舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ:

書店の古本コーナーでこの「定年ゴジラ」のタイトルに目が止まりました。
BC94780C-3FDA-4F16-87B4-0389968F4018

10年前ならスーッと流しているかもしれませんが、やはり年齢なんでしょう、「定年」 と「ゴジラ」の組み合わせにも興味を惹かれたのかもしれません。

この小説の主人公は山崎隆幸さん満60歳、42年間勤め上げた都心の大手銀行を定年退職したばかりです。

「もう会社に縛られることもなく、これから自由で気ままな第二の人生が始まるのだ」と勢い込むのですが、実際のところ、やることがなく時間を持て余しています。
せいぜい近所周りを散歩することを日課としていますが、これも退屈な日々を送っていました。

住まいは一戸建てで、くぬぎ台ニュータウンというところなのですが、都心から電車で約2時間と東京とは言え西の外れに位置しています。

ある日散歩から戻った山崎さんが奥さんに「この街って何にもないんだな」 と愚痴ります。「何にもないからいいんだって言ったじゃない」奥さんは笑います。「こういう静かなところが一番安らぐんだって、子供のためにもいいんだって」その通りだったのです。

ある日のこと散歩中に同じ定年組の仲間ができます。 大手電鉄会社に勤務し、このくぬぎ台ニュータウンの開発に携わった、藤田さんです。
その後少し先輩の町内会長を務める古葉さん、単身赴任が長かったため浦島太郎状態の野村さんらと仲間が増えていきました。

山崎さんは娘が2人いましたが、長女は結婚して家を離れ、時々孫を連れて遊びにやってきます。孫ができてから「お父さん」 から「おじいちゃん」に呼び名が変わったことがちょっと引っかかっています。

次女はこの春就職して東京で一人暮らしを始めました 。どうせすぐに寂しくなって戻ってくるだろうとタカをくくっていましたが、ほとんど家に戻ってくることなく、時々奥さんと電話でひそひそ話をしているのが気になっていました。

そんなある日のこと、次女に付き合っている男性がいることが発覚します。
しかも、妻子ある男性で離婚して一緒になるつもりだということがわかります。
それを知った 山崎さん、いろいろなことが頭の中で渦巻きます。

そしていよいよその男性と会う日がやってきますが、そこで事件が起こります…。


山崎さんの故郷は新潟県の山あいの村です。
幼少時代仲の良かった通称「チュウ」 の悪い噂を耳にします。寸借詐欺のようなことをして同級生が被害に遭っているから、お前も注意したほうがいい、と。

「チュウ」 の家は貧乏でした、それを哀れんで山崎さんの母親は家に遊びに来た時、よく食べ物をあげていました。だんだん慣れてきて山崎さんが不在でも家に上がり込んで母親と親しくするほどでした。
山崎さんはそんな「チュウ」 がだんだんと疎ましく思えてきたのでした。
〜そんなことがあったなあ〜と昔懐かしく思い出に浸っていると、我が家にチュウが訪ねてきたのです。

山崎さんが二十歳の時のことです、母親が上京したことがありました。その案内役でチュウが一緒に来るというのです。

山崎さんは母親に対して優しくできませんでした。そして母が故郷に戻ったわずか1カ月後で脳溢血で亡くなってしまったのです。心にモヤモヤしたものが残っていました。

そんなことをチュウと喫茶店で話しているうちに、コーヒーのおかわりをするため山崎さんが1万円札を出しました。チュウが「僕が買って来る」と言ってその場を離れ、戻ってきませんでした。

呆然とする山崎さん、でも不思議に怒りも悲しみも湧いてこなかったのです。
〜40年間の思い出を思い起こさせてくれて、良かった。
「まいったなあ、あの野郎、ふざけた真似しやがって…」故郷の同級生たちも、そんなふうに思っていたのだろう。胸の奥の40年分の苦味が消えた。チュウのおかげだ。〜
 その夜の晩酌は普段より酔いが早くまわったのです。
「…いかにいます、ちちはは、つつがなしや、ともがき」「故郷」(ふるさと)という歌がふと頭に浮かんだのです。


山崎さんはちょうど今の僕と同じ60歳という設定で娘が2人というところも同じです。
ただ山崎さんは昭和11年生まれですから22歳も年上になります。そこは少しジェネレーションの違いは感じます。
自分の住まいや地元の仲間、娘の結婚など共感する話題が多く、とても身近に感じ取れます。

全7編の短編に「帰ってきた定年ゴジラ」 を加えた1冊となっています。
これは前作から3年後のお話で山崎さんがパソコン相手に苦戦します。
 
重松清さんと言えば、以前ご紹介した「流星ワゴン」 の作者でもあります。
1963年生まれで、この作品を書いた時はまだ若い時期ですが、自分の父親のことを思いながら書いたそうです。

