舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: その他

7月に入り、ここ1週間ほどで一気に感染者数が増加してきました。しかも今まで東京や大阪といった、大都市中心だったのが、地方都市でも感染者の数が増加してきています。

先週のことですが、弊社の社員が東京で仕事をして名古屋に帰ってきてから、体の不調を訴えてきました。熱はないのですが体の倦怠感や節々に痛みを感ずるということでした。もしコロナ感染であれば、早めに隔離しなければいけません。ホテルに宿泊してもらうことなど検討しました。
とりあえず、PCR検査をしてもらい感染しているのかどうかを見極めることが先決ということで、医療機関に行ってもらうことにしました。

しかし、病院では検査を受けるための条件に合致しないということで、検査を拒否されてしまいました。
その後の仕事のスケジュールも詰まっていたため、その調整に追われることとなりました。しかも行き先が東京ということで、リスキーな案件です。 客先にもこの状況を伝えて互いに情報共有することとしました。

その後、検査条件が緩和され受けることができ、陰性ということが判明して我々はホッと胸をなでおろした次第です。早速また客先に連絡し、お互いに良かったと安堵しました。先方のスタッフの方の様子を伺うと、問題ないとのことでしたのでこの周辺ではウィルスはなかったということになります。

4月頃の感染者数をはるかに上回る数が連日報道されていますが、人々が自粛する様子はあまり見られません。
この4連休も例のGo To キャンペーンという国の政策もあり、観光地に人が出てどうなるのか心配ですね。

秋冬に第2波が来るだろうと予想されていましたが、まさか夏前に来るとは早すぎます。医療の現場は大丈夫なのでしょうか。

緊急事態宣言が出されることは多分もうないだろうと思います。となると国民の意識だけが頼りになります。これ以上広げないためには、出来るだけ動かずに人となるべく接触しないことが大切です。
 
経済も気になりますが、命より大切なものは無いと思います。

 

本日2020年7月24日は東京オリンピックの開会式が行われる予定でした。
しかしコロナ禍により1年延期となりました。

もしコロナ問題がなかったとしたら、想像してみてください。 
FB703FA7-F5DC-4B4B-9C8D-C887AD717BAA

世界各国から選手や関係者が日本に集まり、56年ぶりに日本で開催されるオリンピックが華々しく幕を開けるはずでした。おそらく東京周辺では、宿泊するホテルはなく道路なども交通規制がかかり渋滞が予想されます。東京にお住いの方は大変不便な思いをする期間となります。まあ、それを言ったら世界中のどの国でもオリンピックが開催される都市では起こりうることですから、何も東京に限ったことではありません。
そういった街の暮らしのこととは全く別な次元で、オリンピックはスポーツの祭典であることは間違いなく、この4年に1度しかない世界の頂点に立つチャンスを目指し、多くのアスリートたちは我々に最高のパフォーマンスを見せてくれます。

連日、テレビではオリンピックの各種競技が放送され、自国の選手の活躍に一喜一憂することになるわけです。
しかし、今やコロナ禍の真っ只中で出口も見えない状況が続いています。もう、オリンピックのことなどに人々の関心は集まってなく、Go Toキャンペーンに振り回されている状況です。

オリンピックに出場する予定だった選手らは今どんな気持ちなのでしょうか。1年延期されたことで断念せざるを得なくなった選手もいると聞きます。一方故障などで選出されていなかった選手はチャンスが生まれる可能性も出てきました。選出に関しても非常に悩ましいですね、すでに決定していた選手を優先するのか、再度選出をやり直すのか。1年時が経てば当然コンディションなど変わってきますし、年齢の若い伸び盛りの選手などは、大きく飛躍することも考えられます。

1年後に無事開催できるのかどうかも今の状況では、非常に不透明だと言えます。 個人的な思いでは開催してもらいたいと思いますが五分五分くらいかなと思います。いや、開催できない方が高いかな。
もし、開催できない場合は延長はなく、東京大会は中止ということになりそうです。詳しくはわかりませんが、会場のことなど問題山積なのでしょう。

