コロナウィルスが世の中に認識されて早1年が経ちました。しかし、未だ出口は見えず世界中の人々が不安な毎日を過ごしています。

手洗い、うがい、マスクの着用、ソーシャルディスタンス、換気、、テレワーク、時短営業、蜜を避ける など、我々が生活をしていく中で多くの制約をしいられることになっています。
これらを称して「新しい生活様式」と言い、「ウィズ・コロナ」=コロナとともに暮らしていくことに慣れていかざるを得ません。
そんな新しい生活様式にまた一つの動きがあるようです。
それはタイトルにも書きました「黙○○」というワードです。
D4AAA528-42B8-4E5F-AF36-9E23B186B896

「黙食」という言葉は福岡県のカレー店が作り、店で使っていたのを他の店でも使って下さいとSNSで拡散して広がったようです。
 
「黙食」 ・・文字通り「食事の際には黙って食べましょう」という意味です。飲食店の店内にポスターが貼られお客さんにアピールする店が増えているそうです。会話をするとどうしても飛沫が飛びます。声の大きさに比例してより遠くまで飛ぶので、多くの人が集まる飲食店などではマナーとしておしゃべりはやめましょうということなのです。

先日ある洋食店でランチをとっていた時のことです。その店はテーブル席が6卓ほどありますが、決して広いとは言えず席の間隔はそれほど離れていませんでした。そこである男性客が食事が終わってから、連れの女性に延々とお話ししていました。ちょうど僕の真後ろの位置でしたから、とても気になりましたがやめてくれとも言えず、耐えていました。それが気になり美味しいはずの料理も今ひとつ楽しむことができませんでした。ましてやその時の状況は満席で並んで待っている方がいる状態でしたから、ちょっと迷惑な感じでした。お店の方から一言言ってもらえるといいのですが、店員さんも言いにくいでしょうね。
こんな時先ほどのポスターでも貼ってあれば多少効果があったかもしれません。
B9D31B36-FBE0-49D2-97CD-4768E55FB7DD

この「黙」ブームはいろんな業種に広がりを見せているらしく、温浴施設では「黙浴」 高槻市営バスでは「黙乗」スポーツジムでは「黙筋トレ」などいうポスターも登場しているとか。
2AC926E0-7122-464C-AE63-1807436E742A

人が集まっていてもおしゃべりしなければ、ウィルスが飛ぶことはほとんどなく感染対策になりますね。
食べたり、風呂に入る時などマスク着用が難しいところでは黙っていることが一番でしょう。

このような「黙活」が新しい生活様式として当たり前になれば、感染防止に大きく貢献し、コロナ禍の収束に一役買うのではと期待したいですね。