さて今回は、あのビートルズ解散のあとポール・マッカートニーが作ったバンド、ウィングスの「ジェット」です。アルバム「バンド・オン・ザ・ラン」に収録されています。
解散後一番精力的に音楽活動していたのはポールだったのではないかと思います。
ビートルズのメンバーの中で、一番好きなアーティストだったので、陰ながら応援していました。
ですから昨年11月にポール・マッカートニーのライブを見ることができて本当に感激しました。年齢を感じさせることなく、パワフルなステージを見せてくれました。
そのブログ
img_1

「え?これがディスコ音楽なの?」と疑われるかもしれませんが、間違いなく使われていました。
そもそもディスコミュージックに、ジャンルはないと思うのですが、この時代は大体ソウル系やファンク系といった、いわゆるブラックミュージシャンたちの音楽が主流でした。

そこに「ジェット」ですから、初めは「?」正直なところちょっと違和感を感じたこともありました。
とにかく最初のイントロからノリが良くて、カッコいい曲だと思います。

ちなみに「ジェット」はポールが当時飼っていたラブラドール犬の名前なんですって。

まさにポール&ウィングスの全盛期のスマッシュヒット「ジェット」をお聴きください。