舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 電車

広島電鉄通称ヒロデンといえば、広島市内を今でも現役で走る路面電車だ。
以前このブログでも紹介したことがある。
このヒロデンはいろんな電車が走っていて僕は見ているだけでも結構楽しめる。

そのヒロデンにちょっと残念なニュースが入ってきた。(YOMIURI ONLINEより引用)

「レトロ電車」として親しまれてきた「大正電車」とドイツ製の「ハノーバー電車」の定期運行を今年から取りやめたのだ。
single100
大正電車は1912年の開業当時の車両を再現したもので84年の別の車両を使って再現されたものだ。車体前後についている救助網は往時の設備を装飾として取り付けているそうである。何とも哀愁の匂いがプンプン伝わってくるではないか。熱狂的な電車ファンならずとも一度は見てみたい、乗ってみたい、そんな衝動に駆られる電車だろう。

maxresdefault
ハノーバー電車は広島市と姉妹都市であるドイツのハノーバー市から84年に寄贈されたもので、当時の欧州でスタンダードだったスリムな車体と大きな窓が特長だ。この電車も愛くるしい顔をしていておそらく本物を見たら興奮してしまうのではないかと思う。この写真でも電車の後方に小さく写真撮影をしている人の姿が写っている。

ではなぜこの電車の運行を取りやめたのか。
その訳とは~ヒロデンでは2009年よりICカードによる支払いを全線で開始した。しかし、いずれも出入り口の幅が狭いためICカードの読み取り機が設置できず、利用者から「不便だ」と不満の声が上がっていたという。
howToRide02

今ではJR西日本の「ICOCA」やJR東日本の「Suica」など9種類の交通系カードが利用できるようになっている。広島電鉄は「レトロ好きで乗車した」という乗客の声も減少傾向にあることから、ハノーバー電車は今年3月まで、大正電車は今年6月までで定期運行を終了することにしたそうだ。
こういうところにもIT化の波が押し寄せてきたということか。便利さゆえにノスタルジーが犠牲になるのは仕方ないことだと理解するしかない。
なお、今後、大正電車は毎年6月に行われる「路面電車まつり」で展示され、ハノーバー電車はこれまで通り毎年12月にLEDランプやリースでデコレーションし走らせるとしている。

つまり年に一度だけ拝めるチャンスがあるという訳だ。

僕は熱狂的な電車ファンではないが、なぜか路面電車には特に愛着を感じてしまう。幼少の頃に乗っていたからだろうか。歳を重ねるにつれ伝統的なものや歴史的なものに興味を惹かれることが増えてきたように思う。この路面電車もその一つなのかもしれない。

レトロ電車に興味のある方はこの広島電鉄のHPに電車紹介ページがあるので、ご覧いただくと面白いかもしれない。





名古屋市営地下鉄の棚上広告に、ひときわ異彩を放つ広告がある。それは「車内の金城学院大学」シリーズだ。

以前にもブログで紹介したことがあるが、本当に一服の清涼剤のような存在に思える。
先日もたまたま地下鉄車内で見つけた。それが「音楽にも『文法』がある?」だ。
41149319_1979381902160019_9103060871793344512_n


音楽が好きな方は世の中にたくさんいる。しかし、それを創ることができる人はごく限られたわずか人達だ。
ドレミファソラシドの音符が並んでいる楽譜など見ても素人の我々にはさっぱり理解できない。
しかしその中にも、文章でいう文法のように、決まった法則があるという内容だ。

当たり前のことだが音符がただ並んでいても音楽にはならない。和音も決まった音同士でないと美しい音にはならない。
そういった法則に従った音の配列によって、美しいメロディーが生まれそのメロディーに歌詞が乗って素敵な曲が誕生する。
音楽的な才がある人にとってはそれほど難しいことではないのかもしれないが、素人には絶対にまねできない領域だと思う。
メロディーは音楽的な才能が必要だが、詩の部分はまた別な能力のように思う。作詞作曲を一人で行う人はその両方の能力を兼ね備えているということになる。

