舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: イチロー

先日お取引先に訪問した際のことです。

一通り商談が済んだ後、「これをちょっと見て下さい 」と言われて見たものは、これです。
IMG_9869

そうアメリカの1ドル紙幣のレプリカです。何せイチロー選手の肖像画ですからね。

と思いきや、これが本物なんですね。

ちょっと信じられませんが、れっきとした本物で普通に使うことができるそうです。

他にもこんなヴァージョンも。
IMG_9870


新庄選手もいます。
IMG_9872

なんでも九州の造幣局の方がコレクションされていたものをこの会社の社長さんが気に入って譲り受けたそうです。

他にマイケル・ジャクソンやビートルズもいました。 
IMG_9873
IMG_9874

安室ちゃんもいました。
IMG_9875


こんなにたくさんの著名人が集められています。 中にはアニメの キャラクターも含まれています。

ネットで調べるとキャラクタードル紙幣のコレクターがいるようです 。


僕は初めて見ましたし、今まで聞いたこともなかったので驚きました。

しかしもっと驚くのは、こういう一見本物と思えないような紙幣の発行を許可しているアメリカ政府です。 

遊び心があると言うか寛容な国なんですね。面白いです。

いいものを見せていただきました。

 一般的にはあまり知られていないんじゃないかと思い記事にさせていただきました。

 

あと2本と迫ってから、少し足踏みが続いていたが、8月8日ついに達成した。

実に素晴らしい記録である。ここ最近のニュースを見ていると球場でイチロー選手が打席に立つと敵味方関係なく声援の声が聞こえ、観客が総立ちになるという。

それだけこの記録の偉大さをアメリカのファンたちはよく理解しているのだ。

左バッターで俊足のイチロー選手は内野安打の可能性が多く有利なのは間違いない。
しかし、日本で9シーズンプレイをしたあとからメジャーにわたっている。
16年目で3000本に達したのは最速タイ記録だそうだ。

42歳になった現在でも、レギュラーメンバーとして走塁や守備に関しては全く問題ないようだ。

今でも打った後、1塁ベースに到達する速度はメジャーで3番目の速さだと聞いた。

素晴らしき肉体に鍛え上げられていると同時にそれを持続していることが奇跡的でもある。

筋肉はすぐに硬くなってしまうと聞いたことがある。
1430141015

イチロー選手が守備に付いた時、一人でストレッチを行っている姿をよく見かける、常に筋肉を柔らかくしている、それがケガに強い肉体を維持しているのだ。

アスリートにとって、ケガが一番の致命傷となる、下手をすると引退に追い込まれる。
ケガをしないのが一番いいが、ケガに強い体を作ることが最も寿命を延ばすことにつながる。
その点実にストイックな選手だと言える。

思えば、小学生の頃から強い思いでずーっと努力に努力を積み重ねてここまで来ていることを以前お伝えした。
「夢を実現する」

目標に向かっていく信念のようなものが、並外れて強い人間なのだ。

20160808_ichiro9-560x373

試合後のインタビューで、「感謝の言葉を今誰に伝えたいか」という質問に対し、「それはありきたりになってしまいますよね」と断わった後で、「でも3000を打ってから思い出したことは、このきっかけを作ってくれた仰木監督ですね」「神戸で2000年の秋に、お酒の力を使ってですね。僕が口説いたんですけどね」
「その仰木さんの決断がなければ何も始まらなかったことなので、そのことは頭にうかびました」

「人への感謝を忘れない」というのがイチロー選手のポリシーのようだ。

また、「(達成が)2年くらい遅いですよね。ずいぶん時間がかかったなという感触です」とも語っていた。

こうなったら、次は4000本!とついつい軽々しく口に出してしまう。我々外野はまったくお気楽なものである。

メジャー3000本安打達成まであと6本と迫ったマーリンズのイチロー選手が「一生忘れない」と語った。

7月17日のカージナルス戦では1番センターで先発出場し、3安打を放ち大活躍した。

この3連戦でセントルイスの熱狂的な野球通の観客から送られた惜しみない拍手と相手バッテリーの粋な計らいに対して「一生忘れない」と感謝をささげた。とMLB公式サイトが報じた。
index


