我々の身近にあるものの一つがペンではないでしょうか。小学生の頃から大人になっても鉛筆からボールペンやシャープペンに変わっても何かしらのペンをずーっと使い続けていますね。

ですから、書き味がいいと言いますか、書きやすいとか書いていても疲れないとか、そんなペンがあるとついつい使いたくなりますね。今までも握りやすいドクターグリップとか常に尖ったところで書くことができるクルトガとかいろんな商品が出ました。

書きやすさとは違いますが、パイロットのフリクションは消せるインクで大ヒットしましたね。

そんな中で、お勧めなペンがuniブランドでおなじみの三菱の「ジェットストリーム」です。
mono87102845-131126-02

なめらかでインク漏れがほとんどありません。そして、黒色がはっきりと濃く出ます。また、インクの乾きが早く、にじんでしまうことがないのが特長です。これはジェットストリームインクの効果だそうです。とにかく書いていて、ストレスがなく、すらすらと書けます。字が上手になったような錯覚に陥り書いていて気持ちがいいですね。
それでいてお値段は1本150円程度と決して高くありません。

しかし最近、ライバルが登場したようです。
ゼブラの「ブレン」というボールペンです。
スタイリッシュで安っぽくないデザインがまずは目を引きます。
Fotor_154306755762513

このペンは、名前にある通りペン先がブレない設計のため、書きやすく疲れにくいのが特長です。
また、低重心設計でペンが立ちやすくこれまた書きやすくなっているとのこと。
油性と水性インクを融合させて独自に開発したエマルジョンインクを使い、速乾性、耐水性に優れ、水性インクの滑らかな書き味を可能にしたようです。
このペンはまだ使っていませんので、ひとまず一般的に出されている情報のみとなりますが、一度試してみたくなりますね。価格は150円とこれまたリーズナブルな設定です。

こうしてみると、たかがボールペンですが、メーカーの方々は高機能なペンを低価格で提供できるよう日夜凄い努力をされているんだと思います。
やはり、これも日本のモノづくりの一つ、世界に通用するレベルとコスパの高い技術だと思います。