関係者の方は気が気でない日を過ごされているのでしょうね。コロナ憎しと思っておられることでしょう。
1A24A266-2719-49B4-946D-6F9497B6E2C7

 今年の3月に麻生氏の「呪われたオリンピック」発言が大きな話題となったことは記憶に新しいと思います。中止になった1940年東京オリンピックと1980年のモスクワ五輪ボイコットを引き合いに出されたわけですが、影響力のある政治家がこのような発言をされることは非常に不謹慎であると思いました。
しかし、振り返れば、国立競技場の大幅な設計変更や、大会エンブレムの盗作騒ぎ、日本オリンピック委員会会長退任、直前のマラソン競技会場変更など、まさに「呪われた」という表現がまんざらハズレてもいないのかななどと思ってしまいます。
B58A1026-9D67-4AB1-BA9C-358A5F2DA589

さて開会式を予定してのこの4連休ですが、オリンピックどころか、コロナ禍で気軽に遊びに行くこともためらいます。落差が大きいですね。
4月頃の感染者数に戻ってきました。いや、それを超えています。やはり人が動くとウィルスの格好の標的になってしまいます。 決して気を緩めることなく過ごしましょう。

ああ、どうなるのでしょうね、2020東京オリンピック。
 

先日ショッピングモールに出かけた際にポツンと置いてあるものが目に入りました。
3AC2B146-4682-454C-AB94-2BA3463B952E

検温システムです。これはとてもコンパクトでいいですね。要は体温が測れて高い場合にはなんらかの形でそれを知らせてくれればいいだけのことですから、仰々しい機械は不要です。
取り扱いが簡単なものがいいに決まっています。

背面はこんな感じです。
B506F05A-7F21-4D28-946D-03CD474A5096

説明書きが置いてありましたが、これまたシンプルです。これでいいですよね。人の手も不要でただその場所にあるだけで勝手に使えるのがいいです。
B457DD7D-C5C7-45B5-8122-E235C3DCBEE4

本来なら店の入り口に置いておくのがいいんでしょうけど、ここは2階か3階でした。ここまできてもし熱が高かったら、んー、困りますね。その辺りはちょっと疑問です。
C297060A-CD5A-4A47-A6CB-026731A47F06

このシステムは10万円弱くらいで購入ができるようです。
非常にリーズナブルな製品が登場しています。

病院や飲食店など人が多く集まる場所には必須のアイテムではないでしょうか。

 

Amazonや楽天など今やネットショッピングは当たり前の時代、利用したことがない人の方が珍しくなっているんじゃないでしょうか。
23982E69-D425-469F-A706-55132CE94D7E

商品を購入する際、決定に至る行程で過去に購入された方のレビューはとても参考になりますね。
レビューとは口コミのことで、星1から星5までの5段階評価となっています。
レビューを全く気にせずに購入する方はほとんどいないのではないかと思います。 
頼りになる反面、レビューには落とし穴もあるようです。 
それは「やらせレビュー」 の存在です。

例えば下記のような場合どちらが やらせと思われますか?
E6B7A6E8-5CAA-45B9-BD80-F624E505E9F6

正解はBの方で、星5のやらせレビューが多い分、購入した人から星1のレビューがつくというわけです。
1DA8AF62-62A1-49AD-B764-4965C599FDCD

そして今度はレビューの文章をチェックしましょう。
下記の例を見て何か気付く事はありますでしょうか。
0644893B-3533-4680-A3A1-D3C259351510

一番下の文章はニュアンスが変ですね。
これは中国など海外の業者が翻訳アプリで書いていることが原因のようです。

そしてなおかつ、3つのレビューの日付が同じというのもやらせを示しているとのことです。おそらく発注してすぐの日付なのだろうと推測できます。
0272EB4B-276E-460C-9B5B-8A82D54068C4

