舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 名曲シリーズ

さてちょっとセクシーな男性ボーカリストシリーズ第2回目はエルヴィス・プレスリーです。前回ブログでトム・ジョーンズとの2ショット写真で少しだけ登場しました。
プレスリーは20世紀を代表するセクシーな男性歌手の一人です。

CA5E824C-DB23-45C9-8E65-82C0E23632CA

1971年にリリースされた「この胸のときめきを」です。沢山のヒット曲があるプレスリーですが、僕の知ってるエルヴィス・プレスリーはやはりこの曲になります。映画「エルヴィス・オン・ステージ」のヒットとともに思い出がありますね。

エルヴィス・プレスリーといえば、音楽に興味のない方でも名前くらいは知っているというくらい超有名な人物だと思いますが、簡単に紹介をすると、1935年にアメリカのミシシッピー州で生まれ、非常に貧しい幼少時代を過ごしたそうです。その後13歳の時にテネシー州メンフィスに引っ越すのですが、メンフィスは黒人の労働階級の多い街だそうです。そこで黒人音楽を聴いて育ち、後の音楽性に大きな影響を与えたと言われています。
18歳の時にデモテープを作成しレコード会社に売り込むとすぐに彼の才能に気がつき、会社側もプロモートを開始しました。
そして1954年ラジオで紹介されると瞬く間に火がつき人気が上がっていくのです。 顔が見えないラジオから流れる音楽を聴いた人々は当初プレスリーが黒人だと思われていたそうです。
初期の頃のプレスリーのスタイルは黒人音楽のリズムアンドブルースと白人音楽のカントリーアンドウェスタンを融合した音楽と言われ、深刻な人種問題を抱えていた当時のアメリカでは画期的なことだったようです。
D074137F-5023-43D3-B2B4-73C3913ED2A6

僕も生まれる前のことですので当時のことはよくわかりませんが、強烈な人気だったと思います。とにかくヒット曲が多いです。「ハートブレイク・ホテル」「ハウンドドッグ」 「監獄ロック」「ブルー・スエード・シューズ」「ラブ・ミー・テンダー」「好きにならずにいられない」などなど数え上げたらきりがありません。この中でも「好きにならずにいられない」は特にお気に入りです。1961年にヒットした曲ですが1970年にアンディ・ウィリアムスがカバーして再ヒットし、1976年にはスタイリスティックスが再カバーしまたヒットしています。いい曲は何度でもヒットして受け継がれていきますね。
1BDA5DD3-FFCD-4346-96E5-A9D648C31D9D

プレスリーが若い頃、テレビに主演した時のエピソードで、下半身はカメラで映さないようにしたのです。それは彼の腰つきがちょっと卑猥だったためだそうです。しかし彼の人気で若い女性らもロックに興味を持ち出したんですね。チャック・ベリーやリトル・リチャード、ビル・ヘイリーらなどとロックンロールという新しい音楽を世に送り出し彼は「キング・オブ・ロックンロール 」と呼ばれるようになりました。
後のロックンローラーたちが誕生する布石を作ったのですね。 
F896C96A-3B23-4936-8BD4-4E8D76F9397B

ロックだけではなく、プレスリーは多くの映画にも出演しています。その辺が並みのミュージシャンとは違うところです。50年代に大活躍したプレスリーでしたが、 60年代に入り映画など多数出演しますが、徐々に人気は低迷していきました。
9FD5652A-416F-4F06-8FAE-5F5E38A1F294

そんな中1970年に配給された「エルヴィス・オン・ステージ」は久し振りに成功し、復活を遂げたのです。
しかしその7年後の1977年に42歳の若さで天国に召されています。死因はストレスによる過食症と言われていますが、処方ドラッグを使っていたという説もあり、実際のところはよくわかっていないようです。酒もタバコもやらなかったプレスリーですが、ドラッグを使っては寿命を縮めてしまいます。

それでは、エルヴィス・プレスリーで「この胸のときめきを」 をお聴き下さい。
 

もう1曲「好きにならずにいられない」(1961年)
 

今回から新たに男性ボーカリストを特集したいと思います。それもちょっとセクシーな男性ボーカリストをピックアップしていきます。
その第一弾はトム・ジョーンズを選びました。
58CECFA4-6B6F-4AB0-A5F8-729360A9E35E

