舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: イチロー

野球の打者の◯◯打法です。


「神主打法」と呼ばれたのは落合博満選手、バットを体の前で構える独特の構えです。

ロッテ時代には2年連続を含む、3度の三冠王のタイトルに輝いています。この記録は今まで誰も成し得ていません。歴代で右の最強打者といえば誰もが落合博満選手の名を上げると思います。


そののち、小笠原道大選手が「神主打法」の後継者でした。


「振り子打法」はオリックス時代のイチロー選手です。
投手側の足を 高く振り上げその反動を利用して打つ打法です。 その動きが振り子のように見えます。
体の重心移動が大きいため高度なバッティング技術が必要です。 

どうしても内角の速球に差し込まれるというデメリットがあるためメジャー移籍後は使っていません。


「一本足打法」は王貞治選手です。
右足を高く上げ左脚一本で投手の球を待ちます。
その姿の美しさから「フラミンゴ打法」とも呼ばれました。

王選手はこの一本足打法で本塁打を量産し、868本の世界最高本塁打記録の保持者です。

昔は、個性的な選手が結構いました。


太洋ホエールズの近藤和彦選手、右手と左手を離してバットを担ぐような構えです。
その格好から「天秤打法」と呼ばれました。


種田選手は極端なガニ股で構えていました。
 

これ誰だかわかりますか?多分真似はしないほうが良さそうです。

中日の木俣選手です。星野投手とバッテリーを組んでいました。
 

今の現役選手ではどうでしょう?

あ、そうそうユニークな選手いますね。ソフトバンクの松田選手です。

彼の場合構えではないですが、ファールを打った後片足で「ケンケン」しますよね。
あれ見ていて面白いです。「ケンケン打法」?…打法じゃ…ないですね(笑)


プロ野球ですから、そんな華やかさがもっともっとあっていいと思います。

その他に魅力のある選手と言えば、セリーグではヤクルトの山田哲人選手ですね。
今シーズンはチーム成績は低迷していますが、個人成績はしっかり残しています。
f_08516935


そしてパリーグではソフトバンクの「ギータ」こと柳田悠岐選手です。
昨年二人そろってトリプルスリーを達成して話題になりました。
o0450049313257291904

二人に共通しているのはフルスイングでしょうか。
特に柳田選手はパワフルなスイングで「いったいどこまで飛ばす気なの?」と聞きたくなるほどです。

他には西武の森智哉選手です。高卒ルーキーの1年目から1軍でプレイしています。
まだまだ荒削りですが、きっと将来は中心打者になるような予感を期待させる選手だと思います。
 

お客さんは球場に来て、何を期待しているか、それは素晴らしいプレイだと思います。
「さすがプロ!」とうならすようなプレイが出ると盛り上がります。

だらだらと盛り上がりのない試合ほどつまらないものはありません。
野球人気が低迷していると叫ばれる昨今ですが、どうしたらお客さんを楽しませることができるか。
という視点に立ってアイデアを考えてもらいたいです。

以前にも書きましたが、スピーディーな試合展開や予想を超えたプレイなど見せてくれたら最高です。



イチロー選手が15日のパドレス戦で2安打放ち、日米通算4257安打を達成した。
タイトルにはあえて「世界記録」と書かせてもらった。もう今後は比較する必要はないだろう。

4aea59fc81bc02c3da7c7abc459b3589

昨日のブログで「あとイチ」と書いたばかりだが、それから2試合目であっさりと達成してくれた。
20160616-OHT1I50041-T

そのブログを書いているときにおそらくすっと達成してくれるだろう、と思っていたがやはりその通りとなった。
PK2016061602100143_size0

アウェーでの試合だったが、観客からの暖かい拍手に包まれたようだ。

そしてその拍手にこたえるイチロー選手の姿がまた様になっている。
AS20160616001645_comm

その前の4256安打目は当たりそこないで一塁線に転がったぼてぼてのゴロだった。
足で稼いだイチローらしいヒットだった。
mkyodo_photo_PK2016061693031002_BI_JPG_00

試合後の会見では、ローズ氏の発言があるのでこの記録に関しては冷めていた、と語った。
20160616_ichiro5-560x373

そして、ローズ氏の記録を日本の試合だけで塗り替える選手が出てきてほしいという事も話した。

僕はさっと記録を塗り替えたように感じたが、本人はそうではないようだ。
「3打席も足踏みしてますから」と、「今日も2打席目で決めていればいいけれど、すっとはいっていない印象です。僕の中では」

やはり独特の感覚をお持ちのようだ。

僕は、会見の中で、次の言葉が印象に残った。
――常々、50歳まで現役したいということもおっしゃっていますが、あと1000いくつというのをアメリカで、というのは?という質問に答えて

「僕は子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はあるので、例えば小学生の頃に毎日野球を練習して、近所の人から『あいつプロ 野球選手にでもなるのか』っていつも笑われてた。だけど、悔しい思いもしましたけど、でもプロ野球選手になった。何年かやって、日本で首位打者も獲って、 アメリカに行く時も『首位打者になってみたい』。そんな時も笑われた。でも、それも2回達成したりとか、常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはある ので、これからもそれをクリアしていきたいという思いはもちろんあります」

イチロー選手のことを天才バッターと評されることが多いと思う。もちろん高い素質があることは間違いない、しかし、実のところは大いなる努力の人なのである。
体力的にもプロ野球選手として決して恵まれているわけではない、それは本人が一番よくわかっていることだ。
だからこそ、たゆまぬ努力が必要で、それを子供のころから実践して、現在でも怠ることなく継続しているという訳である。それは彼の体とプレイを見ればすぐに納得できることだ。

