映画「ザ・ウォーク」を見ました。もちろん自宅でです。(笑)
165903_02

この映画は2015年に公開されたアメリカ映画で、監督はロバート・ゼメキスです。
4f8173ae78f5d9c503294ed2b55992076b06b8b61418944654

1974年にワールドトレードセンターの2棟の間にワイヤーロープを張り、そこを綱渡りして世界を驚かせたフランスの大道芸人フィリップ・プティの伝記映画です。

フランスで大道芸人をしていたフィリップはある時、新聞の記事でワールドトレードセンターというとてつもない高いビルの存在を知り、一瞬で心を奪われます。それは彼が綱渡りを生業としていたことからいつのころからか誰もやったことのないことにチャレンジしたいという野望を持っていたのです。

たまたま出会ったアニーに一目ぼれし、自分の夢を語り最初の共犯者とします。
160121_walk_2

専属カメラマンのジャン・ルイなど次々に仲間を増やしながら、綿密に計画を立てアメリカに移り時間をかけて現場を調査していきます。そしていよいよ決行の日がやってきます。・・・

ツインタワーの高さは屋上で417m、タワーとタワーの間の40数メートルの間にかけた細いワイヤーロープの上を命綱なしで渡るというクレージーな企画なのです。よくこんなこと思いついたものだと思います。そして本当に実行しようということもばかげています。
200px-Y24-Wtc-september-5

これは実際にあった出来事をもとに作られているだけに、最後の綱渡りのシーンはもうハラハラドキドキで心臓が爆発しそうになりました。映画とはいえ迫力があります。
thewalk_1_large

20160131-thewalk-main-950x395

実際の写真がネットにありました。
unnamed1
4-13
3-17-500x297
映画の中でも寝そべるシーンが出てきます。
maxresdefault

もちろんこの行為は違法なことなので、最後は警察に保護されます。
unnamed

こんな風に撮影されていたのですね。
The-Walk7

1974年といえばぼくは16歳くらいのころですが、こんな大事件があったとは知りませんでした。しかし、なんでこんなとんでもないことを考えたのか不思議でなりません。そして、それに加担する人たちが何人もいたとは・・それもまた不思議なことです。そんな不思議な巡り会わせで出会った「共犯者」がいたからこそこの世紀の偉業は達成できたのです。
主演を務めたゴードン=レヴィットは綱渡りの経験がなかったため、プティ本人のもと猛特訓を行ったそうです。その結果わずか8日目に補助なしで綱の上を歩けるまでになったそうです。役者魂ですね。
thewalk

文句なく楽しめる映画です。
この映画のことは何も知らなかったので、まったく期待せずに見たこともよかったのか、大満足できました。
ただし見終わった後、ちょっと疲れが出ます。手に汗握る緊張感が続くためでしょうか。(笑)