舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: その他

今回は姫路のちょっといいものを紹介します。
FF4A30E9-3A81-4692-A1BB-557766B7E559

まずはローカルグルメNO.1の呼び声高い「姫路駅名物 まねきのえきそば」 です。
もう自ら「姫路駅名物」 って言っちゃってますから、間違いないです。(笑)
中身はこんな感じです。
9910B5C3-44A4-444B-B05C-12C53EC62D2E

「えきそば 」の由来は、終戦後何もない混乱期の昭和24年に、小麦粉の代わりにこんにゃく粉とそば粉を混ぜて販売したのが始まりだそうです。その後現在のかんすい入りの中華麺に和風だしというミスマッチの商品が誕生したのだそうです。
B621B26F-42FB-478C-A4D5-FF1B3CB82DB6
そして姫路駅のホームで「えきそば」と名付け立ち売りを始めたそうです。以来、地元の方々に愛され現在でも多くのファンに支えられているようです。

現在のホームのお店です。
CFC05163-BA02-4BD4-8179-AD3CFD6A6A8F

今回、訪れたグランフェスタ店です。
D682ABFD-801B-411F-AA69-7C72E1DBC429
生麺の持ち帰りそばというのもあります。
855D6E41-21CD-4765-8F9C-13380B057AD7

そして、こちらは「鶏卵饅頭」 です。
7357AA33-9311-45A9-850D-371BD195182A

店では、目の前で店員さんが手作業で作っていました。
9784D051-4573-4396-8B77-0818304FC6F8

この日もこの饅頭を買うのに列ができていました。地元の方に愛されてるんですね。
2C3A7234-29E8-479F-9AC5-CA43A8753566

姫路駅あたりではこの山陽百貨店でしか販売されていないそうです。
CFC8630C-0FDF-473F-9767-3139B0D8C115

しっとりと柔らかな皮に、白餡が包まれています。
9ABBEEE2-E05D-4AF4-91CB-230FE3A1BD9F

出来立てはしっとりふわふわで、とても上品な甘味でした。

 

熊本駅で地元のいいものを買ってきました。

まずは、油いため高菜のしょうゆ漬けです。
C75D0408-A893-4A67-BB3A-53A096BC35B6

たくさん種類がありましたが、お店の方に一番地元の方に食べられているものを聞き選びました。

熊本のお土産では定番中の定番、「武者がえし」です。
83AEF77A-14A2-43DA-B674-C44AE46FD0C9

そして武者がえしと双璧とも言える「本丸」 です。
81994D1C-8E24-4EF0-B143-D9F17B0003E5


中身はこんな感じであんが餅に包まれ黒ゴマの味がとても香ばしいです。
341BE031-BCEF-46FE-A1A6-88740DB8AC54

「五十四万石」 です。
F8A9CC62-3C61-4ED9-A067-25337E6B53A4

BD22DBB9-4811-44E1-8302-0EE5192EC92F

ちょっと面白い形ですね、こちらもあんが餅に包まれています。本丸よりも甘いです。
2CDFE43A-CDA2-4EEC-9592-5F37C9AFB95E

3つとも「お菓子の香梅」という会社の製造です。

最後に「阿蘇ミルクのラスク」これは熊本らしい土産品ではないと思いますが、「阿蘇ミルク」の文字にちょっと惹かれて遊びで買ってみました。
CDF897FA-B7E9-4C4F-B35A-92D4409B57FB

 

少し前のことになりますが、先月出張で福島県勿来から仙台に移動しました。
当初、常磐線でまっすぐ北に向かって、仙台に行けばいいと考えていたのですが、これが大きな間違いでした。名古屋駅で切符を購入するときに初めてわかったのですが、常磐線は東日本大震災から8年経った今でもまだ不通の区間があるのです。富岡駅と浪江駅の間がまだつながっていません。
JR東日本により富岡駅から原ノ町駅までバスの代行運転があるのですが、本数が少なく、時間も非常にかかります。
map_all

調べてみると一番早い移動手段は、いわき駅まで常磐線で行き、そこで高速バスに乗り換え郡山駅まで行き、さらに新幹線に乗り換えて仙台に行くというルートでした。

このバスは初めて乗ります。いわき駅から郡山駅まで所要時間は約90分です。
車中で撮った写真です。最前列の席に座れたので視界は抜群です。
1F9C754B-AC92-4C36-8306-1CFCC5A3A241

座席前のポケットには、小冊子がありました。飛行機や新幹線のグリーン席みたいですね。
71444149-A1DA-41D9-818D-ED78B818899D
地域のグルメスポットなどが紹介されています。
F0392C13-7FCF-4373-A700-160E1F83C87D

D3E3B0F3-D3EF-4C18-8330-004A2904EB73

少しうたたねしているうちに郡山駅に到着し、ようやく新幹線に乗り換えです。切符の変更で窓口に行ったのですが、そこで結構手間取り15分ほどかかって、仙台に到着したのは午後8時過ぎのことです。勿来駅を4時40分ごろ出発して3時間40分ほどかかりました。
なかなかしんどい移動でした。

福島の方々はまだまだ交通網が整備されてなく、ご不便をされていることがあるということがわかりました。一体この状態はいつまで続くのでしょう。
先ほどの不通の区間は、事故のあった原発に近く、現在でもまだ放射線量が高いそうです。
線路や駅などの復旧工事が進まないのはそのせいもあるのでしょう。

