舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 好きなもの

先日、娘から「ねえ、パパー、ちょっと来て」と珍しく声がかかる。
30歳を過ぎたけどもいまだに「パパ」である。いいのか悪いのかわからないが…

ま、それはいいとして、本題に戻る~「ap bankやるらしいよ」…「えっ!」
あまりにも唐突だったので、一瞬少し間があって「ほんとに?」
そして娘は手にしていたスマホの画面を僕に見せる。
0d7901e2-f62f-4bba-88ee-32b28f0819ce

おおー、すごい。なぜかそう思った。ちょっとテンションが上がる。

ap bank fesは静岡県つま恋で行われていた夏フェスで、過去2005年から2012年まで行われた。
index


>ap bankとは<

<<ap bankは、自然エネルギーをはじめとするさまざまな環境プロジェクトの支援や推進を行う非営利組織です。

音楽プロデューサー小林武史と、Mr.Childrenの櫻井和寿の2名に、アーティストによる自然エネルギー促進プロジェクト 「Artists’ Power(アーティスト・パワー)」の発起人である坂本龍一氏を加えた3名が自己責任において拠出した資金をもとに、2003年に設立されました。

ap bankの「ap」は「Artists’ Power」、そして「Alternative Power」のAPです。

環境プロジェクトへの融資や、音楽を楽しみながら、難しく捉えられがちな環境問題や社会問題などを身近なこととして考えてもらう場としての「ap bank fes」の開催、東日本復興支援などさまざまな活動を行っています。>>

20070614_305188

このフェスには、2012年に一度だけ行った。そしてそのすべてに感動した。心地いい疲れだった。

この時、来年もまた来るぞーと思ったが、残念ながらその翌年から開催されずに6年経ってしまった。

AA86ACB9-877E-4C63-9206-AACABC9EC3C3



その待望のap bankがまたやってくるのだ。

まだチケットも取れていないけれどもう行く気満々だ。


すぐにネットでチェックしてみる。
7月13日が前日祭、7月14,15日が本公演とある。前日祭というのは前回は無かった。

出演ミュージシャンもまだ決定していない。
どんな演者になるのか楽しみなところだ。

そしてMr.Childrenの櫻井和寿君から以下のようなメッセージが届けられている。(HPより)

~忘れられない風景が、
感動の記憶が、
「夏のつま恋」の中にある。
それは今も僕の身体中に住みついていて、時々どうしようもないくらいあの場所に帰りたくなる。
イヌとかネコとかサケとかハトとかにはあるって言うけれど、
ミュージシャンとしての僕の帰巣本能なのだとさえ思う。
つま恋は僕を育ててくれた場所。


あそこでまた、新しい音を、歌を、笑顔を、歓声を上書き出来るなんて、
まだ少し実感を持てないくらい嬉しい気持ち。


そうそう
「よく来たね」という歌が出来たのは、ちょうど今くらいの季節。
宮城の温泉地に向かうため車を運転しながら、ふと「夏のつま恋」に足を運び、ステージに笑顔を向けてくれるであろう人達を想像したら、なんとも言えない気持ちになって涙があふれ、危ないから車を路肩に停めて、泣きながら言葉をノートに書き留めた(笑)。


そのときのことを今思い出した。 うん。 あの気持ち。


櫻井和寿 ~

apbankfes2012_livephoto_fixw_730_hq

このフェスの1日はbank bandの「よく来たね」で始まる。

♬よく来たね 大変だったんじゃない?

 遠方まで 疲れちゃったんじゃない?

 こんなにいいお天気だから

 今年もいっぱい遊ぼう♬


そうか櫻井君は泣きながらこの曲を書いたのか。

どうりでジーンと来るはずだ。ライブで聴いた時、ちょっと鳥肌が立った。


7月が来るのが今から楽しみになった。







2月にコーヒーミルを購入してそれ以来、毎朝ガリガリと豆を挽きながらコーヒーを楽しんでいます。

我が家でこのコーヒーを飲むときはわずかですが癒される時間でもあります。
45514814-78D7-4D74-A821-C059DB025E83

最初の頃は豆を挽く細かさなどがうまく設定出来なくて、苦いコーヒーを飲んだりしましたが、3日間ほどでいい具合の設定に調整することができ、美味しくいただいています。
0E1C3E51-A30B-45A9-B989-F6E2F096FD6A

ミルを購入する前に、購入したお店で挽いてもらった豆で先日久しぶりに淹れてみましたら、結構味が違うことがわかりました。
6FFD4AAD-4962-4C4E-8322-AF2376DF42FB