以前ブログ「夢を実現する」でイチロー選手の小学生のころの作文を紹介した。彼は小学生のころからほかの子供とは違う道を歩んでいた。


そんなイチロー選手も。このところの3年間は苦労してきたことを会見で語った。

「3年間ちょっとしんどかったですね。ヤンキースにいった2年目、3年目。マイアミの1年目、去年ですね。この3年間はちょっときつかったですね。もちろ んリズムが明らかに変わった時期ではあったということが大きかったと思いますけど。まあでも長い時間やってたら3年くらいはちょっと許してっていう感じで すかね。」

でも、今のチームメイトは最高の仲間だと語っていた。

イチロー選手はまだバリバリの現役選手である。
従って、この記録も通過点なのだ。

次の節目はメジャー3000安打(あと21本)だ。

50歳までプレイして、4000安打の雄姿をファンに見せてほしい。
17982_main


6月13日マーリンズのイチロー選手は4打数3安打とし、ピート・ローズ氏の持つメジャー記録の4256安打に日米通算であと1とした。


今日の1本目(4253安打目)


今日の2本目(4254安打目)


今日の3本目(4255安打目)


この記録に対しピート・ローズ氏は 「日本では私を安打のクイーン(2番)にしようとしている。殿堂入りする実績のあるイチローから何かを取り上げるつもりはないが、日本では次は高校時代の記録まで数えるんじゃないか」と記録の比較に懐疑的な見方を示したそうである。

同氏はまた「日本のプロ野球と米大リーグが同等だという人はいないと思う。日本からきた多くの選手が失敗している」とメジャーで目立った実績がなく、2001年に近鉄で日本プロ野球の当時の本塁打記録に並ぶ55本塁打を打った、タフィー・ローズを例に挙げた。

イチロー選手は日本での記録を除きメジャーだけの安打数は 2977本でメジャー歴代31位という位置にいる。現役選手の中では、アレックス・ロドリゲスが3077本(20位)でその2番手だ。

3000本安打は時間の問題で間違いない。これだけでも十分に素晴らしい記録と言える。

現在42歳という年齢だが、それほど衰えは感じない。バッティングもさることながら、守備や走塁などどれを取っても若い選手に引けを取らないと思える。 




イチロー選手のコメントは以下の通りだ。 
「もし試合数の少ない日本だけでローズの記録を超えればさらにすごいし、信じられないこと。メジャーは試合数が多いから」

さて皆さんは、どんな風に見ておられるか。
意見が分かれるところではある。

僕の見方はこうだ。「日米通算」というカテゴリーの記録として残ればいいのではないか。
ローズ氏の記録と並べたり、比較するから色々と意見が出る訳なので、それは参考として別なものと考えればなんら問題ないような気がする。


もしかすると、その方が価値が高いと考える人もいるかもしれない。
実際、ローズ氏の見解に異論を唱えるメジャー関係者もいるという。

同じベースではないことは確かである。逆の言い方をすれば、ローズ氏が日本に来ていたらどうなっていたかわからない。(試合数のことも含め)ということも言える訳だ。
ローズ氏が、メジャーで成功していない選手が日本で成功している例を挙げたが、必ずしもそうではなく、メジャーの実績から鳴り物入りで来日するも鳴かず飛ばずで早々にお帰りになることも多々ある。

誰も達成したことのない世界で、おそらく塗り替えられることのない記録になる可能性が高いと思われる。 というかまだ現役選手なので通過点であり、今後も記録は伸びていく。
いったいどこまで行くのか?何歳までメジャーでプレイできるのかということも興味が湧く。

史上最高のプロ野球選手としてイチロー選手の名は語り継がれることだろう。
 

「心に響く小さな5つの物語」致知出版社より

〜〜ある小学6年生の作文がある〜〜という文章から始まります。

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3歳の時から練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今まで365日中360日は激しい練習をやっています。

だから、1週間で友達と遊べる時間は5、6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。

(中略)

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。とにかく一番大きな夢は野球選手になることです」

愛知県西春日井郡 豊山小学校6年2組
                         鈴木一朗


賢明な読者には既にお分かりだろう。大リーガー、イチロー選手の子供時代の作文である。

イチローの資質は特別、いわば天才という。しかし、この作文が夢を実現する上で大事なものは何かを語っていることも事実である。

まず、第一に自分の夢に対していささかも迷いがない。夢を素直に信じている。つまり夢に対して本気、本腰である。

次に、自らの夢に対して代償を進んで支払おうとする気持ちが強い。365日中360日激しい練習。友達と遊ぶのは1週間で5、6時間という。そう言い切る言葉に少しの悔いも未練もない。

「夢をみることは重荷を背負うことだ」
と松下幸之助氏は言ったそうだが、そのことをすでに体得している感がある。

そして最後にお世話になった人に対して報いるという報恩の心を持っている。

夢を持ち、その夢を実現すべく燃えることができるのは、全生物の中でも人間だけである。天から授かったこの能力をフルに発揮する人生を送りたいものである。〜〜


皆さんはこれを読んでどう感じられたでしょうか?

天才バッターと言われるイチロー選手ですが、すでに子供時代から人と違う道を自ら選び、夢に向かって努力して、その後の活躍につながったということです。

野球センスや技術的なことでよく論評されますが、その根本には「プロ野球選手になって活躍し、世話になった人に恩返ししたい」という夢を強く心に刻み、歩んできた、その証が今現在の彼のステージなのでしょう。

夢を持つことは大切です。
しかしその内容によっては覚悟も同時に必要になるということです。

それでも、夢を持たないことに比べれば困難なことに挑戦することも含めて、生きてる時間を楽しくしてくれるのではないでしょうか。

 

このページのトップヘ