名言集(その2)をお送りします。

前回同様今回も中村天風さんの名言から抜粋させていただきました。(サイト「癒しツアー」より)

どれもこれも素晴らしい名言ばかりです。

この名言の前には、何も語ることはできません。
言葉に力を感じます。

※中村天風(1876年生誕1968年没)
 思想家であり教育者である。
 1919年に「統一哲医学会」を設立し、多くの政財界の実力者が入会する。
 1940年に「天風会」と改称。多くの著名人が天風に師事しており、各界に多くの影響を与えたとされている。
nakamuratempu400

中村天風の名言


 

人間が人間として生きていくのに

一番大切なのは、

頭の良し悪しではなく、

心の良し悪しだ。

 

- 中村天風 -


 

常に善良な言葉、

人を勇気づける言葉、

人に喜びを与える言葉っていうような、

言葉のみを使っている人、

そういう人は心がけなくても、

人に幸福を分けている人だよ。

 

- 中村天風 -


 

土台を考えないでいて、

家の構造ばかり考えたって、

その家は住むに

耐えられない家になっちまうでしょう。

人生もまたしかりであります。

 

- 中村天風 -


 

「俺は運が悪いなあ」

と思わないで

「ああ、何か俺の心構えなり、

方法なりに大きな間違いがあったのを、

こういう結果になって、

天が教えてくれているんだなあ」

と考えなさい。

 

- 中村天風 -


 

とにかく自己向上という意欲を、

自分の心に燃やさないで、

そういう希望や、

理想を持たないで生きてる人は、

いいかい、

自分自身の人生存在を、

極めて軽く見ている人だぜ。

 

- 中村天風 -


 

やれ運命がつまらないの、

人生がつまらないのって人は、

その考え方がつまらないんです。

いいですか、

幸福も健康も成功も、

ほかにあるんじゃないですぜ。

あなた方自身のなかにあるんだぜ。

 

- 中村天風 -


 

偉くなる人とそうならない人と、

差が出てくるかっていうと、

同じ話を聴いても、

聴き方、受け取り方が全然違うからなんです。

受け取ったことを自分の人生に、

どう応用していくかということだけの差なんです。

 

- 中村天風 -


 

どんな場合にも

「こまった」「弱った」「情けない」

「腹がたつ」「助けてくれ」

なんていう消極的な言葉を、

絶対に口にしないことです。

 

- 中村天風 -


 

言葉には人生を左右する力があるんです。

この自覚こそが人生を勝利にみちびく、

最良の武器なんですよ。

 

- 中村天風 -


 

一切の人生の果実は、

その人が蒔いた種子のとおり表現してくる。

 

- 中村天風 -


 

持たなくてもいい重い荷物を、

誰に頼まれもしないのに

一生懸命ぶらさげていないか。

 

- 中村天風 -


 

たとえ身に病があっても、

心まで病ますまい。

たとえ運命に非なるものがあっても、

心まで悩ますまい。

 

- 中村天風 -


およそ100年たった現在でも立派に通用する名言ばかりで、感服いたします。