先日友人から粋なプレゼントをいただきました。



まあ友人と言っても親子ほど年齢は離れていますが。(笑)

台湾旅行に行ったお土産です、ってことで何だろう?と思って中身を見ると。

黒い小さなケースが出てきます。

ん?これはもしかして?

そして蓋をスライドすると 、現れたのは印鑑です。

意外なものの登場でビックリ。

「へえー、印鑑ね」

「なかなか粋なことをやってくれるじゃない」

胴体に彫られている「永保安康」という文字は「平和な生活と健康な体を永遠に保つ」という意味が込められているとか、日本では印鑑にこのような文字を彫る習慣はあまりないと思うので、非常に珍しく感じます。
そして、その意味を聞くとさらに思いが伝わって感謝の気持ちが膨らみます。
サプライズ感も満載で、感激しました。

袋に「九份」の文字を見つけました。


「九份」は以前ブログで書いた、あの「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったお茶屋さんがある街です。
そのブログはこちら

T君から送ってもらった最近の写真です。

 
ということでT君ありがとうございます!

大切に使わせてもらいます。

P.S  まことに私事ではありますが、このブログを書き終わり、さてカテゴリーをどうするか、と考えた時に適当なカテゴリーがないことに気づきました。そこで、「感謝」というカテゴリーを新設しました。
その「感謝」のカテゴリーが今までなかったことに、気づかせてもらえたことを改めて感謝したいと思います。