舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 好きなもの

先日の日曜日10日の午後、CBCラジオの「キスころ」という番組にMr.Childrenの桜井和寿さんがゲストで出演されていました。
DPyitj7UIAAreGC

パーソナリティはお笑い芸人ダイノジの大谷ノブ彦さんです。

ファンとしては桜井くんの生の声を聞けるのはなかなか興味深いですね。 
たぶんと聴取者の数が普段よりぐっと増えたのじゃないかと思います。

番組の中で興味深かったのが、「桜井さん本人がの自分の楽曲の中でお気に入りの曲は?」という質問でした。
すると桜井君ほぼ即答で「ロードムービーです」と。

それを聴いた時ちょっと驚きました。たぶん多くの方がそうだったんじゃないかと想像します。
なぜかと言うと、この曲はシングルカットもされてなく、幾多の大ヒット曲の陰に埋もれている感じの曲だからです。
それともう一つ僕の好きな曲の一つであるということです。

桜井君曰く、その理由は歌詞にあるそうです。
♬いびつなうねりを上げながら オートバイが走る
寝ぼけた君を乗せて ほんの少しだけ急いで
月明かりが誘う場所へ♬という歌いだしで始まります。
男女がバイクで疾走しているシーンです。

ただこの二人は何か問題を抱えているようです。
♬今も僕らに付きまとういくつかの問題
時の流れに少し身をゆだねてみよう
この路の上のどこかにあるはずのゴールライン
そんなビジョンを道連れにして♬

♬泣きながら君が見てた夢は 何を暗示してるの?
カラスが飛び交う空に モノクロに輝く虹
誰も笑っていやしない動物園♬
「モノクロに輝く虹」というくだりは不吉なことを暗示しています。
「誰も笑っていやしない動物園」という言葉にも不安な要素がたっぷりです。

そして
街灯が2秒後の未来を照らし オートバイが走る
等間隔で置かれた 闇を越える快楽に
また少しスピードを上げて
もう1つ次の未来へ♬
この「街灯が2秒後の未来を照らし オートバイが走る」このフレーズが一番のお気に入りのようで、これができた時はあまりのすばらしさに自分で自分のことを天才じゃないか、と思った。と笑っていました。
僕は歌詞の深い意味まで理解していなかったので、初めてああそういうことなのかと理解しました。
桜井君の歌詞は難しくて意味が深い言葉が多いです。

街灯が等間隔に並んでいます。そこをバイクで走ると光が当たり闇になりを繰り返されます。
街灯が当たる、つまり光が当たることを明るい未来と暗示しながらバイクを走らせています。
それが2秒後の未来という表現になっています。
結局のところこの歌詞の中では、問題は何も解決していません。
しかし、「もう一つ次の未来へ」と締めくくり、少し明るい希望を感じさせてくれます。

桜井君が対談の中で話していましたが、「対比」という言葉を使っていました。
例えば「幸せとは何か」と考えた時、人それぞれ違います。
部活終わりのたった一杯の水で「幸せ」を感じる人もいるでしょう。
それは思いっきり喉が渇いているからです。

つまり苦しいことや辛いことがあってその先に「幸せ」があるのだということです。
要は「対比」ということです。

バイクの男女も問題があるからこそ、その先に明るい未来があるんじゃないでしょうか(想像ですが)


「そんなお気に入りの曲がなぜシングルカットされなかったの?」という質問には「シングルカットの場合、曲ができた時点で決まるんです」「その段階では詩がついていないことがあるのでそうなってしまいます」・・はあーそうなんですね。メロディーができてそれに詩を付けていくという順番なんですね。
また、製作段階の時一つの曲で二通りの詩を考えるときがあり、自分で決めきれないときにメンバーに相談することがあるそうです。するとほとんどメンバーの意見は割れることなく一つに決まるそうです。やはり客観性が必要で、他人の評価はできてもなかなか自分のことはわからないというのが本音のようでした。

少し話が長くなってしましましたが、そういう裏話的なことが聞けたことが非常に良かったです。

この放送を聞いてみたい方は、radikoのタイムフリーで17日までなら聞くことができますよ。
http://radiko.jp/#!/timeshift  (90分ほど出演されていました)


