舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 素敵な風景

さて、明治村の4回目、2丁目まで来ました。
545C6088-6FE8-46F9-9DA4-2B2D788D4A12
ハイカラ衣装館という場所があり、明治時代の服装を実際に着用して楽しむことができます。
女性は女学生、男性は書生さんの服装に着替えて、この村内を歩き回れるんですね。(1人3000円)
1-20-1-3-000
実際にこの日も何人か見かけました。ちょっとしたコスプレですね、ちょっと恥ずかしそうでしたが、楽しそうに見えました。

明治時代の扇風機です。うちわが何枚か円状についており、人の手で回して風を送るという仕掛けです。
まさに今の扇風機の原形ですね。
AA6421BA-E10B-470C-A942-2220CB8CD4B9

この絵に書かれているものを再現されたそうですよ。
A33B7059-19D2-4AA4-93D6-C579F4046A5C

さて、次に重要文化財に指定されています東松家住宅です。52167229-DC6E-47A8-8518-A7517C7099DA
 
名古屋市の堀川沿いにあったそうで、油屋を生業としていましたが、その後銀行を営んでいたそうです。
この建物は当初江戸時代に平屋で建てられた後、明治28年に2階部分を増築し、明治34年に3階部分を増築されたそうです。

玄関を入るとこんな感じです。
D6C9DD95-F024-46A0-892B-09038EC30D08

その頃の「ハレの食事」お正月やひな祭りなどとっておきの御馳走です。
メインは「ばらずし」と言われるちらし寿司ですね。
7467E9DD-6D0B-4517-A36F-C1D879AA77AD

一見質素ですが、欄間には手の込んだ彫刻が施され一般の家とは違います。
C7C4008A-0C91-486E-AD86-CDC6353385F9
 
江戸時代は富裕でも武士以外の階級は慎まなければならなかったようで、目立たないところでお金をかけておられたようです。
襖のとっても千鳥の形があしらわれ凝っています。
66B8F9F5-5C25-4CD2-ADD8-5F58F3723DC6

この障子部分の縦に入った3本のデザインですが、何かわかりますか?
FBDBFA15-8E54-4579-ACBD-BAC8A93E7C91
 
実は竹を縦に割って作られたものです。ところどころ横に筋があるのは竹の節です。
言われてみれば、なるほどですね。非常に手が込んでいます。

この襖にはさらに仕掛けがあり、裏側の扉を開けると半月が浮かび上がるようになっています。昔の人は情緒があります。
A1C36849-2CD1-4C3C-992D-769ED5B854A7

木の扉には千鳥の彫刻が彫られていました。千鳥がお好きなようですね。9DF62F87-AC91-40B9-8CE0-C947F88D024E

丸窓からは外がみえるようになっています。
AB09E406-3492-486D-9864-78EDBC4ED100

欄間のデザインわかりますか?
90BB2D5D-2FE3-4BA4-9187-B32C6280FB6F

花札の桐のマークですね。面白いです。

階段を上から撮ったところですが、かなり急こう配です。足を滑らせると真っ逆さまです。
6047943B-7FCD-4703-9B07-05E35D534E38

吹き抜けがあり、3階まで見えています。
19EFDB92-645F-4223-9C7A-4DB46920A384

案内していただいたガイドさんです。
1325AB07-93CC-476F-AEF0-521D7D480B2E

次に札幌電話交換局です、この建物も重要文化財です。
im_enjoy_sight_building_2-21_01

明治31年(1898)に建造されています。明治の初期にアメリカ人のベルが電話機の実用化に成功し、すぐに世界に広まったそうです。日本も明治時代に全国に広まりました。

外壁は厚い石で積み上げられ、頑丈にできています。
6D4DEA97-DDA0-4F70-9560-D5EAC3E22E51

当時の交換手の仕事に風景の写真が展示されていました。
FC360D69-6F79-4964-B925-320D7C7DA511
4C026CC9-A86A-4E01-98CB-13F00E4A162F


当時の電話機です。
7D4663E6-3CE8-4B1B-B5CC-C914BAEA09D4
D47A9D32-E1DC-4C3B-A40B-0F84EB0BBED4

交換機に使われている110号プラグは現在でもつかわれていますから驚きです。
AA6E87AF-6661-4CCF-A8B2-F4F742E1F756
「触らないで」のマークのうしろに並んでいるプラグです。

