舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: イチロー

イチロー選手は3月21日の試合後に引退発表し、引退の記者会見を行いました。
img_ca6b7048b044f2dbe0b3b8c439b7add7150895

サイト「NunberWeb」の3月26日の記事に、元イチローの番記者だった方のエピソードが書かれていてとても興味深いので紹介します。
タイトルは「イチロー引退会見で読み取れた、番記者たちの”地獄”と信頼関係」とありました。
https://number.bunshun.jp/articles/-/838754

「イチローの取材『地獄』でした」
イチロー引退表明した翌日、デイリースポーツ5面の見出しです。

記事を書いたデイリーの小林記者はイチローがメジャー1年目の2001年に初めて野球を担当したと言います。そんなルーキーに当時27歳のイチローは容赦なかったと振り返っています。
spo1903220011-p1

《「次どうぞ」、「それ、答えなきゃいけないかな」。記者の質問をことごとくはねつける。無言でスルーされる。そこまで厳しくされる理由が分からなかった。》(デイリー・3月22日)

それから3年後に初めて単独インタビューに挑み、イチローが求めていたのは「プロフェッショナル」だったことを知ります。
後年、「(あの頃は)地獄でした」とイチローに語ったと言います。引退を伝える記事の最後は「イチローには感謝の言葉しかない」と。

また、オリックス時代のイチローを担当した記者は「記者泣かせの選手だった」「想定通りに進んだことはなかった」「時に叱られ、呆れられ・・・・・。褒められたことなどなかった」と振り返っています。

イチローからすれば、自分を取材する記者も当然プロフェッショナルであるべきと考えていたのです。イチローの番記者になったら高レベルを求められる、うかつな質問はできないのです。

スポニチの記者の回想録には、オリックス時代のイチローに打撃フォームに違和感を感じ、「打ち方変えたの?」と聞くと「どこが変わったのか考えてください」といちろーから宿題を課されたそうです。

よーく考え抜いて数日後答えると「本当は去年もこの打ち方をしていた時があったんですよ」と返って来たそうです。

このやり取りから右足を振り子のように使う打撃フォームを記事にしたら「振り子打法」の名付け親と言われるようになったそうです。

当時20歳のイチローから課された宿題を必死に記者が答えた結果だと書いています。
thumb-12265-225815-entame_l

イチローはとても頭の回転が速く、一般的に考えるスピードとは時差が生ずるのかなと思います。だから時折インタビューや会見がかみ合わなくなる時があるのかもしれません。

そういえば、イチローの高校時代は成績のいい生徒が集められるクラスに属していたと聞いたことがあります。そもそも賢い人なんでしょう。それに加えてイチロー独特のやや哲学的な考え方などが織り交ざるので、常人はなかなか理解に苦しむのかもしれません。

そして、あの引退会見の中で筆者が感じたいくつかの「?」について述べられています。
img_13498667d5a6b31326787cf3d1c83e7a86028

現役引退により、「伝説」となったイチロー。いずれ彼の生き様が本になったり、映画化されたりするときがくるでしょう。

プロ野球選手としては一区切りとなりましたが、この後の身の振り方も注目されます。プロ野球の監督はないと断言していました。一方で子供や学生の指導には興味があるようです。

第二の人生でも、我々をワクワクさせてくれることを期待したいと思います。
b2b27cf4b3d070f5260aa584df9f340d_640px



今朝の中日新聞の一面です。
0B22CD70-7FE0-452C-9FB1-EBC08343D49B

一面トップに「イチロー引退」の文字がでかでかと書かれていました。

朝のニュースやワイドショー番組でも、引退記者会見の模様を放送していました。
驚きとともに、今までお疲れさまでしたと労いたい気持ちです。
ym_20190322-572-OYT1I50009-L_thum630

記者会見の中で、イチロー選手は「今日の球場での出来事、あんなものを見せられたら後悔などあろうはずがありません」と語っていました。それは球場に詰めかけたファンの大歓声に対しての最大限の賛辞だと思います。実にイチロー選手らしいコメントだなあと感じました。
AS20190322000163_commL

日米通算4367安打の金字塔は、今後塗り替えられる可能性は低いと思います。日本での安打記録を揶揄する声もありますが、イチロー選手のすばらしさは日本のみならず、アメリカの多くのファンもうならせ、そして感動を与えてきました。
ae38dc7a

