舘祐司の気ままなブログ

カテゴリ: 名曲シリーズ

今回はアメリカという名前のグループが、デビューの翌年1972年に放ったシングルで全米1位に輝いた「名前のない馬」を取り上げます。
e4370a105f21c330c152917e781df84c

アメリカはロンドンで1971年に結成されました。3人はロンドンに駐留するアメリカ軍人の父親を持つアメリカンスクールの友人同士でした。

初めてこの曲を聴いた時の印象は、これが全米1位なのかと正直なところあまりピンときませんでした。
曲調も割と単調な感じで、インパクトもやや薄い気がしていました。しかし、聞けば聞くほど味が出てくるというのか、時間がたつにつれじわりじわり良さが浸透してきます。

タイトルの「名前のない馬」というのは変わってますよね。そのインパクトはあります。「horse」
(馬)はヘロインの隠語らしく、ドラッグを匂わせるということでアメリカの一部では放送禁止になったこともあるそうです。当時はそんなことも知らずお気楽に聴いていましたね。
歌詞の内容も変わっていて、名前の無い馬にまたがって砂漠地帯を渡っているときに、植物や鳥などから「響き」を感じるというような歌詞です。意味がよく理解できない少し怪しげな雰囲気です。そのあたりも悪くとられてしまったのかもしれませんね。

その後も「ヴェンチュラ・ハイウェイ」(1972年)「金色の髪の少女」(1975年)などヒットを送り出
0-081227-01

個人的には「金色の髪の少女」が一番お気に入りです。
51XPh4y2WYL._SY355_

彼らの特長はなんと言っても美しくさわやかなハーモニーにあります。
フォークソング調でギター中心の素朴なサウンドです。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングというフォークグループがありますが、スタイルなどが似ていると言われ、弟分的な位置づけのように思います。

それでは彼らを世に知らしめた名曲「名前のない馬」をどうぞ。

エマーソン・レイク&パーマー(ELP)はイギリス出身でキース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人からなるプログレッシブロックのバンドです。お気づきのように彼らの名前の羅列がそのままバンド名になっています。たまにこういうバンド名がありますよね。いい名前が浮かばなかったか、意見がまとまらずに仕方なくなのか、大方そんなところだと思います。
d190fa3eaf370649a215fcc54466f28b

特長的なのは通常のロックバンドに欠かせないギタリストが不在なことです。キース・エマーソンのキーボードを中心とし、ベースとドラムというバンドです。大体の場合、ロックバンドはギタリストとボーカリストが花形で脚光を浴びます。

そしてもう一つ特徴的なのがクラシック音楽に傾倒していたことです。ムソグルスキーの「展覧会の絵」、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」、それを彼らが独自にアレンジしたのが今日紹介する「ナットロッカー」です。

ライブ演奏というところが素晴らしいですし、彼らの演奏力の高さを表しています。

元々それぞれのバンド活動ですでに名声を得ていましたから、当然のことと言えばそうなんですが。

初めて聴いた時は、クラシック音楽のアレンジということで、少しの違和感と新鮮な感じが入り交ざって不思議なサウンドだなあと思いましたが、とてもアレンジのクオリティが高く元々の楽曲の質の高さも相まって大ヒットしました。
クラシックとロックの融合、キーボードとドラムスの見事な競演、独特なELPサウンドです。
彼らの名を世界にとどろかせた名曲だと思います。

懐かしの名曲シリーズを2016年8月(第1回はシルビィ・バルタンの「あなたのとりこ」)からスタートしました。もうすぐ丸2年になろうとしています。

どちらかというと洋楽派なので、基本的に洋楽だけでご紹介しています。しかし、もちろん洋楽だけ聴いてきたわけではありません。

少し前から名曲シリーズ「邦楽編」の追加をしようかと考えていました。なかなか踏ん切りがつかなかったのですが、そんな折、新御三家の一人、当時絶大な人気を誇った西城秀樹さん死去のニュースが飛び込んできました。そのブログを書きながら、懐かしい映像が流れるのを見て背中を押されました。

前置きが少し長くなってしまいましたが、記念すべき第1回目を何にしようかと考えた時、最初に頭に浮かんできたのはこの曲です。
沢田研二の「時の過ぎゆくままに」です。すごく好きな曲で迷わず決めました。
A11rCnXn3zL._SL1500_

作詞:阿久悠、作曲:大野克夫というコンビで、バックバンドには先日お亡くなりになられた井上堯之さん率いる井上堯之バンドが参加しています。

タイガース時代から常に日本の音楽界に君臨していた沢田研二さんですが、この当時27歳でもうかなり円熟味が出ていたように思います。若いのに男の色気を感じさせます。
このシングル盤は持ってました。