この「定年ゴジラ」は山崎さんを中心とした家族の微妙な関係性が随所に見られます。

昭和11年生まれの方々は戦後の日本を立て直して来られた世代です。
ニュータウンに一戸建てを建てるというのが一種のステータスだった時代です。
それこそ家庭を顧みず、頑張って働いてこられたと思います。
そして定年退職した後の空洞感と言うのでしょうか。
さあ自由にしていいんだよというステージになっても 、いざなってみるとどうしていいのかわからない、少し気の毒な男たちを表現されています。

還暦過ぎた方にはオススメの1冊です。 
お父さんたちの悲哀や苦悩を楽しく描いています。
 

34473B76-0693-4433-9606-B804E50824DA

海堂尊氏の小説です。

「チーム・バチスタの栄光」から始まった東城大学病院シリーズの番外編・スピンオフ的な1冊です。

デジタル・ハウンドドッグ(電子猟犬)こと警察庁の加納警視正にいつもこき使われて振り回されている玉村警部補と東城大付属病院の不定愁訴外来、通称グチ外来の田口医師の二人が昔を回想しながら振り返る4作の短編集で綴られています。

「東京都二十三区内外殺人事件」
>田口医師が白鳥圭輔からの要請で上京した際に公園で身元不明の遺体と遭遇する。白鳥の指示で遺体を監察医務院に運び解剖を依頼する。

「青空迷宮」
>桜宮市のサクラテレビが企画したちょっと落ち目になった芸人によるバラエティ番組の収録中に殺人事件が発生した。その場所とは屋外に作られた巨大迷路の中だった。

「四兆七千億分の一の憂鬱」
>夫と愛人がいる主婦が殺害された。DNA鑑定の結果が一致したのは被害者と何の関係もないフリーターだった。DNA鑑定の絶対的な確率を使ったトリックに加納警視正が挑む。
ネットゲームがアリバイとして重要な位置付けとなるが、玉村警部補の意外な一面が明かされる。

「エナメルの証言」
>桜宮市では暴力団組員の焼身自殺が続いていた。桜宮市警察では遺書も存在し、歯科医による歯の治療跡の確認による鑑定でも不審な点が見当たらないと判断されていた。だが、自殺した組長の人となりを熟知する加納は一連の焼身自殺に事件性を疑い、捜査に乗り出す。

ミステリー色の強い謎解きがメインの4作品です。
東城大病院から少し離れたフィールドでの小説になっており、少し新鮮な感触もうけました。
僕は非常に楽しく読むことができました。

海堂ファンもしくは東城大シリーズファンの方にはたまらない1冊だと思います。


「ブラックペアン1988」を読みました。
7648A256-3CF5-405F-93DF-4264F06569C8

ちなみに「ぺアン」とは外科手術で使われる止血鉗子のことで、この本の表紙に描かれているはさみのような形をしたものです。

のちに、碧水院病院の生き残り桜宮小百合から糾弾されることとなる医療ミスの真相が描かれています。
前回の「輝天炎上」の元となるストーリーでとても興味深く読ませていただきました。


時は1988年、世は未曾有の好景気に沸き、バブル景気の頂点を迎えていた時代です。

若き日の世良雅志がまだ医者になれるかどうかというところから話は始まります。 

世良はのちに極北市民病院に立て直し請負人として院長に就任し、強引な手法で物議をかもしだすこととなります。その話は 「極北ラプソディ」で書かれています。

舞台はおなじみ、東城大学医学部付属病院です。

そこには、「神の手」 を持つ佐伯教授が君臨し東城大学総合外科学教室がありました。

そこへ帝華大学から高階講師が送り込まれ、一悶着始まります。
高階はのちに東城大学付属病院の院長となる人物です。

若かりし頃は、「ビッグマウス」 とか「小天狗」などと呼ばれ、なかなか鼻っ柱の強い男だったようです。

世良は医師の国家試験に受かり、ようやく医師の卵としてスタートを切りますが、ある手術で、自分のミスにより患者さんを死の瀬戸際に追い込んでしまいます。
外科医として腕の立つ渡海医師に救われ一命を取り留めますが、そのショックで自分が医師に向かないと落ち込み、もう辞めようと決断していました。

1人部屋に閉じこもる世良の元に高階講師が現れ、自分の失敗談を話します。小さなことでくよくよするのではなく、立派な医師になって多くの患者の命を助けることの重要さを説きます。
 
そして世良はようやく悩みが払拭され病院に戻ることを決意するのです。

世良の1年後輩で大学生が、研修生として病院に勤務することになりました。
その3人とは、速水、島津、田口でした。
のちの東城大学シリーズの主役となる3人の若き日の一幕は、読んでいてちょっと微笑ましく感じます。

 癖は悪いが、めっぽう腕のいい渡海医師に憧れを持った世良は、いつか追い越してやると意気込みを持つようになります。


佐伯教授は高階が切った啖呵に対し 、若手だけで手術を行うことを命じます。
その行方はいかに・・・。

原作の中で何度も手術のシーンが詳細に描写され、専門用語がたくさん出てきます。
正直素人には何がどうなっているのかわかりません 。
ただ、手術中の緊迫感はグイグイと伝わってきます。

