舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 名曲シリーズ

 1971年当時売れに売れた曲がこの「霧の中の二人」です。


マッシュマッカーンはカナダ出身の4人組です。1969年にモントリオールで結成されましたが、1971年には解散しています。

現在60歳くらいの年代の人なら、この曲の題名もしくはイントロを聞いたらすぐに「ああ、この曲ね」とすぐにわかるほど有名な曲です。本国のカナダで10万枚、アメリカで50万枚、日本ではなんと100万枚のビッグセールスだったそうです。

調べてみるとこの曲はいくつかのいわくつきであることがわかりました。

まず、日本のオリコンチャートという音楽のランキングがありますが、邦楽も含めてこのチャートで1位になった洋楽は数少ないということです。その中の1曲です。ざっと挙げてみました。
1968年 マサチューセッツ(ビージーズ)洋楽で初めて1位に輝く
1969年 悲しき天使(メリー・ホプキン)ポール・マッカトニーがプロデュース
1970年 男の世界(ジェリー・ウォレス)チャールズ・ブロンソンが出演したマンダムのCMに使われた。「ん~マンダム」は当時流行った?
1971年 霧の中の二人(マッシュマッカーン)
1971年 ナオミの夢(ヘドバとダビデ)第1回東京音楽祭グランプリ曲
1972年 愛するハーモニー(ニューシーカーズ)コカ・コーラのCMで使われた
1976年 ビューティフル・サンデー(ダニエル・ブーン)日本では田中星児さんもカバー
1980年 ダンシング・シスター(ノーランズ)ディスコで大流行
1983年 フラッシュ・ダンス(アイリーン・キャラ)ご存知映画フラッシュ・ダンスのテーマ曲
1997年 キャンドル・イン・ザ・ウィンド~ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ(エルトン・ジョン)
この曲を最後に約20年間出ていません。
97年のエルトン・ジョンの曲以外はすぐに口ずさめる曲ばかりです。
ナオミの夢」と「愛するハーモニー」は名曲シリーズでも以前紹介しました。

また 原曲は長い演奏のあとにおまけのような形でこの「霧の中の二人」の部分があるそうです。
日本のプロデューサーがラジオで流すのにその前奏部分をカットしてリリースしたところ大当たりしたということです。また原題は「霧」でも「二人」でもない「As The Years Go By」、タイトルの意味がまったく変わってしまうというのは日本ではよくあることですが、この曲もその一つの例でしょう。

残念ながらほぼ1発屋で終わってしまった感じで、もう少し彼らのパフォーマンスを見たかったようにも思います。

1971年後楽園球場でグランドファンクレイルロードのコンサートがありました。あの伝説の雷雨の中のライブですが、その前座でマッシュマッカーンが演奏しています。

先ほどのオリコンチャートに戻りますが、1971年1月11日のチャートです。
1位 霧の中の二人 マッシュマッカーン
2位 悲しき鉄道員 ショッキング・ブルー
3位 男の世界 ジェリー・ウォレス・・・と上位3曲を洋楽が締め4位に「走れコータロー」、日本の曲が続き16位にビートルズの「レット・イット・ビー」17位にオリジナル・キャストの「ミスターマンデイ」などが入っています。
僕が洋楽に目覚めた年なので、とても懐かしく思い出されます。

ロックというよりも軽快なポピュラーソングといった曲でしょうか。親しみやすく日本でウケたのも何となくうなづけます。
それではお聴きください。マッシュマッカーンで「霧の中の二人」


今回はアメリカのコーラスグループフィフス・ディメンションの「輝く星座」です。
メンバーの入れ替わりがありましたが、1966年から1976年まで活動しました。
hqdefault

多くのヒット曲を放っていますが、中でも最大のヒット曲の一つがこの「輝く星座」です。軽快なメロディーに彼らのハーモニーが合わさって独自の世界を作り出しています。
img_0

それでも、リズムアンドブルースの路線だったデビュー間もないころは、ヒットに恵まれなかったそうです。そこでプロデューサーが、当時売れていたママス&パパスの黒人版を目指し、コーラスを重視した「黒いママス&パパス」路線に切り替えるとこれが大当たり。あっという間にヒットメーカーになりました。
index

この曲はミュージカル「ヘアー」の挿入歌で、初めて全米1位となり、その年グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞しています。まさに「輝く星」になった瞬間だったと思います。
5aed993b273f3cd4ba6f2f94c990d5d5

音楽から離れてしまいますが、グループ名の「フィフス・ディメンション」って素敵な名前ですね。それは「五次元」を意味します。
「五次元」とはいったい何でしょう?

