新型コロナウィルスの拡散がなかなか収まりそうにありません。
ある医師の方が、「病院へは行かないで」と発信されていたので、少しご紹介します。

まずはコロナ関連についておさらいします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここ数日のビッグニュースとしては、「3月6日からPCR検査が保険適用となる」というものがありますね。この検査は、現在、唯一の新型コロナウイルス感染症の診断ができるものですが、3月6日より前は保健所の判断で「やってよし」とならなければ検査ができませんでした。これを「行政検査」と呼びます。つまり、現場の医者が「うーん、この患者さんは新型コロナウイルス感染症の疑いがある!」として保健所に連絡しても、「ダメ」と言われることがあったのですね。それが、保険適用となることで保健所を介さずに原則検査を行えるようになるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「いやあ、よかったよかった、これで一安心」でしょうか? いやいやとんでもない。注意点がいくつかあるので、お伝えしておきます。

 一つは「どこの病院・クリニックでも検査ができるわけではない」点です。皆さんの近所にあるかかりつけの内科クリニックでは、たぶんPCR検査はできません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
つまりある程度器具が整った大きな病院でないとできないということを認識しておく必要があるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~
そしてもう一つは、こちらが重要なのですが、そもそも「PCR検査の精度自体がとても良いとは言えない」という点です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
正確な数字ではありませんが、「感覚的なもの」と断ったうえでおよそ70%ほどではないかということでした。ということは10人中3人は偽陰性と診断されてしまうことになります。これを聞くと当初陰性だった方が後に陽性になるケースも納得がいきます。

そして
~~~~~~~~~~~~~~~~~
医者として思うのは、これでは大した役には立たないということです。こんな精度の高くない検査を求めて病院に「疑い患者」が大挙しておしかけるのは、恐ろしいことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
そこから言える結論として、今、感染を防ぐうえで最も気を付けたいことは「不必要な場合は病院に行かないこと」だとおっしゃっています。
病院には、感染症と疑われるような多くの患者さんやそれに対応する事務員さんや看護師など誰が感染していてもおかしくない状況の方が多くいます。要するに今、最も感染リスクの高い場所はクリニックや病院だということです。
ですから、例えば自分が陰性であることを確認したくて病院へ出向いたため、そこで感染してしまうという本末転倒なことも十分ありうるわけです。

よほどの症状が出ない限り、病院へ行くのはやめましょう。