ヒット曲がたくさんある中で、僕の好きな「シーズ・ア・レディ」 をお届けしたいと思います。

60年代から70年代に活躍した歌手ですから、少しだけ説明しますと、 彼は1940年にイギリスの南ウェールズで誕生しています。
34023502-6CD0-433E-807F-6DCDE3A6B29A

その後アメリカのラスベガスのショーで活躍し、1966年には映画007シリーズの「サンダーボール作戦」の主題歌を歌っています。

今回紹介する「シーズ・ア・レディ」 は1971年にリリースされヒットしました。
僕が洋楽デビューした翌年くらいの頃でこの曲にはすごく印象的な思い出があります。 

イントロ聞いただけでもぞくっとします、かっこいい曲ですね、大好きです。 
そしてパワフルでダイナミックな歌声には女性のみならず、男性でさえも魅了されます。

これぞエンターティナーという感じがします。
この記事を書くにあたり、当然この曲を聴くのですが、それ後頭から離れなくなってしまいました。何かの拍子にふっとこの曲が出てくるのです。

2017年12月に一度このブログでトムジョーンズの「よくあることさ」を紹介しました。
よろしければそちらもご覧ください。

エルヴィス・プレスリーとの2ショットです。この時代の人気者同士です。
7CDF7CB3-F650-47D4-A888-F3EA1FFA65D5
プレスリーもかなりイケメンですね。

それでは、トム・ジョーンズで「シーズ・ア・レディ」 をどうぞ。



 

ギタリストを特集してご紹介していますが、今回で一旦一区切りといたします。最後はやはりこの人を取り上げないわけにはいきません。史上最高のロックギタリストの呼び声高く、現代のロックの方向性を作ったと言っても過言ではない伝説のロックギタリスト、ジミ・ヘンドリックスです。
F5A87501-F791-45A6-AF63-7817D0F37B8F

アメリカ出身ですが、イギリスに渡り徐々に注目を浴びるようになり、1967年のアメリカ、モンタレー・ポップ・フェスティバルで一気にブレークしたのです。
23DFDE6B-DAEE-4B9B-A375-F219B5747666

このフェスティバルではもう一人大スターが生まれました。それはジャニス・ジョプリンです。まだ無名だった彼女が一夜でスターとなりました。
09FD0198-A2E7-4782-AA71-A0220FE35237

あの3大ロックギタリストの一人、エリック。・クラプトンは「彼のようにギターを弾くことは誰もできない」 と言い、ジェフ・ベックはジミの演奏を聴いて廃業を考えたと言われています。ビートルズやローリングストーンズらもジミのライブに通ったと聞きます。
A9F198BF-DB27-45E2-B1D7-23F68FB1F9A8

彼のギター奏法は独特なスタイルが特長で、まず左利きなのですが 右利き用のギターを使用しています。それだけでも他に類を見ないギタリストなのですが、さらに指ではなく歯で弦を弾いたり、背中にギターを担ぐような姿勢で弾いたりとまあとにかく個性的です。そして演奏が終わるとギターをぶっ壊し果ては火を着けて燃やしてしまうというパフォーマンスをしていました。ステージ上で行うのですからこれには誰もが度肝を抜かれますね。

しかしこの天才ギタリストもドラッグや酒に溺れ、1970年わずか27歳という若さでこの世を去っています。ヘンドリックスの死には不可解な点が多く、謎の死ということで当時話題となりました。メジャーデビューしてからたった4年間の活動でしたが、音楽界には非常に大きな足跡を残した人です。

それではデビュー曲の「ヘイ・ジョー」 をどうぞ。
 


さて現在ギタリストを中心にお届けしています。
今回はヴァン・ヘイレン です。
曲はもちろん「ジャンプ」です。1984年にリリースした6枚目のアルバム「1984」 に収録されています。このアルバムは当時全米2位を記録していますが、その時の1位はマイケル・ジャクソンの「スリラー」で、何と言いますか、すごい時代ですね。どちらかが少し時期がずれていたら間違いなく1位になっていたことでしょう。
32BC043F-8FAD-44E2-ADE2-3C9B9644CCD5

