この改正健康増進法は2018年7月に法律が成立し、2020年4月1日より全面施行されます。
「受動喫煙をなくそう」というのが一番の狙いだということです。
7

内容は少しわかりにくい点もありますが、事務所や工場、ホテル、飲食店などの場所では基本的に屋内禁煙となりました。ただし、喫煙専用室等の設置が認められておりその部屋においては喫煙可能となっております。
また、客席面積が100㎡以下の小規模飲食店の場合は、喫煙可能な場所である旨を掲示することにより店内で喫煙可能としています。ただし、その店内には客・従業員ともに20歳未満は立ち入ることができません。
では喫煙可能な場所はどうなるのでしょうか。喫煙目的施設ということで、バーやスナック、公衆の喫煙所などは喫煙が可能な場所とされています。また、屋外や家庭で周囲に人がいない場所で喫煙するよう配慮することと定められています。

厚生労働省のホームページにある改正健康増進法の体系という図で下記のように示されています。
000489370


愛煙家にとっては、ますます煙を吹かす場所が制限され頭が痛いことだと思いますが。吸わない人にとっては大歓迎でしょうね。私も食事中に煙が来ると非常に不快ですし、席に余裕があれば移動したくなります。

我々が一番気になるのはオフィスではどうなるのかという点です。
JTのホームページによると以下のようになっていました。
一定の条件を満たすことで、以下の対応が可能です。ということです。
「屋内に喫煙専用室を設置することが可能です」
条件として、煙が漏れないように壁・天井等によって区画されていることです。また、煙を屋外に排気すること、出入り口に標識の掲示をすることです。
「屋内に加熱式タバコ専用喫煙室を設置することが可能です」
上記どちらも20歳未満の者は立ち入ることができません。
「屋外に喫煙所を設置することが可能です」

つまりは屋外に設置するか、屋内に専用室を設けるか、全面禁煙とするかという選択になるようですね。
しかし、この違反の取り締まりを行うのは非常に大変なことだと思います。1軒1軒見て回るという訳にもいかないでしょうし、現実的に罰則適用というところまで行きつくかどうかは疑問です。

この4月1日というタイミングに施行されるのは、もともと東京オリンピックが7月に開催されることをにらんでのことだったと思いますが、このコロナウィルス問題により延期されてしまいましたので、目論見とは少し違うことになりました。もっとも今は、それどころの話ではありません。
どれくらいの人がこの改正健康増進法のことに興味を持っているか怪しい気がします。