スマートホンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を約3倍に引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道路交通法の施行令が閣議決定されたと報道がありました。施行は12月1日です。

具体的には、普通車の場合、画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の違反点数が1点から3点に、通話や注視により交通の危険を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」を2点から6点に引き上げられました。
また、「保持」の反則金は、普通車で6000円から18000円に変更され、違反を繰り返すと「6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金」の罰則が適用される可能性があるとのことです。
https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXZZO4976977013092019000000-PN1-1

以前「ながら運転」によって不幸にも小学生が亡くなられた事故がありました。
スマートホンの普及により急激に「ながら運転」が増加し大きく社会問題となりました。

非常に悲しいことですが、このような痛ましい事故が発生しないと法令は変わりません。事故は被害者も加害者もどちらも不幸になります。安全運転を心掛け事故のない社会にしたものです。

今、「あおり運転」の問題が急にクローズアップされています。おそらく最近増えているのではなく、表に出なかっただけなんだろうと思います。
実際に僕もあおられた経験があります。高速道路上でしたから、停まる訳にも行かず、焦りますし、不安になります。幸い短時間で終わり、大事に至らず事なきを得ましたが、とにかく冷静に冷静にと自分に言い聞かせていました。

顔が見えないと人は暴力的になったりやや常識を外してしまう傾向があるそうです。
SNSなどでひどい中傷コメントが横行するのもその一例でしょう。
ただ、車の走行中にあおったり、進路を遮ったり、無理やり駐車させたりする行為は、殺人行為です。
絶対にやめてほしいです。

この「あおり運転」に関する厳罰化は現在検討されており、近い将来施行される予定です。
皆が安全かつ快適にドライブできる日が来ることを望みます。