舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 素敵な風景

さて昨日の続きです、「MIZKAN MUSEUM」です。
ミツカンミュージアム、頭文字をとって「MIM」(ミム)と呼ばれています。
17_sanpo_1

食酢と言えば、ミツカン酢ですよね。そのミツカンさんが半田に建てられた、酢づくりの歴史などが楽しみながら学べる体験型博物館です。
site3854-01

9A332153-BF24-45DD-8506-8E06A3BA0945

「大地の蔵」ゾーンです。
ミツカン酢の歴史は古くて、なんと1804年創業と言いますからもう210年以上も経っています。
52

面白いのれんの通路があります。これは半田の山車31台分の法被をモチーフに作られています。
とってもおしゃれですね。「風の回廊」ゾーンです。

江戸時代、握りずしが人気を得ていたそうです。そのすし飯にあう粕酢として大ヒットし、江戸っ子のハートをつかんだようです。以来、すしとミツカン酢は切っても切れない関係となり、今に至っています。

半田から江戸まで弁才船(べざいせん)で1~2週間かけて運んだそうです。
20160627142348-0002
現代のように、交通網が発達していなかった時代は、船が貴重な運送の役割をしていたのですね。
川のほとりに製造拠点を置いている意味も分かります。

実物大の弁才船の模型です。全長20mとかなり大きいですがこれでも小型の部類なんだそうです。
4F526C7A-D7FA-4BC7-95A8-D834130CFCEA


ミツカン酢がその昔ビールを製造していたそうです。

それがこのカブトビールです。
DF6FD5FD-6420-4754-ACDE-CD2DC814DC42


明治17年(1884年)頃、知多半島でもビール造りに取り組む酒造家が現れ始め、それに触発された四代目中埜又左衛門が、一気にビールづくりに取り組み明治20年(1887年)に着手、明治22年(1889年)に念願の自社醸造ビール「丸三麦酒」が発売されたのです。

93384D2B-8971-4B45-8E3B-EAE7C80E6387
「赤レンガ建物」は明治31年(1898年)に1年かけて作られた「丸三麦酒」のビール工場跡です。
創建から120年という長い間、三河大地震や半田空襲などに見舞われてもしっかりとその姿を現在に残しています。
基本設計はドイツの会社が行ったそうで、いかにもドイツ人らしい頑健な建物ですね。やはりビールとなれば昔からドイツが本場なんでしょうか。

さてお土産に復刻カブトビールをもらいました。
9A7C0558-BF49-41F3-9295-FC826E6332AC

06A39A51-78F8-4171-8D20-3D1F2CFE2732

左が大正時代、右が明治時代のビールだそうです。ラベルのデザインも歴史を感じます。
04-pic-02
昔のポスターは味があります。

早速飲んでみると、これがなかなか苦いです。
最近の口当たりのいいビールに慣れてしまっているせいか、やけに苦く感じました。
昔の人はこういう味のビールが好まれていたのかな。
1900年にパリ万博に出品し、見事金賞を受賞しているということで海外でも認められた味のようです。
89D9409B-EF2D-4B96-8984-3F97D721E3C8

妻からこの半田地区に「1度は絶対行った方がいい」と強くアピールされました。

半田は名古屋市内から近いので行こうと思えばいつでも行ける距離ですが。案外この土地に行ったことがありません。
今度ゆっくりと訪ねてみたいと思います。
4C7CCE62-613D-4B26-B109-39AE0218A821
 

「半田市を探訪」ということで、この土地の名所について書きます。

「新美南吉」という作家をご存知でしょうか?彼は愛知県半田市出身の児童文学作家です。
29048D06-2F71-4F2B-AD98-57F138FA518F

彼の代表作には有名な「ごんぎつね」があることはよく知られていると思います。
CE3A1DCC-E8F5-42C8-A268-A91C1D1F457F

1913年に半田で生まれ、わずか29歳の若さで亡くなっています。
DCE6644C-8E08-46EA-8244-850029C0709C

「新美南吉」で彼の原稿や日記、手紙などの資料と南吉の作品であるジオラマ模型の展示が行われています。
1C8B4647-A86C-4378-9C25-2BAC9A2B4911

いたるところにキツネの可愛いキャラクターが飾られています。
F0CF737D-BDAB-469D-B28F-8CB3055C6A1A

とても素敵な建物ですね。
AD8A48BE-B44A-4BFA-B264-C1F41874A571

とここまでまるで僕が行ってきたみたいですが実はそうではなく、妻が友人と行き妻から土産話を聞いたのです。
E87E61A4-C31C-4D39-A6C5-D9FEF8B8E447

