2月3日は節分の日です。

節分と言えば、「鬼はー外、福はー内」の豆まきですよね。子供のころ豆まきをした覚えのある方は多くいらっしゃることでしょう。近年では「恵方巻」の風習も一般化しており、その年の恵方に向かって無言で巻き寿司を食べると縁起がいいとされています。主に大阪地方の風習だったのが、コンビニが大々的に取り上げたことから全国に広まりました。以前書きましたが、食品ロスの問題にもなっています。

今回はタイトルにありますように、節分とイワシです。聞くところによると節分の日にイワシを食べる風習があるらしいのです。それは「柊鰯」(ひいらぎいわし)と言って焼いた鰯の頭に柊の枝を刺したものを玄関に飾る風習なんだそうです。
images

名古屋地区ではあまり聞いたことがなく、この地方の方はあまりピンと来ないかもしれません。僕も聞いたことがありません。この習慣はどうやら関西地区から西日本が中心のようです。一部関東や東北でも見られるそうですが、一般的ではないらしいです。

ではなぜ、イワシを食べるようになったのでしょうか。
イワシを焼く時にでる煙と強い臭いで邪気を追い払い、尖った柊(ひいらぎ)で鬼の目を刺すという魔除け・厄払いの意味があると言われているそうです。また鰯を食べて体の中の邪気を追い払うという意味もあるそうです。
また、2月3日は旧暦の大晦日で、寒い時期に無病息災の儀式として栄養価の高い鰯を食べることが定着したと考えられているようです。

豆まきも鬼を追い払う、つまり魔除け・厄除けという意味合いがあります。根底にある考え方は共通していますね。
そして豆を食べるのも、やはり健康に関係していると思われ、そういう節目節目に皆で健康なからだ作りを心掛けていたんですね。これも昔の人の知恵なんでしょう。

でも、玄関に先ほどの写真のようなものがあると、とても不気味な感じがいたします。
西日本地方ではきっと普通の光景なんでしょうね。