そのようにして、創られた音楽である人は癒され、ある人は感動する。
音符たちが集まって、作曲家の魔法がかかると素晴らしい音楽に変わる。なんて素敵なことなのだろう。

この「車内の金城学院大学」シリーズも同様に素敵な企画だと思う。







仕事で愛媛県に来ています。

松山駅では普段あまりお目にかかれない列車が並んでいます。
31CE344F-60B1-47F8-93AF-E0C9B1C0EB30

名古屋からは岡山でのぞみから「特急しおかぜ」に乗り継ぎます。 
C86CE2BE-FDBF-4725-80CF-A8C7D18D6340

松山から宇和島方面へはここで「特急宇和海」 に乗り継ぎます。
AD990724-1184-4336-B66B-B4A2CE94C0A0

岡山から松山まで約2時間40分、松山から宇和島までは およそ1時間30分かかります。
419B8FC7-B0B4-490C-A2C5-AA9C884060EB

昔車で名古屋〜宇和島間を一人で往復したことがありますが、僕の中ではそれが最も遠距離運転の記録です。当時まだ瀬戸大橋しか選択肢がなく、休憩を3回ほど入れて片道約10時間かかりました。

特急電車でも6時間あまりかかるので、それくらい遠い距離ということです。
ちなみに名古屋から岡山までは約360kmあまりありますが、のぞみ号だと1時間30分ほど、岡山から松山は210kmの距離ですが、先ほどの特急しおかぜ号で2時間40〜50分ほどかかります。
いかに新幹線が早いかわかりますね、やはり新幹線は便利がいいです。 

JR四国はアンパンマン列車という特別列車があり、子供たちに人気があります。
以前偶然乗ったことがありブログで紹介しました。とっても可愛らしい電車でちょっと感動しました。
もうこれでもかっていうくらい、アンパンマンで攻めています。大人が感心するくらいですから、子供たちにとっては夢のような電車だと思います。

ちょうどそのアンパンマン列車が停車していました。
6C210358-C5FD-4656-A7C4-BE0B281A9DB9

94BFAF7A-5A13-4063-A6A5-F7F0F996BEDA

光っています。
A3815C15-8FB1-4CB2-8A5E-D9D83C18189A

D3BAB493-1A55-49EC-AD43-2F899D02CDA7

ゴミ箱にもアンパンマンが描かれていますよ。 
3CA2CF5F-EA78-44D2-9A4C-766EAAC4F491

 A3131D24-B7CE-4BA5-8000-5CC3ACF317FD
路線によりいろんなタイプのアンパンマン列車があるようです。
212B246A-8283-4799-A0B5-79A964D0846F
 四国に訪れた際には是非探してみてください。楽しくなりますよ。
 

昨日名古屋から金沢へ行くのに、朝7時50分発のしらさぎ1号を名古屋駅のホームで待っていました。

すると共和駅で東海道線の列車と人が接触事故を起こし、岐阜から豊橋の間で運転を見合わせているとアナウンスがかかりました。

金沢行きは路線が違うため、関係ないと思っていましたが少し嫌な予感がしました。
(実は岐阜までは大いに関係がありました)

すると、「しらさぎ1号は、ほかの列車が停止しているためホームに入れず、大幅に遅れが出ます」とのアナウンスが入ります。

「大幅に? 一体どのくらいだろう?」一気に不安な気持ちになります。
この時点で到着時刻が遅れることは仕方ないと諦めるしかなく、待ち合わせしている人にその旨を連絡しました。

また 「詳しい状況がわかり次第お知らせいたします」とアナウンスされました。
そして寒いホームで10分ほど待っていましたが何も知らせがないので、米原まで新幹線で行けばなんとかなるかも、と考え、切符の変更手続きのため改札まで行き、駅員の方に相談しました。
5809918D-D3A7-4175-8F97-80E07BBA148F

すると驚きの言葉が返ってきました。乗ろうとしていた「しらさぎ1号は米原で折り返し運転に変更になりました。 」というのです。「えっ、そうなんですか?」「米原まで新幹線で行き、しらさぎに乗り換えてください」と。…一瞬絶句です。
そんなアナウンスは全くされていなかったので、驚くとともにその不親切さに少し腹立たしく感じました。まだそれを知らずにホームで待っている人たちがいました 。

