舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 好きなもの

愛知県もついに大村知事より「緊急事態宣言」が昨日出されました。緊張感がじわじわと伝わってきます。
新型コロナウィルスの感染対策は手洗い、うがい、マスクの着用、人との距離をとること・・・もう耳にタコができるくらいこの2,3ヶ月聞いていることです。
人と距離をとることをソーシャルディスタンスと言います。
そのソーシャルディスタンスを呼び掛けた企業ロゴが話題を呼んでいます。
unnamed3
わかりますでしょうか?ご存知マクドナルドのロゴですが、離れていますね。企業ロゴでソーシャルディスタンス(社会的距離)のメッセージを出しているのです。なんとお洒落なんでしょう。
ほかにも。
unnamed1
フォルクスワーゲンです。
m_clicccar-20200328-965101
これだけ見ると何かわかりませんが、ワーゲンの後に見るとアウディだということがわかります。
unnamed4
一見するとわかりにくいですが、新鮮な印象があります。
mig
まさに人と人が距離をとっています。面白いですね。

世界中が深刻になっている今日この頃ですが、こういった企業の試みには少し和ませてもらえます。
どうしてもぎすぎすしてしまう我々に、ちょっとだけ気持ちを楽にさせてくれます。素早くこういう演出ができるのは企業体質でしょうか、粋だなあって思います。日本の企業もこんな遊び心があると素敵だと思います。




今回は驚きの野菜アートをご紹介します。
まずは1枚の写真を見ていただきたいと思います。
35150385_002

わかりますか、野菜に切り込みを入れて作り上げるアート(芸術)なんですよ。
これを作ったのは岸本岳大さんという日本料理の料理人さんです。
unnamed

作者はこのような作品をいくつも手掛け、動画を投稿されているそうです。
いくつかの作品をご覧ください。
35150385_003
35150385_004
35150385_006
35150385_007
35150385_008

日本料理では刃物を使って、野菜に精巧な模様を彫りこんでいく「むきもの」と呼ばれる装飾技術なんだそうです。
20190826-00000300-oric-000-10-view
1565941163604

このようなアートを作るきっかけは、ネットでタイカービングを知ったことだそうです。このようは彫り物のことをカービングと呼ばれ、タイカービングはタイの伝統文化なんだそうです。
1565941144616

見てください、まさに芸術ですね。フルーツの特性を生かした芸術作品です。
picture_pc_5cf2e75f714ff7f535404eb2a50b7ba4

こういうデザインが美しいもの好きなんですよ。世界に一つしかないというところもいいですね。それに野菜やフルーツは長持ちしませんから、そのはかない寿命も魅力の一つになります。

「時短」のさらなる上を行く「高速ツール」が今話題になっているそうです。

まず1つ目は「超高速弁当箱炊飯器」です。
5_000000003453

1食分の0.5合をたった14分で炊き上げてしまうという優れもの。これがあれば仕事の休憩時間や仕事から帰宅後もすぐに炊きたてのご飯が食べられます。
2_000000003453
また、この器が弁当箱になっているので茶碗に移すことなく、そのまま食べられ、丸洗いもOKとのこと。洗い物も増やすことなく超便利という訳です。
3_000000003453
価格は6980円(税込)とお手頃価格なのも手伝ってか、大人気で現在は予約して4月上旬頃に届くそうです。

次は、瞬間湯沸かしケトル「ホットウォーターサーバーmini」です。
1_000000003420

一般的なペットボトルを利用し、逆さにセットしたらわずか2秒でお湯が出てくるという優れもの。2秒ってすごいですね、ほぼ瞬間ですよ。間違いなくインスタントコーヒーやカップ麺などに重宝しますね。お湯の温度は90度(Hot)と45度(Warm)の2パターンから選ぶことができ、ペットボトルも2ℓまで使用可能とのことです。
6_000000003420

見た通り非常にコンパクトでこれならキッチンやリビング以外にも寝室のベッド脇にだって置けます。
sepfpbbk-p01_02
小型軽量なので、すぐに場所を移動することもできそうです。よくあるウォーターサーバーは場所をとりますし、大きくて重たい専用のペットボトルが必要ですから、単身の方やご夫婦だけならこれで十分かもしれません。こちらの価格は7980円(税込)とのことです。
詳細はこちら