また、文字数がほぼ同じというのも疑ってかかるべきだということです。
E1C80E87-C704-499A-BD05-5A5E01BB9DAC

これは業者からの依頼の中に例えば「100文字以上で 」というように条件があると長々書く人はいません。自ずと文字数が揃ってくるわけです。多くの場合、サクラのアルバイトを使って書かせているとのことです。

また、最近では日本人にもサクラのアルバイトの要請が来ているようで、そうなるとニュアンスのおかしい文章はなくなり、 見分けが難しくなります。

しかし、やらせレビューを判別するサイトがすでにあるようで、その名も「サクラチェッカー」 と言います。
83270C70-923D-47CE-BD1D-6FF4EA63A513

商品のURLを入力するだけで判別してくれるということです。
5834F724-AE20-4F88-8639-EE211CDD7A03

騙す方も騙される方もまさにいたちごっこですね。

こういったやらせレビューに辟易した方は、有名人のツイッターやインスタ情報を活用されている方もいるそうです。これは出所がはっきりしているため、信用性が高いと判断されているのです。 
もちろんこれも、スポンサーからの依頼で出しているものもあるようですので、その辺りはしっかりと見極めることが大切です。

また、レビュー以外の問題も発生しており、二重価格問題があります。高額な定価設定からさも大幅な値引きをしているかのようなやり方です。
さらに、それなりの評価を得ている製品に新たなバリエーションが生まれたという建て付けで、デザインや設計、内容が全く異なる製品に評価を引き継いだまま新製品が販売されるという裏技が存在しているそうです。

困ったことに、まともな製品がこのような不正により粗悪な製品の陰に埋もれてしまっていることです。
Amazonのアルゴリズムを理解している業者は評価を上げるためにいろんな手段を講じているそうです。製品に力を注ぐのではなく、ネット上の見せ方に努力しているという構図ですね。
我々消費者は何を信じたらいいのでしょうか? 


 

今年になってからというもの、町で行きかう人々は皆マスクを着けています。日本人は本当に素直でまじめな人が多いのでこういう社会道徳のようなものが一旦できるとほとんどの人がそれを守る習慣が自然に身についているのでしょう。

一時のマスク不足も今ではほぼ解消され、普通にマスクを購入することができるようになり、価格のほうも落ち着いてきたようです。

この前のユニクロのマスクもやはりこの時期になると暑いので、夏用のマスクを購入することにしました。
そこで見つけたのがこのマスクです。
IMG_0054

余談かもしれませんが、僕はマスクと言えば「白」が当たり前だとずーっと思ってきました。今では黒やグレーや柄物など白以外のマスクが日常的に見られますのでなにも抵抗がなくなりましたが、以前は「黒いマスク」に対して少し違和感がありました。僕の感覚ですが中国の方が結構前から黒いマスクをよく使って見えるように思いました。「えーなんで、黒なの?」
なぜ、白ではなく黒なんでしょうね。マスク=医療関係者、というイメージがあり医療関係者と言えば白衣ですから白ということになり、「マスクは白」となるんですね。逆にいうと黒は何となくですが、ばい菌のようなイメージがありませんか?あくまでも個人的な感想ですが。

前段はこの程度にしまして、そんな黒に対して悪いイメージを持っていた自分が黒マスクを購入することになるとは夢にも思いませんでした。人は変わるものですね。
IMG_0056

このマスクは「アイスシルク」という素材が使用されており、生地が1枚でペラペラですから、結構涼しいです。あくまでも体感的ですがユニクロのマスクと比較すると暑さは2割程度の感じです。
これなら夏の時期にも長時間つけていられますね。
IMG_0060

これまで、暑い夏にマスクをするということはほとんどなかったため、全く新しい夏用マスクというジャンルができたわけです。最近多いポリウレタン系素材のマスクにありがちな嫌な臭いもほとんどなく非常に快適です。もちろんウィルスを防ぐ機能はありません。これは医療用マスクを除きほとんどのマスクが同様ですから織り込み済みです。
IMG_0058

具合がよかったのでグレーも買いました。
IMG_0059
今年の夏はこのマスクで乗り切りたいと思います。

このページのトップヘ