7月15日初戦、場内に「代打イチロー」が告げられると、敵地は自然と沸いたスタンディングオベーションに包まれた。そしてその喝采の時間を少しでも長くするために、捕手モリーナはプレート前のゴミを払うようなしぐさを見せながら、ゆっくりと持ち場に戻った。メジャー屈指の名捕手モリーナが見せた、イチローへの敬意に溢れる粋な計らいは米メディアからも絶賛された。
hqdefault モリーナ捕手

翌16日、2戦目も先発ウェインライトがイチローへの尊敬の念を示した。観客からスタンディングオベーションを受ける背番号「51」のために、あえてプレートを外してマウンド後方に立ち、観衆から惜しみない拍手を引き出した。

3戦目のこの日も喝采を浴びたイチローはファン、モリーナ、そして相手エースによるスタジアム一体の華麗な演出に胸を打たれたようだ。

この試合後イチローの口から出たのは敵地ブッシュスタジアムのファンと名門チームのバッテリーへの謝辞だった。

「この3連戦は一生忘れないでしょうね。ファン、そしてモリーナとウェインライトがしてくれたこともそうです。セントルイスでなければこんな経験できなかったと思います。あんなに皆さんからオベーションをいただいたし、ウェインライトがしてくれたことなんて、もう彼らを敵として見られませんでしたよ。すべて最高の経験でした」

~7月18日の「運動通信」の記事より抜粋させていただきました~

野球をこよなく愛し、偉大なプレーヤーには敵も味方もなく拍手を送る素敵なファンとプレーヤーたち、なんと素晴らしい光景なんだろう。

米メジャーのレジェンドになりつつあるイチロー選手、日本人としてこんなに誇らしいことはない。

イチローとモリーナ捕手
20150309-00000002-wordleafs-077577afb979213f72cfa7431c670d743


野球の打者の◯◯打法です。


「神主打法」と呼ばれたのは落合博満選手、バットを体の前で構える独特の構えです。

ロッテ時代には2年連続を含む、3度の三冠王のタイトルに輝いています。この記録は今まで誰も成し得ていません。歴代で右の最強打者といえば誰もが落合博満選手の名を上げると思います。


そののち、小笠原道大選手が「神主打法」の後継者でした。


「振り子打法」はオリックス時代のイチロー選手です。
投手側の足を 高く振り上げその反動を利用して打つ打法です。 その動きが振り子のように見えます。
体の重心移動が大きいため高度なバッティング技術が必要です。 

どうしても内角の速球に差し込まれるというデメリットがあるためメジャー移籍後は使っていません。


「一本足打法」は王貞治選手です。
右足を高く上げ左脚一本で投手の球を待ちます。
その姿の美しさから「フラミンゴ打法」とも呼ばれました。

王選手はこの一本足打法で本塁打を量産し、868本の世界最高本塁打記録の保持者です。

昔は、個性的な選手が結構いました。


太洋ホエールズの近藤和彦選手、右手と左手を離してバットを担ぐような構えです。
その格好から「天秤打法」と呼ばれました。


種田選手は極端なガニ股で構えていました。
 

これ誰だかわかりますか?多分真似はしないほうが良さそうです。

中日の木俣選手です。星野投手とバッテリーを組んでいました。
 

今の現役選手ではどうでしょう?

あ、そうそうユニークな選手いますね。ソフトバンクの松田選手です。

彼の場合構えではないですが、ファールを打った後片足で「ケンケン」しますよね。
あれ見ていて面白いです。「ケンケン打法」?…打法じゃ…ないですね(笑)


プロ野球ですから、そんな華やかさがもっともっとあっていいと思います。

その他に魅力のある選手と言えば、セリーグではヤクルトの山田哲人選手ですね。
今シーズンはチーム成績は低迷していますが、個人成績はしっかり残しています。
f_08516935


そしてパリーグではソフトバンクの「ギータ」こと柳田悠岐選手です。
昨年二人そろってトリプルスリーを達成して話題になりました。
o0450049313257291904

二人に共通しているのはフルスイングでしょうか。
特に柳田選手はパワフルなスイングで「いったいどこまで飛ばす気なの?」と聞きたくなるほどです。

他には西武の森智哉選手です。高卒ルーキーの1年目から1軍でプレイしています。
まだまだ荒削りですが、きっと将来は中心打者になるような予感を期待させる選手だと思います。
 

