「楽しいことをしていると心が朗らかになる」…確かにその通りですね。


人それぞれ「楽しいこと」はいろいろあるでしょう。

では「楽しいこと」ってどうして「楽しい」と感じるのでしょうか?

そんなの楽しいことは楽しいからだよ。
そんなことはどうでもいいじゃないか、と思われるかもしれません。


「楽しい 」と思われることも実は「辛いこと」や「苦しいこと」があっての「楽しいこと」なのかな、と思います。 

しばらくの間休暇がなく久しぶりに休みが取れたら、何もせず家の中でゴロゴロしてるだけで楽しいかもしれません。

Mr.Childrenの「ギフト」という曲の歌詞にこんな下りがあります。 
♪降り注ぐ日差しがあって
 だからこそ日陰もあって
その全てが意味を持って
互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても
光を感じれるよ♪ 

日差しがあるから日陰があるんだ。日差しがなければ日陰という概念がないかもしれません。 

何が言いたいかと言うと、人は自然に比べて考えていることが多いのではないか、ということです。

仕事をしているから休みが待ち遠しいのです、毎日休みになったら、どうやって過ごそうかということになり、感覚が変わると思います。

毎日旅行していたら、もうそれは旅行とは言わないかもしれません。
毎日ゴルフをしていたらそのうち飽きて他のことをしたくなるでしょう。
人間の感性とはそういう勝手なものです 。

多くの人は通常何らかの仕事に従事しています。
もし仕事が「楽しいこと」だったらそんないいことはありません。
なかなかそういう訳にはいかないと思いますが。

仕事で忙しく辛い時もあると思いますが、それがズーッと続く訳ではありません。
その仕事もいつかは終わります、そして休みになれば好きな事、楽しい事が待っています。 




物の見方や考え方を少し変えれば、 日々の生き方が変わるのではないかと思います。
またときに気分を変えてみる、ということも必要でしょう。

冒頭の「楽しいことをしていると心が朗らかになる」という言葉からそんな事を思いました。