では2丁目はこの辺りで終わります。

さて明治村の3回目は3丁目をご紹介します。

まずは北里研究所・本館です。あの日本における細菌学の先駆者、北里柴三郎が大正4年(1915)に建てた研究所の本館です。
0B3E279E-763A-4A88-A286-50CC00A448B6
 
ドイツバロック風を基調にした建物なのは、北里がドイツ留学していたことから、それに倣っていると言われています。日本の建物とは思えません。

次は芝川又右エ門邸です。西宮市に明治44年(1911)、大阪の商人、芝川又右エ門の別荘として建てられたそうです。当時としてはこの西洋風な建物はかなり目を引いたでしょうね。
5EDB266C-CDE8-4EF0-93B2-0F9A7D0B0B27
F11DE57D-0F0C-44A2-B0E1-614505987CE6

またまた京都市電に出くわしました。
AD3620A6-1179-45DB-A4A2-42D95B9498AD

車掌さんがまたレトロな雰囲気を醸し出しています。
7073D35E-5D36-4559-B354-A3918203B2C5

そして、西園寺公望(さいおんじきんもち)別邸坐漁荘(ざぎょそう)です。
im_enjoy_sight_building_3-27_01

ガイドさんに中を案内してもらいました。西園寺公望は政治家で明治時代に内閣総理大臣も務めた人物です。
5AF86633-0B0A-4C60-ADFF-618F69DAF637

窓の外にはかすかに入鹿池がみえていますが、実際には駿河湾の海が望めたそうです。ここから見える景色が気に入っていたそうです。
A990C498-069E-4A34-AB67-38FAC2906249

庭園も趣がありますね。
EBD44443-76B5-468D-87C4-59A805DBD910

このボードなんだと思いますか?
AA797DDF-78F5-4CFA-8D43-2D6001B781D3

主人の西園寺が家のいろんな場所から女中さんを呼び出すためのスイッチが設けられており、女中さんはこのボードを見るとどこから呼び出されたかがわかるようになっているのです。
100年も前になかなかハイテクなことが施されており感心します。

台所ですが、ここで煮たり焼いたりはしません。料亭で作らせ運んでもらい、ここでは暖めと盛り付けだけを行っていたそうです。
22AD6C69-11EC-4ECE-A6A9-BB8E6F89DDD2

お風呂場は洗う場所が広く設計されています。女中さんに体を洗ってもらうためだそうです。
70BD34AA-843C-4F2A-BA48-A2FD39EEEECB
この扉気になりますね、賊が入ってきた時にここから脱出できるようになっているのだそうです。
E3B4C619-3F3B-4EF5-888C-2432EEB59DB6
この写真はそうではありませんが、家の中は動線がわざと入り組んで作ってありました。万が一良からぬ者が侵入した時に迷うようにしてあるそうです。

話しは少し変わりますが、村内にはところどころにゴミ箱が設置してあります。
それがちょっと変わっています。
88B1CA4E-7C91-4B2F-BC61-D75D9DD00C31

それはプラスチック製のふたが付いていることです。ここだけはあまりレトロ感はありませんが、苦肉の策なのでしょう。おそらくカラスが餌をあさりに来ることを防止しているのだと思います。ゴミを散らかされると厄介ですからね。

以上3丁目でした。


さて明治村の続き、4丁目からです。

「呉服座」が見えてきました。これは「ごふくざ」ではなく「くれはざ」と読みます。大阪、池田市から移築されています。
EF814525-6ED0-4FBC-A637-1FF90285FB6E
明治25年(1892)に建てられたもので、地方巡業の歌舞伎や芝居、落語や漫才といった当時の大衆文化がここに集まり、大人の遊び場、社交場であったそうです。
ガイドさんの案内で中を見学させていただきました。
72EE3DF8-D1B6-432C-BF45-B510ACA49466

中に入ると、昔懐かしい芸人さんの写真が飾られていました。
0AEE6E4C-05A1-4665-9851-D477E1B6AF09
D8727E1B-3F66-47CC-9046-1D575E5B4A24
6CC12F5B-71E2-42B8-B3F6-325ED8172CF2

客席です、マス席になっています。
5473A0F8-68DE-496A-8948-ACAABA837C32
こうして細い板の上を歩いて自分の席まで行くんですね。板は今でもしっかりしています。
E3C246FB-86CA-4378-847D-22E27518D7F9