試合後、先発の菊池投手はインタビューで言葉が出ず3分間の沈黙のあと、「幸せな時間でした」と語りました。チームメイトの目からも涙がこぼれていました。

今年のキャンプ終盤に引退を決めたと話していました。結果が出ずに苦しんでいたのでしょう。おそらく昨年途中からゲームに出場することがなくなったことで、バッティングの感覚が変わったというか狂ったのではないかと推測します。イチロー選手といえども、ルーティーンが変わると狂いが生ずるのでしょう。

イチロー最後の試合が日本開催というのは、マリナーズも粋なことをしてくれるな、と思いました。

イチロー選手の思い出は、たくさんありますが、一つ上げるとすれば2006年の第1回WBCの韓国との戦いです。1戦目2戦目と韓国に敗北を喫します。


実は大会前にイチロー選手が韓国チームに対して「向こう30年日本にはちょっと手を出せないなみたいな、そんな感じで勝ちたいと思っています」と意気込みを語りました。
hqdefault

そのコメントに火が付いたのが韓国ファンたちです。韓国国内で「韓国は30年間、日本に勝てない」と報じられ大きな波紋を呼ぶことになったのです。
もちろん韓国選手らも打倒日本で強く団結したことは間違いないと思います。

連勝して気持ちが高ぶったのか、韓国選手らは試合後マウンドに自国国旗を立てるという非礼な行動に出ます。
index

その様子を見て、イチロー選手は一人ベンチでほえました。怒りに震えたのでしょう。また試合後のインタビューで「僕の野球人生の中で最も屈辱的な日ですね・・」と悔しさを前面に出したのです。
img_0

そして、準決勝で三たび韓国と相対します。この試合はイチロー選手も3安打と気を吐き、6-0で快勝したのです。
20170204211425

試合後イチロー選手は「勝つべきチームが勝たないといけない。それが僕らだと思っていた」と語りました。
勢いに乗った日本チームは決勝でもキューバを退け、見事第1回のWBCチャンピオンに輝いたのです。
wbc1-770x513

9

今までたくさんファンを楽しませてくれたイチロー選手、不世出の野球選手だと思います。
イチロー選手は、ずーっと50歳まで現役を続けたいと言ってきました。その言葉こそが自分に対するモチベーションだったと語っていました。
高いレベルを維持し続けるという難しい課題に、長い間向き合いクリアしてきたイチロー選手には本当に頭が下がります。
9a1f4_1397_e7bc8a3d_3383c770-m

そして多くの日本人選手らに多くの勇気と自信を与えてくれました。フィジカルで多少ハンディがあっても技術で補えるということを。

今後について、監督は絶対にありませんと言っていました。ただし学生のチームなら可能性があることを示唆していました。
これからどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今後の新たな動向が楽しみです。
20190321s00001000296000p_thum

先日お取引先に訪問した際のことです。

一通り商談が済んだ後、「これをちょっと見て下さい 」と言われて見たものは、これです。
IMG_9869

そうアメリカの1ドル紙幣のレプリカです。何せイチロー選手の肖像画ですからね。

と思いきや、これが本物なんですね。

ちょっと信じられませんが、れっきとした本物で普通に使うことができるそうです。

他にもこんなヴァージョンも。
IMG_9870


新庄選手もいます。
IMG_9872

なんでも九州の造幣局の方がコレクションされていたものをこの会社の社長さんが気に入って譲り受けたそうです。

他にマイケル・ジャクソンやビートルズもいました。 
IMG_9873
IMG_9874

安室ちゃんもいました。
IMG_9875


こんなにたくさんの著名人が集められています。 中にはアニメの キャラクターも含まれています。

ネットで調べるとキャラクタードル紙幣のコレクターがいるようです 。


僕は初めて見ましたし、今まで聞いたこともなかったので驚きました。

しかしもっと驚くのは、こういう一見本物と思えないような紙幣の発行を許可しているアメリカ政府です。 

遊び心があると言うか寛容な国なんですね。面白いです。

いいものを見せていただきました。

 一般的にはあまり知られていないんじゃないかと思い記事にさせていただきました。

 

あと2本と迫ってから、少し足踏みが続いていたが、8月8日ついに達成した。

実に素晴らしい記録である。ここ最近のニュースを見ていると球場でイチロー選手が打席に立つと敵味方関係なく声援の声が聞こえ、観客が総立ちになるという。

それだけこの記録の偉大さをアメリカのファンたちはよく理解しているのだ。

左バッターで俊足のイチロー選手は内野安打の可能性が多く有利なのは間違いない。
しかし、日本で9シーズンプレイをしたあとからメジャーにわたっている。
16年目で3000本に達したのは最速タイ記録だそうだ。