何年間もこの味で飲んでいたかと思うと、もっと早くミルにすればよかったと反省します。
なんでも試すことは必要ですね。
BDFF7A43-A5D8-46FD-85C0-4E50B6F31D39

とにかくまずは使ってみる、それから判断する。というのが僕の流儀です。

料理でもまず一度食べてから、好きか嫌いかを判別します。
ですから喰わず嫌いという言葉は僕の辞書にはないのです。
噂や想像で判断するのは、どうも僕の性には合いません。
とにかく自分で一度試してみたいタイプなんですね。
思い込みで食べなかったものが、食べて美味しかったらもったいない話しでしょ。

夏の暑い時期になると、アイスコーヒーに変更します。
それまでの間もう少し我が家でガリガリしながらスペシャルなモーニングコーヒーを楽しみます。

ん?ちょっと待てよ、今思いついたのですが、アイスコーヒーも豆からやろうと思えばできますね。
これはトライしてみる価値があるかもしれません。宿題ができました。




あることから「嬉しいことばの歌」の存在を知りました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「嬉しいことばの歌」 作 村上信夫

「おはよう」って言えば、心の窓が開く
「ありがとう」って言えば、心がニコニコする
「いただきます」って言えば、心がつながる
「おかげさま」って言えば、心がおじぎする
「よかったね」って言えば、心が1つになる
「だいすき」って言えば、心がウキウキする
「だいじょうぶ」って言えば、心が柔らかくなる
「おやすみ」って言えば、心がまあるくなる
「おやすみ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

言葉って不思議です。
言葉一つで誰かを喜ばすことも、悲しませることも、笑わせることも、怒らせることもできます。
「嬉しいことばの歌」は人の心を豊かにする言葉です。

このような素敵な言葉が、日常に溢れることで、世の中が明るくなればいいですね。

僕は「おかげさま」という言葉が特に好きです。「心がおじぎする」ですか、この表現はなかなかできませんね。心を人になぞらえてとてもわかりやすいですね。

この歌の作者の村上信夫さんですが、元NHKのアナウンサーで、彼の著者「嬉しいことばの種まき」のあとがきに前述の「嬉しいことばの歌」が載っているそうです。
_SX346_BO1,204,203,200_

また、ご自身の公式ホームページで「ことばの種まき」というブログも書かれていたり、「ことば磨き塾」という活動を行われています。

今、社会の中で欠けつつある大切な「ことば」を磨くことの重要さを説いておられます。

やっぱり、「ことば」って大切です。
人間同士の大事な大事なコミュニケーションツール

栄のラシック5階にあります、フレディ&グロスターさんが一旦2月6日で閉店となります。
写真 2018-01-21 15 49 12
その後、リニューアルして再オープンするそうですが、メンズの扱いはなくなるそうです。

このショップは2012年4月にここラシックにオープンしたそうです。
僕はこのお店にはかれこれ4年ほど前からお世話になっていました。
o0480064013105597803
当時は栄ラシック開業9年目でこのキャラクターがキャッチフレーズでした。

お店のスタッフの方々とも自然に人間関係ができ、近くに行ったときは用事がなくてもよく立ち寄らせてもらっていました。もしかすると仕事の邪魔になっていたかもしれません。(笑)

3年ほど前に撮った写真です。(2015年3月)
99f29dba-s

トマト狩りに一緒に行ったこともあります。(2016年7月)
dd7ea6e9-s

昨年の10月に還暦同窓会がありました。
925d96c9-s

その一月ほど前のことです。
どんな服装にしようかと、スタッフの子が一緒に考えてくれて、あーだこーだとワーワーやってたことが懐かしく感じます。
僕のほぼイメージ通りのスーツがお店にあり、こんな偶然あるのかと驚きました。
写真 2018-01-21 15 57 03

皆さんにはお世話になりました。
写真 2018-01-21 15 59 04

1月28日におそらくこの店で最後になる買い物をしました。
写真 2018-01-27 11 40 19

写真 2018-01-27 13 10 22

これを節目に皆さんまたそれぞれの新たな道を歩まれていくことと思います。
この店がなくなるのは、大変残念ですが、皆さんにとっては新たなスタートとなります。

写真 2018-01-27 11 38 18
人生は出会いがあれば別れもあります。

今回の閉店は決してゴールではありません。
また、いつか会える時が来ることを楽しみにして一旦お別れしたいと思います。

4年間楽しませてもらいました、ありがとう。
写真 2018-01-21 15 49 45





先日の日曜日10日の午後、CBCラジオの「キスころ」という番組にMr.Childrenの桜井和寿さんがゲストで出演されていました。
DPyitj7UIAAreGC

