舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: その他

「野菜の鮮度が長持ちする」と巷で話題になっている物を試してみました。

用意したのはバナナです。普通にスーパーで売られていたものです。
D64A30E1-6ED0-49DD-8104-77A2C5D6D60D

買った日の状態です。
F1609B39-137D-4842-B4A3-BCE9D217D3B8

1本は袋に入れずに他のは袋に入れます。
24B3C162-6D48-4E8A-A97D-134C3370DFF1

袋に入れたら空気が入らないようしっかりと縛ります。
37E1BB2A-972C-48C3-AE3D-59C6201C5BFD

このまま常温で室内に置いて様子を見ました。

3日経ったところで一旦状態を見ました。
0FCD814C-E525-4AAE-80D3-5A51FFE507AA

左が袋に入れて保存したバナナです。ほんの僅かですが傷みの違いが出て来ています。

そこからさらに同じ状況で3日経過した状態です。
3A558713-36B6-4360-916F-60989C94427A

もうこれは一目瞭然ですね。

という結果で、この袋はかなり効果的であることがわかりました。たくさんの方が評価していらっしゃいますが、その噂は間違いありません。レタスなどの葉物も鮮度が落ちにくいため、色も綺麗なままでシャキシャキ感も保持できるようですから凄いですね。

この魔法の袋のからくりは、袋に配合された成分が野菜や果物から発生するガスを吸収し、袋の中の湿度を適度に保つことで熟れ過ぎや腐敗を遅らせるということです。ですから袋の口は必ずしっかり閉じていないと意味がありません。

ダイソーなど100円ショップで販売されています。今回購入したのはLサイズ40枚入りで100円です。
この袋があれば消費する前に傷んでしまって廃棄してしまうというようなことがなくなりそうです。家計も大助かりという商品で、今爆売れしているという話です。欲しい方は店頭で見つけたら即購入したほうがよさそうです。

 

海外ドラマの「LOST」を全て見終わりました。全121話、非常に見応えがありましたね。
8D1D70E0-D68D-4DEB-8D5E-D95B496A0EA9

まず感想は非常に面白いです。多くの方に支持され、社会現象となったのは当然だと思いました。
ネタバレするとこれから見る方のためにならないので、できるだけストーリーには触れないように書きますね。 

まず簡単に紹介しますと、アメリカで2004年から2010年にかけて放送され、ゴールデングローブ賞に輝くなどかなり人気があったドラマです。
制作、監督、脚本はJ・J・エイブラムス氏で、約16億円という破格の制作費をかけて作られました。墜落した旅客機の残骸などリアルに再現されていました。

物語はシドニー発の旅客機が墜落するところから始まります。そこは太平洋上のある島でした。奇跡的に命を取り留めた外科医師のジャック含め48人の生存者らと救助隊を待ちますが一向に来る気配はなく、サバイバル生活が始まりますが、いるはずのないホッキョクグマに襲われたり不気味な黒い煙に襲われたりと島の異常性が徐々にわかってきます。
ここまで書くとサバイバルストーリーかと思われると思いますが、実はそれだけでなく、この後さまざまな人間ドラマが繰り広げられます。一人一人の過去が明らかになり、見えない敵と戦いながら助け合い、時に対立しながら不思議な体験に遭遇していきます。

ドラマの中で宗教的なことが度々出てきます。キリスト教徒であれば普通の認識らしいのですが私たち日本人にはなかなか理解しづらいシーンもあります。

また、主演のジャック・シェパード役のマシュー・フォックスなど多くの無名の俳優が起用されたことも大きな特長だと言われています。
884F7446-FB96-40D2-8100-C0A3766864B7

イケメン詐欺師のソーヤー。
08D67203-318C-40DA-9E2E-4A9DFA4F4EBC

準主役と言っていい活躍のケイト。
5D99752F-A59E-4044-8642-D16D8A1F3BF8

いつも明るく癒し系のハーリー(左)とバンドマンのチャーリー。
B23F427D-00A5-449B-8B2E-9468D41E96C8

物語の中で重要な役どころサイード(左)とデズモンド。
89605579-D711-45F3-A432-09B4979FDBDF

韓国人夫婦のサンとジン。
36F043B4-3322-4E37-98D9-77CA2C3F30A3

島で出産したクレア。
95F0075B-7C8B-4EF0-8B84-E9B6FF6A7FD4

彼の存在で大きく盛り上がったベンジャミン。
1374C96D-CE1D-43C8-85B4-6EBEDFB026C2

そして影の主役と言っていいジョン・ロック。
8AA3B089-230E-40D2-9F7A-B4878E3BC75C



前半は島の中だけでしたが徐々に他の島、その他の地域とエリアが拡大していきます。また、30年前に戻ったり時間の移動が頻繁に出てくるシーズンもあり、壮大なストーリーに発展していきます。

見るとハマること間違いなしだと思いますから、覚悟して見てくださいね。
とにかく海外ドラマはすごいです。


 

