舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 名言

さて久しぶりに中村天風先生の名言集第5弾です。(12編)

この4月から、進学や就職で新しい環境に変わられた方、まだ不慣れなことが多く戸惑いや不安がいっぱいだと思います。

まずは早く仕事に慣れること、そして仕事を覚えることですね。自分の周りの人とのチームワークも大切です。

一人で考えていても前に進まないことが、誰かに話すことで解決する場合もあります。

ちょっとした助言で、心が楽になることもあります。
そんな若き悩める人々に一服の清涼剤ともいえる中村先生の名言の数々です。
簡潔な言葉でハッとさせられます。

前回同様今回もサイト「癒しツアー」より抜粋させていただきました。


※中村天風(1876年生誕1968年没)
 思想家であり教育者である。
 1919年に「統一哲医学会」を設立し、多くの政財界の実力者が入会する。
 1940年に「天風会」と改称。多くの著名人が天風に師事しており、各界に多くの影響を与えたとされている。
nakamuratempu400


中村天風の名言(5)


 

酸いも甘いも噛み分けている年配者のほうが

悟りが遅い。

余計なこだわりが多くあるためである。

 

- 中村天風 -


 

人が人の世のためを、

本位として生きる時、

その心の中に、

卑しい不平不満の火は燃えない。

 

- 中村天風 -


 

もし、知識だけを磨いて

人間が幸せになれるなら、

学問を一生懸命勉強した人は

みんな幸福になれそうなもんじゃないですか。

そして、学問を勉強しない人は

みんな不幸であるべきはずだが、

そうじゃないでしょう。

 

- 中村天風 -


 

どんな些細なことでも

感謝を先にして

喜びで迎えたなら、

黄金花咲く

爛漫たる喜びの世界になる。

 

- 中村天風 -


 

自分の成功や幸福のことよりも、

他人の成功や幸福を願い、

かつそれに向けてまい進していけば、

いつの間にか、

自分も成功と幸福を

掌中におさめることが出来るのです。

 

- 中村天風 -


 

自分の気に入ったものだけかわいがって、

気にいらないものはかわいがらない。

そういうのは本当の愛情じゃないんだぜ。

太陽のように、

あれこれと選ばないで、

普遍的な気持ちで

愛さなければだめなんだよ。

 

- 中村天風 -


 

凡人は敵対し、

優れし人は和合する。

ケンカすることより、

仲良くすることを

まず考えなきゃだめですよ。

 

- 中村天風 -


 

怒る者よりも

怒られる者のほうが気は楽だって。

反対に言えば、

怒られる者よりも、

怒る者のほうが苦しいんですよ。

 

- 中村天風 -


 

他人の喜ぶような言葉や行いを、

自分の人生の楽しみとする、

という尊い気分になって生きてごらん、

今日から。

 

- 中村天風 -


 

どんな目にあっても、

どんな苦しい目、

どんな思いがけない大事にあっても、

日常と少しも違わない、

平然としてこれに対処する。

これが私の言う

積極的精神なんであります。

 

- 中村天風 -


 

終始一貫、

笑顔でとおすようにしてごらん。

不運な人、体の弱い人は、

ひとしお、笑いに努力するんだ。

笑うにつれて、

人生の幸福と幸運が

どんどん開けてくるから。

 

- 中村天風 -


 

習慣づけなさい。

習慣は第二の天性。

 

- 中村天風 -


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「凡人は敵対し、優れし人は和合する。」

…素晴らしいことばですね。とても共感できます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕は常々思っていることがある。

人間はいつまで戦争を続けるのだろう。

人は進化を続けてきたと言うけれど、太古の昔とちっとも変わらないことがある。

それは地球上のどこかで人間同士が傷つけあっていることだ。

これからも永遠に殺しあうのだろうか。

人は愚かな生き物だ。

地球上で最強の愚かな生き物だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あることから「嬉しいことばの歌」の存在を知りました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「嬉しいことばの歌」 作 村上信夫

「おはよう」って言えば、心の窓が開く
「ありがとう」って言えば、心がニコニコする
「いただきます」って言えば、心がつながる
「おかげさま」って言えば、心がおじぎする
「よかったね」って言えば、心が1つになる
「だいすき」って言えば、心がウキウキする
「だいじょうぶ」って言えば、心が柔らかくなる
「おやすみ」って言えば、心がまあるくなる
「おやすみ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

言葉って不思議です。
言葉一つで誰かを喜ばすことも、悲しませることも、笑わせることも、怒らせることもできます。
「嬉しいことばの歌」は人の心を豊かにする言葉です。

このような素敵な言葉が、日常に溢れることで、世の中が明るくなればいいですね。

僕は「おかげさま」という言葉が特に好きです。「心がおじぎする」ですか、この表現はなかなかできませんね。心を人になぞらえてとてもわかりやすいですね。

この歌の作者の村上信夫さんですが、元NHKのアナウンサーで、彼の著者「嬉しいことばの種まき」のあとがきに前述の「嬉しいことばの歌」が載っているそうです。
_SX346_BO1,204,203,200_

