一昨日、東京マラソンや名古屋ウィメンズマラソンのことを書きました。東京はその時点で一般ランナーの参加を中止していましたが、名古屋はまだ結論が出ていませんでした。しかし、どうやら東京と同じく一般の参加を見合わせることになりそうです。
東京が中止としているのに名古屋が参加を認めるなんてことは考えられないです。健康のために日々走って鍛えてきて、スポーツイベントに出て病気に感染してしまったら、本末転倒です。このウィルスはもう少し時間を掛ければ収束するはずです。マラソン大会は来年も開催されると思いますので、エントリーされている方々には、大変お気の毒ですが、ここは収まるのをじっと待ちましょう。
僕のゴルフのお仲間の方も、犬山ハーフマラソンに参加予定だったそうですが、中止になり急きょゴルフに参加していただくことになりました。そのように、それぞれまた別な過ごし方があると思いますので、結果的に感染しなければ、中止してよかったということになると思います。

時期的に多くのマラソン大会が中止になり、またそれだけでなく、嵐が中国でのコンサートを中止したり日本国内でも、軒並み人が集まるイベントの中止や出展の取りやめなどの情報が増えてきました。沖縄で毎年行われるゴルフのダイキンオーキッドレディスも無観客で行われることになりました。ウィルスが原因なのはおそらく初めてのことじゃないでしょうか。

今のこの感染状況から見ると、WHOや中国政府の初動に問題はなかったのか、ということがクローズアップされてきます。早い段階で新型肺炎だと告発した中国・武漢の医師を、中国当局は「デマを流した」として処分し、その後この医師も感染し亡くなられました。間違った情報統制が、世界を訳の分からないウィルスの恐怖に陥れたことは明白です。12月の段階で情報開示していれば、現在の状況は変わっていたという声もあるようです。
2月20日時点で中国の感染者は7万人を超え、死者も2千人を超えています。
日本も中国に次いで感染者数が多い国として、世界から注目を集めています。特にクルーズ船の対応に批判が出ていますが、単純にこうすればよかったという答えは誰も持っていないように思います。結果を見てあれこれ語ることは容易いですが、あの局面で正解を導き出すことは非常に難しいように思います。クルーズ船には乗客乗員合わせて3700人ほど乗っているそうです。例えば、早めに全員下船させたらよかったのでは、という意見もあります。その場合、3700人もの受け入れ先がどこにあるかということになります。となると、まずは船の中で待機してもらい、順番に検査していくという判断は無理からぬところなのかなと思います。もちろん、船内での感染予防の徹底や消毒などすべきことをきちんとされてきたかということについては、わかりません。乗員の方々も何十年に一度のことです、速やかに対応するのは非常に難度が高いと言わざるを得ません。おそらく船内のマニュアルには、ウィルスが発生した場合の対処などないのではないかと思います。また、乗員の多くは東南アジア系の方のようです。言葉の問題、教育の程度などいろいろな壁が、事をスムーズに運ばせてくれないのかもしれません。
まだ、収束していない状況で言うのは拙速ですが、このダイヤモンドプリンセス号で起こった様々なことは今後のウィルス対策に必ず生かされることでしょう。