2020年が始まりました。念頭恒例の熱田神宮に参拝に行きました。
写真 2020-01-06 15 47 13

古いお札と破魔矢、あきないえびすなどを「古札納所」に返納します。
写真 2020-01-06 15 51 40

毎年1月5日が「初えびす」と言って、ここ熱田神宮に古くから伝わる「熱田三面大黒」という独特の三面絵像が描かれたお札が授与されます。日が変わる0時には、この「一番札」を目指して境内は熱気であふれます。

初えびすで授与される縁起物の「福熊手」も大きなものに我先にと人気が集まるようです。

カレンダーの関係で6日となりましたので、人出は少ないかと思いましたが、思ったよりも賑わっていました。
天気はよく気温は低いのですが、なぜか神社に入るとあまり寒さを感じません。木に囲まれた参道が人の体温で暖められているのでしょうか。

鳥居をくぐり、お手水で手を洗い本殿へと向かいます。
写真 2020-01-06 15 50 43

写真 2020-01-06 15 53 57

写真 2020-01-06 15 55 24

写真 2020-01-06 15 54 00


本殿で参拝を済ませた後、すぐ隣にある上知我麻神社で参拝します。
写真 2020-01-06 16 08 39

会社を代表して、会社の商売繁盛と働く人達の健康などを祈念します。
写真 2020-01-06 16 11 44

毎年ここで破魔矢とお札、あきないえびすをいただくのですが、例年になく窓口の人が少なく長蛇の列になっており、どうでしょうか20分くらいかかりました。6日ということで人数を減らしたのかもしれませんが、多くの企業はこの日が仕事始めです。ですからこの日もビジネスマンの姿をたくさんみました。もう少し配慮していただけるとよかったです。例年なら5分ほどで済むところです。
写真 2020-01-06 16 28 56

2020年が皆様にとっていい年になることをお祈りいたします。