われる感じではなく、玄人受けするグループだったようなイメージがあります。
maxresdefault

この「バラ色の雲」で一気にスターダムにのし上がった彼らは、よく1968年「亜麻色の髪の乙女」をリリースし、大ヒットします。この曲はその31年後の2002年に島谷ひとみがカバーしまた大ヒットします。若い方は彼女のオリジナル曲だと思っている人が多いかもしれませんね。
7dc55f7c-12e6-44b7-931c-d2626d3577e3_1024

それでは、ヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」をお聴きください。
 

このページのトップヘ