熊本の3回目となります。

熊本の名所と言えば、やはり熊本城ですね。
2016年の地震で石垣などたくさんの被害にあい、現在修復中です。
写真 2019-11-12 13 04 01

全く手つかずのところもありました。
写真 2019-11-12 13 07 14

武将になりきって、パチリ。
写真 2019-11-12 13 09 16

城に近付くにつれ、その被害の凄まじさが伝わってきます。
写真 2019-11-12 13 22 52

足場で囲まれてしまっていました。
写真 2019-11-12 13 33 00

頑張れ!熊本!
写真 2019-11-12 13 32 18

すぐ隣にあります加藤神社です。
写真 2019-11-12 13 34 12

写真 2019-11-12 13 29 10

そして、いよいよ熊本の旅も最後の日程となりました。
サントリーの九州工場の見学です。
写真 2019-11-12 14 45 57

中に入ると受付があります。
写真 2019-11-12 14 52 07

記念写真の撮影スポットがありました。
写真 2019-11-12 14 48 37

お土産品のコーナーです。
写真 2019-11-12 14 47 46

プレモルのポロシャツ。
写真 2019-11-12 14 56 43

熊本の晩柑(ばんかん)&阿蘇の天然水です。くまモンのイラスト入りです。
写真 2019-11-12 14 55 27

なっちゃんグッズのいろいろ、Tシャツ可愛いですね。
写真 2019-11-12 14 55 34
写真 2019-11-12 14 55 47

まずは映像でこの工場の説明を受けました。阿蘇山系の天然水をくみ上げられるということでこの地が選ばれているそうです。
写真 2019-11-12 15 16 40
写真 2019-11-12 15 26 19

麦酒に使われている麦芽を試食させてもらいました。
写真 2019-11-12 15 27 55

きっと苦いんじゃないかと思われますよね?
香ばしくてとても美味しかったですよ。

この仕込み室というタンクの中で原料が混ぜ合わされ、麦汁が作られます。
粉砕した麦芽に天然水を加え、ろ過層で麦芽の殻を取り除き、最後に煮沸釜でホップが加えられます。
写真 2019-11-12 15 37 10

酵母タンクです。麦汁に酵母が加えられます。
写真 2019-11-12 15 42 58

次に発酵タンクで発酵し、若ビールになります。若ビールは貯酒タンクで熟成され味わいが整ってきます。貯酒タンク1本に入るビールの量は、350ml缶で約50万本分だそうです。
写真 2019-11-12 15 48 36

最後にろ過室でオリや酵母を完全に取り除いて出来上がります。

缶に充填されていきます。
写真 2019-11-12 15 53 58

段ボール箱ではないですが、梱包されていました。
写真 2019-11-12 15 57 46

この後箱詰めされるのだと思います。

まだ工場見学が続きましたが、そこは割愛して、最後に試飲タイムです。ビールやジュースなどを無料で飲むことができます。時間制限があるので大体2~3杯ほどでしょうか。
写真 2019-11-12 16 05 47

麦酒を3種類飲み比べですが、僕のではなくほかの人のを写真に撮らせていただきました。
写真 2019-11-12 16 13 42

僕はノンアルコールビールです。
写真 2019-11-12 16 08 46

サントリーでは「神泡」というワードで売り出しており、その神泡を実演していただきました。
写真 2019-11-12 16 22 36

写真 2019-11-12 16 27 53

サントリー九州工場を後にして熊本空港に向かいます。
途中で龍神橋食堂に立ち寄りました。
写真 2019-11-12 17 33 29

オムライスをいただきましたが、もうこれが絶品でした。今まで食べた中で一番おいしいと言って過言ではありません。
写真 2019-11-12 17 41 10

ということで熊本空港に到着しました。
写真 2019-11-12 19 08 12

お土産コーナーには当たり前のようにくまモングッズがどっさりとあります。
写真 2019-11-12 19 19 39

飛行機に乗りました。熊本の旅もこれにて終了です。
写真 2019-11-12 19 38 49

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
写真 2019-11-12 19 39 53