一夜明け、最後のお別れの時が近づいてきました。
BE36BECE-00FB-4C03-87DD-2A6B65B6FD60

まず、故人をしのんでお別れビデオの放映です。
939EB09B-DC9D-4A78-B5C1-9BF8904E5BF1
若かりし日の平松さんです。
FE068673-AF35-4E7A-A9B9-418686A08511

葬儀が始まり、読経を聞きながら、平松さんとの思い出が蘇ってきました。
69AF735E-26A9-4B5F-AB0C-D5C14EE96076

僕がこの会社に入社以来、約27年間平松さんと仕事を共にしてきました。もちろん生涯で一番長く時間を共有してきたことは言うまでもありません。
入社から3年もすると、一人前とはいえないまでも自分で考え、行動できるようになってきます。すると、意見のぶつかり合いも生じます。平松さんは従来のやり方を踏襲したい、どちらかというと保守的な考えの持ち主でした。そして僕は、その反対で新しいものを見つけると試してみたい、使ってみたいという思いが抑えられません。当然意見が対立します。互いに納得がいくまで議論しますが、大抵の場合、最後は僕の意見に落ち着くことが多かったように思います。今思えば平松さんが譲ってくれていたのだと思います。何度も何度もけんけんがくがくやりあったことが懐かしく思います。
C5F8AF0B-79C9-4B9C-9522-8DFD7026F791

平松さんは温厚な人柄で、いつもニコニコしている方ですが、実は頑固な面もあります。そしてマイペースなところもあります。ぶつかり合いはたくさんありましたが、感情でやっているわけではなく、あくまでも仕事の上のことです。僕を信頼してもらい 、僕のことをとても立ててくれていたことは感謝しかありません。
52313119-6583-4014-A0CB-FA6AD213982E

平松さんは一言で言うと「ザ・職人 」でした。どういうことかと言うと、人に指示してやらせるより自分でやってしまうタイプなんですね。なので、事務所にいるのではなく現場に行きたがる習性がありました。仕事量が少ないうちはそれでもよかったのですが、だんだんと仕事量が増えてくるとなかなかそう言うわけにもいきません。部下に任せたり、工事業者さんも地元だけではなく、広範囲に依頼する業者さんを広げていく必要が出てきたのです。その提案をすると快く承諾していただけたので、現在につながりました。

マリエール岡崎という結婚式場が新築オープンした時のことです。会社内の事情を鑑みて社長が、平松さんを制作の現場管理業務にシフトしたことがあります。当の平松さんも大変だったと思いますが、それまで両輪で回してきた僕の方も片輪 失うわけですからそれは大変でした。社長からこの相談を受けた時、一瞬考えましたが、もう社長の腹は決まっているようでしたので、これは何が何でもやるしかないと僕も腹をくくりました。単純に仕事が2倍になるイメージです。ですからとにかく効率を上げることを考えました。経験の少ない社員にも大きな仕事を任せるという大英断をしたことも何度かありました。任される社員も大変ですが、任せる勇気も大変でしたがそんなことは言ってられないほど多くの仕事を抱えていました。
しかし、「案ずるより生むが易し 」小さな問題はあってもほとんど皆うまくこなしてくれました。そのおかげで社員も僕も大変勉強になり、成長できたと思います。

とにかく忙しい時代でした、めまぐるしい 毎日を送っていましたが、泣き言は言いませんでした。よく高い山ほど登った時の満足感が大きいと言いますが、まさにそんな気持ちです。一つ一つ案件をこなしていくことで不安な気持ちが少しずつ自信に変わっていきました。

そのタイミングをきっかけに、リーダー役が変わり、平松さんが戻ってもリーダーとしてやらせていただきました。平松さんには影になり日向になり支えていただけたことは一生忘れません。
B4006BD8-A89C-4616-8770-61039C0C5EEA

4年前に会社を完全退職されてからは、不治の病との戦いの日々だったようで、ご本人も奥様も大変だっと伺っています。68歳と早すぎるお別れですが、神様はもう楽になりなさいとお二人に思われたのかもしれません。
どうぞ安らかに、お眠りください。
230975B4-E933-4C37-9F71-EFDF5CC6F274

今の自分があるのも平松さんのおかけだと感謝しています。27年間、本当にありがとうございました。
 414C5A3E-CA01-43AF-AD4A-FEB5B9ACB845