70年代で忘れてならないのがディスコブームです。いまでは「ディスコ」ということばが死語になりつつありますが、70年代から80年代を過ごしてきた我々にとってディスコミュージックも懐かしい名曲が多くあります。また当時の音楽シーンの一角を担ってきたことには間違いありません。
そこで、今回から名曲シリーズに新たに「ディスコ編」を追加したいと思います。

ディスコ編の輝ける第1回目はレア・アースの「ゲット・レディ」です。不滅のNO.1ディスコソングの呼び声が高いこの曲は1970年に発表され全米で4位にランクインしています。
R-1281276-1452736010-7086.jpeg

レア・アースはアメリカ出身の白人ロックバンドでありながら、ソウルミュージックの殿堂ともいえるモータウンレコードと契約した異色のグループです。
13baffb9

「ゲット・レディ」はスモーキー・ロビンソンが作曲しテンプテーションズが1966年にリリースした曲のリメイクとして発売されたのですが、原曲をしのぐヒットとなり一躍彼らはメジャーとなりました。
原曲は21分にも及ぶ超ロングバージョンがライブで収録されていることも珍しいことでした。

70年代の日本のディスコでこの曲がかかると一気に盛り上がるという光景が幾度と繰り返されていました。この頃のことを知っている方には懐かしい思い出がよみがえってくるのではないかと思います。

それではレア・アースで「ゲット・レディ」をお聴きください。