今「5-ALA」という物質に注目が集まっています。それは今猛威を振るっているコロナウィルスの増殖を抑える効果があるということがわかったからです。
2B83C5B7-2E99-4E1E-963D-E6B45EFC4E62

長崎大学の北教授の研究チームが発表し、できるだけ早く実現したいということです。

 「5-ALA」とは天然のアミノ酸の一種だそうで、「生命の根源物質」とも言われ、我々の人間の細胞内でも作られているとのことです。従来、医薬品や健康食品、化粧品などに使われてきました。それだけに安全性は全く問題ないというのがいいですね。
6C9CF1D8-F42A-4097-B352-451AD3ACA4DE

今、世界でワクチンの開発、試験、製造が急ピッチで進められています。しかし、残念ながら安全性においては万全とは言えません。まだ副作用については未知の状態というのが現状です。その点「5-ALA」は安全でしかも安価で提供できると言われています。
室温で長期間保存でき、安定供給できるということですからとても扱いやすいですね。
さらにウィルスの変異種にも対応するということで、大きな期待が寄せられています。
ちなみにこの「5-ALA」を大量に生産できるのは世界で日本のある企業だけなんだそうです。

長崎大学は1月から「特定臨床研究」を行い、まずは長崎県内でコロナ患者さんに投与を行うそうです。
早い段階での実用化に向けて大きく動き出しているようで、私たちは期待せずにはいられません。
 

 

コロナ禍の中、今年の初詣も従来とは一変しました。

人があまり大勢集まらないような小さな神社で初詣を済ませてきました。
元日の午前9時頃でまだそれほど参拝客はいないだろうと思っていきましたが、それでも何十人かの人出はありました。おまけに露天商も少ないながら出店していたのには驚かされました。
10分ほど列に並んで待ちましたが、しっかりとソーシャルディスタンスです。
6E49067E-9937-405C-AE66-4E94C437F8B5

手水舎も感染対策のため柄杓は撤去されていました。
82FC8FCD-FCBA-4F28-BFA0-67248DADE693

例年ですと熱田神宮に初詣に行くのが慣例でしたが今年はやめました。ただ熱田神宮の近くを通りかかりましたので、周辺の様子を伺うとまあまあ人出はありました。中に入っていないので露天商などはわかりませんが、思ったより人が多いように思いました。

昨年4月に緊急事態宣言が出された直後は街から人が消えました。名古屋で1番の繁華街、栄周辺もゴーストタウンと化していました。現在は感染者数も3倍以上という事態にもかかわらず、コロナ禍になる前のような人の多さに違和感を覚えます。
感染に気をつけている人とそうでない人が両極端に分かれてきているのでしょうか。一般的に若い年代の人は感染しても無症状の人が多いため感染の認識がないと言われています。このような保菌者があちこちに出かければウィルスを拡散することになります。自分はいいかもしれませんが、もし高齢者に感染させてしまったらその方は命を落とすことになるかもしれません。それが自分の身内だったとしたらどうでしょうか。とにかく感染を抑えることが最も大切です。人が多く集まるところにはできる限り行かないことが無難です。
医療を守らないととんでもないことになります。

神前の前で手を合わせ皆さん願い事をされていると思いますが、おそらく「早くコロナを収束させてください」ということがほとんどなんでしょうね。

来年のお正月は平穏に迎えられることをお祈りします。
 
 

2021年あけましておめでとうございます。
9AAB47F5-1C9A-4C32-8BA8-DCFBF831996D

さて昨年は本当にコロナウィルスに翻弄された1年でした。しかも未だ出口は見えていない状態で、昨日大晦日の感染者数は過去最高を記録しています。
考えてみるとアメリカやヨーロッパに比べて日本は感染者数が長い間少なく推移していました。感染経験があると免疫ができ一定の期間は感染しないと言われていますので日本の場合感染予備軍が多いのは仕方ないのかもしれません。中国は1月2月頃爆発的に感染者が増加しましたが、その後収束させその状態を保っています。日本の約10倍の人口がいるのにどのようにして抑えているのか不思議な気がします。

ワクチン開発も急ピッチで進められているようですが、安全性の面ではまだまだ不透明だと言わざるを得ません。今年1年はまだ我慢の年になりそうですね。医療を守ることと経済を落ち込ませないようにすることというのは本当に難しいことだと思います。
我々にできることは、とにかく感染しないことです。人が多く集まるところにはなるべく行かないようにして、外出から帰ったら手洗いすること、人前ではマスクを装着することですかね。医療従事者の手を少しでも休めることが重要でしょう。

旅行や遠くに出かけることはしばらく我慢した方がいいと思います。

元旦早々から明るい話題ができなくて残念ですが、ステイホームでできることを中心に考えていくことが この1年の目標となりますかね。

必ずコロナに打ち勝つ時が来ると信じています。 希望を捨てずに頑張りましょう。
 

このページのトップヘ