2020年7月1日よりレジ袋の有料化が始まります。
写真 2020-06-30 18 23 38

経産省のホームページによると、「プラスチックは非常に便利な素材です。(中略)一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチック問題、地球温暖化などの課題もあります。プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。」と書かれています。

確かに世界中の海辺にプラスチックごみが大量に打ち上げられたり、海の生き物たちがえさと間違えて呑み込んでしまうといった事例が数多くあり問題になっています。5年程前にウミガメの鼻にストローが刺さっている動画が世界中に拡散し、スターバックスがストローをすぐにプラスチック製から紙製に変えたことが話題になりました。それ以来世界でストローの紙化が進んでいます。
ph_thumb

先ほどの経産省のホームページには、さらに「全国でプラスチック製買い物袋の有料化することで、それが本当に必要かを考え、ライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としている」となっています。それはその通りだと思うのですが、少し気になるのは有料でプラスチック製のレジ袋は存在するということです。先ほどのストローは紙製に切り替えが進んでいます。レジ袋もプラスチック製は環境に良くないのであれば、廃止の方向にしていかないと何となく釈然としません。有料なら使っていいですということでいいのでしょうか。
写真 2020-06-30 18 39 03

主婦の方々はもうすでにエコバッグが定着しており、それほど問題はないように思いますが、コンビニなどはエコバッグをもっていく客は少ないと思います。買えばいいのでしょうが、どうなんでしょうか。
また、買ったものを入れて家に持ち帰るのがレジ袋の役目なんですが、その後、案外家庭で重宝されているようです。ペットの糞の処理だったり、赤ちゃんの紙おむつを入れて捨てるとか、ごみ袋、自転車のサドルにつけて雨除けなどにも使われています。スーパーやコンビニでもらえないとすれば、購入することになるのでしょうが、何となくもやもやしますね。慣れてくればいいのかもしれませんが。

さて今後どんなことになっていくのでしょうか。