舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 好きなもの

さて昨日の続き、「面白いもの」の2回目です。

13.クギの形をした爪楊枝・・これを目の前にだされた時の表情を見てみたい。
28-15

14.みんなをびっくりさせよう。入れ歯のアイストレイ・・これ飲むの勇気いりますね。
27-15

15.ブラジャーのドライヤー・・これって乾かしにくくないですか?
52-10

16.テディベアUSB・・だからなんにでも首を突っ込むのはやめなさいって言ったでしょ。
55-8

17.中指立てて色んな人を挑発する傘・・これ背後からいきなりキックされないですか。
3-20

18.子猫のちゃかご・・い・い・湯・だ・な・♬ハハン♬
37.0

19.ナイフのフック・・ここから一刻も早く立ち去りたい。
6-20

20.見られてる。後ろに目がついたジーンズ・・ジロジロ見るんじゃねえ。
50-13

21.悪いことに使ったらいけない。キスマークのはんこ・・悪用されたらシャレにならんくらいリアル。
23-16

22.ちょっと怖い?猫の目ピアス・・別な生命体が宿ってる?
1-20

23.木の上で使うために作られたテーブル・・この人どうやってここにこのカップ置いたの。
49-13

24.自然を感じる。芝生のサンダル・・足裏だけ自然って言われても。
51-12

以上です。
楽しんでいただけましたでしょうか。

ブラックジョークやウィットにとんだものばかりです。
気に入ったものはありましたでしょうか。
この回の僕のお気に入りは「入れ歯のアイストレイ」でした。

サイトより抜粋いたしました。

ネットで「面白いもの」というワードで検索してみました。

色々なものが出てきましたが、中でもこれは面白いと思えたものを僕チョイスでいくつかご紹介します。たくさんあるので、2回に分けてお送りします。

1.見えないシューズ・・見ている方は楽しめますが、使う人は大変です。常に足を清潔にしておかなくちゃいけません。
34-15

2.手を触れずに握手できるグッズ・・潔癖症の人には歓迎されますが、気を悪くされる方もいるでしょう。
47-14

3.本のシーツ・・寝る前に本を読む人にはピッタリのものですが、ページめくるの大変そうです。
8-20

4.常に傾いてるけど、こぼれないグラス・・微妙なバランスですね、おっとっと。手を伸ばしたくなる。
25-17

5.銃を撃っているように見える犬用リード・・ブラックジョークですね、動物愛護団体から何と言われるか。
2-19

6.本当のタコ足配線・・どうせタコ足って言われるなら、本当にタコの足にしてやれってとこですか。
4-19

7.ブラシのベンチ・・横に動かすと床の掃除ができますかね。
53-9

8.寝づらさマックス!エクストリームベッド・・あえて「寝づらさマックス」と言い切ってるとこが潔い。朝まで落ちずに寝ることができるか、毎晩ベッドと勝負です。
45-14

9.恐竜が産まれるキャンドル・・ロウにくるまれた恐竜の赤ちゃんが超リアル。
44-14

10.先祖返りしたようなラッパ型レコード音楽プレイヤー・・いいですね、古き良き時代と現代のコラボ。
42-14

11.逆さまのワイングラス・・何でこんなもの作ろうと思ったんでしょうかね。
54-8

12.女性が入っているとおもいきや、セクシーシャワーカーテン・・これがもしビジネスホテルにあったら、きっとドッキリしますよ。
7-20

いかがでしたでしょうか。
どれもユニークなものばかりです。
ちょっとブラックジョークなもの、個人的には大好きです。

この回の僕のお気に入りは「エクストリームベッド」です。思わず笑いました。あえて「寝づらさマックス」と言ってしまっているところもいいです。この発想ができることに感心しました。

ではこの続きはまた明日お送りします。

サイトより抜粋いたしました。

先日スーパーで、そら豆が売られているのを見つけ、買って食べました。
今シーズン初めてです。ちょうどこの5月頃からが旬の季節なんですね。
index11

僕は塩ゆでしたそら豆が結構好きです。この時期になるとたまに食べたくなります。
何気ないそら豆なんですが、調べてみると面白いことがわかりました。

まず、地中海、西南アジアが原産国と推測されるとありました。そして古代エジプトやギリシャ、ローマにおいて食されていたそうです。紀元前3000年以降中国に伝播し、日本には8世紀ごろ渡来したと言われているようです。とても歴史ある食材なんですね。