以前ブログで書きましたが、この「ロードムービー 」はアルバム「Q」に収録されています。
02

僕の中で一番お気に入りのアルバムです。
9作目なので「Q」ということらしいのですが、真偽のほどはわかりません。
ファンの間でも人気があるようです。

ではロードムービーをどうぞ。


P.S 12月6日にアップした 「フォーク・クルセイダーズの思い出」の中のYouTubeの映像がリンクされていなかったようでしたが、修復しました。すみませんでした。

12月8日はジョン・レノンが凶弾に倒れた日です。1980年のことでした。
NHKの「クローズアップ現代」でジョン・レノンの平和活動について放送されていました。
14240D03-FB27-4E76-A62F-46E9196E4DBC

 ジョンは1966年ビートルズの絶頂期に東洋人のヨーコ・オノと出会い、彼女の魅力にどんどん惹かれやがて結婚します。その後ヨーコの影響を強くうけ、当時泥沼化していたベトナム戦争への反戦運動に傾倒して行きます。
6CC7A32C-C9D8-4F20-977B-C00498B9482B

そして発表された曲が「平和を我等に」 (原題Give Peace a Chance )でした。
AC5D4620-3ABB-4866-8661-9C8F6A74B2B7

すると大きな反響で大ヒットするとともに、人々の心を反戦に導いたのです。
1FA57617-5416-404B-9284-C712A4C79D17

各地で集会が開かれ、この曲の大合唱が起こったそうです。
D50BD7AD-C66D-4971-B96E-C8376A750F9B

また「ベッド・イン」 という「平和活動パフォーマンス」も行われ、世界中に大きな影響を与えたのです。
AA27C21C-17C9-4F14-9B97-EC5CCB9B656F

これは2人の結婚でマスコミが殺到することを利用して「憎み合うのではなく、愛することの大切さ」をアピールし「平和」を訴えたのだと言われています。
73AF3DD3-F242-47A0-80EE-8D318E752A89


そして1971年「イマジン」が発表されます。
「想像してごらん  すべての人々が  平和な暮らしを送っていると」 
想像することから全ては始まるのだ、という平和に対する強いメッセージソングです。
 「想像してごらん」というフレーズはヨーコの著書から引用したと言われています。
この辺りにもヨーコの強い影響力が伺えます。 
00071E14-AE00-4D2D-BFC4-3E6A299C1DCF

2015年、マドンナさんはパリで起った 同時テロ事件の追悼として、公演後広場でサプライズライヴを行ないました。その時「イマジン」が歌われたそうです。
24814591-0477-4F10-877B-FBB79D71C4AB

イマジンの歌詞を元に絵本が出版されています。
D192B2BB-173D-4384-B200-0D32FAD60F73

命日には暗殺場所であるダコタハウス近くのセントラルパークに作られた「イマジンの碑」に人々が集まり、「イマジン」が歌われていると言います。
D07CDC99-7FDF-4F5F-AA61-C99A7E94721D
4B087C01-A201-4C3D-ADEB-7924AF312CA4

亡くなって37年になりますが、今でも多くの人の心の中にジョン・レノンは生きているようです。 
B2E680C5-E3FF-4AFD-B8B7-E436AD21C331

 

米沢市にあります上杉神社に立ち寄りました。
9B8BA6F2-CF14-4F4F-A8E0-17F7C4621A67

ここにはあの上杉謙信が祀られているそうです。

上杉謙信は1578年越後春日山城で急死した後、遺骸は城内に仏式で祀られたそうですが、上杉景勝が会津を経て米沢へ移封されたのに合わせ移されたそうです。

1919年(大正8年)の大火で本殿以下全焼し再建されたものが現在に残っているそうですが、なかなか歴史を感じさせてくれます。

境内の様子です。
6423229B-CFAF-479A-9E25-FD65F6CC6186

上杉鷹山の像があります。
B8FCA350-AC09-4080-8DA9-B8AD23AA9D85

手水舎(ちょうずや、てみずや、ちょうずしゃ、てみずしゃなど幾つかの呼び方がある)も趣があります。
B0EFF21E-90FF-43E6-BBA8-5D6F64C08CA2

