しばらく前から歯が痛んでいます。
mig

歯科医には行っていますが、基本的に治療ができないため、今のところ薬で炎症を抑えるしか手立てがありません。

というのも正確に言うと歯が痛むのではなく、歯茎の炎症でその周辺が腫れてものを噛むことができない状態にあります。
mechanism_01

左側で噛むことができないため、右側の歯だけで噛むことになりますが、これが大変不便なのです。

食事の時間が普段の倍近くかかります。

そして、片側だけ使っているためだんだんと疲れてきます。

さらに、まずいことにそのせいで頭痛が発生します。首や肩もカチカチに凝ってきます。

また、それだけのことで言葉もやや話しづらくなります。

歯や歯茎の大切さがよくわかります。


先日ラジオで、医師が舌癌についてお話しされていました。

原因の1番手は飲酒と喫煙だそうです。

そして2番目が口内を清潔にしているかということです。
つまり口の中には細菌がたくさんいることは皆さんもご承知だと思いますが、ブラッシングの頻度が多いほど発症が少ないという統計があるそうです。歯磨きは大事です。
50歳位くらいからが最も多く発症するそうです。


今、歯を磨くと出血もあります。

ガンと直接関係ないのかもしれませんが、何となく嫌な感じがします。

下の表からもわかるようにいろんな疾患とも関係性があるんですね。

shisyu_003


ましてや、妹が舌癌からの発端で転移して悪化したという身近に事例もあります。

たかが歯ごときと高をくくらないほうがいいと思います。

この状況から脱するための最終的な手段としては、抜歯して義歯に替えるという方法があると聞いています。
そうすれば、炎症は発生しなくなるそうです。

抜歯することで細菌が入り込む部分(ポケット)をふさいでしまうということだと理解しています。

という流れでその最終手段に踏み切ることに決断しました。本日決行です。