また、ご自身の公式ホームページで「ことばの種まき」というブログも書かれていたり、「ことば磨き塾」という活動を行われています。

今、社会の中で欠けつつある大切な「ことば」を磨くことの重要さを説いておられます。

やっぱり、「ことば」って大切です。
人間同士の大事な大事なコミュニケーションツール

さて久しぶりに中村天風先生の名言集第四弾です。(12編)

この4月から新しく社会人になられた方、まだ不慣れなことが多く戸惑いや不安がいっぱいだと思います。
最初の3か月は「習うより慣れろ」の精神で向かうのがいいと思います。
仕事に慣れることはもちろんのこと、同時に自分の周りの人と親しくなることも重要です。

大型連休で少し頭と体をリフレッシュしていければいいと思います。

さて「社会の荒波にもまれる」という言葉があるように人生楽しいことばかりではありません。
嫌なこと、辛いことにもたくさん遭遇することになります。
しかし、そんな時勇気をくれる中村先生の名言の数々です。

前回同様今回もサイト「癒しツアー」より抜粋させていただきました。


※中村天風(1876年生誕1968年没)
 思想家であり教育者である。
 1919年に「統一哲医学会」を設立し、多くの政財界の実力者が入会する。
 1940年に「天風会」と改称。多くの著名人が天風に師事しており、各界に多くの影響を与えたとされている。
nakamuratempu400

中村天風の名言(4)


 

いいかい、

他人に好かれようと思ったら、

何よりも自分があまり

好き嫌いのないようにすることです。

 

- 中村天風 -


 

人としてこの世に生まれて

一番大切なことは、

人に好かれる人間になることだよ。

 

- 中村天風 -


 

人の落ち度は、

許すより忘れてしまえ。

 

- 中村天風 -


 

自分が心配、

怖れたりしている時、

「いや、これは俺の心の本当の思い方、

考え方じゃない」

と気付きなさい。

 

- 中村天風 -


 

自分自身を

自分自身が磨かない限り、

自分というものは

本当にえらくならない。

 

- 中村天風 -


 

大きな期待を胸に、

自分の将来をプライドを持って

築かんとする若人の中に、

自分自身の人生を自分自身が活かさないで、

相変わらず古くさい気持ちで、

神だ仏だといって頼るようなことがあっちゃ

いけないんですぜ。

 

- 中村天風 -


 

運命だって、

心の力が勝れば、

運命は心の支配下になるんです。

 

- 中村天風 -


 

二度と生まれることのできない

人生の刹那刹那は、

自分というものが

いつも完全な主人公でなければならない。

 

- 中村天風 -


 

明日に死を迎えるとしても、

今日から幸福になって遅くないのです。

 

- 中村天風 -


 

生きていることを楽しもう。

そうすりゃ、治る病なら、

黙っていてもすぐ治る。

治らない病は、

どう思ったって治らないんだから、

そのときはしょうがねえじゃないか。

 

- 中村天風 -


 

人生あまり難しく考えなさんな。

暗かったら窓を開けろ、

光がさしてくる。

 

- 中村天風 -


 

喜びのないところには、

本当の生きがいのある

人生というものがない。

 

- 中村天風 -


それではまた。 



本日は成人の日です。
多くの若者がいわゆる大人として社会から認められることになります。

新成人にも贈りたいと思います。

中村天風先生の名言集第三弾です。(12編)

苦しい時、落ち込んだ時など勇気づけられる言葉があります。

ものは考え方、とらえ方次第でいかようにも変わるもの、人はメンタルが大きな部分を占める生き物です。



前回同様今回も中村天風さんの名言から抜粋させていただきました。(サイト「癒しツアー」より)


※中村天風(1876年生誕1968年没)
 思想家であり教育者である。
 1919年に「統一哲医学会」を設立し、多くの政財界の実力者が入会する。
 1940年に「天風会」と改称。多くの著名人が天風に師事しており、各界に多くの影響を与えたとされている。
nakamuratempu400



中村天風の名言(3)




 

あなた方が現在、何か人生に苦労を

感ずるものを持っているとしたら、

それをただ苦しい、

情けないと思うよりも、

仔細にそれを検討なさい。

心を己の生命が生きるための道具として使わないで、

反対に心に使われているがための結果なんですよ、

どんな心配でも。

 

- 中村天風 -




 

お前の頭の中に、

何が描かれているか当ててみようか?

それはお前が失敗して、

しょんぼりしている哀れな姿だろう。

そんな絵は消してしまいな!

おまえが、堂々と相手を説得して

「大成功」

というシーンを描くのだよ、

そうすれば仕事もきっとうまくいく。

 

- 中村天風 -




 

終始一貫、

勇気勇気で押し切るのだ。

 

- 中村天風 -




 

なにか悲しいこと、辛いこと、

そのほか消極的な出来事があったら、

努めて「笑う」ようにしてごらん。

どうだい、

これならあなた方でもできるだろう?

