昨日のブログから連続して風景シリーズになってしまいました。

電車に乗って周りを見渡すと、約7割ぐらいの人がスマホをいじってます。 (僕の見た感じでは)

後2割の人は何もせず、残りの1割の人は本を読んでいます。

昔とすごく変わったところは、新聞を広げている人が激減したように思います。

時間帯によって変わるかもしれませんが、 新聞の役割がスマホに奪われた形になっている可能性があります。

ただ、本の場合はまだ紙が根強いようです。僕はタブレットで読む気にはまだなれません。

「電車内の風景」というワードで画像検索すると下記の画像がヒットしました。
img_0

まあおよそこんな感じですね。スマホをいじっている人が多いです。

政治に興味がある人、経済に興味がある人、スポーツに興味がある人、芸能人のネタに興味がある人、 皆それぞれの関心事に関連するサイトを開けば次々に情報が溢れてきます。

ウェブを開いている人以外は、LINEをしている人、ゲームをしている人、いろいろいるでしょう。

そこでふと疑問が湧きました。

電車内って携帯禁止じゃなかったですか?
o0480036011949922317

 で、調べてみると、第三世代(3G)といわれる携帯以降は電波が微弱になり、心臓ペースメーカーにほとんど影響を与えないことが実証されたそうです。

それを受けて鉄道各社も順次携帯禁止が解除されていったようです。
mig

ただ、マナーの問題で優先席付近では禁止としている会社もあり、対応はまちまちのようです。

現在はペースメーカーにくっつけるくらいの近距離でないと影響がないらしいです。

pacemaker

つまり、音の問題で周りに迷惑をかけなければ、現在は使用することはほぼ問題ないようです。

ただ、昔の名残りがまだ残っており、iPodを触っていたら、年配者に注意を受けた。という話も沢山ネット上にありました。
また、先ほどの優先席ですが、その真上にWifiルーターを取り付けている電車があるらしく、そこで携帯を禁止する意味がよくわからない、といった書き込みもありました。 


 スマホをいじっている人のうち、7割くらいは女性のような気がします。

女性とスマホは相性がいいのでしょうか?

考えてみると、ガラケーの女性ってあまり見なくなった気がします。
年配の方でも、スマホ率が高いように思います。

対して男性の年配者はガラケー率が高いような気がします。
こういうのも感性の違いなのでしょうか?

なんていうことはない話ですが、電車の中でそんなことを思いました。