お客さんは球場に来て、何を期待しているか、それは素晴らしいプレイだと思います。
「さすがプロ!」とうならすようなプレイが出ると盛り上がります。

だらだらと盛り上がりのない試合ほどつまらないものはありません。
野球人気が低迷していると叫ばれる昨今ですが、どうしたらお客さんを楽しませることができるか。
という視点に立ってアイデアを考えてもらいたいです。

以前にも書きましたが、スピーディーな試合展開や予想を超えたプレイなど見せてくれたら最高です。



イチロー選手が15日のパドレス戦で2安打放ち、日米通算4257安打を達成した。
タイトルにはあえて「世界記録」と書かせてもらった。もう今後は比較する必要はないだろう。

4aea59fc81bc02c3da7c7abc459b3589

昨日のブログで「あとイチ」と書いたばかりだが、それから2試合目であっさりと達成してくれた。
20160616-OHT1I50041-T

そのブログを書いているときにおそらくすっと達成してくれるだろう、と思っていたがやはりその通りとなった。
PK2016061602100143_size0

アウェーでの試合だったが、観客からの暖かい拍手に包まれたようだ。

そしてその拍手にこたえるイチロー選手の姿がまた様になっている。
AS20160616001645_comm

その前の4256安打目は当たりそこないで一塁線に転がったぼてぼてのゴロだった。
足で稼いだイチローらしいヒットだった。
mkyodo_photo_PK2016061693031002_BI_JPG_00

試合後の会見では、ローズ氏の発言があるのでこの記録に関しては冷めていた、と語った。
20160616_ichiro5-560x373

そして、ローズ氏の記録を日本の試合だけで塗り替える選手が出てきてほしいという事も話した。

僕はさっと記録を塗り替えたように感じたが、本人はそうではないようだ。
「3打席も足踏みしてますから」と、「今日も2打席目で決めていればいいけれど、すっとはいっていない印象です。僕の中では」

やはり独特の感覚をお持ちのようだ。

僕は、会見の中で、次の言葉が印象に残った。
――常々、50歳まで現役したいということもおっしゃっていますが、あと1000いくつというのをアメリカで、というのは?という質問に答えて

「僕は子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はあるので、例えば小学生の頃に毎日野球を練習して、近所の人から『あいつプロ 野球選手にでもなるのか』っていつも笑われてた。だけど、悔しい思いもしましたけど、でもプロ野球選手になった。何年かやって、日本で首位打者も獲って、 アメリカに行く時も『首位打者になってみたい』。そんな時も笑われた。でも、それも2回達成したりとか、常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはある ので、これからもそれをクリアしていきたいという思いはもちろんあります」

イチロー選手のことを天才バッターと評されることが多いと思う。もちろん高い素質があることは間違いない、しかし、実のところは大いなる努力の人なのである。
体力的にもプロ野球選手として決して恵まれているわけではない、それは本人が一番よくわかっていることだ。
だからこそ、たゆまぬ努力が必要で、それを子供のころから実践して、現在でも怠ることなく継続しているという訳である。それは彼の体とプレイを見ればすぐに納得できることだ。

以前ブログ「夢を実現する」でイチロー選手の小学生のころの作文を紹介した。彼は小学生のころからほかの子供とは違う道を歩んでいた。


そんなイチロー選手も。このところの3年間は苦労してきたことを会見で語った。

「3年間ちょっとしんどかったですね。ヤンキースにいった2年目、3年目。マイアミの1年目、去年ですね。この3年間はちょっときつかったですね。もちろ んリズムが明らかに変わった時期ではあったということが大きかったと思いますけど。まあでも長い時間やってたら3年くらいはちょっと許してっていう感じで すかね。」

でも、今のチームメイトは最高の仲間だと語っていた。

イチロー選手はまだバリバリの現役選手である。
従って、この記録も通過点なのだ。

次の節目はメジャー3000安打(あと21本)だ。

50歳までプレイして、4000安打の雄姿をファンに見せてほしい。
17982_main


このページのトップヘ