和名の由来ですが、さやが空に向かって付くためだそうです。
soramame_1

「空豆」ってことですね。とてもわかりやすいです。ほかに「蚕豆」や「天豆」という字をあてられる場合もあるようです。理由はさやが蚕の形に似ていること。「天豆」は酒処などで用いられることがあるんだそうです。

そら豆の花弁には黒い点があります。それが死を連想させるということで古代ギリシャ人はソラマメを葬儀に用い、不吉として嫌われることもあったんだそうです。
また、古代ローマ人は葬儀に用い、葬儀の際の食事にも供したとされています。
index

そら豆と葬儀にそんな関係性があったなんて、おそらく我々日本人はほとんど知らないことでしょうね。花弁に黒い部分があるだけで、不吉だなんてそら豆としてもいい迷惑かもしれませんね。

images


EFA5C0EB-D6F5-4F39-BC40-A4A3CC1F3750
お城を見るのが好きなんですが、ここ最近はとんとご無沙汰をしておりました。
そこで名古屋からは割と使いのですが、まだ一度も訪れたことのなかった犬山城に行ってきました。

流石に大型連休中ですね、すごい人出です。
8571C642-BD15-40B9-907E-F47CC6792FC2

名鉄の犬山駅方面から少し歩くと「古い町並み」 という一角に来ます。犬山城下町として賑わい、この通りには様々なお店が、どうでしょう100軒以上並んでいます。この通りをまっすぐ通り抜けると針綱神社そして犬山城へとつながります。

三光稲荷神社前でパチリ。
3F09576F-AE1E-4EE1-974F-E62CA9799D14

鳥居が連なっているところはみなさんの写真スポットになっていて、混み合っていました。
C80E0B0A-B5EC-46E6-BF38-E83CD96909DF

犬山城へは階段を何段も登っていかなくてはいけません。お年寄りや足の不自由な方は大変ですね。
EAD2EC2C-DD06-4752-94FE-88C60049B714

さて犬山城の入り口の門のところまで来ました。入場するにも列ができていました。
C00CA2A0-FA1A-4245-AD4C-C3C43A06E266

入場券を購入し、中に入り、早速犬山城をバックに記念撮影です。
1BBA8F25-9D97-4D76-98D0-D7F32FC71D19

この日は天気も良く、絶好の行楽日和と言いたいんですが、それを通り越して暑かったです。 
AF4EC455-14A9-4BE6-B7F0-9A864A06D3F5

天守閣に上がることもできるのですが、この日は上がるのに40分待ちとなっていましたので、諦めました。

もう一度門のところでパチリ。
1C70AC7A-BAA8-40F6-AC3A-C8586B6CDF05

お城を出て針綱神社に戻ると、御新馬として馬が祀られていました。
4970DB7D-810B-438B-8BE2-3B0B3497CA62

47BBB0D3-7609-4806-8E7C-4A2D03140073

DE5343C8-1D63-414D-8DAD-308B9F0D4F73

参拝して御朱印をいただきました。御朱印帳は四月祭礼のこの時期限定の特別なものでした。
0DAB0716-7754-44F3-940A-02E20E86CBB9

令和の新元号がとても新鮮です。 
F11EDA73-D2E8-44C7-A095-3BC145E1C41E

今日はものすごい人出で、ゆっくり見ることができなかったので、また日を改めて訪れたいと思いました。写真撮り忘れましたが、城のあたりからはすぐ脇を流れている木曽川を眺めることができ、ライン大橋などの眺望を楽しむこともできます。

次回の時には、僕のお城ウォッチには欠かせない石垣もゆっくり見てみたいです。 

友人のI君から「タケノコ取ってきたからおすそ分けするよ」という電話がありました。

そしていただいたのがこれです。もう湯がいてくれていました。
写真 2019-04-22 9 3

やはり旬のものをいただくのは、いいですね。
タケノコも香りが実にいいです。

1週間後には、山菜取りに行くと言っていました。この時期、山菜と言えば「コシアブラ」ですよね。
コシアブラの天ぷら最高です。山菜の王様ではないかと、僕は思っています。

タケノコは有難くそして美味しくいただきました。

I君、ごちそうさまでした。

このページのトップヘ