舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 花、植物

4月21日で5分咲き(昼神地区)という情報があり、少し早いけど行ってみようということで長野県に行ってきました。

中央道園原インターからすぐ近くの、月川温泉というところも有名なところらしくまずそちらに行ったところ、つぼみのままで全く開花していません。

「うあわ、今年も空振りか」 とちょっとがっかりしながら、昼神地区に移動しました。

すると、こちらは結構咲いていました。
IMG_7955

IMG_8011


まだ蕾も多く見られ6,7分咲きくらいでしょうか。
IMG_7993

それでも十分楽しめました。
IMG_8003

IMG_7961


桜は一色ですが、ハナモモは三色のハーモニーが楽しめます。
IMG_7965

桜もまだかろうじて咲いており、両方楽しめました。
IMG_7960


赤い橋もとっても絵になります。
IMG_7957

IMG_7967

IMG_8014





 

先日、16日に撮影した御用水の桜です。

IMG_7907




ここは桜の名所ですが、例年なら4月の初め頃には 桜の花は散ってしまいます。
IMG_7908


ところが今年は 4月の中旬になってもまだまだ楽しめています。
IMG_7909


非常に珍しいことだと思います。


この日も多くの方々が桜の花を楽しんで散策をしている風景が見られました。
IMG_7910

写真を撮ったり、眺めたりしてそれぞれの楽しみ方を堪能されているようでした。

やはり桜の花はいいものです。
IMG_7913


今年の桜はこれで見納めです。


また、1年後までお別れです。

 

今年は例年に比べ開花が遅れていましたが、ようやく満開になりました。
IMG_7874

4月1日はまだこんな状態でした。
IMG_7830
IMG_7831



本当に桜はきれいです。
IMG_7879

昨年の御用水の桜の模様をブログに書いています。

今年は開花が遅れた上に、やっと咲いたと思ったらもう雨です。
IMG_7881

ですから花見をするタイミングが非常にタイトです。
もしかすると、気が付いたら・・「葉桜」なんてことになりかねません。

パッと咲いてすっと散るところが桜のいいところではありますが、今回はあまりに連れないですね。
IMG_7876

GW頃にはハナモモの開花時期を迎えます。
昨年はタイミングが合わず見逃してしまっているので、今年は絶対見ようと思ってます。

IMG_7883
御用水にある案内看板にもしっかり桜の花が書かれています。



3月も春分の日を迎え、ようやく春めいてきた感じがしますね。

我が家のベランダではカランコエの花が咲きました。
IMG_7671
IMG_7670



さかのぼること2か月前、今年の1月10日頃はこんな状態でした。ようやくつぼみが膨らみ始めてきています。
IMG_6804
IMG_6805



そして1月29日には少しずつ花が咲き始めました。
IMG_7112
IMG_7113



そして冒頭の写真は3月11日の撮影です。


花が開花すると「春」って感じがしてきますね。


今年は何とか、カネノナルキの花を咲かせようと考えています。
いまだに花を咲かせたことがありませんので。(汗)💦

一応ネットで開花のノウハウを調べています。
7月から9月にかけてがポイントのようです。

うまくいけば、来年の2月から3月頃に開花の予定です。
もしも成功しましたらブログにアップいたします。






昨年の12月あたりから蕾が膨らみ始め、年が明けてからボツボツと開花し始めました。

1月10日に撮影したシャコバサボテンです。まだ3分咲き程度でした。
IMG_6803


1月22日には5,6分あたりまで開花が進んできました。
IMG_7088


そして1月28日にはこのように8〜9分咲きというところまで来ています。
IMG_7101

IMG_7100

淡いピンク色がとても綺麗です。

一般的にはクリスマスの頃によくお店に並びますので一月くらい遅いです。

その理由は、春から夏頃に肥料を与えるくらいで、水やり以外はほとんど何も構っていません。
意識をしていない分開花が遅れるのでしょう。プロじゃないですからね。
でも時期は遅れても咲いてくれるだけありがたく思います。

購入してもう5年ほど経つと思います。毎年目を楽しませてくれます。


本当は、節を適当に摘み取ってやると全体のバランスがよくなり、見た目にもカッコいいようです。
IMG_5403

「春の葉摘み」と呼び、桜の花が咲く頃がその時期に適しているそうです。

その時摘み取った茎節はさし芽に利用できるらしく、うまくいけば増やすことができるかもしれません。

忘れないようにしなくては。_φ(・_・




 

このページのトップヘ