舞台に上がり天井を見上げると、ブドウ棚は竹で組まれていました。舞台袖にあるウィンチはこの時代から現在でもそれほど変わっていないように見受けられます。
A5EA5330-A4DA-4399-ADA8-D120942616B6
CAEA0C05-F6C0-43A5-9AD2-3A6EE8C78E8D

舞台下いわゆる奈落へと案内されますと、廻り舞台の機構を見ることができます。なかなか貴重な体験です。
354604E8-5AAF-42F1-988C-942F5F753BA6

「呉服座の紋章には何か描かれていますが、わかりますか?」という問いがガイドさんからありました。
どうですか、わかりますでしょうか。僕はわかりました。
9C67A2F6-17FF-444B-B5D6-8EBB3CAD15BA
 
「座」という文字の周りをおかめの横顔が囲んでいるんですね。これも遊び心なんだそうです。

ここで使われている座布団にはこの紋章が使われていました。
E47E9810-772F-4CAD-AC87-21AEFE0585FA

当時の料金表ですね。
EDA72854-DC3F-4CB5-AA8A-8F831495A061

昭和59年に国の重要文化財に指定されています。書き忘れてしまいましたが、5丁目の聖ヨハネ教会堂も昭和40年(1965)に重要文化財に指定されています。

そして、現在でも芝居など特別公演が行われ立派に現役なんだそうですよ。

次に鉄道寮新橋工場・機械館へと進みます。
昔使われていた、機械群が数多く所せましと展示されています。中に入ったとたん機械油の臭いが鼻を突きます。
8E4D8D47-A395-485C-BCE7-37D3D7E99007
56FB3D1E-5F2F-493A-8011-5F6C0B1AF7C6
AA959E54-BC67-4742-AC82-DBBC3A1D38FE

綿から繊維を作る機械ですかね。
B738671A-29A9-44CD-A915-0162A8C0CB22
6F365646-26F9-44DF-B3B1-472B8F4F9C5F

どんどん糸になり巻かれていきます。
D94549C3-EC67-48ED-8079-399E7317207B
F3790E8A-7B1F-48D9-8BA4-6A12400E5D06
DA597DEA-9C88-4185-8776-70FFC062B39D
昔はこのようにして繊維が作られていたんですね。

さてお次は蒸気機関車です。尾西鉄道蒸気機関車1号です。
BFEAF3B8-D66D-4699-9CB4-C0EF8AFACF36

記念にパチリ。
8B1A909F-D4BB-4F38-850D-F3FB0806D9D2

蒸気機関車の姿ってとても魅力的でなぜか惹かれますよね。「ノスタルジー普遍の法則」って以前ご紹介しましたが、その通りです。

ふと見ると市電が走ってきました。京都市電なんだそうです。
B4B9B5BD-9D77-463D-8E6D-C4FA4C1866F0
38783A6A-2814-4BE8-B15E-75F0779547B2

ちなみにこの市電は大人500円で乗車することができます。

今回はこの辺で、次回は3丁目をご案内します。


先日、愛知県犬山市にあります博物館明治村に行って来ました。
広大な敷地の中に所狭しと国宝級の建造物が建っています。

正面と北口ゲートの2か所入口がありますが、北口から入りました。
入ってまず見えたのが蒸気機関車です。現在でもちゃんと動いていますから貴重な乗り物ですね。
EA639DF4-2BE6-4204-BF37-311EBEF155E7

そして次に見えてきたのが、帝国ホテルの中央玄関です。
32F8C628-17AC-42E7-9418-AE63501DFB26

 とにかく装飾が細かくて手が込んでいます。時間とお金をしっかりかけて建てられていることがわかります。
49488358-B3E8-47C9-962A-3023967898CF
石や銅板など現在ではあまり使われない資材が使われており、建造には相当な労力がかけられていると想像できます。かつてマリリン・モンローが新婚旅行で宿泊したこともあるというのは有名なエピソードです。いろいろな映画やテレビドラマのロケ地としてもかなり使われているそうです。知らないうちに見てるかもしれません。

ロビーの吹き抜けです。柱の中がほんのり光っていますが、これは設計したアメリカのフランク・ロイド・ライトが日本の行灯をイメージして作ったそうです。
6700DDBE-E5CA-4E63-9A57-F54C20BA643E

家具も彼の設計によって拵えているそうです。
C3ABC569-04E4-4874-9D50-B812B2445AC9
59188CDE-294C-4EC8-B0FC-50D09D306E69