42歳になった現在でも、レギュラーメンバーとして走塁や守備に関しては全く問題ないようだ。

今でも打った後、1塁ベースに到達する速度はメジャーで3番目の速さだと聞いた。

素晴らしき肉体に鍛え上げられていると同時にそれを持続していることが奇跡的でもある。

筋肉はすぐに硬くなってしまうと聞いたことがある。
1430141015

イチロー選手が守備に付いた時、一人でストレッチを行っている姿をよく見かける、常に筋肉を柔らかくしている、それがケガに強い肉体を維持しているのだ。

アスリートにとって、ケガが一番の致命傷となる、下手をすると引退に追い込まれる。
ケガをしないのが一番いいが、ケガに強い体を作ることが最も寿命を延ばすことにつながる。
その点実にストイックな選手だと言える。

思えば、小学生の頃から強い思いでずーっと努力に努力を積み重ねてここまで来ていることを以前お伝えした。
「夢を実現する」

目標に向かっていく信念のようなものが、並外れて強い人間なのだ。

20160808_ichiro9-560x373

試合後のインタビューで、「感謝の言葉を今誰に伝えたいか」という質問に対し、「それはありきたりになってしまいますよね」と断わった後で、「でも3000を打ってから思い出したことは、このきっかけを作ってくれた仰木監督ですね」「神戸で2000年の秋に、お酒の力を使ってですね。僕が口説いたんですけどね」
「その仰木さんの決断がなければ何も始まらなかったことなので、そのことは頭にうかびました」

「人への感謝を忘れない」というのがイチロー選手のポリシーのようだ。

また、「(達成が)2年くらい遅いですよね。ずいぶん時間がかかったなという感触です」とも語っていた。

こうなったら、次は4000本!とついつい軽々しく口に出してしまう。我々外野はまったくお気楽なものである。

メジャー3000本安打達成まであと6本と迫ったマーリンズのイチロー選手が「一生忘れない」と語った。

7月17日のカージナルス戦では1番センターで先発出場し、3安打を放ち大活躍した。

この3連戦でセントルイスの熱狂的な野球通の観客から送られた惜しみない拍手と相手バッテリーの粋な計らいに対して「一生忘れない」と感謝をささげた。とMLB公式サイトが報じた。
index


7月15日初戦、場内に「代打イチロー」が告げられると、敵地は自然と沸いたスタンディングオベーションに包まれた。そしてその喝采の時間を少しでも長くするために、捕手モリーナはプレート前のゴミを払うようなしぐさを見せながら、ゆっくりと持ち場に戻った。メジャー屈指の名捕手モリーナが見せた、イチローへの敬意に溢れる粋な計らいは米メディアからも絶賛された。
hqdefault モリーナ捕手

翌16日、2戦目も先発ウェインライトがイチローへの尊敬の念を示した。観客からスタンディングオベーションを受ける背番号「51」のために、あえてプレートを外してマウンド後方に立ち、観衆から惜しみない拍手を引き出した。

3戦目のこの日も喝采を浴びたイチローはファン、モリーナ、そして相手エースによるスタジアム一体の華麗な演出に胸を打たれたようだ。

この試合後イチローの口から出たのは敵地ブッシュスタジアムのファンと名門チームのバッテリーへの謝辞だった。

「この3連戦は一生忘れないでしょうね。ファン、そしてモリーナとウェインライトがしてくれたこともそうです。セントルイスでなければこんな経験できなかったと思います。あんなに皆さんからオベーションをいただいたし、ウェインライトがしてくれたことなんて、もう彼らを敵として見られませんでしたよ。すべて最高の経験でした」

~7月18日の「運動通信」の記事より抜粋させていただきました~

野球をこよなく愛し、偉大なプレーヤーには敵も味方もなく拍手を送る素敵なファンとプレーヤーたち、なんと素晴らしい光景なんだろう。

米メジャーのレジェンドになりつつあるイチロー選手、日本人としてこんなに誇らしいことはない。

イチローとモリーナ捕手
20150309-00000002-wordleafs-077577afb979213f72cfa7431c670d743


このページのトップヘ