舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 招福 ねこ歴

今年最初の招福ねこ歴カレンダーです。また今年もカバ丸よろしくお願いいたします。
A91CA557-0AD1-4907-BFA0-7646DAAC94E7

1月はお正月、めでたいということで、獅子舞をしていますね。
最近では獅子舞を見る機会が少なくなって来ています。

獅子舞については意外に知られていないことが多いと思います。

 まず獅子舞には悪魔祓いや疾病を追い払う意味が込められています。
 獅子舞はそもそもインドから中国へ、中国から日本に伝えられたそうです。

獅子舞の獅子はライオンのことです。 インドの遊牧民が力の強いライオンを霊獣・神として崇めるようになったことから、獅子舞が生まれたようです。

日本では獅子舞に2つの系統があるそうです。
西日本を中心に全国に広まった獅子舞が、基本的に2人以上で1匹の獅子舞を演じ「伎楽系」(ぎがくけい)と言われています。
一方、関東、東北地方で主に見られるのが、1人で1匹を演じ「風流系」(ふうりゅうけい)と呼ばれています。1人で舞いお腹に太鼓をくくりつけて打ちながら踊るものもあります。

獅子舞は人の頭を噛み付きますね。それにはこんな意味があるそうです。

 人の頭を噛むことによって、その人についた邪気を食べてくれるのだそうです。
 悪魔祓いや疾病を退治する意味があるため、悪いことから守ってくれ、ご利益があるとされています。
子供の場合は、厄除けの効果が強くなると言われており、学力向上や無病息災、健やかな成長にご利益があると言われています。

また、語呂合わせで 「獅子が噛みつくと神が付く」と言う縁起担ぎの意味もあるそうです。

日本では室町時代から獅子舞が行われるようになったとされています。

そんなご利益がある獅子舞、 初詣などで獅子舞を見つけたら積極的に家族で頭を噛まれに行くといいですね。
※ 日本文化研究ブログより引用しました

今月のカバ丸君たちは、クリスマスツリーの飾り付けを楽しそうにしています。
1年に一度この時期の風物詩と言えますね。
5741B4F1-06A3-46CE-986B-26CD9D40E55F

子供の頃を思い出します。もっともこんな大きなツリーはうちにありませんでしたけど。(笑 )

家は大切です。僕は男なので、外で働いて家に帰ります。その帰ってきた家がもし暗いムードでは仕事の疲れも取れません。癒される場所であってほしいと思います。それがまさにホームなのです。

「幸福(しあわせ)は楽しい家にやって来る」 ・・・楽しい家なら家族は幸せを感じて暮らしているでしょう。幸せの定義は人それぞれで違うと思います。例えばお金持ちになることが幸せかというと必ずしもそうではないと思います。物質的なもので幸せを感じる方もいらっしゃると思いますが、一番はやはり心の豊かさではないでしょうか。心が満たされていれば、その人は幸せなんだろうと思います。

2011年に国王夫妻が日本に国賓として招かれ一躍有名になったブータンという国を覚えていますか。
南アジアのヒマラヤ山脈の東に位置する人口765000人の小国です。

この国の特徴は「世界で一番幸福度が高い国」として知られています。経済的にも文明的にも日本と比較すると随分遅れているこの国が幸福度が高いのですから面白いですね。

幸せは心の問題だということがこのことからもわかります。

スポーツの後やお風呂上がりなどに飲む1杯の水はとても美味しく感じますね。こんな時たった1杯の水にも幸せを感じます。

要はそういうものなんです。幸せって。
幸せを感じることができる人は、ある程度心が満たされていると思います。
いつも幸せを感じられる人でいたいと思います。


 

さて今月のカバ丸くんたちは、熊手をもって何やら踊っているようです。
C030786B-E186-49DE-A633-E545D0D3BC87

開運厄除  商売繁盛  家運隆昌  延命長寿
福かき集め 大賑わいの  酉(とり)の市 という今月のタイトルです。

さて「酉の市」ってこの東海地区では、あまりなじみがないように思われます。
関東地方では結構派手なお祭りが行われているようです。

「酉の市」について解説です。(名古屋大須 酉の市より引用)
☆酉の市の始まり☆
鎌倉時代(1265年)上総(かずさ)の国、鷲巣(わしのす)=千葉県茂原市に、「鷲妙見大菩薩」が現れ国家安泰人々の祈りが通じたそうです。この鷲妙見大菩薩は出現が11月酉の日であることにより、その日を酉の日とし祭りが行われるようになったとのことです。