そのほかに「危険なふたり」もいいですね。イントロのギターがとても小気味いいです。
71FoRLfmi0L._SX425_

セールス的にはあまりぱっとしなかったと思いますが、海外録音し全曲英語で歌っているアルバムを1974年にリリースしています。その中の「愛の逃亡者」という曲も結構好きです。
61ddTRjr9lL._SL500_

それでは「時の過ぎゆくままに」をどうぞ。

今回ご紹介するのは、「ロール・オーバー・ベートーヴェン」マウンテンです。
前回のハードロックの王、ディープ・パープルに引き続き、今度はアメリカを代表するグループです。
mount3

この曲は、ご存知ロックンロールの代名詞とも言われるチャック・ベリーが1956年に発表したカバーです。
多くのミュージシャンにカバーされており、あのビートルズのヴァージョンもよく知られています。
ちなみにこの「ロール・オーバー・ベートーヴェン」の邦題は「ベートーベンをぶっ飛ばせ」です。
なかなか過激ではありますが、見事な訳だと評判です。
z6505

マウンテンはアメリカのハードロックバンドです。巨漢ギタリストのレスリー・ウェストとベーシストのフェリックス・パパラルディが出会ったことからこのグループが生まれました。
パパラルディはあの伝説グループ、クリームのプロデュースを手掛けていたことで知られています。
1969年に開催されたウッドストック・フェスティバルに出演したことから注目されました。
leslie_west

初めてこの曲を聴いた時、あまりの音の分厚さに驚きました。当時ヘヴィロックという言葉がありましたが、まさにその代表格だと言えます。グランド・ファンク・レイルロードとともにパンチのあるロックバンドです。

この曲は彼らのサードアルバム「悪の華」に収録されていますが、シングルカットはされていないようです。当時はラジオでよく聴きました。日本ではかなりのセールスを記録したと記憶しています。

それでは「ロール・オーバー・ベートーヴェン」マウンテンです。

さて60回目のこのシリーズ、今回は久しぶりにギンギンのハードロックです。ハードロック界の王者と言っても過言ではないディープ・パープルの代表的な1曲「ハイウェイ・スター」です。
maxresdefault

ディープ・パープルはロック王国イギリス出身のロックバンドです。(説明するまでもないと思いますが一応)。レッド・ツェッペリン、ブラック・サバスと並び三大ハードロックグループの一角を担っていました。のちのヘヴィメタルにつながっていく礎となったバンドでもあり、多くのミュージシャンに多大な影響を与えました。

さて「ハイウェイ・スター」ですが、なんと言ってもリッチー・ブラックモアのリードギターとジョン・ロードのキーボードが高速道路をぶっちぎるかのごとく冴えわたっています。
ドラムにイアン・ペイス、ベースはロジャー・グローバー、そしてメインヴォーカルがイアン・ギランという最強メンバーでした。(1972年頃)

他にも「ブラック・ナイト」「ファイアー・ボール」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」など数々のヒット曲がありますが、この「ハイウェイ・スター」はおそらくダントツで人気があると思います。

この曲を聴いて、ロックバンドに目覚めた人が相当いるんじゃないかと思います。

序盤イアン・ギランの叫び声が入り、いざヴォーカルが始まるともうジェットコースターのような勢いで飛ばしていきます。
そして、この曲の聴き所は、前半のサビのギターとキーボードの速弾き競演、後半のサビはリッチーの速弾きギターソロです。当時のギター少年は挙って挑戦しました。
聞き惚れるとはこのことですね。いやあいつ聴いてもしびれます。

1972年8月に日本公演がありました。その時のライブを「ライブ・イン・ジャパン」というアルバムで発売しました。
0-070719-06
当初日本限定発売だったのですが、あまりにも出来が良いということで海外でも発売されました。そのアルバムに収録されていた「スモーク・オン・ザ・ウォーター」がシングルカットされ、アメリカでもようやくブレイクしたといいますから、火が付いたのは日本の方が早かったんですね。

あれから40数年経ちますが、今聴いても素晴らしい楽曲と演奏です。サウンドは古いかもしれませんが、何らさび付いてはいないと思います。「ハイウェイ・スター」は完璧な曲と言っても過言ではないと思います。

それでは、ディープ・パープル「ハイウェイ・スター」でぶっ飛ばしましょう。
 

このページのトップヘ