さて今回お届けするのは、カーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」です。カーナビーツはこの曲でデビューしたんですね。
index1

このシングル盤持ってましたよ。
この曲はなんと言ってもドラムスのアイ高野のボーカルでしょうね。ちょっとセクシーでほかのグループにはない雰囲気がありました。♬お前のすべてーをー♬のサビのところは、スティックを突き出してあの当時みんなよくまねしてました。2006年に55歳の若さでお亡くなりになられていたんですね。
unnamed

アイ高野氏はカーナビーツ解散の後、ゴールデンカップスにドラマーで参加し、その後1980年にはクリエイションに参加し、「ロンリー・ハート」のヒットを出しています。

カーナビーツは洋楽寄りで他のグループに比べてロック色が強いのが特長です。この「好きさ好きさ好きさ」はイギリスのゾンビーズの「I Love You」のカバーです。
20190723085917

また、B面の「口笛天国」も海外のカバー曲で、原曲は深夜のラジオ番組「走れ歌謡曲」のテーマ曲として親しまれました。うーん懐かしい。

それではお聴きください。


続いて本家ゾンビーズ


そして口笛天国の原曲。その昔何度聞いたことか。(笑)