3B696333-F39B-4172-8D2E-CED8A4C68AC3

3月22日は南吉亡くなった日で入館料が無料で営業されていました。
A505DCC9-349C-460A-9C09-9E02EF01EB96

8FAC8300-E5C2-4A5C-ACB0-254DBA0CF919

28歳とは思えないような含蓄のある言葉を残しています。

明日は半田のもう一つの名所である「MIZKAN MUSEUM」を取り上げます。

お楽しみに。



中日映像出版のお花見会を26日、近くの志賀公園で開催致しました。3日連続で桜の話題になります。
平日の夜ですので、ここで花見会を行なっているのは多分我々のグループだけです。(笑)
0F3DA541-C393-4FB7-AF4E-74AB87A7B790

桜の花は先日もお伝えしましたように、満開まではもう一息というところですが、この日も昼間はポカポカ陽気で…というよりも初夏のような感じで半袖シャツで遊んでいる子供もいたくらいでした。

今まで花見会を何回も開催していますが、今回は稀に見る暖かさです。
念のためダウンジャケットを用意していましたが、使わずに済みました。
F3DF7CED-6219-418F-A4A1-9F6180759FDE

風もほとんどなく、最高に日和でした。

豊橋からも2名参加してくれ、いい花見会になったと思います。
557E3EC1-F393-42D5-9FD0-F159A883B7C6


いつも思うことですが、日程調整から始まり、当日は準備や参加人数の確認そして場所の決定などなど、結構やらなけれなならないことがあります。
0A84C175-2C13-4F0E-8C39-C4991BA49FEB

今回はNくんにその辺りのことを任せて、しっかりとやり遂げてもらい感謝しています。

そして最後の撤収も、皆で協力しあって手際よく片付け、チームワークの良さが垣間見えた瞬間でした。

手料理をわざわざ作って持って来ていただいたAさんにも感謝します。
95675FBE-D5DE-4447-8AA8-587F850CFA41

そして今回おそらく始めてだと思いますが、キッズが2人参加してくれました。

2歳と4歳の男の子です、とても可愛くって完全に桜より中心になっていました。 (笑)

今回仕事の都合で参加できなかった人もいましたので、是非、来年も開催したいです。
 8A281CB5-AF52-4684-B3D1-A07FE00F55D4

昨日はいい小春日和になり、名城公園に行きました。
D590EA94-F38E-4B40-8036-3B21E82E5B06

花壇はもう春爛漫と言った様子で華やかに綺麗な花が植えられていました。
D1725751-9B96-408A-8DC8-EB8ACF715BF3

6DF57D38-04FC-40D0-B635-A0C07A5A1B01

この時期となれば、やはり桜の開花状況が気になりますね。

E38C1B0A-46C8-42B4-98E0-87066AC3DB8D

満開に近い木もありますが、全体を平均すると、5、6分咲きといったところだと思います。
C25C95FB-2DAE-46CE-94F6-5357662046D7

それでも大勢の方々が桜の花を楽しみ、多くのグループや家族連れが花見会でワイワイと賑やかでした。
595C432E-F25A-4462-975D-06BE5D989A73

次の週末が一番綺麗で最高の見頃になりそうです。

今年は咲き始めが早いので、入学式までには散ってしまうでしょうね。
それはそれで残念ですが。 

風が強くて少し肌寒いですが、確実に春が近づいています。
それは桜の花を見るとわかります。
 25CC85E2-9965-4168-BF86-271B79D1EFD8
3月24日現在の御用水跡街園の桜の様子です。
どうでしょう、三分から五分咲きくらいでしょうか。
明日から名古屋の最高気温が20度になると予想されていますので、一気に満開になると思います。
 
自然の植物は凄いですね。ちゃんとその時期になると蕾が膨らみ、開花します。

テレビで花見のニュースを見ていると、海外の方が増えているように感じます。

自国には桜の花が無い、という方やあってもこれほど立派な桜は見た事が無い、という方など皆さん日本の桜の花に感動され魅了されている様子が伺えます。
B849F5A5-A9E9-42CC-BEBD-190A817F389C

この1週間ほどは、街のあちらこちらがお化粧をしたように美しくなり、見る者を和ませ楽しませてくれます。

1年のうちでもわずか1週間ほどの短い期間限定ですから貴重な時間ですね。

 

このページのトップヘ