こういったアイデアグッズを見るの好きですね、見てるだけでも楽しくなります。



先日の甲府の出張で、気になるお菓子屋さんがあったので、行ってきました。

「竹屋あさかわ」 さんです。
5E68F322-EB78-4D31-A98F-D1C61B679F86

店内のウィンドウうには、和菓子がたくさん並んでいます。
DEFAAD27-74A7-4438-B4C1-DC753E865895
F561DC37-AA99-45D4-9888-CB76D36B13FC
EF464211-6491-4B8B-B105-C1BEE2389C39
96A65FD8-BBE3-404A-A9F4-64443EDB0625
159254FC-08CA-4754-8815-43D7B4516E9F

お店の方に了解をいただいて、写真撮影をしています。

豆大福も気になりましたが、賞味期限が当日ということでしたので、諦めました。
A8143017-DAF7-4368-AEC6-014722DF2DED

「かりんとう饅頭 」なんだか気になるネーミングですね。

もちろん購入しましたよ。

竹屋さんのチラシです、お店としても一押しなんでしょうね。
17D49D2B-6A59-4551-9970-88FE276B3C30

なるべく多くの和菓子を試してみたかったので、 1個ずつ買ってきました。
7C265B7E-5B3C-4EE3-A14F-497D83EE98DB

「夢見山」というあんまきです。とっても上品な味でした。
D944A81E-8982-458C-861C-467C925D5C6D

続いて気になる「かりんとう饅頭」の中はこんな感じです。
C8D18D2A-6182-4C77-A891-125455CBB619

食べてみると、これは絶品でした。饅頭の外側が揚げてあるためカリッとした食感で、とても新鮮です。

そのほかには、「ぶどうの樹の下で」もカステラ部分が柔らくてあまり食べたことのない新しいお菓子でした。
D3C42608-2774-4419-84D3-55352780E4F7

0F393937-D083-44B1-A67C-6BDE553106D5

そして地味ながら、これまた美味しかったのが「ゆべし」というお菓子です。
先ほどの写真の左下に写っているお菓子です。

どら焼きも美味しいですね、餡が甘すぎず小豆の味がします。
今回購入したお菓子は1個120円から190円です。
甲府に寄ったら、訪れてみてください。
 

新潟県の上越地区のちょっといいものです。
35FF87C9-3C41-4603-9D21-E92E7D01F605

今回は上越市内にあります、「上越観光物産センター」 に行きました。
すると何やらイベントが催されていましたので、ちょっと覗いてみることにしました。
8C147FDC-342E-40E4-9FC0-618EE7075A95


観光物産センターの中の土産物売り場のすぐ隣のイベントホールです。
D0387B30-A977-4AF7-85C2-6F1538C9B315

上越市のコーナーです。
1B0530E8-7CE4-4494-9CD6-A37310C8693E

興味深いものがいくつか並んでいました。
その中で選んだのは、まず小竹の笹団子パンです。1個200円です。
E2166CD0-E178-421B-8B61-27A39A4E6CD0

日本海の深海に棲む「幻魚」 (げんぎょ)を焼いた珍味です。上越市名立沖で獲れた新鮮な幻魚を乾燥させて焼きあげたものです。
E04C6C64-2C01-4833-B378-A7C8D8EDAFAB

新潟といえばお米です、特別栽培米「こがねもち」 を100%使って作られた「こだわりかきもち」です。
75A04FDE-450C-4838-9A3D-51ABA15598F8

新潟の日本酒が使われているバウムクーヘン「上越酒バウム 」です。
DDB603B2-21F0-42FD-91AC-1B9BFED1D607

これで、引き上げようと思い、物産センターの方を見学していたところ、すごいものを発見してしまいました。
E8372067-D296-445B-ABF4-DC512E4E5FE6

そうです、8月に新潟市で購入できなかった「バスセンターのカレー」 です。

これは見つけた以上買わなくてはいけませんね。
FADC3D7F-2EE9-441D-84F8-EE2D980707E1

品切れ続出ということらしいですから、非常に運が良かったです。

笹団子パンを食べてみました。
3E6F4545-1521-4E7C-9C9D-75DEFAEEDF79

外側はコシヒカリ米粉を使用した皮で包まれて、もっちりしています。
中はよもぎと小豆の餡がしっかりと詰まっています。
今まで食べたことのない食感と味がします。

パッケージのパンダの絵がとても可愛いです。
DFC749EF-CA09-4728-96FC-2795A3F70B07

袋の裏側はパンダの背中が描かれています。
3E85D7E6-0ADE-465B-9CA3-611748CA72F3

まだまだ知らない食べ物がたくさんありますね。

 

このページのトップヘ