鳥居をくぐると拝殿が見えてきます。
758D6598-68E4-4D7E-ADB3-BD797A6551B0
D89AAB79-8786-4496-91FB-BFF8B7022DF3

立派な門の先に拝殿が鎮座していました。
6B70B85B-23FB-4918-BAFA-C9E3D7208229
4BC935A9-718E-4F8E-9725-EDC4D702842E
236AF808-5203-4E3E-AF5D-A6597D20C728

この場所はもともと米沢城址で城は残っていませんが、お堀で周りを囲まれています。
92020EF0-A100-4A12-8521-C4C52A1FC402
6B427122-239D-4512-B30E-152C8E040DF0

すぐ近くに松岬(まつがさき)神社があります。
65F587A8-284E-4903-8ADB-8BC90B84F363

こちらには先ほどの上杉鷹山らが祀られています。
BBA02137-72D1-4AF2-86BE-F6CF58CD1805
D064796E-0976-4F2B-AC03-22E7970B43E3

厳かな雰囲気のある神社でした。とても心が癒されます。
2C369BD3-95A7-45F5-8641-AA0B6475460E

最後に上杉神社でいただいた御朱印です。
81E6A2A9-7491-418F-9D53-AA2E97D28208

カバ丸くんたちが絵をかいています。
IMG_9830

"「好き」は心がわくわくしあわせ感じる 楽しい時間。"

先日ブログで将来時間にゆとりができたら絵を描きたいと思っていると書きました。

油絵とか本格的な絵を描こうと思っているわけではありません。

本当にスケッチ程度のイメージです。
学生時代、美術の成績も「3」で普通です。(笑)

特別絵が上手だったわけでもありません。

自分でも何がそう思わせているのかわかりませんが、漠然と「絵を描きたいなあ」という衝動に駆られているだけです。

年齢を重ねるにつれ、せわしく何かをするよりも、ゆったりと何もせずボーッとしている時間の使い方が一番贅沢な気がします。

例えば露天温泉などで湯につかり暑くなったら、湯船から上がって外気に触れ、何も考えず自然の風などを感じながら時を過ごす、なんてことです。

たいていの人は常に「時」に追われて生活しています。
その「時」から解放された時の快感なのでしょうか。

横になれる長椅子などがあり、時々爽やかな風が体を優しくなでるようにサワサワと吹いてくれれば最高です。




趣味として絵を描くということも、そういう意味では、贅沢な時間の使い方なのかな、と思います。

湖のほとりのような場所を勝手にイメージしているんですけどね。



そういえば、8月のカバ丸くんをアップできませんでしたのでこの場を借りて、載せておきます。
IMG_9729

盆踊りがテーマです、まだ1月前のことなんですが、なぜかもうだいぶ前のことのように思えます。

8月の最終週に予約の電話を入れたところ、今年はトマトの生育があまりよくなくて、今はもう予約を断っているとの返答でした。
IMG_9740

ちょっと調整してみますので、と一旦電話を切ってしばらくすると、返答が帰ってきました。
「舘さんところの分くらいは、何とかいけそうですのでOKです」 
「ただ最悪はこちらで収穫したトマトになるかもしれませんけどそれでもいいですか?」 
もちろんOKです。

というやりとりがあって、9月2日いよいよその日になりました。

やはりトマトの赤い色が相当少ないのが一目見てわかります。
これでは予約を受けれないよなぁ。
IMG_9753

一人人籠という約束で開始しました。
今年最後かと思うと、もぎるトマトも慎重になります。 
IMG_9739

そして収穫。
IMG_9757

ところでビニールハウス内には受粉のために蜂が放たれています。
たまたま近くに来たので写真を撮りました。
IMG_9752

ミツバチの仲間で 「マルハナバチ」という種類だそうです。
全身フサフサの毛に覆われていてちょっと丸っこい、可愛らしい蜂です。
丸っこいから「マルハナバチ」なのかな?

この蜂がいないとトマトができませんからとても大事な存在です。
人を刺すことはほとんどないそうです 。


来年の7月までお別れです。

 IMG_9744

このページのトップヘ