簡単におさらいをいたします。
一次元・・・点と直線だけの世界、位置情報のみ
二次元・・・面で表され、位置情報に広さが加わる(縦+横がある)
三次元・・・面に高さが加わり立体で表される(我々が住んでいる世界)
四次元・・・三次元空間に別の次元が加わったもの。別の次元とは例えば「方向」と言われています。
また、「時間軸」という考え方もあります、私たちの三次元にも時間はありますが、コントロールすることはできません。縦・横・高さは変化させることができます。タイムマシンで過去や未来へ行くことができるのが四次元時空なのではないかと言われています。
さて五次元ですが、いろいろと諸説あるようです。「時間軸が無数にある」という表し方が最も理解しやすいのではないかとありました。「私たちの知っているこの現実世界のほかに、また別な現実な世界がいくつも存在する」というものです。パラレルワールドという言葉で言われたりもします。
「同じ場所に違う空間がいくつもある訳がない」と思ってしまいますが、一概にそうとは言い切れないかもしれません。そもそも宇宙が誕生する前はどんな世界があったのでしょうか。空間が存在したのかどうなのか、想像することもできません。宇宙は今も膨張し続けていると言います、まだまだ謎だらけです。(ブログ「日々是好日」より参考にしました)

四次元、五次元などの世界は我々一般人が考えても、全く想像することすらできません。SFの世界のお話しだとしか思えません。あのドラえもんが「四次元ポケット」なるものを持っていてそこからいろんなものを出していました。
話しが長くなってしまいましたが、言いたかったのは、今から50年以上も前にこのようなグループ名をよく考え着いたなあということです。

言葉の響きもよく、一度聞いたら忘れないようなネーミングです。とてもしゃれていながら、意味は奥が深い。素晴らしい名前だと思います。

それではお聴きください。
フィフス・ディメンションで「輝く星座」です。
 














続きを読む

さて今回はクリームの名曲、「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」を取り上げます。
邦題では「サンシャイン・ラヴ」となっています。
o0480048013602037355

彼らのセカンドアルバム、「カラフル・クリーム」に収められています。
UICY75933

クリームはロックファンなら知らない人はいないという”スーパーグループ”です。
一応念のためにおさらいをしておきます。
イギリス出身で、ジンジャー・ベイカー(ドラムス)エリック・クラプトン(ギター、ボーカル)ジャック・ブルース(ベース、ボーカル)という3人からなっています。個性的でハイテクニックを持つこの3人が創り出すサウンドは、とてもヘヴィでどこか情緒的でもあります。

ブルースとハードロックを併せ持ったサウンドが特徴的で、のちに出てくるヘヴィメタルと言われるレッド・ツェッペリンなどに多大な影響を与えたとされています。

1966年に結成されましたが、わずか2年半ほどで解散しています。グループ内での対立が原因とされています。それぞれがプライドの高い3人ですから、ぶつかるのは無理のないところかもしれません。

短い活動期間でしたがほかにも「ホワイト・ルーム」など多くの名曲を輩出しています。
201411031824530ac

ギターの神様としてロック界のスーパースターでもあるエリック・クラプトンの若き時代のグループです。

それでは参りましょう。「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」

えーと、邦楽編の2回目になります。
前回沢田研二の「時の過ぎ行くままに」 を紹介しました。
時を50年前に戻します。僕が小学生の時、グループ・サウンズのブームがありました。
海外では、ビートルズが圧倒的にヒットチャートを独占し、「柳の下にドジョウ」とばかり、モンキーズが登場しグループで演奏して歌うスタイルが時代を作っていました。そんな理由からブームが起こったと思います。

その時、ジュリーこと沢田研二のタイガースと人気を二分していたグループがショーケンこと萩原健一がメインヴォーカルのテンプターズでした。
hqdefault1

そのテンプターズの代表的な曲がこの「エメラルドの伝説」 です。彼らの3枚目のシングルです。
a36e1f26

ショーケンもジュリーも二人とも若いのに何か色気があって、子供の僕にはとても大人びているように見えました。
ショーケンはハスキーヴォイスがどこか神秘的でとても素敵でした。

41598440
テンプターズの2枚目のシングル「神様お願い」のシングルは持ってましたね。

タイガースもテンプターズもどちらも好きでした。
しかし、この人気も長続きせず結局1970年に解散しています。この頃になるとグループサウンズのブームも収束してきたのですね。

萩原健一さんは皆さまご存知の通り、のちに俳優に転向され大活躍されました。
なかでも「傷だらけの天使」は最高にかっこよかったです。
thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp

水谷豊との名コンビや指令を出す岸田森さんや岸田今日子さんなど脇もバッチリと名優が揃ってました。
080415.09-3bb45

特に水谷豊との迫力ある演技には、目を見張るものがありました。
img_1

「エメラルドの伝説」 は好きな曲で、カラオケで何回も歌ったことがあります。

この邦楽の名曲シリーズ、しばらくはグループサウンズを続けましょうかね。

それではテンプターズで「エメラルドの伝説」をどうぞ。






 

ママス&パパスはアメリカ出身のフォークグループです。
R-5722299-1409675349-7776.jpeg

1965年デビューから第2弾として「夢のカリフォルニア」を発表し大ヒットしました。
もちろんリアルタイムでは知りません。だってこの時7歳ですからね。
3枚目のシングル「マンデー・マンデー」で全米1位を獲得しています。

僕にとってこの曲の思い出は、1979年公開された映画「カリフォルニア・ドリーミング」のメインテーマ曲として使われたことでした。
img_0

映画の内容は他愛もない、カリフォニアの日常を描いたものでしたが、サーフィンが物語の中心に展開していたことで見に行きました。
img_6

この当時21歳で、バリバリにサーフィンに夢中だった頃です。
ですから、映画のストーリーよりも波乗りのシーンにばかり目が行っていたように思います。

125009383773116210644_CaliforniaDreaming002
この頃、カリフォルニアとかハワイなどサーフィンのメッカには漠然と憧れてなあ。

それではママス&パパスで 「夢のカリフォルニア」をどうぞ。

このページのトップヘ