 

- 中村天風 -




 

ぼやぼやしてちゃいけないよ。

人がつくった衛星が宇宙を飛んでる時代に、

縁起がどうのこうの、

日の良し悪しや占いが迷信がなんて、

みんな自分自身に、

消極的な暗示をかけているんですよ。

 

- 中村天風 -




 

百歩譲って、

いくら磨いても玉にならないとしてもだよ、

磨かない玉よりはよくなるぜ。

ここいらが非常に味のあるところじゃないか。

 

- 中村天風 -




 

苦労したり、悩んだり、

人を憎んだり、恐れたり、悲しんでるとき、

気持ちいいですか。

あんな嫌な気持ちはなかろう。

その嫌な気持ちをなぜ心にさせるんだ。

喜ばせてやれ。

 

- 中村天風 -




 

幸福や幸運は、

積極的な心もちの人が好きなんですよ。

 

- 中村天風 -




 

私が事業家にいいたいのは、ここだ。

宇宙の心理に背いた、

自分本位の欲望でもってしようとしたことは、

そう滅多に成功するものではない。

事業に成功するのは、

自分が欲望から離れて何かを考えたときに、

また、その考えたことを実行するときに

成功するのだ。

同じ事業家でも、

欲の固まりでやる者と、

「この仕事で、世の中の人のために、

本当に役立つものを提供しよう」

という気持ちでやるのでは、

その結果が全然違うのである。

 

- 中村天風 -




 

事業をしている人、

その心に信念があるか。

 

- 中村天風 -




 

人生というものは、

そこに進歩と向上があってこそ

生きがいを感じ、

勉強もし、

努力もするんだぜ。

 

- 中村天風 -




 

境遇や環境が、

自分を偉くしたり

幸福にしたりすることはない。

 

- 中村天風 -



いかがでしょう?
心に響く言葉の数々、皆さんもきっと何か感ずるものがあると思います。 

人は弱気になることもあります。
つい下を向いてしまいそうになった時、今一度勇気をもらいましょう。

 

名言集(その2)をお送りします。

前回同様今回も中村天風さんの名言から抜粋させていただきました。(サイト「癒しツアー」より)

どれもこれも素晴らしい名言ばかりです。

この名言の前には、何も語ることはできません。
言葉に力を感じます。

※中村天風(1876年生誕1968年没)
 思想家であり教育者である。
 1919年に「統一哲医学会」を設立し、多くの政財界の実力者が入会する。
 1940年に「天風会」と改称。多くの著名人が天風に師事しており、各界に多くの影響を与えたとされている。
nakamuratempu400

中村天風の名言


 

人間が人間として生きていくのに

一番大切なのは、

頭の良し悪しではなく、

心の良し悪しだ。

 

- 中村天風 -


 

常に善良な言葉、

人を勇気づける言葉、

人に喜びを与える言葉っていうような、

言葉のみを使っている人、

そういう人は心がけなくても、

人に幸福を分けている人だよ。

 

- 中村天風 -


 

土台を考えないでいて、

家の構造ばかり考えたって、

その家は住むに

耐えられない家になっちまうでしょう。

人生もまたしかりであります。

 

- 中村天風 -


 

「俺は運が悪いなあ」

と思わないで

「ああ、何か俺の心構えなり、

方法なりに大きな間違いがあったのを、

こういう結果になって、

天が教えてくれているんだなあ」

と考えなさい。

 

- 中村天風 -


 

とにかく自己向上という意欲を、

自分の心に燃やさないで、

そういう希望や、

理想を持たないで生きてる人は、

いいかい、

自分自身の人生存在を、

極めて軽く見ている人だぜ。

 

- 中村天風 -


 

やれ運命がつまらないの、

人生がつまらないのって人は、

その考え方がつまらないんです。

いいですか、

幸福も健康も成功も、

ほかにあるんじゃないですぜ。

あなた方自身のなかにあるんだぜ。

 

- 中村天風 -


 

偉くなる人とそうならない人と、

差が出てくるかっていうと、

同じ話を聴いても、

聴き方、受け取り方が全然違うからなんです。

受け取ったことを自分の人生に、

どう応用していくかということだけの差なんです。

 

- 中村天風 -


 

どんな場合にも

「こまった」「弱った」「情けない」

「腹がたつ」「助けてくれ」

なんていう消極的な言葉を、

絶対に口にしないことです。

 

- 中村天風 -


 

言葉には人生を左右する力があるんです。

この自覚こそが人生を勝利にみちびく、

最良の武器なんですよ。

 

- 中村天風 -


 

一切の人生の果実は、

その人が蒔いた種子のとおり表現してくる。

 

- 中村天風 -


 

持たなくてもいい重い荷物を、

誰に頼まれもしないのに

一生懸命ぶらさげていないか。

 

- 中村天風 -


 

たとえ身に病があっても、

心まで病ますまい。

たとえ運命に非なるものがあっても、

心まで悩ますまい。

 

- 中村天風 -


およそ100年たった現在でも立派に通用する名言ばかりで、感服いたします。


このページのトップヘ