今回も引き続き映画「サタデー・ナイト・フィーバー」サントラからご紹介します。
今回はビージーズの「ステイン・アライヴ」です。
maxresdefault

このサントラにはビージーズの曲が多く収められていますが、中でもこの「ステイン・アライヴ」が象徴的な曲として、印象に残っているのではないでしょうか。
かっこよくて、この曲を聴くと自然に体が動き出します。
当初シングルカットの予定はなかったそうですね。しかし、ラジオ局にリクエストが殺到したためリリースされると、全米シングルチャートで1位になりそのまま4週間座り続けました。いかにこの曲が人気があったかを証明しています。
o0480036014439788327

ビージーズとしては、ディスコ向けに作ったわけではなかったという説もあり、ディスコ・ミュージックグループというレッテルは決して本意ではなかったみたいですね。

多くの人を魅了した「ステイン・アライヴ」は僕もこのサントラの中では一番好きな曲です。スピード感とギブ兄弟のハーモニーがミックスして素晴らしい楽曲となっています。

ついでにですが、1983年に「サタデー・ナイト・フィーバー」の続編として「ステイン・アライブ」という映画があったんですね。知りませんでした。主演はジョン・トラボルタ、そして監督はなんとシルベスター・スタローンという豪華なものでしたが、興行的には今一つだったようで、後に映画雑誌で「史上最悪の続編」に選ばれるという不名誉なこともあったようです。
a340226

ではビージーズで「ステイン・アライヴ」を、ジョン・トラボルタの懐かしの映像とともにお楽しみください。