その昔、原発は電気を作るコストが火力などに比べて安いということが売りでした。しかし、それは大きな間違いだということが世界中に知れ渡りました。なおかつ、原発を存続させようとする政府の考え方はまったく理解できません。東日本最震災が起こった直後にドイツのメルケル首相はいち早く脱原発を宣言されました。日本に比べて地震の少ないドイツでさえその判断を下したのです。それはスピーディーで大英断だと思います。何年先かわかりませんが、きっとこの決断は称えられることになると思います。それに比べてわが日本はまだ原発にしがみつこうとしています。何を守ろうとしているのか、国民の安全をどう考えているのか、日本中の国民が安心して暮らせる国にしてもらいたいと思います。

先日新しい閣僚が発表され、環境大臣に任命された小泉進次郎氏が「原発をどうやったらなくせるのか、どうやったら事故の恐怖におびえることなく生活できる日本を描けるかを考え続ける」と発言されていました。そして「明日、福島に行きます」「しっかり働きたいと思います」と精力的に答えていたのが印象に残りました。復興大臣政務官という立場も兼務しつつ、日本のある意味一番深刻な問題に取り組まなくてはいけないわけで、小泉氏の試金石となることは間違いないと思います。
plt1909120005-p1

これから原発に対する政策がどのように変わるのか、大いに期待したいと思います。



8月15日に禁酒を決めて、1ヶ月が経ちました。アッという間ですね。

で、何がどう変わったのかと言いますと・・・何も変わりません。(笑)
 
しいて言えば、晩御飯を食べるようになったため体重が若干増えたかもしれませんが測ったわけではないので、何となくそう思っているだけです。

30年以上ほぼ毎日飲んでいたので、禁断症状と言いますか、飲みたくなる気持ちを抑えられるかと少し心配していましたが、それがまったくありません。
家には、まだ焼酎などお酒がありますが、飲みたいとか我慢しているとかそういう感情が沸いてこないんです。我ながら不思議ですね。

ふと思えば、30年ほど前にタバコをやめました。この時は直後の1ヶ月くらい、吸いたい衝動を我慢した記憶があります。実際吸ってしまったこともあります。そんなことを経てどうでしょう半年くらい過ぎてほぼ完全にやめることができたような気がします。
ところが今回は、仕事の関係で懇親会などお酒を目の前にし、周りの人たちはぐいぐいと飲んでいる状況にいても、飲みたくなる欲望はわいてきませんでした。その状況になるとどうなるのだろうと、未知への挑戦?(笑)でしたが、全く平常通りに過ごせました。やってみないとわからないものですね。
また、ゴルフの時は昼食時にビールを飲むのが習慣でしたがこの時も飲んでいません。
喉が渇いて、ビールが美味しく飲める場面なんですけどノンアルコールビールが代役を務めてくれています。
FAE69E51-B743-49FC-B1D5-D020A1B7082F

1ヶ月経ちこれから急に気持ちが変わるとも考えにくいので、よほどのことがない限りこのまま継続できると確信してします。

やめて一番感じたことは、先ほどの懇親会などの場において、お酒を飲まないと、とても楽だということです。以前だとついつい深酒してしまい、部屋に戻っても風呂に入るのが面倒になってしまうことがありましたが、それもないため、汗を流しさっぱりして寝床に入れてとてもいいです。
これまでアルコールが体に負担をかけていたんですね。とにかく体が楽なことは確かです。
お酒を飲まないと楽しみがなくなるのではないかと少し思っていましたが、杞憂に終わりました。

また、何か月か先にこの続きを書こうと思います。
さてさてどうなりますことか。




「数独」という数字のパズルがありますね。
AS20190225004806_commL
こんな感じで問題があり、すべての列と行で1から9までの数字が重複することなく入ります。なおかつ9つのマス目の中も1から9までの数字が入ります。
また、マス目が正方形でないものや例えば偶数しか入らないマス目があったりとイレギュラーなタイプもありバラエティに富んでいます。
index

皆さんも一度くらい目にされたことがあると思います。

もうかれこれ10年以上前になりますが、結構これにはまっていた時があります。書店で問題集を購入してよくやってました。
出張などで電車移動の時など最適です。問題の難易度によって解ける時間が変わりますが、初級問題なら数分で解けますし、中級なら10分ほど、上級になると30分以上かけても解けないものもあります。
上級問題は解けると快感が大きいですが、ギブアップすることも何度とありました。悔しいですがどれだけ考えても解くことができずに断念したのです。
解けるととてもすっきりして心地よい快感があります。それだけに、つい次の問題へと進みたくなるから、中毒になる方がみえても何ら不思議ではありません。
時々地下鉄などの車中で問題を解いている方をお見掛けすることもあります。

今どきはスマホのアプリにもありますから、無料でそこそこ遊べます。これやってると、知らない間に時間が過ぎますから暇つぶしにはもってこいですし、おそらく頭の体操にもなると思います。ボケ防止になるという話もあります。

知らなかったのですが、数独の世界選手権が2006年から開催されているんだそうです。
毎年開催されており、個人と国別の団体戦で争われています。故人では日本人が過去4回優勝しています。そして団体では日本が5回優勝しています。日本が上位の常連国です。ほかにはドイツやチェコ、フランスと言ったヨーロッパ勢が強豪でアジア勢ではここ最近中国が台頭しています。

こんなに世界中で盛り上がっているとは知りませんでした。
ところで「数独」って変わったネーミングデスクトップよね。「数字は独身に限る」の略なんだそうです。これ聞いても何か釈然としませよね。独身って何?って思いませんか?
「数字が重なってはいけない」を飛躍させて「数字は独身に限る」となったらしいです。

解いてみるとわかりますが、結構頭使いますよ。
お時間とご興味があれば一度トライしてみてください。

このページのトップヘ