「参考書が発売1ヶ月で10万部を売り上げた」とメディアに取り上げられた。

これは 教育業界では異例のヒットだという。

その参考書とは学研ホールディングスが4月に発売した「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学歴史」「同理科」だ。 人気VOCALOID曲の替え歌で学べるCD付きで価格は税込1728円。

そもそも「ボカロ」って何?というところを少し説明する。ボカロとはボーカロイドの略で、ヤマハが開発し世に出した音声合成技術やその 応用製品のことである。メロディーと歌詞を入力することであらかじめサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる。というものだ。

つまり従来、人が歌わないと 作ることができなかった音楽をこのボカロを使うことで音声サンプリングを使いPCで作成できるようになった、ということだ。

有名なところで「初音ミク」がその代表とも言える。

実在しないので「ヴァーチャルシンガー 」とも言われ"ボーカル+アンドロイド=ボーカロイド"というわけだ。

参考書に戻ろう。記事によると〜
「千本桜 日本の歴史ver.」「カナシミ溶解度(水溶液の性質)」など、ボカロ曲をベースにした学習用の替え歌を各10曲と、歌と連動した解説を収録した参考書。付属のCDには歌入りの曲とカラオケ版を収録した。全曲にプロモーションビデオ(PV)風のオリジナル動画が用意。スマートフォンでアプリを起動し、参考書に印刷されたマーカーにかざすと視聴できる。〜とある。

ボカロにスマホ…時代を感じる。おじさん世代はだんだんついていけなくなってくる。ハアー😩

メロディーに乗せると頭に入りやすいということも言われているらしく、今後この分野が大きく広がる可能性も感じられる。 

 編集部には、「こんなの待ってました!」「ボカロ曲ですんなり頭に入ってくるので、教科書で勉強するより100倍楽しい!」といった中学生からの声が続々と届いているという。


 その他ボカロではなく「萌え参考書」というジャンルも発生していて、この世界が多様化している。



iPhoneに専用アプリを入れると本の中のキャラがしゃべったり動いたりする姿が見えるそうだ。

いいか悪いかはわからないが 、これで学習内容が頭に入り身につくのであればオーケーだと思う。

このジャンルでは世界をリードしている日本らしい現象と言えるのかもしれない。

きっとボカロ参考書も世界に輸出できる。

楽しく勉強できるなんて夢のようなことだから。