パーソナリティはお笑い芸人ダイノジの大谷ノブ彦さんです。

ファンとしては桜井くんの生の声を聞けるのはなかなか興味深いですね。 
たぶん聴取者の数が普段よりぐっと増えたのじゃないかと思います。

番組の中で興味深かったのが、「桜井さん本人がの自分の楽曲の中でお気に入りの曲は?」という質問でした。
すると桜井君ほぼ即答で「ロードムービーです」と。

それを聴いた時ちょっと驚きました。たぶん多くの方がそうだったんじゃないかと想像します。
なぜかと言うと、この曲はシングルカットもされてなく、幾多の大ヒット曲の陰に埋もれている感じの曲だからです。
それともう一つ僕の好きな曲の一つであるということです。

桜井君曰く、その理由は歌詞にあるそうです。
♬いびつなうねりを上げながら オートバイが走る
寝ぼけた君を乗せて ほんの少しだけ急いで
月明かりが誘う場所へ♬という歌いだしで始まります。
男女がバイクで疾走しているシーンです。

ただこの二人は何か問題を抱えているようです。
♬今も僕らに付きまとういくつかの問題
時の流れに少し身をゆだねてみよう
この路の上のどこかにあるはずのゴールライン
そんなビジョンを道連れにして♬

♬泣きながら君が見てた夢は 何を暗示してるの?
カラスが飛び交う空に モノクロに輝く虹
誰も笑っていやしない動物園♬
「モノクロに輝く虹」というくだりは不吉なことを暗示しています。
「誰も笑っていやしない動物園」という言葉にも不安な要素がたっぷりです。

そして
街灯が2秒後の未来を照らし オートバイが走る
等間隔で置かれた 闇を越える快楽に
また少しスピードを上げて
もう1つ次の未来へ♬
この「街灯が2秒後の未来を照らし オートバイが走る」このフレーズが一番のお気に入りのようで、これができた時はあまりのすばらしさに自分で自分のことを天才じゃないか、と思った。と笑っていました。
僕は歌詞の深い意味まで理解していなかったので、初めてああそういうことなのかと理解しました。
桜井君の歌詞は難しくて意味が深い言葉が多いです。

街灯が等間隔に並んでいます。そこをバイクで走ると光が当たり闇になりを繰り返されます。
街灯が当たる、つまり光が当たることを明るい未来と暗示しながらバイクを走らせています。
それが2秒後の未来という表現になっています。
結局のところこの歌詞の中では、問題は何も解決していません。
しかし、「もう一つ次の未来へ」と締めくくり、少し明るい希望を感じさせてくれます。

桜井君が対談の中で話していましたが、「対比」という言葉を使っていました。
例えば「幸せとは何か」と考えた時、人それぞれ違います。
部活終わりのたった一杯の水で「幸せ」を感じる人もいるでしょう。
それは思いっきり喉が渇いているからです。

つまり苦しいことや辛いことがあってその先に「幸せ」があるのだということです。
要は「対比」ということです。

バイクの男女も問題があるからこそ、その先に明るい未来があるんじゃないでしょうか(想像ですが)


「そんなお気に入りの曲がなぜシングルカットされなかったの?」という質問には「シングルカットの場合、曲ができた時点で決まるんです」「その段階では詩がついていないことがあるのでそうなってしまいます」・・はあーそうなんですね。メロディーができてそれに詩を付けていくという順番なんですね。
また、製作段階の時一つの曲で二通りの詩を考えるときがあり、自分で決めきれないときにメンバーに相談することがあるそうです。するとほとんどメンバーの意見は割れることなく一つに決まるそうです。やはり客観性が必要で、他人の評価はできてもなかなか自分のことはわからないというのが本音のようでした。

少し話が長くなってしましましたが、そういう裏話的なことが聞けたことが非常に良かったです。

この放送を聞いてみたい方は、radikoのタイムフリーで17日までなら聞くことができますよ。
http://radiko.jp/#!/timeshift  (90分ほど出演されていました)


以前ブログで書きましたが、この「ロードムービー 」はアルバム「Q」に収録されています。
02

僕の中で一番お気に入りのアルバムです。
9作目なので「Q」ということらしいのですが、真偽のほどはわかりません。
ファンの間でも人気があるようです。

ではロードムービーをどうぞ。


P.S 12月6日にアップした 「フォーク・クルセイダーズの思い出」の中のYouTubeの映像がリンクされていなかったようでしたが、修復しました。すみませんでした。

このページのトップヘ