人の命を預かる医師という職業の難しさや苦労の一端が垣間見えます。

また、その一方で薬品会社との癒着や賄賂というブラックな一面も描かれています。

現役の医師だからこそ書けるリアルな小説は海堂氏の真骨頂とも言えるのではないでしょうか。

大変面白かったです。

余談ですが、TBS系列にて日曜劇場「ブラックペアン」の題名でドラマ化され4月から放送される予定だとのことです。
maxresdefault

天才外科医の渡海医師役を二宮和也さんが演じるそうです。
001_size6

原作のイメージではちょっとあくの強い曲者ですが、そこのところ二宮さんどうでしょうか。
そのほかのキャストも今を時めく豪華陣で固められています。

この「仙台ぐらし」は仙台の出版社荒蝦夷(あらえみし)が刊行する雑誌「仙台学」に2005年から2015年に渡り連載されたエッセイ集を集めた文庫本です。
1C06E98C-3832-4DE8-9B8D-C4B0B49861AD

仙台で暮らしておられる伊坂氏ご本人があとがきでこう述べておられます。
当初、「エッセイに見せかけた作り話」 であればどうにかなるのでは、と引き受けたもののそれは甘い考えであったことがすぐに発覚し、結果的にはほとんどが実話を元に書くことになりました。〜

そういうことから、とても身近な話題が多く、それを伊坂氏の独特な感覚で面白おかしく描かれています。

伊坂氏の顔は仙台では売れているのだなあということもわかりますし、たまに声をかけられることで ご本人が少し意識過剰になっているということもニヤニヤしながら読みました。

2011年3月に東日本大震災が起こりました。
ちょうど1ヶ月経過した時期に、連載のエッセイを書かれています。
伊坂氏は仙台で暮らしておられますが、幸い大きな被害も受けずに 助かったそうです。
しかし精神的なダメージは大きく 、しばらく何をしたらいいのかもわからず、本棚の本は床に散乱したままの状態だったそうです。

そんな時、近くのお店に食料を買いに行くと、店員の方が並ぶ列を整理したり、「お一人様いくつまでです」などと懸命に働く姿を見て泣けてきたと書いておられます。また、遠方からボランティアで東北にきている人達の姿にも思わず泣けたそうです。

〜「大きな災害にあった人は、その影響で、急に泣きだしたり、怒りっぽくなったり、虚脱状態になったり、塞ぎ込んだりする」ということを後で聞くことになります。
「大きなショックを受け、情緒のバランスが崩れるということだろうか。人はそういう場合、感情をあっちこっちへと動かしながら、少しづつ、気持ちの天秤を元の位置に戻すのかもしれない」〜

そんな大変な体験を元に、「ブックモビール」という短編が生まれました。
移動図書館が元に書かれている被災地を舞台にしたお話です。
 
少し伊坂さんの人となりがうかがえるエッセイ集となっています。

 

久しぶりに本の記事を書きます。
A1F2652A-DE3D-4B1E-A268-CB44C9402984

今回は、「輝天炎上」 です。2013年に発表されています。
実はこの小説は2008年に出された「螺鈿迷宮」 の続編なのです。(そのブログ)

そしてなおかつ「ケルベロスの肖像」 (そのブログ)は東城大病院側から描かれた作品でしたが、その同じストーリーを今回の主人公である医学生「天馬大吉」くんの目から描いた内容になっています。

ということは、この「輝天炎上」を読む前に、今ご紹介した2冊は最低限 読んでおかないと面白くないです。
もっと言うと、「チーム・バチスタの栄光」 から始まる東城大学シリーズは全て読んでおくと登場人物のバックボーンがわかり楽しく読むことができます。
この本のあとがきに書かれてありますが、さらには「ブロックぺアン1988」 や「極北クレーマー」「ナニワ・モンスター」にも目を通していることが望ましいとしています。

東城大学シリーズは全て読んでましたので、OKでした。
今あげた3冊はまだ読んでいませんので、これから読みたいと思います。

「輝天炎上」の内容は、「螺鈿迷宮」の最後で旧碧水院桜宮病院が消失し、桜宮一族はもろとも焼死してしまいました。…とされていました。
しかし「ケルベロスの肖像」 で「八の月、東城大とケルベロスの塔を破壊する」という怪文書が現れ、どうも桜宮一族に生き残りが存在するということに変わってきました。

桜宮一族の怨念が最先端技術のAi センターを本当に破壊できるのでしょうか?

医大生、天馬大吉君も同級生の冷泉深雪(れいせんみゆき)、幼馴染の別宮葉子(べっくようこ)らとこの事件に巻き込まれ、最後には真相究明に一役買うことになってきます。

あまり書くとネタバレになってしまいますにで、この辺りに留めます。

他の本とリンクし続けて小説を書くという新しい手法に挑戦している海堂尊氏の真骨頂とも言える小説です。


 

このページのトップヘ