11月最初の酉の日が「一の酉」。次が「二の酉」。三番目が「三の酉」と呼ばれ暦の加減で「三の酉」はない年がほとんどだそうです。祭りに市が立ったので次第に酉の市と呼ばれるようになり、来る年の開運、家内安全、商売繁盛などを祈るお祭りで「家の中に幸運を掻き込む」という縁起を担いで、熊手が販売されています。

関東では三大酉の市と呼ばれるところがあります。
新宿の花園神社、浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)/長国寺、府中の大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)の三か所がそれにあたります。

今年の酉の日は、三の酉が11月25日でしたので、すべて終了してしまいましたが、大勢の方でにぎわったのでしょう。

ここ東海地区では、大須にあります稲園山 長福寺(七寺)のもと「大須七寺 酉の市」が開催されていたようです。大須観音の南東方向に位置しています。

酉の市についてはよく知りませんでしたが、おかげで少し勉強になりました。

名古屋もここの所すっかり秋めいてまいりました。
昼間は少し暑いですが、朝晩はひんやりとします。
紅葉もそろそろ長野や岐阜県方面から徐々に下ってくることと思います。
7F622CB2-C2B9-4BE3-9122-39B761101806

さて今月のカバ丸くんたちは、ハロウィンということで仮装して楽しんでいます。

思えば僕がまだ子供の頃(50年前)にはまだ日本でハロウィンなんて言葉聞いたことなかったような気がします。
いつのころからハロウィン、ハロウィンって大騒ぎするようになりました。
ハロウィンというと、アメリカ留学中の日本人高校生が間違って銃で射殺された事件が思い出されます。あの時アメリカの銃社会が問題化したように記憶していますが、一向に変わっていません。

ハロウィンといえば、仮装ですが、仮装といえば最近ではすっかりおなじみとなった感のあるコスプレもそうですね。名古屋の街を歩いているとコスプレーヤをよく見かけます。
https _imgi
(2017年大須観音)
これは名古屋で世界コスプレサミットが開催されていることなどからそうなったようです。世界コスプレサミットは2003年に名古屋大須で第1回目が開催されました。世界中からコスプレーヤたちがチャンピオン目指して集合します。なぜ日本かというと、それはコスプレはそもそもアニメのキャラクターになり切ります、日本のアニメ文化と密接な関係にあるのです。
栄の大津通が歩行者天国になり、そこをコスプレーヤたちが占拠するという「ホココス」というイベントがまた11月11日に開催されるようです。
top_banner_hokocos_181111-thumb-470x470-5787

今年の5月と昨年の5月に出会いました。とにかくすごい熱気です。でも若い子たちが一生懸命衣装を作ったりメイクしたりしているところを見ると、頑張ってるなあと感心します。

アニメは日本が世界に誇れる文化となりました。その文化の一端を担っているのがコスプレーヤの人たちのように思います。
ハロウィンからだいぶ話がそれてしまいました。
ちょっと興味を持たれた方、ぜひ11日に栄へ覗きに行ってください。すごい世界がそこにあります。



♬月が~出た出~た~月が~出た~、あ、よいよい♬なんて口ぐさんでしまうような今月のカバ丸くんたちです。大きな大きな満月をバックに炭坑節でも踊っているかのように見えます。
A3B61CA6-A3A1-4F79-BE5E-2801FD03F543

さて9月と言えば「中秋の名月」ですね。
今年は24日がその日に当たっているそうです。

ちなみに昨年は10月4日だったそうです。必ずしも9月とは限らないのですね。

「中秋の名月」の定義とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを言います。
太陰太陽暦とは明治以前に日本で使われていた暦で、月の満ち欠けをもとに日付が決められていたそうです。新月の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になるとのことです。

また、「中秋の名月」=満月と思いがちですが、そうとも限らないようです。これは地球の公転軌道の関係で新月から満月までの日数が14日間から16日間と日数に差があるからだそうです。

十五夜の美しい月を見て楽しむ、なんて風流な行事でしょう。日本では平安時代の頃から貴族の間で広まったと言われています。一般庶民に伝わったのは江戸時代に入ってからのようです。
images

お供え物はススキに月見団子、里芋などの農作物が一般的です。ススキは白い尾花が稲穂に似ていて、魔除けになるという理由で供えるようになったと言います。

綺麗に月を見る条件はもちろんお天気が晴れていることです。ほんの少しくらい雲があっても結構絵になりますね。
index
さて今年の十五夜はどんな月が見えることやら、楽しみです。

まんまるに丸い月が見えるといいな。 

このページのトップヘ