映画「ロケットマン」を見てきました。
この映画はイギリスが生んだ偉大なロックミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いたものです。
FA73109E-8140-47BE-B061-28149F7FE015

タイトルの「ロケットマン」はシングル曲の「ロケットマン」から取っていると思います。何かしら意味があるのだろうと思いますがもう一つその意図は不明です。
E178D10F-98FD-44BE-9945-39C6235E5D20

映画は奇抜な衣装を着たエルトンが何人かの人に自分の人生を語るところから始まります。

いきなりミュージカル仕立てでどうなることかとヒヤヒヤしました。(笑)
137C9ED8-85BD-4318-820E-30CBCBF138C0

幼少期から音楽の才能を持った レジー少年は親の愛を受けられずに育ちます。そしてピアノに出会い音楽の世界に目覚め、ロックミュージシャンをめざします。

曲は書けるものの、詩を書けずにいたエルトンですがバーニーという作詞家に出会います。この出会いこそが世界的なロックミュージシャン「エルトン・ジョン」の成功の大きな要因となるのです。
34D32608-5A5F-4A89-B9C5-F1B2512F0B72
(本物のエルトンとバーニー)

261690D5-B490-4772-AA34-FB38B5F568C2

エルトンとバーニーはよほど気があったのか、二人で曲作りに没頭していきます。バーニーが書いた詩にエルトンが曲をつけるというパターンです。
3697E8A4-B7F1-4068-8C80-DDCE503FB1AC

ある日の朝、いつものようにピアノに向かって曲を作っていると、素晴らしいメロディが降りてきました。そうですあの名曲「Your Song」が誕生したのです。この曲がだんだんと出来上がり歌い上げるシーンは、自然に涙が溢れていました。ボヘミアン・ラプソディの時もそうですが、音楽には人を感動させる不思議な力があります。そして、1970年に世の中にリリースされ瞬く間に大ヒットします。
その後アメリカに進出し大成功を収め、世界的なスターにのし上がりますが、私生活ではだんだんと苦悩の日々が始まります。酒、ドラッグ、セックスに溺れていきます。彼は同性愛者だったのですがカミングアウトできずに苦しんでいました。

B3CF67B2-86B2-4F65-949A-1C41CB99B36E

ビッグアーチスト達は、何故同じように酒や薬の依存症になってしまうのでしょうか。映画を見ていて、クイーンのフレディ・マーキュリーとそっくりだと思いました。あのエリック・クラプトンもそうでした。
以前両方の映画を見て、ブログにあげています。ボヘミアン・ラプソディエリック・クラプトン〜12小節の人生
 
エルトン・ジョンも酒と薬漬けのどん底の状態に陥りました 。そんな時彼の支えになったのは、エルトンの最高の相棒であるバーニーでした。そして更生施設に入り、復帰を目指します。映画はここで終わります。

映画を観た感想は、「観て良かったです」彼の人間関係や自分が親からの愛情を受けずに育った苦悩など、知らなかった事実がわかりました。そして盟友バーニーとの固い絆は心を打たれました。

 それにしても、エルトン・ジョン役のタロン・エガートンは演技だけではなく多くの歌も歌い上げ見事というしかありません。「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディ・マーキュリー役のラミ・マレックも良かったですが、それ以上にハマっていました。
映画の最後に今回演じた俳優さんと実際のエルトンとの写真が並べて出てきました、その中で幼少期を演じた子役の顔がほとんど瓜二つだったのは最期のサプライズでした。
8E122794-483B-49C8-89C6-2B13C8CADAFD
エルトン・ジョン(左)と演じたタロン・エガートンです。

また、ミュージシャンの映画を製作してほしいと思います。
 E005D455-0184-4B23-9FB2-C348D7D42A59

それでは名曲「Your Song」をエルトンご本人とタロン・エガートンのデュエットでお聞きください。