「切符の変更はどうすればいいですか?」 
「それは新幹線の改札でお願いします」 
その事をなぜアナウンスしないのかと言いたかったですが、急いでいたためそのまま新幹線の乗り換え口へと移動します。
次の新幹線の発車までは約15分ありました。

新幹線への切符変更は「振り替え乗車券」を渡され、切符を変更することなくそのままいけました。
ただし指定席の発券はできないので自由席しか乗れません。

幸いなことに、その新幹線に乗れば米原駅で乗る予定だったしらさぎ1号に間に合うことがわかりました。

結局、予定通り金沢駅に到着することができてよかったのですが、JRの対応にはとても不満です。

変更のアナウンスがいつあったかわかりませんが、もしもあのままホームで待ち続けていたら…と考えるとゾッとします。

「東海道線の岐阜〜豊橋間は名鉄電車で振替輸送しています」というアナウンスは何度も行われていました。しかし、あの時点ではしらさぎ1号の事は何も伝えていませんでした。

混乱している状況は理解できますが、乗車する側はもっと焦っています。
そんな時こそ冷静に正確な情報を早く伝えて欲しかったです。


 

一昨日「名古屋市営地下鉄が誕生して60年」になったと夕方のニュースで伝えていました。
6BAD3856-304C-4B00-BAD5-13FF30BEE59A

EB8ADECD-47F4-422D-BC89-CA8E44022CC0

今から60年前、僕が生まれる3カ月ほど前に開通していたんですね。

その頃は名古屋の街は市電が道路を我が物顔で走っていました。
9D1EC962-AEB9-4200-BFDB-067FD9093FCB

こどものころは市電に乗るのが大好きでした。
5906nagoya010-600
車窓から走る車を見るのが好きで、特にいすゞのコンテッサがお気に入りでした。

しかし、自動車が増加し始め昭和29年に地下鉄工事が着手されたそうです。
今考えればかなり早い段階で地下鉄導入を決めたと思います。
もちろんその選択に間違いはありませんでした。

そして昭和32年11月15日東山線名古屋~栄町間2.4㎞が開業したのです。
9685D8D9-1F7C-4645-B4C8-9B9121DEACF2

当時の切符、運賃は15円です。
F13EF728-63AC-4F1A-955F-B26E36120AD8

まだ慣れていない市民にアピールするためでしょうか、「地下鉄試乗券」なるものもあったそうです。
4F03F0CE-3A20-4AB9-99F5-45DE430C75C1

地下鉄開業に伴い、「ナゴヤ地下街」が誕生しました。
64B83DB6-3CCA-4F1D-A54B-B81BCF125478
ものすごい人だかりです。まだ着物姿の方もおられて時代を感じますね。

新聞でもしっかり宣伝されていたようです。
8EB130BB-4D97-4A1E-9E6C-8E077F585467
9495B833-6DE3-4DBA-8C7B-CF53E6BD9887

1967年当時今の「三越」は「オリエンタル中村」でした。
img6891
東山線は名古屋~星が丘まで延伸しました。
名城線(当時の名称は南北線)は金山~市役所間だったんですね。
img693
img691

その後東山線は1969年に藤が丘まで延伸しました。
2B8CC223-09B2-4EFD-8984-BA5DCCD20FA7

今では考えられませんが、周りには何もありません。
2FFD1544-EC54-42A4-A463-CAE7C6C6DDCC
いつ家が建つのかと思っていたら、5,6年で街ができたそうです。

ナゴヤの地下鉄には幻の路線があったそうです。
BE934154-2817-4909-A7BB-15CA47606C8C
笹島から高針橋までを結ぶ東部線です。

しかし2009年に凍結されたようです。既存路線と重複区間が多いというのがその理由です。
91C3AB34-1E15-47EA-B8B5-208FAEF7F6E0

確かに東山線と並行しています。
しかしバイパス的な感じになり東山線の混雑はかなり緩和されるのではないかと思います。
高針橋から東の路線も気になるところです。

名古屋市営地下鉄は今や私たちにとって欠かせない市民の足となっています。
今後も安心して乗れるよう、安全に運行を継続してもらいたいです。

また、60年前のホームは老朽化が進んでいますので、何か新しくリニューアルできれば最高ですね。
TRF0012618



このページのトップヘ