ヴァン・ヘイレンはエドワード(ギター)とアレックス(ドラムス)のヴァン・ヘイレン兄弟が中心のハードロックグループです。 ボーカルはこの6枚目のアルバムまでデヴィッド・リー・ロスが担当していました。
ヴァン・ヘイレンのギタリストはエドワード・ヴァン・ヘイレンでギター奏法の「タッピング」(日本ではライトハンド奏法と言われる)を世に知らしめたギタリストとして有名です。
C5491A6F-2343-4291-A3F0-6ABA1EAB5327

ジャンプしてます。
ED22CBF2-6800-48FF-ADEC-B5513B8366D1

この「ジャンプ」はとにかく最高に素晴らしい曲です。 何を取っても完璧な曲のように思います。初めて聞いた時はちょっと衝撃を受けました。曲中のギターソロもかっこいいですね。なんでもエドワードがギターとキーボードのパートを両方こなしているそうです。
マイケルジャクソンの「Beat It」のギター・ソロは彼によるものでアドリブなんだそうです。流石の演奏です。
63E6250A-BBF4-4C11-A2C1-185BB06FA642

エドワードはクリーム時代のエリック・クラプトンに影響を受けたと言っています。そして彼の特徴であるタッピング奏法はレッド・ツェッペリンの「ハートブレイカー」から着想のヒントを得たということです。

そのエドワードも2020年10月に惜しまれながらこの世を去りました。まだ 65歳でした。
きっと天国でギュイーンってやってるんじゃないでしょうか。
40ABFFFD-B27F-433E-817C-961316076F7C

それでは「ジャンプ」をお聴き下さい。いつ聴いてもしびれます。
 

さて今回はミスターロックンロール、現代のロックに多大な影響を与えたと言われる伝説のロッカー、チャック・ベリーをご紹介します。曲はやはり「ジョニー・B・グッド」ですね。
6E080486-6B02-4629-A3E5-D3DABB129A44
1958年に発表されたと言いますから、ちょうど僕が生まれた年です。もちろんリアルタイムでは見ることはできませんでした。
1E68E516-FE61-494F-B649-BE63DACAB64D


チャック・ベリーはギターを弾きながら歌いそして「ダックウォーク」と言われる独特のパフォーマンスで聴衆を楽しませてくれます。ギター奏法も独特で素晴らしいエンターテイメントを感じますね。
F8592200-1E9B-40F4-A4B2-63776B3E8DB8


1950年から60年代はこの圧倒的なパフォーマンスで当時の若者に大きなインパクトを与えました。 そして聴衆だけではなく後輩ミュージシャンたちにも影響を与えたのです。その一人がジョン・レノンです。ジョンは生前「ロックンロールに別名を与えるとすれば『チャック・ベリー』だ」と言っていたそうです。敬愛していたのですね。
E46926DC-E827-4E50-85E1-5A7CD6496D63


日本の若い歌手たちにもこのブームは飛び火し、ロカビリーというムーブメントが起こりました。
ちょうどこの1958年に第一回日劇ウェスタンカーニバルが開催され、平尾昌晃、ミッキーカーチス、山下敬二郎の3人がロカビリー3人男としてロカビリーブームが巻き起こったんですね。
C29958A5-366E-4E25-A907-A863121A6FD5
なかなか弾けてますね。
そもそも「ロカビリー 」って何?という疑問が湧くと思います、僕もよく知りませんでしたが、1950年代に白人のカントリーロックと黒人のR&B(リズム&ブルース)が融合する過程で生まれた音楽を指すようです。やがてロカビリーが飽きられて、その後ポール・アンカやニール・セダカ、コニー・フランシスらのロックンロール風ポップスがティーンポップと呼ばれ人気が移っていったということです。
この辺りの方々のお名前はオールドファンにとっては非常に懐かしいんじゃないでしょうか。

「ジョニー・B・グッド」は多くのミュージシャンにカバーされていますが、この方もやっていました。
8F182497-CDD5-4581-897D-B3D9589D6935


それではそろそろ曲の方にまいりたいと思います。
なんとチャック・ベリーとジョン・レノンがセッションしている動画がありましたのでこの映像でお楽しみください。1972年頃のようです。「ジョニー・B・グッド」

 


 

このページのトップヘ