今年はまれにみる暖冬で、連日ニュースでもスキー場が困っていることなどが報じられています。
雪玉を投げあう雪合戦のイベントでは、苦肉の策で雪玉の代わりに軟式テニスボールで代替したとか。
アイススケートリンクも氷が張らず営業停止、天然の氷を作って出荷しているところなどは、死活問題になっています。
ただこれまでそこまで暖冬なのかな、と半信半疑だったのですが、先日今年初めてゴルフ場に行きようやく実感することができました。
よく行くゴルフ場は岐阜県の明智ゴルフ場です。積雪はそれほどありませんが、気温が低くなるゴルフ場で夏は比較的プレイしやすいところです。
まずゴルフ場近くに来た時に、感じたことが、まわりの畑や木に霜が降りていません。通常であればうっすらと白くなっているのがこの時期見慣れた風景です。小雨が降っていましたが気温が低ければ雪であってもおかしくありません。
そして、プレイが始まり、まずティーを地面に刺すのですが、例年なら地面が凍り付いて刺さらない為、穴をあける道具が活躍します。今年はそれも必要なく普通に刺さります。ラフと言って左右の脇の芝は霜で真っ白なことが多いのですが、それもまったくありません。
寒さが苦手な僕はしっかりと着込んできましたが、スタートから1枚上着を脱いだほどです。

もう一つ、冬場のゴルフ場の名物風景として、グリーンの凍結があります。かちんかちんに凍っているため、直接グリーンにボールを打つと、まるでアスファルトの道路に打ったみたいに「カーン」と大きく跳ねてしまいますが、それもまったくありません。ひどい時は、グリーン上も霜で真っ白で、パターでボールを転がすとどんどんボールに雪がくっつき雪だるまのようになります。まともに転がりませんが、そんなこともないのです。

そんな通常ではない時期が冬場のゴルフ場なのです。ですから冬の間はゴルフをしないというゴルファーも多く存在します。そんなゴルファーにとっては、暖冬は有難いですね。

そんなこんなで、暖冬をしっかりと実感できたという訳です。
ただ、ゴルフ場の環境がいいからと言って、それがスコアに結びつかないのが悲しい現実です。