先日、取引先のある社長様とお話ししていた時のことです。

あるところの導入事例をご案内をしていた時に、その社長さんが「ということはその〇〇を買ってもらいたいということなんだね」とさりげなくおっしゃいました。

その言葉を聞いた瞬間、「あれっ?この感じどこかで聞いたことがある」と感じました。
そしてすぐに、その答えがわかりました。その社長さんのお父様の言い方にそっくりだったのです。

その昔、私は前社長についてその父上が社長や会長をされていた時代に何度か商談に立ち会わせてもらいました。

ですのでその方の言い回しやよく言うセリフなどが今でも記憶に残っていたのですね。

その商談というのも大変特徴的でたいていは物の5分で終了します。長くても10分以内には終わります。
僕が知る限りそれ以上長い商談には立ち会ったことがありません。
あとは雑談や業界の話をしていたような記憶です。

ほかにも、よく似ているな、と思えるところがあって心の中でニヤッとしていました。
親子ですから当たり前と言えば当たり前のことですが。


そんな話の途中で社長から「そうそう、熊本へ行ってきたよ」と不意に言われました。
「えっ、熊本ですか?」
「ほら、舘さんが前に教えてくれたじゃない。ユウベルプラザだっけ」
「ああ、ユウベルプラザさん」…だいぶ時間がたっていたので少し忘れかけていました。

先方の社長様に電話連絡して実際の施設を見学してこられたとのこと。
「東京でできることとそうでないことがあるね」などとおっしゃっていました。

いやあ、驚きました。ちゃんと覚えていてくださったんですね。ちょっと感激です。

人の言葉に聞く耳を持っていらっしゃるということが素晴らしいです。
そして、ご自身の目で確かめようと行動に移されるということがまた素晴らしい。

「とても参考になりましたよ」とおっしゃっていただき何よりです。

聞く耳を持つ事と行動力が大切なことだと改めて気付くことができました。