また、帝国ホテルとは関係ありませんが、このテーブルはポーツマス条約の調印の時に使われた本物です。
9847C384-0684-4644-A85E-E072DEB37DFB
03C71127-F435-4217-A5C2-2A4715B7AF4D

写真ではわかりにくいですが、金色の小さなタイルがたくさん使われてキラキラ輝いています。
8CE6EE61-5602-4102-8B50-566F6577E837

ボランティアのガイドさんがいてくださり、丁寧に案内していただけとても分かりやすかったです。ガイドさんがいるといないでは大違いです。
9218074C-BB93-4BF4-AE9F-E446892A8435

通常建築物はシンメトリーに作られます。しかしそれではつまらないということで、わざと非対称にしてある部分があるそうですが、わかりますでしょうか?
A990AB22-4525-407B-95C9-80757A61039E


ここに行くきっかけは友人のこんな言葉からです。「明治村は見る価値あるぞ」。
実際に行ってみてその言葉に偽りがないことがわかりました。

美味しそうだったので、コロッケを買ってみました。味はまずまずでした。
ちなみに明治の味かどうかはわかりません。
9B2D9E3C-CA30-4D6A-9F76-78CF64D241B0

金沢監獄中央看守所・監房です。木造の大きな建物です。B30E2409-2A35-4DE4-8F72-DEE00CC4B757
中に入ると、看守所があります。
D2149DB9-69A8-4675-817F-586C506CD78E
その横には、か「書信室」です。家族に当てた手紙などを書く場所のようです。
3FFA3B93-2FA3-4450-939B-765DC6FBAA71

そして独房です。
D79F4180-D774-418B-8146-C9430649482D

中に入ることができるので入ってみました。
513DB4C6-6D68-42CF-A116-2B2F9DA05134
何かわかりませんが反省してます。(笑)

次は聖ザビエル天主堂です。
EEFD0264-6B80-4860-8416-D57FC342F928

大きな教会で、中に入るとステンドグラスが素晴らしいことがわかります。
5D20DDA2-B1F3-4859-A53F-659A118F0FE0
B2BB9862-6512-4673-8D30-767FDD8EFB6F

「るろうに剣心」とコラボしており、このイラストの月が・・・
ACD90E89-0533-4A7E-B2FC-CB557ED3CCBF

あらら、不思議、月がステンドグラスに変わりました。
402BAEB9-43A9-49F7-9B28-81BAB7994F29

ちょっとした仕掛けがあるんですね。
9F2F3089-EFB2-4736-9CCA-AEE9BAF2499D

このバラ窓は京都から移築するにあたって保管されたオリジナルのものです。

重厚感があって素晴らしい建物でした。
0D340BAA-A198-41F3-A78E-69F4F2626ECC

この続きは4丁目です。また近いうちにアップしたいと思います。
タイトルに「大人も楽しめる」としましたが、「大人が楽しめる」とした方が正解かもしれません。

今日の早朝のことです、いつものように散歩をしていると、東の空が赤く染まりだしました。はじめは「ああそろそろ日の出の時刻だな」くらいで、空のことを気にしていませんでしたが、だんだん時間が経つにつれ赤みが広がり始めたのです。
6FBFF6CC-564F-4C74-9BA1-3B4BA4A4B47A

これは、写真に収めておこうとシャッターを切りました。
553B147E-2A0F-4DD3-BD7B-1B95ACCA52E4
E7466700-8948-49B6-A02E-C0C04263614E

時刻は5時35分から40分頃です。日の出の少し前の状況ですが、雲が朝日に照らされ素晴らしい風景を見せてくれます。
7A6B343F-32A5-4CFD-A8BB-35671A61EB34
A2971AAC-70E2-4F3D-96DE-540FE4455F26

考えてみれば朝焼けの風景というのは、太陽だけの問題ではないんですね、脇役であるはずの雲が時として主役になるほど重要な役割をします。太陽と雲の位置関係や雲の形などの要素がうまくはまると、我々人間から見て素敵な風景に映るのです。

この写真は、たまたま昨日撮った雲の写真です。
5F715500-1D33-41AE-981E-055B4D273431

面白い形だったので取ってみました。青い空に白い雲がとてもさわやかで、天の川のような感じにもみえます。
雲は時間とともに少しずつ形を変えていきますから、二度と同じ形を見ることはできません。まるで生き物のようですね。

早朝よりきれいな景色を見ることができると、とても幸せな気持ちになります。ちょっと得した気分ですね。

このページのトップヘ